複合機(コピー機)のクリーニングとは?【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「購入後のサポート・保守・メンテナンス」記事一覧

複合機(コピー機)のクリーニングとは?

複合機(コピー機)のクリーニングとは?

複合機やコピー機など、長く使っていると印刷時に白や黒筋が入って出力される現象が発生することがあります。

こんな現象が起こったら製品としての寿命が来たと思いがちですが、実はクリーニングすればOKなのです。

それでは、複合機(コピー機)のクリーニングについてご説明させていただきます。

▼目次

複合機(コピー機)のクリーニングとは?

複合機・コピー機のクリーニングとは、コピーした時に筋が入ったり、霞かがった状態になった時に、読み取りガラスや自動原稿送り装置、プリンターヘッドなどの汚れを落とすことを指します。

また、複合機・コピー機には、クリーニング機能が搭載されているので、もし筋が入ったりした場合は、クリーニング機能でクリーニングすれば解消されることがあります。

それでも、まだ筋などが入る場合は、メンテナンスを依頼した方が良いでしょう。
人気のコピー機が業界最安値の激安価格

コピーの時に黒線が入るときのクリーニング方法

複合機・コピー機を使っている時に、印刷物に黒い線が入ることがあります。その際のクリーニング方法は次の通りです。

➀複合機・コピー機本体の読み取りガラス・原稿押さえの汚れを落とす。

アルコールまたは薄い中性洗剤をつけた柔らかい布で拭いてください。

➁原稿自動送り装置の汚れを落とす

原稿送り装置の上部カバーを開けて、ガラス(読み取り部)・ローラーを拭いてください。

以上のことをして解消されない場合は、本体のクリーニング機能を使用します。

メーカーや機種によって名称異なりますが、「ドラムリフレッシュ」と「レーザースキャンクリーニング」がそれに該当しますが、複合機・コピー機の「システムメニュー」⇒「調整/メンテナンス」で操作することができます。

それでも解消されない場合は、前項でも説明した通りメンテナンスに依頼しましょう。
無理に内部を清掃してもかえって故障の原因になります。

まとめ

複合機・コピー機を導入して間もない場合は、印刷物は綺麗な状態で印刷してくれると思いますが、利用頻度が多かったり利用期間が長くなれば、黒い線や点、白抜けしたり、印字が淡く・薄く・ぼやけたりします。

基本は見えるところを綺麗にしておいて、定期的に本体のクリーニング機能を使用することをおススメします。

また、定期的にメンテナンスに依頼することも大切です。
人気のコピー機が業界最安値の激安価格