コピー機(複合機)のトナーとは?トナーについて徹底解説!【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「複合機の基礎知識」記事一覧

コピー機(複合機)のトナーとは?トナーについて徹底解説!

コピー機(複合機)のトナーとは?トナーについて徹底解説!

コピー機(複合機)のトナーとインクの違いを教えていただけますか?
はい。コピー機(複合機)のトナーとインクの大きな違いは、トナーは粉末状でインクは液体で印刷します。この違いにより1枚当たりの印刷単価や印刷スピード・画質など、様々なメリットやデメリットが双方にあります。

ここでは、トナーとインクの具体的な違いやトナー式コピー機を選ぶメリット・デメリットを紹介します。
また、おすすめのトナー式コピー機もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次
  1. コピー機(複合機)のトナーとは?
  2. コピー機(複合機)のトナーとインクの違い!
  3. トナー式コピー機(複合機)を選ぶメリット・デメリット!
  4. OFFICE110がおすすめするトナー式コピー機(複合機)5選!
  5. まとめ

コピー機(複合機)のトナーとは?

コピー機でコピーやプリントするときに、文字などを印字するための粉がトナーです。

トナー

トナーの起源は1938年にアメリカ人が開発したもので、レーザービームを照射して電気的潜在画像(逆像の不可視画像)を作り、その像にトナーを付着させることで印字するというものでした。

トナーはもともと、電子の像を具現化する工程「toning(トーニング)」が起源の言葉で、それが変化して「toner(トナー)」になったとされています。

また、トナーは「プラスチック」「ワックス」「顔料」などで構成されており、トナーを組み合わせることでカラー印刷が可能です。

トナーのカラーバリエーションは主にブラック・シアン・マゼンタ・イエローの4種類です。

トナー1本で印刷・コピーできる枚数は約5,000~20,000枚といわれています。
ただし、カラーをどれくらい使用するかにより寿命は変わるため、目安として知っておくと良いですよ。

コピー機(複合機)のトナーとインクの違い!

コピー機(複合機)のトナーとインクの違いを教えていただけますか?
コピー機のトナーとインクは、印字方法や特徴が異なります。ここでは、それぞれの特徴からトナーとインクの違いを解説します。

2-1.トナーの特徴

まずはトナーの特徴を確認してみましょう。
大きく2つの特徴があります。

2-1-1.大量印刷に向いている

トナーはインクと違い粉を用紙に吹き付ける形で印字するため、1枚にかかる印刷時間が短く大量印刷にも強いです。
また、トナー自体も1本で5,000~20,000枚印刷できるので、大規模オフィスなどで頻繁に印刷するのに向いています。

2-1-2.封筒などさまざまな用紙に印刷できる

トナーで印刷する場合、粉を吹きかけて印刷するので、封筒などさまざまな用紙に印刷することができます。

トナー式のコピー機は多く発売されていますが、その多くはPOPや封筒・ハガキなど、特殊な用紙への印刷が可能です。
インクだとどうしても滲んだり、うまく印字できなかったりするので、特殊な印刷をしたいならトナー式コピー機がおすすめです。

2-2.インクの特徴

インク

トナーの良さを知るためには、インクの特徴も知ることが大事です。
ここでは、インクの特徴として画質の良さを解説します。

2-2-1.画質が良い

インク式コピー機の特徴として、印刷やプリントの画質が良いところが挙げられます。

インクは液状の塗料を噴き付けることで印字するため、用紙の表面にとどまりやすく色の再現度が高いです。
トナーに比べると高画質な印刷が可能で、写真などの印刷に向いています。

ただ、液状ということもあって印字が滲みやすく、色落ちしやすいというデメリットもあります。
また、印刷スピードもトナーより遅いです。

さらに、頻繁に利用するとインク切れが早いという特徴もあり、1セット5,000円前後なので、毎月2回交換すると年間12万円前後かかるので割高です。

コスパを重視するなら、トナー式コピー機がおすすめです。

トナー式コピー機(複合機)を選ぶメリット・デメリット!

トナー式コピー機を選ぶメリット・デメリットをお教えいただけますか?
トナー式コピー機を選ぶメリットはコスパが良い点で、デメリットは画質がインクに劣る点が挙げられます。もう少し具体的に解説しますね。

3-1.メリット:コスパがいい

トナーは純正トナーだと1本4~7万円ほどするためかなり高額です。
また、純正トナーより安いリサイクルトナーでも、3,000円~1万円程度かかります。

しかし、トナーは1本で5,000~20,000枚も印刷できるので一枚当たりのコストで考えるとインクタイプより安く済みます。
1本1万円のリサイクルトナーを利用した場合、1枚当たりのコストは0.5円~2円と格安です。

また、トナー式コピー機の場合は保守カウンター契約を結ぶことが多く、実際は毎月数千円~1万円程度支払うことでトナー交換費用も負担してもらえます。

毎回トナー代を負担することなく運用コストを抑えることができるので、コスパを重視する方にはおすすめです。

3-2.デメリット:画質はインクに劣る

トナー式コピー機は粉状のトナーを使って印字するため、どうしても画質面ではインクに少し劣ってしまいます。

ただ、トナー式コピー機を利用する方は大量印刷がしたい方や、画質よりはコストを重視する方も多いのでそこまで問題にはならないでしょう。

また、写真やポスターなどで、高画質な印刷を求めなければ気にならない程度で全く問題ありません。
社内資料やプレゼン資料を印刷したいという方はトナー式コピー機がおすすめです。

画質にもこだわりつつランニングコストも抑えたい場合、トナー式コピー機とインク式コピー機を両方導入するのが一般的ですよ。
新品中古コピー機

OFFICE110がおすすめするトナー式コピー機(複合機)5選!

トナー式コピー機を導入したいのですが、おすすめの機種をお教えいただけますか?
「OFFICE110」でもトナー式コピー機を豊富に取り揃えており、格安でおすすめの機種がございます。ここでは、トナー式コピー機のおすすめの5機種をご紹介します。

4-1.MX-2630FN(シャープ)

MX-2630FN

メーカー価格:1,200,000円+税
新品80%OFFキャンペーン
中古超特価キャンペーン

「MX-2630FN」は、印刷機能が充実している機種です。

複数原稿を1枚にまとめて出力できる「ページ集約機能」があるため、用紙やカウンター料金の節約につながります。

また、コピースピードも速くフルカラーで約6.7秒、モノクロは約4.7秒で印刷することができます。
印刷速度が速いので大量コピーも時短可能です。

「OFFICE110」の中古超特価キャンペーン対象機種にも選ばれているので、格安で購入することもできるのでおすすめの機種です。

4-2.DocuCentre-VI C2264(富士フィルム)

DocuCentre-VI C2264

メーカー価格:1,450,000円 +税

「DocuCentre-VI C2264」は、高画質で印刷できて使いやすさが魅力的な機種です。

富士フィルムが導入している画像処理技術によって色ずれが少なく、高精度な画質で印刷することができます。
また、トナーも特徴的で普通紙からコート紙まで用紙に合わせて印刷可能です。

さらに、A3サイズ対応コピー機ですが、コンパクトな本体設計のためオフィスに設置してもスペースを取りません。

高画質なコピー機を求めている方にもおすすめの機種です。

4-3.iR-ADV C3520F III(キャノン)

MX-3630FN

メーカー価格:1,650,000円+税
新品80%OFFキャンペーン
中古0円キャンペーン

「iR-ADV C3520F III」は、使いやすさと活用の幅が広い機種です。
操作画面ではよく使う機能をショートカットとして登録することができるため、日ごろの業務効率をアップすることができます。

また、操作画面自体もタッチパネル式で、大きいアイコンが表示されるので感覚的に操作できます。
さらに、スキャンしたデータやファクスデータをパソコンで閲覧することができるので、情報共有という面でも優秀です。

業務効率を考えた機能が搭載された機種をお探しの方におすすめですよ。

4-4.e-STUDIO 2010AC(東芝)

e-STUDIO 2010AC

メーカー価格:830,000円+税
新品80%OFFキャンペーン
中古0円キャンペーン

「e-STUDIO 2010AC」は、コスパと機能性のバランスが良い機種です。
メーカー価格で83万円+税とかなり安いですが、「OFFICE110」ならさらに格安で購入できます。

また、機能面でいうと、クラウドサービスとの連携が魅力です。
クラウド上に保存したデータを印刷したり、スキャンしたデータをクラウド上に保存してデータを共有したりすることができます。

安い機種で情報共有にも活用したい方におすすめの機種です。

4-5.TASKalfa 2470ci(京セラ)

TASKalfa 2470ci

メーカー価格:948,000円+税
新品80%OFFキャンペーン

「TASKalfa 2470ci」は、機能性とセキュリティ面も充実している機種です。

印刷する際には、A3とA4のように違うサイズの原稿をまとめて印刷することができます。
また、複数の原稿を1枚にまとめて印刷することもできるので、印刷コスト削減にもつながります。

さらに、セキュリティ面でいうとICカード認証があるので、印刷した印刷物を紛失するリスクを下げることが可能です。
また、コピー機内の出た暗号化にも対応しているため、セキュリティ強化にも便利な機種といえるでしょう。

セキュリティを気にされている方にはおすすめの機種です。

「OFFICE110」では、今回ご紹介したコピー機を格安で提供中です。
新品なら80%OFFキャンペーン、中古なら0円キャンペーンや超特価キャンペーンを開催中です。

また、「OFFICE110」では、コピー機についてのご相談にも対応しています。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

まとめ

コピー機(複合機)のトナーは印刷時に用紙に印字するために必要なもので、インクタイプと比較してコスパの良さが魅力です。
コピー機を導入する場合、カウンター契約を結ぶとトナー代を毎回支払う必要がないのでおすすめです。

大量印刷をする方や、ランニングコストを抑えたい方はぜひ、トナー式コピー機を選択してみてください。
ちなみに、「OFFICE110」なら、今回紹介したコピー機を格安で導入・運用できます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

新品中古コピー機
  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!