ホワイト法人で無料通話料を共有!割引サービスの特徴とは【お役立ち情報】 | OFFICE110

「ソフトバンクの法人携帯」記事一覧

ホワイト法人で無料通話料を共有!割引サービスの特徴とは

ホワイト法人で無料通話料を共有!割引サービスの特徴とは

▼目次

ソフトバンクでは、法人携帯向けプランとして「ホワイトプラン」が提供されています。

ホワイトプランとは、月額934円から利用できる一定時間内の国内通話(ソフトバンク同士)が無料!となるものです。

「スマ放題」と並び、ソフトバンクの中でも特に人気のプランと言えます。

実は、そんなホワイトプランをさらにお得!にできる「ホワイト法人」というオプションサービスがあるのをご存知でしょうか?

今回は、そんなソフトバンクのホワイト法人、そのサービス内容や特徴について紹介したいと思います。

ぜひ、ホワイト法人の割引サービスを活用し、法人携帯を上手に運用してみてください。

ホワイト法人とは

ホワイト法人とは、ソフトバンクの法人携帯向けプラン「ホワイトプラン」のオプションサービスの1つ

そこで、まずはホワイトプランについて少し説明しましょう。

ホワイトプランってどんなサービス?

冒頭でもお伝えした通り、ホワイトプランでは1時〜21時の間、ソフトバンク間の国内通話が無料!

さらに、国内メール(キャリアメール)が24時間無料!となる法人携帯向けのプランです。

月額料金は934円(税別)/台から。

データ量の契約により、月額料金が加算されるという仕組みです。

通話は欲しい、ただ月額料金はできるだけ抑えたい法人携帯向けと言えます。

ホワイトプランにはオプションサービスが豊富!

  • 法人データシェア
  • ホワイト法人
  • ホワイトライン24
  • Wホワイト
  • WiFiアクセスforビジネス
  • 法人長期継続割

など。

今回の話題でもある、ホワイト法人も含まれています。

そんなホワイト法人は、ホワイトプランの持つ無料通話サービスの範囲を広げることのできるオプションサービス。

これにより、法人携帯(ホワイトプラン)からビジネスグループ(事前登録)への国内通話が24時間無料!となります。

月額料金は登録回線数によって変わり、

2〜30回線は0円/月、31〜100回線は500円(税別)/月、

101〜1,000回線は880円(税別)/月。

ホワイトプランに最大880円(税別)加算するだけ、法人携帯としてよりお得な通話が可能となります。

ホワイト法人の特徴

先述した通り、ホワイト法人では特定の相手(ホワイトプランとビジネスグループ)への国内通話が24時間無料です。

それだけでも、法人携帯としては十分に魅力的!

しかし実は、ホワイト法人にはさらにお得!と言える特徴があります。

    1. 通話料の割引サービス
    2. 無料通話料の特典

1.通話料の割引サービス

ホワイト法人に加入することで、通話料の割引サービスを受けることができます。

これは、ホワイト法人の無料通話範囲外への国内通話に対して、通話料を割引するというものです。

登録回線数によって割引率は変動。

例えば、2〜30回線では10%割引、

31〜100回線では20%、

101〜1,000回線では30%もの割引を受けられます。

つまり、登録回線数が増えればそれだけお得!となるのです。

法人携帯というのは、様々な相手と通話するもの。

ホワイトプランやホワイト法人の無料通話範囲外への通話も多いと思います。

ホワイト法人の通話料の割引サービスは、少しでも通話料を抑えたい法人の強い味方と言えるでしょう。

2.無料通話料の特典

ここまでの紹介でお気づきと思います。

ホワイトプランやそのオプションプラン、ホワイト法人はお得な通話料が魅力の法人携帯向けプランです。

そして、そんなホワイト法人に加入すると、毎月1,000円/回線分の無料通話料が特典として付いてきます。

ソフトバンクの通話料は、20円/30秒が基本。

1,000円分の無料通話料で、単純計算して25分となります。

一見すると「少ない?」と思われるかもしれません。

しかし、ホワイト法人は範囲の広い無料通話サービスです。

基本的に、ソフトバンク間またはホワイトプラン、ビジネスグループへの国内通話しかしないのであれば、無料通話料1,000円、25分というのは十分すぎるものでしょう。

通話料の割引サービスに無料通話料の特典、小さなメリットに感じられますが、10回線100回線単位で契約される法人携帯として考えるのであれば、十分に大きな魅力と言えます。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

無料通話が共有できる!

先ほど、ホワイト法人には無料通話料が毎月1,000円/回線分付いてくると紹介しました。

実は、この無料通話料、余った分は法人携帯のグループ間でシェアすることが可能なのです。

法人携帯の同一グループ間でも、通話の頻度や相手は異なる!

法人と一括りにしていますが、社員ごとに通話相手は異なります。

事務作業の多い方であれば社員間、営業担当者の方であれば取引先など。

当然、ホワイト法人では、社員間(グループ間)の通話は24時間無料、反対に取引先(ソフトバンクまたは他社)であれば無料通話範囲外であることもあります。

無料通話料が余る回線も出てくる!

上記から分かる通り、通話先によっては、無料通話料1,000円が消費できないこともあります。

正直、せっかくの特典を使い切れないのは少しもったいない気がします。

無料通話料が不要(余る)な回線から必要(足りない)な回線へとシェアすることで、本来発生してい通話料(超過分)の相殺が可能!となります。

つまり、法人携帯をより効率良く運用できるという訳です。

まとめ

今回は、ソフトバンクの法人携帯向けプラン「ホワイトプラン」のオプションプラン「ホワイト法人」についてご紹介しました。

単純に、ホワイト法人は、ホワイトプランで受けられる無料通話サービスの範囲を広げてくれるプランと言えます。

法人携帯は、その多くが社員間や取引先との国内通話に活用されるもの。

通話料がいかに無料または割引されるかが重要となります。

無料通話サービスに割引サービス、無料通話料の特典とホワイト法人は、まさに法人携帯が求めるサービスが揃っているのです。

毎月の通話料に悩む法人のみなさま、ぜひソフトバンクのホワイト法人への加入を検討してみてください。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!