複合機(コピー機)の保守は3種から選択【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「購入後のサポート・保守・メンテナンス」記事一覧

複合機(コピー機)の保守は3種から選択

複合機(コピー機)の保守は3種から選択

複合機を購入後、故障しないようメンテナンスを受けたり、故障した場合は修理してもらうことを保守サービスといいます。

すなわち、アフターサービスですね。

この保守サービスにはいったいどのような種類があり、費用はどれくらいかかるのでしょうか?

ここからは、保守サービスの種類と、その保守サービスの特徴などご説明いたします。

目次

▼目次

複合機(コピー機)の保守は3種類から選択できる

複合機を取り扱っているメーカーや販売店では、保守サービスとして、

  • カウンター保守
  • キット保守
  • スポット保守

と、3種類を用意しているところがほとんどです。

「何が違うの?」という疑問が聞こえてきそうなので、以下の項でそれぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介いたします。

複合機(コピー機)のカウンター保守とは?

複合機・コピー機のメンテナンスでは、最もポピュラーな形態がこの「カウンター保守」契約になり、業務用では約8割はこのカウンター保守契約が適用されるほど、一般的な複合機・コピー機の保守契約システムとなっています。

カウンター保守契約は、モノクロ1枚いくら、カラー1枚いくらの料金をあらかじめ保守会社と設定しておき、そのカウンター料金の中に部品代や、修理費が含まれている方式となります。

その特徴は次の通りです。

  • 毎月、決まった枚数の大量コピーをする人向け
  • 月締めでカウンターを締めて基本的に毎月定期的にメンテナンスを実施
  • 紙詰まりや汚れなどで部品の交換が必要になりサービスマンが訪問修理をしても代金は請求されない

複合機(コピー機)のカウンター保守のメリット・デメリット

カウンター保守契約の特徴をご理解していただき、メリット・デメリットを確認しておきましょう。

カウンター保守のメリット

  • 修理にかかる突発的な支払いが発生しない
  • 月の印刷枚数が多いほど維持費が安く抑えられる
  • 交換トナーが無料供給されるのでトナー代がいらない

カウンター保守のデメリット

  • 大量にコピー、印刷すると思わぬ出費がかかる
  • 使用頻度が少ないと割高になってしまうことがある
  • リース契約時に定められた保守料金(カウンター料金)が毎月かかる

このように、利用頻度によって安くなったり、割高になったりしますが、定期的に使う会社であれば割安になります。

複合機(コピー機)のキット保守とは?

「キット保守」とは、正式には「コピーキット保守」といい、保守メンテナンスとトナー・パーツ代含めて契約するシステムになります。

その特徴は次の通りです。

  • 毎月、大量のコピーはするものの、月々のコピー枚数に幅がありすぎる人向け
  • 故障が発生しても修理費・出張費・技術料・パーツ代など全て不用
  • 基本的に新品の複合機を購入した場合は無駄が多いことがある
人気のコピー機を激安リース料金でご提供

複合機(コピー機)のキット保守のメリット・デメリット

次に、キット保守(コピーキット保守)のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

キット保守のメリット

  • 本体料金が比較的安い
  • トナーが無くなるまで保守契約が継続される

キット保守のデメリット

  • 基本的にモノクロ機種のみの適用となる
  • トナー、パーツの単価が高くなる(印刷単価も割高になる)

キット保守は、基本的に小規模オフィス(SOHO)向けのサービスになります。

複合機(コピー機)のスポット保守とは?

「スポット保守契約」とは、故障が発生した時、その都度依頼する方式になります。

特徴は次の通りです。

  • たまにしか印刷しない人向け
  • パーツ代・ドラムユニット代等は、実費請求
  • 部品代だけではなく、技術料金と出張料金も請求される
  • 場合によっては新品購入のほうがお得な場合もある

複合機(コピー機)のスポット保守のメリット・デメリット

特徴をご覧になった上で、スポット保守契約のメリット・デメリットを見てみましょう。

スポット保守のメリット

  • 継続的な支払いが必要最低限で抑えられる

スポット契約のデメリット

  • 修理コストが大きい
  • 印刷単価が比較的高い
  • 修理の手配が必要になる

デメリット面が目立ちますが、毎月の支払いが最低限に抑えられることが一番大きいのではないでしょうか。

まとめ

保守サービスには、「カウンター保守」「キット保守」「スポット保守」と、3種類あることはお分かりいただけましたか?

お客様によってどの「保守」を選択された方が良いかは異なってきますが、8割の会社ではカウンター保守契約で複合機・コピー機を導入されています。
人気のコピー機を激安リース料金でご提供