個人事業主が携帯を法人契約する理由【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯とは」記事一覧

個人事業主が携帯を法人契約する理由

個人事業主が携帯を法人契約する理由

▼目次

みなさまは、日本人の8人に1人が社長と呼ばれる存在だと知っていましたか?

もちろん、全員が社員を抱えている訳ではありません。

いわゆる「個人事業主」の方がたです。

会社員とは違う、より自由な働き方ができると人気?の個人事業主ですが、その実態は意外と辛いもの。

特に、経費の精算に頭を悩ませている個人事業主は多いのです。

そんなあなたにおすすめなのが携帯を法人契約すること。

実は、携帯を法人契約する事で、通信費を大幅に削減できる可能性があるのです!

個人で法人契約は可能?

そもそも、「個人事業主が法人契約できるの?」という疑問を持つ方は多いでしょう。

確かに、民法上も個人(基本的に自己責任)と法人(法人格として権利を保障)は明確に線引きされた存在です。

結論から申しますと、個人事業主でも携帯の法人契約は可能です!

実は、携帯電話の法人契約は個人でも可能な場合があるのです。

それは、個人事業主として「青色申告」をしていること。

青色申告をする事で、各キャリアからは「みなし法人」という形で認識されます。

もちろん、各キャリアにより対応は様々。

中には、個人事業主の携帯の法人契約を受け付けていないところもあるので、気になる方は事前のお問い合わせをしてみてください。

法人契約に必要なもの

個人事業主でも携帯の法人契約できる可能性についてはご理解いただけた事でしょう。

ただ、ここで気になるのは必要書類です。
一般的に、携帯の法人契約には以下のような書類が求められます。

  • 法人に関する書類…登記簿謄本
  • 本人確認書類…運転免許証またはマイナンバーカード
  • 法人との関係が分かる書類…社員証または名刺
  • お支払情報…口座番号またはクレジットカード番号
  • 補助書類…公共料金領収証または住民票

など。

ここで問題となるのが、「法人」に関するまたは関係する書類についてです。

そもそも個人事業主は、法人ではありません。

当然、法人に関するまたは関係する書類は準備できないのです。

実は、「青色申告書」で代用可能!

法人に関する書類「登記簿謄本」や関係する書類「社員証」などは青色申告書で代用できるのです。

また、開業届や個人の印鑑証明などで代用できる場合も。

書類自体は、集めるのにそれほど苦労しないでしょう。

ただし、上記の必要書類はあくまで一般的なものに限られます。

各キャリアにより、それぞれ求められる書類も異なるため、事前に問い合わせておく事をおすすめします。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

法人契約する理由

個人事業主でも携帯の法人契約は、それほどハードルが高く無いと言えます。

現在、「白色申告」で税処理しているという方であれば、これから青色申告に切り替えれば良いだけです。

正直なところ、個人事業主が携帯を法人契約する必要あるの?

確かに、いくら通信費が安くなるからと、個人事業主本人だけではせいぜい数千円程度。

わざわざ準備が面倒臭い青色申告書を準備してまで、携帯を法人契約する必要は無いとも考えられます。

そこで、以下に個人事業主が携帯を法人契約する理由をまとめました。

    1. 経費を増やせる
    2. 法人契約限定のプランを受けられる
    3. 情報漏洩のリスクが軽減できる

1.経費を増やせる

先述した通り、携帯を法人契約する事で通信費を削減する事が可能です。

条件により様々ではありますが、中には80%ほどもコスト削減できた例もあります。

例えば、これまで月々10,000円だったものが2,000円〜3,000円ほどに。

個人事業主本人1台分だけだとしても十分にお得と言えます。

また、携帯の法人契約では数回線、数十回線、数百回線と個人では不可能な数の契約を同一名義で行うことができます。

例えば、従業員とみなすことで家族分も法人契約に組み込むことも可能です。

その上、携帯の法人契約では、通信費を経費に計上することができます。

つまり、法人契約する台数は増えるほどに、節税に繋げることができるのです。

2.法人契約限定のプランを受けられる

携帯の法人契約は、法人向けです。

その為、個人契約には無いサービスやプランも用意されています。

例えば、ソフトバンクの「スマ割」やauの「法人割」などです。

そして、それら法人向けのプランの多くは、ビジネスを想定したサービス内容です。

例えば、国内通話は24時間無料!やデータの共有・シェアなどがあります。

また、携帯の法人契約には「法人専用管理画面」も。

画面上から各携帯の設定を変更したりと、利用者に合わせたものにすることも可能です。

個人事業主の中にも、数台の携帯を使い分けている方は少なくありません。

そんな方にとって、一括して携帯を管理、設定の変更ができるのは手間の削減も繋がるでしょう。

3.情報漏洩のリスクが軽減できる

ビジネスにおいて情報漏洩は信頼を損なう重大な問題です。

万が一にも起こしてはいけないものとして、個人事業主の方がたも十二分に注意されていることと思います。

特に、個人や法人に関わらず、ビジネスに使用する携帯は情報の宝庫です。

ただ、法人とは異なり、個人事業主の多くがセキュリティ対策が万全とは言えない状態の携帯を使用しています。

その点、携帯の法人契約では、その多くがセキュリティ対策の高いものに設定されています。

例えば、紛失時の位置検索機能や遠隔ロック機能、初期化機能などです。

特に、取引相手の情報が流出することで、数千万単位での損害賠償を求められることも珍しくありません。

このセキュリティ対策こそ、個人事業主が携帯を法人契約する一番の理由と言えるかもしれませんね。

まとめ

今回は、個人事業主が携帯を法人契約できるのかについてまとめました。

結論から、個人であっても青色申告書や開業届などを提出することで「みなし法人」として携帯の法人契約ができる場合があります。

節税対策や限定プラン、セキュリティの向上など個人事業主が法人契約するメリットは多いものです。

特に、まだ個人事業主として活動を始めたばかりという方にとって、少しでも節税できるというのは嬉しいポイントかと思います。

反対に、ある程度の取引相手を抱えている個人事業主にとって、セキュリティの向上が望める法人契約は魅力的でしょう。

ぜひ、みなさまのビジネスの発展に携帯の法人契約を活用してみてください。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!