複合機(コピー機)の便利機能【プリンタ・コピー編】その1【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「知っておきたい便利機能紹介」記事一覧

複合機(コピー機)の便利機能【プリンタ・コピー編】その1

複合機(コピー機)の便利機能【プリンタ・コピー編】その1

複合機はいったい何のためにあるのでしょうか? それは、プリンターとして印刷したり、コピーをするため。ですが現在の複合機には、ただ単にプリンターやコピーというだけでなく、様々な機能が搭載されています。

そのプリンター・コピー機能は数多くあるため、その1~その4まで分けてご紹介いたします。それでは【プリンター・コピー機能編】その1をご覧ください。

▼目次

複合機のプリンター機能で分厚い本のコピーに便利【1セット2コピー】

「1セット2コピー」機能とは、本などの見開き原稿を2ページに分割してコピーする機能です。通常、コピーする紙が分厚かったりすると、影が出てしまったり、見開きをコピーすると上下が逆になったりと、何かとミスはつきものでした。

そこで、1セット2コピー機能は、こういうケースで使用し、さらに「枠消去」機能と組み合わせることで、綺麗にコピーすることが出来ます。A4の書類等に同一サイズで本や雑誌のコピーを資料添付したい場合などに大活躍する機能です。

複合機のプリンター機能で本を見開きどおりコピー【ブック複製冊子】

「ブック複製(ブックコピー)冊子」機能は、本やパンフレットなどの見開き原稿をコピーする際、見開きの2ページ毎に読み取れば、できあがったコピーを2つ折りにすると中とじの冊子になるようにコピー出来る驚きの機能です。

さらに、この機能は本の傾きを自動補正し、見開きページの中スジなどスキャン時にできる影の部分も除去してくれるので、インクの無駄を省いてくれる優れもの。パンフレットのように見栄えよく製本して仕上げたい時に是非使っていただきたい機能です。

複合機のプリンター機能で好きな場所に画像挿入【移動コピー】

「移動コピー」とは、すでに印刷した用紙の空いている場所に、新たに読み込んだ原稿画像を移動指定してプリントすることができる機能です。原稿の空いているスペースに、写真やグラフなど、別の原稿を合成する時などに使用されます。普段ならパソコン上でしかできなかったことが、簡単に行うことが出来る便利な機能です。
人気のコピー機が業界最安値の激安価格

複合機のプリンター機能で画像を確認、コピー【見てからコピー】

「見てからコピー」とは、コピーする時に読み込んだ原稿のイメージ画像を操作パネルで確認できる機能です。また、コピー後にパンチで穴を開ける時など、見てからコピーの「仕上がり表示」でそのイメージを確認することができます。

ありがちな、閉じしろに文字が重なってしまうなどのミスもこの機能で回避できますので、ミスコピーの低減につながり、コピーコストの削減や無駄な紙も少なくなるので地球にも優しい機能ですね。

複合機のプリンター機能で指定領域消去コピー【指定範囲消去コピー】

「指定範囲消去コピー」とは読んで字のごとく、指定した領域を消去してコピーする機能です。プレビュー後、実際のイメージ画像を見ながら矩形の領域を4つまで指定可能で、小さな印鑑や文字でも簡単に消去することができます。

また、指定した範囲以外を消去してコピーするトリミングコピーも可能です。データが無い昔の文書を綺麗にコピーしたいなど、使い方で色々なものに活用できます。

複合機のプリンター機能で地紋を埋め込み【地紋印字コピー/プリント】

「地紋印字コピー/プリント」機能とは、あらかじめ地紋印字を設定してコピー(もしくはプリント)すると、出力した原稿をコピーした際に「コピー禁止」等の牽制する文字が浮かび上がります。

「複製禁止」、「社外秘」など文字が薄く本文の下から浮かび上がって見え、一度は目にしたことがあると思いますが、あの印字が複合機で出来ればまさにパソコン要らずです。

まとめ

プリンター・コピー機能その1でしたが、こんな機能まであるの!と驚く機能もあり、便利な世の中になったと感じずにはいられません。

メーカーや機種によって備えられている機能は異なりますので、必要な機能はチェックしておきましょう。それでは、「【プリンター・コピー機能編】その2」も引き続きご覧ください。

また各種機能よりくわしい内容や対象機種についてはお気軽に問合せください

人気のコピー機が業界最安値の激安価格