複合機(コピー機)導入でコスト削減【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「複合機導入でコスト・経費削減」記事一覧

複合機(コピー機)導入でコスト削減

複合機(コピー機)導入でコスト削減

複合機をご購入していただく際、弊社では、お客さまがお断りにならない以外は保守契約を結んでいただいております。

ほとんどのケースでは「カウンター保守契約」を結んでいただくのですが、これは、利用枚数に応じた保守料金をお支払いいただくことで、点検や修理、消耗品の交換といったすべての保守サービスを無償で受けられる保守契約になります。
そこで、何がコスト削減につながるのかといえば、利用料金に応じた保守料金というものが絡んでくるのです。

突然ですが、コピー1枚の単価をご存知でしょうか?それが今回のキーワードになります。
ここからは、複合機導入でコスト削減につながる秘訣を説明していきましょう。

▼目次

コピー1枚単価を1円削減で毎月5,000円のコストダウン

複合機の購入の際に結ぶカウンター保守では、複合機でコピー・印刷するたびに本体内蔵のカウンターが枚数をカウントし、コピー1枚あたりの金額に基づいて利用料金が請求されます。

現在のカウンター保守料金の相場は、

  • モノクロ1枚 3円
  • フルカラー1枚 20円

この程度がカウンター料金の相場となります。

例えば、
基本料金 ⇒3,000円
モノクロ出力 ⇒3円/1枚
カラー出力 ⇒20円/1枚
という契約内容であれば、すべてをすべてを合算したものがカウンター保守料金(=請求額)となります。

単純に月にモノクロ5,000枚・カラー500枚印刷したとすれば、
基本料金⇒3,000円
モノクロ出力⇒3円×5,000枚 = 15,000円
カラー出力⇒20円×500枚 = 10,000円
月のカウンター保守料金が、28,000円になりますよね。

ですが、このカウンター料金に関しては、基本的に印刷枚数ごとに個別交渉で決まっていきます。

仮に、交渉の結果、モノクロが2円/1枚になれば、単純計算で5,000円削減でき、23,000円/月となります。

このカウンター保守料金に関しては、販売業者によって金額が異なるため複数の業者から見積もりをとるようにして、複合機導入の際にはカウンター保守料金も注意することが必要です。

しかし、少しでも単価を安くすることを意識してしまい、カウンター料金ばかり気にし過ぎるのも問題があります。

もちろん安いは良いことですが、料金だけで選ぶと「安いけど修理が遅い」「アフターフォローが全く無い」など、悪質な業者と契約してしまうことがありますので、その事業所に合った業者選びが大切です。

弊社では、毎月500~1,000枚以上利用(出力)をしている利用環境においては、カウンター保守契約をおススメしています

まとめ

複合機を導入して、定期的に使う会社であれば割安になり、支払いの管理もカウンター保守契約は料金が分かりやすくなるため、トータルコストが見えやすいメリットがあります。

その際の注意点として、20,000枚など大量に印刷してしまうとカウンター保守料金は当然高くなりますが、逆に利用頻度が少なすぎても返って保守料金が割高になることがあります。

まずは、今の環境でどれくらいの利用頻度があるのが事前に計算しておくことも大切になります。

コスト削減におすすめの機種とは?
コピー機の導入ならばぜひOFFICE110へご相談ください

人気のコピー機が業界最安値の激安価格