コピー機(複合機)のトナーとは?成分や寿命など簡単解説【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「複合機の基礎知識」記事一覧

コピー機(複合機)のトナーとは?成分や寿命など簡単解説

コピー機(複合機)のトナーとは?成分や寿命など簡単解説

コピー機(複合機)で使われるトナーとは何か正確にご存知ですか?
トナーは必ず必要になるコピー機(複合機)の消耗品として、なければコピーやプリントができません

しかし、通常はカートリッジをコピー機(複合機)に挿し込むだけなので、中身の成分までは知らないのではないでしょうか。
また、トナーにも寿命があるのです。

そこで今回は、コピー機(複合機)には欠かせないトナーとは何なのか、成分や寿命など簡単に解説いたします。

▼目次

コピー機のトナーとは?成分や種類を簡単解説

「トナー」とは、文字や画像を用紙上に再現するための「粉(粒子)」のことです。

トナーの起源は、1938年に米国人のチェスター・カールソン氏が発明したもの。
その原理は、レーザービームなどを照射して肉眼では見えない「電子の像」を感光体につくり、それにトナーを付着させることで目に見える像にして紙に定着させること。トナーはもともと、見えない電子の像を具現化する工程「toning(トーニング)」が変化して「toner(トナー)」となったものなのです。

トナーの成分は?

そこで、現在広く使用されている一般的なトナーは、以下の3つの成分から構成されています。

高分子樹脂(プラスチック)

高分子樹脂はプラスチック、トナー粒子の素となる原料です。
印刷するときにトナーに熱を加えて用紙に定着させているため、熱を加えることで溶ける性質を持った高分子樹脂がトナーの原料になっています。

ワックス

熱を加えてトナーを圧着させる過程で一部のトナーがローラーに付着してしまうことがあり、それを防止するためにワックスが混ぜられています。

顔料

トナーは、プラスチック樹脂の粒子だけでは紙には何も映し出されません。
そこで、顔料は色の元になる成分で、顔料によって絵具を使っているようにコピー・印刷ができるのです。

我々が使っているトナーはこの3つの成分で構成され、トナーの一粒はシイタケの胞子の大きさとほぼ同じ1000分の5ミリ程度と非常に小さく、肉眼では見ることはまずできないでしょう。

トナーの色の種類は?
ひと昔前はカラーコピー機がほとんどなかったことからトナーは黒一色だったのが、現在ではカラーコピー機(複合機)が主流となり、

  • ブラック
  • シアン(青)
  • マゼンタ(赤紫)
  • イエロー

と、4色搭載する仕様の機種がほとんどで、この4色の組み合わせで彩り豊かなカラーコピーや印刷ができるのです。

トナーの飛散には注意が必要!

先程も説明した通り、トナー粒子は1000分の5ミリ程度と非常に小さくいため、通常「カートリッジ」と呼ばれる専用の容器に詰められた状態のものを、コピー機(複合機)に挿入して使用されます。

カートリッジに詰められたトナーは、普通にしていれば飛散することはありません。
しかし、トナーカートリッジを床などに落として破損させると大量のトナーが床などに飛散してしまい、粒子が小さいので塵やホコリのように、ちょっとした風でも周囲に飛び散りやすくなります。

基本的にトナーは有害物質ではないものの、粒子が小さいことから吸い込んでしまうと気管支に入り込むことも。さらに、空気中に飛散したトナーになんらかの原因で引火すると粉塵爆発を起こす危険があります。

このように、万一カードリッジが破損して、トナーが飛散してしまったときの取り扱いは十分な注意が必要です。
掃除するときは、掃除機は厳禁!余計に飛散させるだけなので、濡れた雑巾などで拭きとるようにしましょう。

コピー機トナーの寿命は?

基本的にトナーは「消耗品」。なくなれば交換しなければなりません。

メーカー発表では、典型的なA4のビジネス文書で、印字される文字や表の部分がA4用紙の5%の場合、トナー1gでコピー・印刷できるのは15枚程度とされています。

そこで、トナーカートリッジ1本に換算すれば、平均で約5,000~20,000枚が目安

しかし、日本人の国民性で何かしら印刷する場合、できるだけ用紙を無駄にしないよう、A4用紙いっぱいになるくらいに文字や表を詰め込む特徴があります。そのため、実際の寿命は、目安(約5,000~20,000枚)の70%程度と考えておくと良いでしょう。

というように、印字する内容によって左右され、用紙の中にベタ(面を塗りつぶす印刷のこと)の部分か多いと更に寿命は短くなり、一番消費しているのはもちろんブラック、あとはカラー印刷によってシアン・マゼンタ・イエローといったカラー色も減っていきます。

まとめ

コピー機(複合機)は、トナーがなければコピー・印刷ができません。

トナーとは、目に見えない細かい粒子で、カートリッジに詰められコピー機の本体に挿入して使用されます。
通常、成分までご存知の方は少ないかと思いますが、「高分子樹脂」、「ワックス」、「顔料」という3つの成分で構成されているのです。

普通に利用している限りは、原料を見る機会はほとんどありませんが、万一カートリッジが破損してトナーが飛散したときは、掃除機を使うのは厳禁!
掃除機を使うと余計に飛散してしまう他に、吸引する際に引火して火災や発煙といった危険があるとされています。
掃除するときは濡れた雑巾などで拭き取るようにしてください

もちろんご不明点がございましたらお気軽にOFFICE110へご相談ください。
お待ちしております。

人気のコピー機が業界最安値の激安価格
  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い
無料お見積り