NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

【ドコモ・au・ソフトバンク】結局どこが繋がりやすい?4項目で徹底検証【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯の活用法」記事一覧

【ドコモ・au・ソフトバンク】結局どこが繋がりやすい?4項目で徹底検証

【ドコモ・au・ソフトバンク】結局どこが繋がりやすい?4項目で徹底検証

  • ドコモ・au・ソフトバンクの中ならどのキャリアが一番繋がりやすいの?
  • オフィスは都会にあるわけではないから、繋がりにくいと困る…
  • 電話でやり取りする頻度が非常に高いため、通信品質は重視したい

このようなお悩みや疑問をお持ちでの方も多いのではないでしょうか?

モバイル回線で携帯が繋がりにくいとなると、外出先で顧客や取引先とスムーズにコミュニケーションが取れなかったりと、業務に大きな支障をきたしてしまいます。

そこで今回は、ドコモ・au・ソフトバンクのどこが繋がりやすいのかを、基地局・人口カバー率・対応バンド・通信速度の4項目をもとに徹底的に比較します。

さらに法人携帯の通信品質だけでなくコスト面も重視したい方に向けて、低価格で導入・運用できるおすすめサービスもご紹介するので、最後まで必見です!

この記事の目次

  1. 携帯会社の繋がりやすさを知るうえで重要な4項目とは?

  2. ドコモ・au・ソフトバンクの繋がりやすさを徹底比較

  3. ドコモ・au・ソフトバンクのメリット・デメリットを紹介

  4. 法人携帯を安く導入・運用するならOFFICE110へお任せ

  5. まとめ
法人携帯プランが月額990円から!24時間かけ放題つき・初期費用0円【OFFICE110】

携帯会社の繋がりやすさを知るうえで重要な4項目とは?

携帯会社の繋がりやすさを知るうえで重要な4項目とは?

携帯電話の繋がりやすさは、さまざまな要因がかかわります。

これからご紹介する4つの項目は、携帯会社の繋がりやすさを比較するうえで知っておきたい大切なポイントです。

これらを把握することで、今後は自社にあったキャリア選びができるでしょう。

①基地局

携帯会社の繋がりやすさを知るうえで、1番重要なのは基地局数です。

スマートフォン間の通信は直接端末同士で行われるのではなく、基地局や交換局などを通して電波のやり取りをしています。

例えば友達のスマートフォンにLINEを送った場合、自分のスマートフォンから相手のスマートフォンに直接電波が届いているわけではなく、下記のような仕組みで送られています。

  1. 自分のスマートフォンの発した電波(LINE)を、近くの基地局がキャッチする
  2. 交換局などに信号として伝わり、相手の近くにある基地局に届く
  3. 基地局から発せられる電波(LINE)を、相手のスマートフォンがキャッチする

つまり基地局が範囲内にないと電波を送れないため、相手と繋がることができません。
このように、基地局数は携帯会社の繋がりやすさを知るうえで、重要な指標です。

②人口カバー率

携帯会社の繋がりやすさを知るために、人口カバー率もチェックしておきましょう。

総務省による人口カバー率の定義は、下記の通りです。

人口カバー率

全国を約500m四方のメッシュに区切り、メッシュの過半をカバーした際に、当該メッシュの人口を全人口で除したもの。

500m四方の中でも繋がる場所と繋がらない場所がありますが、過半数が繋がる場合は人口カバー率を100%とみなすことにしています。

そのため、人口カバー率100%だからといって確実に繋がるとは限りませんが、繋がりやすさを知るうえでの参考にはなるでしょう。

ちなみに、人口カバー率は3G・4G・5Gそれぞれの数値があるため、調べる際は導入予定の通信規格のものをチェックしましょう。
このように携帯会社の繋がりやすさを知るうえで、人口カバー率は参考となる指標です。

③対応バンド(電波の周波数帯)

法人携帯の対応バンドを説明する画像

携帯会社の繋がりやすさには、対応バンドもかかわってきます。

そもそもスマートフォンにおけるバンドとは、「電波の周波数帯」を指します。

スマートフォンなどの通信機器は、インターネット接続するために電波を使いますが、周波数帯はその電波が通る道のようなもののイメージです。

もし同じバンドを使用する人が多くなると混雑しインターネットが遅くなるため、総務省がキャリアごとにバンドを割り当てています。
このキャリアが使用できるバンドが、「対応バンド」です。

対応バンドの種類によって「遠くまで電波が届く」「高速通信が可能」「障害物に強い」など、特徴が異なります。

よって携帯会社の繋がりやすさを知る場合、対応バンドもチェックする必要があるでしょう。

④通信速度

携帯会社の繋がりやすさを知るうえで、通信速度は重要な指標です。

通信速度

1秒間にデータをどれだけ送受信できるかの数値で、単位は「bps」が用いられます。
数値が高ければ高いほど「通信速度が速い」状態です。

通信速度が速いほど、コンテンツのダウンロードやブラウザの閲覧がスムーズにできます。
なお、通信速度には「上り」「下り」があり、それぞれの意味は下記のとおりです。

  • 「上り」
  • データのアップロードのこと
    例:SNSや動画の投稿、メールの送信、ライブ配信

  • 「下り」
  • データのダウンロードのこと
    例:SNSや動画の閲覧、メールの受信、コンテンツのダウンロード

携帯会社の繋がりやすさを調べるうえで、通信速度は見逃せない数値です。

↓法人携帯の導入はOFFICE110にお任せ!ショップにない格安プランをご案内します↓

法人携帯プランが月額990円から!24時間かけ放題つき・初期費用0円【OFFICE110】

ドコモ・au・ソフトバンクの繋がりやすさを徹底比較

携帯会社の繋がりやすさの指標はありますが、実際に調べるとなるとさまざまな資料を確認する必要があるため、手間がかかります。

そこでここからは4つの指標をもとに、ドコモ・au・ソフトバンクの繋がりやすさを調査した結果をご紹介します。

それぞれのキャリアの繋がりやすさを確認して、社用携帯としてどこを採用するかの参考にしてください。

ドコモ・au・ソフトバンクの基地局数を比較

まずは、ドコモ・au・ソフトバンクの基地局数から比較していきます。
それぞれの基地局数は下記の通りです。

4G 5G
ドコモ 259,584 7,135
au 190,469 5,935
ソフトバンク 176,041 6,580

参考:令和3年度携帯電話及び全国BWAに係る電波の利用状況調査の評価結果の概要|令和4年5月 総合通信基盤局 電波部 移動通信課

基地局数では4G、5Gともにドコモが1番多い結果となっています。
そのため、離島や山間部、田舎で電波が繋がるか不安な方はドコモを検討するのがおすすめです。

とはいえ、ドコモ・au・ソフトバンクはいずれも十分な基地局数を有しており、通信エリアは日本全国に広がっているため、基本的にはどこを選んでも快適に通信できます。

それでも離島や山間部、田舎などで通信できるか不安な方は、基地局数が圧倒的に多いドコモを選ぶとよいでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの人口カバー率を比較

次に、ドコモ・au・ソフトバンクの人口カバー率を見ていきましょう。

ここでは、人口カバー率を4G・5Gに分けて比較していきますので、導入予定のものをチェックしてください。

4G

ドコモ・au・ソフトバンク各社が発表している4Gの人口カバー率は、以下の通りです。

  • ドコモ:99.9%
  • ソフトバンク:99.9%
  • au:99.9%

各キャリアすべて99.9%という結果でした。

4Gであれば人口カバー率は変わらないため、どのキャリアを選んでも場所にかかわらず快適に通信できるでしょう。

5G

5Gの人口カバー率はソフトバンクのみが発表しており、ドコモ・auは予定のみの発表となっています。

ソフトバンクにおける5Gの人口カバー率は、2022年3月末時点で90%を突破しています。
対するドコモは2024年3月までに90%以上を実現すると発表、auは2021年の時点で、22年3月に90%予定となっていますが、それぞれ現状がつかめません。

そのため、社用携帯に5Gを導入するのであれば、ソフトバンクを検討するのがおすすめといえるでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの対応バンドを比較

ドコモ・au・ソフトバンクの対応バンドを比較していきます。

バンドにはそれぞれ特徴がありますが、繋がりやすさに直結するのは、利用できるバンドの数とプラチナバンドに対応しているかどうかです。

利用できるバンドが多いとその分電波の通り道が増えるため、インターネット回線の混雑が少なくなります。

プラチナバンドとは、700MHz〜900MHzの周波数帯を指すもので、ビルなどの建物内や地下鉄でも電波が届きやすいのが特徴です。

プラチナバンドには、「Band8」「Band18」「Band19」「Band26」「Band28」が該当しているため、これに対応しているかもチェックします。

ドコモ・au・ソフトバンクの対応バンドは、以下の通りです。

バンド ドコモ au ソフトバンク
4G Band 1
Band 3
Band 8 × ×
Band 11 ×
Band 18/26 × ×
Band 19 × ×
Band 21 × ×
Band 28
Band 42
5G n77 ×
n78 ×
n79 × ×
n257

※赤字はプラチナバンド

4Gに関しては、利用できるバンド数、プラチナバンド対応数ともに各社同じ結果でした。
そのため、バンド数の差による繋がりやすさの違いはほぼないといえるでしょう。

5Gに関しては、バンド数でドコモ・auがソフトバンクよりも1つ多いことがわかります。
この結果から、5Gを利用できるエリアであれば、ソフトバンクよりもドコモ・auの方が混雑しにくい可能性が高いといえるでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクの通信速度(実測値)を比較

ここでは、実際にドコモ・au・ソフトバンクを利用している方々が測定した通信速度の平均値をご紹介します。
結果は、下記の通りです。

ダウンロード速度 アップロード速度 Ping値
ドコモ 153.68Mbps 16.4Mbps 50.17ms
au 75.99Mbps 13.78Mbps 50.07ms
ソフトバンク 87.6Mbps 17.49Mbps 37.53ms

一般的に、メールなどテキストのみのやり取りであれば1Mbps、Webページの閲覧や動画の閲覧でも10Mbpsもあれば十分といわれています。

全キャリア、ダウンロード速度が10Mbpsを超えているので、ビジネス用途としては十分ストレスなく使えるレベルといえるでしょう。

ただ、「できるだけ通信速度が速い方がよい」と考える方には、その中でも応答速度を表すPing値(低い方がよい)とアップロード速度の2項目で1番のソフトバンクがおすすめです。

【結論】3キャリアの携帯繋がりやすさランキング!

ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの中で、繋がりやすさをランキングで表すと以下の通りとなります。

  • 1位:ソフトバンク
  • 2位:ドコモ
  • 3位:au

5Gの人口カバー率や通信速度で上位を獲得したソフトバンクが1位となりました。
基地局数は比較的少ないですが、それでも十分な数があるため、日本全国どこでもストレスなく利用できるでしょう。

ただ、離島や山間部、田舎など、通信環境に不安にある場所で事業を展開しているなら、基地局数が圧倒的に多いドコモがおすすめです。

auは繋がりやすさの点ではこれといった強みはありませんが、特に問題点もなく、可もなく不可もない感じです。

ドコモ・au・ソフトバンクの中で繋がりやすさを軸に社用携帯を選ぶのであれば、ソフトバンクがおすすめといえるでしょう。

ソフトバンクの法人携帯が業界最安!無料お見積もりだけでも気軽にお問い合わせを↓

法人携帯プランが月額990円から!24時間かけ放題つき・初期費用0円【OFFICE110】

ドコモ・au・ソフトバンクのメリット・デメリットを紹介

携帯会社を決めるうえで繋がりやすさはもちろん重要ですが、その他にも比較する点が多いため、どこで契約するか決めかねている方も多いはずです。

ここからは、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれのメリット・デメリットを解説します。

各キャリアの強み・弱みが把握できれば、スムーズに自社にあった契約ができるでしょう。

ドコモのメリット・デメリット

ドコモのメリット・デメリットは、下記の通りです。

【メリット】

  1. 基地局数が多く田舎や山間部でも繋がりやすい
  2. 「ギガホプレミア」は完全データ無制限

【デメリット】

  1. 人口が密集するエリアでは通信速度が落ちる
  2. 4Gと5Gの料金プランが異なる

ドコモは基地局数がほかのキャリアと比較して多いため通信エリアが広く、田舎や山間部、離島など、場所を問わず安定した通信が可能です。

また、ドコモ・au・ソフトバンクの各キャリアデータ無制限プランを提供していますが、テザリングを含めて完全データ無制限なのはドコモのみ。

外出先でテザリングを使ってパソコン業務をする場合、大いに活躍するでしょう。

ただし一方で、ドコモは3社で1番利用者数が多いため、数万人規模で集まる場所では
通信速度が低下する可能性
があります。

1カ所に人が集中して一斉にデータ通信をすると、基地局が処理しきれなくなってしまうためです。
仕事で大規模なビジネス展示会・見本市やセミナーに行く際は注意が必要でしょう。

また4Gと5Gの料金プランが別れているのは、3キャリアの中でドコモだけです。
4Gの機種から5Gに機種変更した場合、プランも変える必要があるため手間がかかる点も覚えておきましょう。

auのメリット・デメリット

auのメリット・デメリットは、下記の通りです。

【メリット】

  1. 法人限定の割引プランがある
  2. スマートフォンとクラウドサービスの連携で業務効率が向上する

【デメリット】

  1. 通信速度が他社より遅め

auには、「スマートバリュー for Business」「法人割」「ビジネス通話定額」と3つの法人限定割引プランがあります。

それぞれの内容は、以下の通りです。

  • スマートバリュー for Business:auのスマートフォンなどの端末とクラウドサービスをあわせて利用すると、料金が割引になる
  • 法人割:2~10回線利用で、基本使用料や国内通話料が割引になる
  • ビジネス通話定額:月額330円〜/端末で、au電話からの社員間通話が24時間無料になる

これらの割引があるため、通常プランよりもお得に利用できます。

また、スマートバリュー for Businessであわせて利用するクラウドサービスを活用することで、業務効率を向上させられます。

契約できるクラウドサービスは、下記の通りです。

  • Google Workspace:Gmailやスプレッドシートなど、Google関連サービスとスマートフォンを連携できる
  • Microsoft 365 with KDDI:WordやExcelなど、 Officeアプリケーションとスマートフォンを連携できる

同じデータを社員間で共有できるため、業務効率を高められるでしょう。

ただ、通信速度が上り・下りともに他社と比較して遅い傾向があるため、急いでいるときはストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。

ソフトバンクのメリット・デメリット

ソフトバンクのメリット・デメリットは、下記の通りです。

【メリット】

  1. 通信速度が速い
  2. 5G人口カバー率が90%以上
  3. 法人向けプランが豊富

【デメリット】

  1. 山間部や離島では電波が弱い

ソフトバンクは通信速度が3キャリアの中で1番速く、ストレスなく快適に通信できます。

また、5Gの人口カバー率が90%を突破していると発表しているのはソフトバンクだけです。
すでに通信速度が速いキャリアですが、より高速なデータ通信を実感できます。

ソフトバンクであれば、4G・5Gともに外出中に調べ物をしたいときや、電車の時刻を確認したいときなどにサッと調べられるでしょう。

ソフトバンクの法人向けプランは種類が豊富なため、事業の状況にあわせたプランを選択でき、これにより無駄なコストの削減が可能です。

出張先で頻繁に使用するならデータ容量無制限のプラン、iPadなどで電話を必要としないならデータ通信専用のプランを選べます。
自社にあったプランに最適化することで、経費削減につなげられるでしょう。

一方で、3キャリアの中で1番基地局数が少ないため、山間部や離島などでは電波が弱くなってしまいます。
このような場所で事業を展開する事業者は、事前に確認するとよいでしょう。

法人携帯を安く導入・運用するならOFFICE110へお任せ

法人携帯のコスト削減なら「OFFICE110」にお任せください

法人携帯を導入する際、どこで相談・契約すべきか悩んでしまう方は多いでしょう。

そのようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ「OFFICE110」へご相談ください。

OFFICE110は、さまざまなメーカーのオフィス機器の販売、設置工事を行っており、法人携帯をはじめ、ビジネスフォンや複合機、セキュリティ機器などを取り扱っています。

ここからは、携帯電話の法人契約における、OFFICE110がご提供できるメリットを3つご紹介しますので、ぜひご覧ください!

法人携帯を特別価格でご案内!機種代も最安1円〜

OFFICE110では、指定の機種代金が1円になる「端末1円キャンペーン」を開催中です。

機種代金は従業員が多ければ多いほど高くなってしまうものですが、1円キャンペーンをご活用いただければ端末にかかる費用をグッと抑えられます。

ただし、こちらは在庫がなくなり次第終了いたしますので、お早めにお問い合わせください。

導入時に必ずかかる端末代金を抑えられるのは、OFFICE110を選ぶ大きなメリットです。

初期費用0円キャンペーン実施中!当社が全額負担

OFFICE110では現在、当社独自「初期費用0円キャンペーン」を実施中です。

初期費用0円キャンペーンでは「乗り換え時の事務手数料」「キャリアに支払う解約違約金」「機種代残額」を当社が全額負担いたします。

これにより、初期の負担なしで社用携帯を導入できます。

導入時にかかる費用が抑えられることも、OFFICE110を選ぶメリットといえるでしょう。

最短1日で納品可能!担当者がオフィスに訪問します

OFFICE110では、最短即日のスピード納品が可能です。

専門スタッフが訪問して必要書類をスムーズにご案内し、手間のかかる手続きを代行いたします。
また、機種在庫も豊富なため、入荷でお待たせする心配もありません。

時間をかけずにすぐ導入できることは、OFFICE110の強みであるといえます。

OFFICE110では、24時間かけ放題付きで月額990円からの法人限定格安プランを提供しております。
通常のショップや他社と比べて圧倒的に安く導入・運用できますので、まずはお見積もりだけでもお気軽にお問い合わせください!

法人携帯プランが月額990円から!24時間かけ放題つき・初期費用0円【OFFICE110】

まとめ

携帯会社の繋がりやすさを比較するうえで確認しておきたい項目は、基地局・人口カバー率・対応バンド・通信速度の4つです。

それぞれの数値を確認することで、どこがつながりやすいのかをチェックできます。

現在、この4項目を総合的に比較したうえで、繋がりやすいキャリアはソフトバンクです。
繋がりやすさで選ぶなら、ソフトバンクを選んでおけば間違いありません。

ただ、山間部などの電波が届きにくい場所で事業をされている場合は、基地局数が多いドコモを選ぶのがおすすめです。

法人携帯のことでお悩みであれば、ぜひ「OFFICE110」へご相談ください。

これまで12万社以上の取引実績を積み上げてきた専門知識豊富な弊社のプロスタッフが、お客様の導入シーンにあわせて最適なプランをご提案いたします。

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-21:00, sat 09:00-18:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格

    最速ご返答!

     無料お見積り・お問い合わせはこちら

    フリーダイヤル
    0120-595-110

    営業時間:月~金/9時〜21時 土/9時〜18時

    メールでのお問い合わせはこちら

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!