NAKAYO(ナカヨ)ビジネスフォンの特徴・紹介【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「ビジネスホン基礎知識」記事一覧

NAKAYO(ナカヨ)ビジネスフォンの特徴・紹介

NAKAYO(ナカヨ)ビジネスフォンの特徴・紹介

株式会社NAKAYO(ナカヨ)はビジネスホン市場でシェア20%前後を占めている中堅メーカーです。

創業は1944年で、ビジネスフォン市場では、NTTや岩通などの大手には及びませんが、操作性の良さとデザイン性に優れているビジネスホンを開発・製造することで人気があります。

また、日立製ビジネスフォンのOEM(受託製造)も行なっています。

NAKAYO(ナカヨ)ビジネスフォンの特徴・紹介

高機能なのに低コストでの導入が可能で、介護施設や宿泊施設など幅広い業種に大変好評です。

その他、簡単な操作性とシンプルでモダンなデザインも人気の一つです。

また、リクライニング仕様のモニターに大きな各種ボタンは操作性に優れています。

機能性にも優れ、万能型と言えるビジネスホンです。
それに加え、劣化がしにくいという特徴も備えています。

NAKAYO(ナカヨ)ビジネスフォンの主要機種

NYC-iF

NYC-iFシリーズは2013年に発売された、ナカヨのビジネスフォンの中でも最新のシリーズです。
ナースコールやコードレス、事務用電話機が一体化され、コンセプトはシンプル&モダン Flexible / Friendly / Fitting 。

3つの「F」が提供する、快適ビジネスコミュニケーションが可能。

NYC-2FⅡ

オフィスでも外出先でも、充実機能を使えるオールインパッケージ。小さなオフィスや家庭用の電話機としても使えるビジネスホン。

SOHOにも最適なシンプルモデルです。

日立とのOEM関係

OEMとは、発注元企業はOEMメーカーから製品を仕入れ、自社を販売元として独自のブランド名や製品名、型番を付けてその製品を販売することを指します。

実は、日立は独自にビジネスホンの開発・製造は行ってはおらず、日立のブランドで発売されているビジネスホンは「NAKAYO(ナカヨ)」が製造した商品なのです。

日立のビジネスホンとNAKAYO(ナカヨ)のビジネスホンに部品の互換性があるのはそのためです。

よって「NAKAYO(ナカヨ)」は、日本屈指の電気機器メーカーである日立が認めたビジネンホンメーカーなのです。

株式会社ナカヨ 会社概要
名称:株式会社 ナカヨ
本社所在地:群馬県前橋市総社町一丁目3番2号
現代表者:谷本 佳己
設立:1944年5月30日
資本金:4,909百万円
売上高:14,367百万円(個別) :18,790百万円(連結)
従業員数:630名(個別) :779名(連結)
ビジネスフォン各メーカー取り扱い