複合機(コピー機)の業界シェア【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「複合機の基礎知識」記事一覧

複合機(コピー機)の業界シェア

複合機(コピー機)の業界シェア

複合機の分野には日本・国内外を問わず多くの企業が参入し、まさに群雄割拠の状況が続いています。ここでは、熾烈な複合機市場について少しご紹介します。

複合機市場の現状

複合機の有名メーカとして

  • キヤノン(Canon)
  • シャープ(SHARP)
  • 東芝(TOSHIBA)
  • リコー(RICOH)
  • 京セラ
  • コニカミノルタ
  • 富士ゼロックス

などがあります。これらの多くは日本のメーカーですが、実際、日本メーカーが海外メーカーと比べ圧倒的に強い分野の1つに、複写機を中心としたOA機器(事務機器)があります。 OA機器の市場は2003年から2007年までは増加を続けてきました。

しかし、07年からは減少に転じ、しかもここへ来てデジタル技術で高機能化が進み 機器単体の性能でメーカーごとの差がなくなってきました。

特に複写機は、製品を販売して、トナーなどの消耗品需要に頼る従来のビジネスモデルから転換し、運用や管理を一括で請け負うサービスで各社が競う新しい段階に入ったと言われています。

複写機メーカーで激しい競争を繰り広げているのが、市場シェア上位のリコー、富士ゼロックス、キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)の3社です。

これらの企業の複合機の特徴としては、他のメーカーの複合機と比べて複合機の総合的な能力の高さが高く評価されているようです。

OFFICE110なら中古・新品人気のメーカー機種を豊富に取りそろえております。
コピー機のご相談ならぜひOFFICE10へ!

お待ちしております。

人気のコピー機が業界最安値の激安価格