機能で選ぶビジネスフォンの選び方【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「ビジネスホンの選び方」記事一覧

機能で選ぶビジネスフォンの選び方

機能で選ぶビジネスフォンの選び方

ビジネスフォンを選ぶときに、「機能」はとても重要な要素。
まず一つ覚えておいて頂きたいことが、「ビジネスフォンはカスタマイズするもの」ということです。

ビジネスフォンは企業向けの電話機ですが、企業の業務内容は千差万別であるため、ビジネスフォンもある業種では必要な機能でも、別の業種では必要無いという機能が多く出てきます。

そこで、ビジネスフォンにどんな機能を必要とするのかを検討して選択することが大切になるのです。

▼目次

ビジネスホンの「基本機能」とは?

1台のビジネスフォンですべての機能を応えようとすれば、機能は複雑化しコストも使い勝手も悪くなってしまいます。

そのため、各メーカーがとっている対応というのが、「ビジネスフォンの初期の状態では、基本機能のみを搭載し、必要な機能はオプションとしてユニットなどを追加することで対応していく」といった形です。

そこで、まず「基本機能」とはどのような機能なのか理解しておきましょう。次の通り5つの機能を指しています。

発信

外部へ電話をかけることです。

着信

外部からの電話に応答ができることです。

保留・転送

外部からの電話を保留して、他の電話へ転送することです。

内線

会社内の電話同士で通話ができることです。

代表組

複数の契約回線でグループを組み、そのグループに特定の番号を割り当てることで、あらかじめ設定した代表番号(親番号)に着信があった場合、グループのどの電話機からも着信することができることです。

この5つの機能はビジネスホンの基本機能として、どのタイプの機種でも搭載されている機能です。

これら5つの機能については、ビジネスフォンの基本的な使い方【基本的な使い方】で詳しくご紹介しています。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

オプションにより追加できる便利機能

次に、「必要な機能はオプションとしてユニットなどを追加する」機能ですが、次の通り様々な分野に分類されます。

着信系

着信拒否、非通知拒否、迷惑電話撃退、代理応答、着信お待たせ機能、緊急地震速報、着メロダウンメード、着ウェイトメッセージ

外線・通話系

外線間転送、外線発信規制、ハンズフリー機能、会議通話機能、固定電話発信制限、階数使用制限、通話モニタ

通話録音機能編

自動応答機能、ボイスメール、通話メモ、自動通話録音、クイックメッセージ録音

スマホ連携系

リモートコールバック、スマートフォン連携機能、着信履歴メール送信、不応答着信お知らせ、ネットワーク連動カメラ、追っかけ転送、FMCサービス、メールリモコン

セキュリティ系

盗難防止機能、不審者威嚇機能

記憶機能系

電話帳、バラエティ応答、チャイムタイマー、通話情報管理システム、システムカレンダー、キッチンタイマー

ディスプレイ表示系

ナンバーディスプレイ、コンテンツ表示機能、消費電力表示機能、発着信履歴

留守番電話系

ワンショット留守電、疑似話中返し、留守番電話2ch使用

分野ごとにこれだけの機能があり、これを1台のビジネスフォンで全て利用するかといえば、使いこなせないか使用しない機能も多いのではないでしょうか。

また、最近ではメーカーによっては初期の状態から色々と機能が付いている物も出てきましたが、その機能が本当にいるのかなどは、きちんと担当の営業に確認しておいた方が良いでしょう。

➀~➇の便利機能の詳細は、ビジネスフォンの便利機能特集【ビジネンフォンの便利機能】でご覧になれます。どういった機能が必要としているか検討する際の参考にされてください。

まとめ

オフィスの規模や仕事の形態で選ぶ機能は異なりますが、まずはどんな機能なのか知っておく必要があります

普通に電話を発信・着信したりなど基本的なものは標準搭載されていますので、カスタマイズしたい機能を知っておくことも大切です。

あとは担当の営業にどの機能が必要なのかお申し出ください。OFFICE110では最適な機種をご提案をさせていただきます。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い