法人携帯契約は必要?メリットとは?【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯とは」記事一覧

法人携帯契約は必要?メリットとは?

法人携帯契約は必要?メリットとは?

▼目次

携帯電話の法人契約。

実は、法人だけでなく個人事業主でも契約を結べることを知っていましたか?

みなさまの中にも、個人事業主として携帯電話の法人契約を検討されている方はいると思います。

ただ本来は法人同士で交わされるのが法人契約です。

正直なところ、個人事業主がわざわざ携帯電話の法人契約を行う必要があるのでしょうか?

今回は、そんな携帯電話の法人契約の必要性について考えてみたいと思います。

果たしてどのようなメリットが得られるのか?

検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

法人契約は個人でも可能?

携帯電話に限らず、法人間の取引では基本的に「法人契約」が取り交わされます。

そんな法人契約の一番の特徴は、契約した際の責任の所在。

個人間とは異なり、法人間では個人(社長や会長など)ではなく法人(組織)全体に責任が発生するのです。

一般的に、個人事業主が契約を交わす際、例えば銀行から1億円の借り入れをしたとします。

この際の返済義務は個人事業主本人です。

当然、万が一にでも返済できなければ資産(家屋や物品)を処分することになります。

この時点で、「では、個人事業主に法人契約はできないのでは?」という疑問が湧いてきます。

もちろん、基本的に法人契約は個人事業主では行えません。

ただし、携帯電話では個人事業主であっても法人契約を交わすことができる場合があります。

それは、「みなし法人」!

各キャリアごとに、個人事業主に対して青色申告書または開業届を提出することで、「みなし法人」として法人契約を受け付ける場合があるのです。

まさに、携帯電話ならではの契約と言えます。

どんなメリットがあるの?

個人事業主でも、携帯電話であれば法人契約は可能だと紹介しました。

ただ、「個人で法人並みの責任は負えないのでは?」という不安もあります。

確かに、法人契約は非常に拘束力の強いもの。

万が一のトラブルの際、個人では対処できない可能性も。

では、それでもなお個人事業主が法人契約を行うのには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

    1. 節税効果
    2. ビジネス向きのサービス
    3. 維持費・通信費ともに割安

1.節税効果

携帯電話の法人契約では、メリットとして節税効果が高くなります。

これは法人契約することで、明確に仕事用として携帯電話を位置付けることができ、明細を経費として計上できるためです。

一般的に、個人事業主の多くは携帯電話を公私とも1台で利用しています。

ただこの場合、どこまでが仕事で私用なのか把握できません。

経費の計上も適当になり、十分に節税できない可能性があるのです。

2.ビジネス向きのサービス

ビジネス向きのサービスが充実しているのもまた、携帯電話の法人契約ならではのメリットと言えます。

例えば、

国内通話24時間無料!

ウェブ上での一括管理!

情報共有システムの利用!

などが挙げられます。

上記の他にも、各キャリアごとに法人向けのサービスを提供しています。

個人も法人もビジネスをしているということでは同じです。

法人向けの携帯電話が使用できるのは、ビジネスの環境をより良くする上でメリットと言えるでしょう。

3.維持費・通信費ともに割安

携帯電話の法人契約では、一般向けに比べて50%以上の節約に繋がることもあります。

特に、大手キャリアの法人契約では、維持費・通信費合わせて月額3,000円(税別)/台となることも。

個人事業主の中にも、複数人の従業員を雇っている方はいます。

全員分の法人携帯を用意すれば、職場環境の改善をより割安に実現することが可能です。

法人でも同じですが、携帯電話の維持費・通信費がお得というのは、経費削減に大きなメリットとなるのです。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

定期的な見直しを!

個人事業主であれ、携帯電話の法人契約で様々なメリットが得られることはご理解いただけたことと思います。

ちなみに、家族を従業員として雇用することで、維持費・通信費を割安に、かつ節税効果を上げることも可能です。

ただし、法人契約は定期的な見直しが大切!

2017年現在、世界はグローバル社会としてめまぐるしく変化しています。

当然、ビジネスの世界でもこれまでメリットだったことが、次の瞬間にはデメリットに変わっている危険性もあるのです。

携帯電話の業界もまた、各キャリアごとその時代の流れに合わせたプランを提供しています。

携帯端末自体も毎年のように新しい機種が発表されるほどです。

だからこそ、個人であれ法人であれ、携帯電話の契約は定期的に見直すことをおすすめします。

見直すことで、より良い条件(プラン)を見つけ、その時々に合わせたメリットを得ることができるかもしれません。

定期的というのは少し面倒臭いものですが、3年〜5年単位で見直してみるのが良いでしょう。

まとめ

今回は、個人事業主が携帯電話の法人契約をするメリットについてまとめました。

節税効果やビジネス向けサービス、通信費の節約など多くのメリットを得ることができます。

ただ、契約当時にメリットだったものが、今も同様にメリットだとは限りません。

みなさまの働き方が変化する中で、デメリットになっている可能性もあります。

携帯電話を法人契約する際には、数年単位で内容を見直しみるのがおすすめです。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!