携帯を法人契約できるのは?格安SIM各社を徹底比較!【お役立ち情報】 | OFFICE110

「格安SIMの法人携帯」記事一覧

携帯を法人契約できるのは?格安SIM各社を徹底比較!

携帯を法人契約できるのは?格安SIM各社を徹底比較!

▼目次

月額料金が安く、プランも豊富な格安SIM。

個人契約として高い人気を集めています。

特に、2016年に登場したLINEモバイルは、LINEを中心にSNSの利用に特化していることで話題です。

このような経緯がある為か、最近「格安SIMの法人契約は可能ですか?」とお問い合わせをいただくことがあります。

結論として、格安SIMの中にも、法人契約できるものはあるのです。

そこで今回は、法人携帯向けの格安SIM各社を徹底比較したいと思います。

法人携帯を契約する際のチェックポイントについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

法人契約のチェックポイント

冒頭でお伝えした通り、格安SIMの中には法人携帯として契約できるものがあります。

例えば、mineoやBIGLOBE、Y!mobileやOCNモバイルONEなど。

意外と種類が多く、選ぶのも大変かと思います。

そこでまずは、法人携帯を契約する際のポイントについてまとめてみました。

    1. 法人携帯として契約できるか?
    2. 通信回線はどこを使用しているか?
    3. 月額料金はどれくらいか?
    4. 音声通話の無料サービスはあるか?
    5. 最低利用期間はあるのか?

1.法人携帯として契約できるか?

法人携帯として格安SIMを探すのであれば、まずは法人として契約できるのかを調べる必要があります。

冒頭でお伝えした通り、大手キャリアとは異なり格安SIMの全てが法人携帯に対応している訳ではありません。

法人携帯を取り扱っていなければ、法人として十分なサービスを得ることは難しいでしょう。

2.通信回線はどこを使用しているか?

格安SIMは大手キャリア3社、ソフトバンクやドコモ、auから通信回線を借り受ける形で運営しています。

その為、通信状態は使用している回線の性能に依存するのです。

例えば、速度であればソフトバンク、エリアの範囲であればドコモ、電波が安定しているのはauと言われています。

これは、各キャリアが所有する基地局の数や位置などが関係しています。

通信状態に関わることなので、どの回線を使用しているのかチェックするのがおすすめです。

3.月額料金はどれくらいか?

一般的に、「格安」だからこそ格安SIMと呼ばれています。

ただ、そんな格安SIMの中にも、月額料金には差があるもの。

例えば、各格安SIMの基本プランで比較すると、OCNは月額2,000円(税別)から、BIGLOBEは月額1,200円(税別)からです。

1台2台の契約であれば、たった800円から1,600円ほどの差と気にならないかもしれません。

しかし、法人契約は10台、100台単位。

決して小さな額ではないでしょう

法人携帯として契約するのであれば、少しでも安い方がお得と言えます。

4.音声通話の無料サービスはあるか?

格安SIMは、「格安」にするために様々なサービスを削減しています。

音声通話の無料サービスもその中の1つ。

ほとんどの格安SIMには、無料サービスはありません。

しかし、Y!mobileなどは音声通話の無料サービスを提供しています。

また、中にはBIGLOBEのように通話料の割引サービスを提供しているところもあるのです。

ビジネスで通話は頻繁に行われるもの。

無料サービスがあれば、通話料を気にせずビジネスに活用できます。

5.最低利用期間はあるのか?

大手キャリア3社では、基本的に最低利用期間として2年間が設定されています。

そして、期間内に解約する場合、解約手数料として1万円前後が発生するのです。

当然、多くの格安SIMにも最低利用期間はあります。

ただ、数ヶ月から1年ほどと、大手キャリアに比べて短いものばかり。

中には、最低利用期間自体がないものまであります。

法人携帯は定期的なプランの見直しが重要!

最低利用期間は短い方が乗り換えやすいのでおすすめです。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

格安SIM5社を徹底比較!

法人携帯として格安SIMを契約する際のチェックポイントについては、ご理解いただけたと思います。

ぜひ、実際に格安SIMを選ぶ際の参考にしてみてください。

では、次は実際に法人携帯を取り扱う格安SIM5社を徹底比較したいと思います。

    1. Y!mobile
    2. mineo
    3. BIGLOBE
    4. 楽天モバイル
    5. インターリンク LTE SIM

1.Y!mobile

Y!mobileの「スマホプランS/M/L」

このプランは、国内通話であれば10分/回が無料となるプランです。

スマホプランS(1GB)は月額1,980円(税別)から。

通話を中心に行う法人向けのプランと言えます。

※上記で紹介している月額料金は、6台以上契約した際のもの。

2.mineo

mineoには「ドコモプラン」と「auプラン」使用する回線ごとに選べるプランが。

例えば、ドコモプラン(デュアルタイプ 500MB)は月額1,400円(税別)から。

データ量500MBからと、必要なサービスを必要な分だけ選べるのが特徴です。

3.BIGLOBE

BIGLOBEは「音声通話SIM」

このプランでは、契約中の全回線を管理画面上で一括管理が可能

音声通話SIM(1GB)は月額1,200円からです。

実際の契約前には、「無料お試し」もできるので、格安SIMを比較したい場合におすすめです。

4.楽天モバイル

楽天モバイルは「通話定額プラン」

このプランは、60分・133分・216分の中から通話定額分を選ぶことができます。

例えば、プラン600(60分)は月額600円(税別)からです。

また、超過分の通話料は30円/分を割引に!

社員の利用状況に合わせて設定できるのが特徴と言えます。

5.インターリンク LTE SIM

インターリンク LTE SIMは「データ通信専用SIM」のみ。

1GBから10GB、使い放題まで幅広いデータ量から選べるのが特徴。

使い放題(128kbps)は月額1,080円(税別)からです。

データ通信だけ導入したい法人向けのプランとなります。

上記の他にも、各格安SIMでは法人携帯向けのプランを様々提供しています。

契約の前には、これらプランを比較し、みなさまそれぞれに合わせたプランを選ぶのが良いでしょう。

まとめ

今回は、法人携帯として契約できる格安SIMのプランを比較してみました。

Y!mobileやmineo、BIGLOBEなど調べてみると意外と多くの格安SIMで法人契約できるようです。

ただ、それだけに法人携帯として提供されているプランは様々。

通話定額や通話無料、回線を選べるものやデータ通信のみのものまで。

当然、プランごとに月額料金も異なります。

法人携帯の契約では、求めるサービスと予算を設定するのがポイント

その上で、複数の格安SIMを比較すれば、みなさまに合うベストなプランを見つけることができるのです。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!