法人携帯も支払いに!ドコモケータイ払い【お役立ち情報】 | OFFICE110

「ドコモの法人携帯」記事一覧

法人携帯も支払いに!ドコモケータイ払い

法人携帯も支払いに!ドコモケータイ払い

▼目次

ドコモのサービスの1つに「ケータイ払い」というものがあります。いわゆる、ドコモ独自の決済サービスです。

例えば、ネットショップやネットゲームなどで利用でき、広く利用者に人気のサービスと言えます。

最近、1人のお客様から「法人携帯でもケータイ払いは使えるの?」というご質問をいただいたことがありました。

確かに、ちょっとした買い物などでドコモのケータイ払いが活用できれば便利な気もします。

そこで今回は、法人携帯でも使えるのか?ドコモの「ケータイ払い」についてご紹介したいと思います。

ケータイ払いのメリットから、どこで利用できるのかまでまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

ケータイ払いとは

冒頭では、法人携帯でも「ケータイ払い」は使えるのか?と紹介しました。

結論から申し上げると、ドコモのケータイ払いは法人携帯でも問題なく利用できます。

ただし、法人携帯では利用限度額が10,000円/月と定められています。

ちなみに、ケータイ払いは個人や法人はもちろん、一部サービスに限りドコモと契約していない方でも利用することが可能です。

そんな、ケータイ払いの決済方法、その主な3種類について見ていきましょう。

    1. 都度決済
    2. 継続課金
    3. 随時決済

1.都度決済

商品の購入やサービスを利用する度、その都度決済が行われるというもの。

当然、決済時期に回数制限はなく、利用限度額以内であれば何度でも商品の購入やサービスの支払いに利用することができます。

こまめに利用したい方にはおすすめの決済方法と言えます。

2.継続課金

ファンクラブやコンテンツの月会費などの継続的なサービスの利用に対して、毎月決済が行われるというものになります。

決済時期は毎月1日回のみ、サービスの契約を解除しない限り支払い義務が発生し続けることになります。

特定のサービスを利用したい方向けの決済方法です。

3.随時決済

加盟店ごとに利用承諾を行い、商品の購入やサービスを利用する度、その都度決済をするというものです。

決済時期に回数制限はなく、特定の商品やサービスの定期購入などでの支払いに利用することが可能です。

定期的に必要となる商品やサービスがある方向けの決済方法になります。

このように、ドコモのケータイ払いは、利用者の利用目的に合わせて支払い方法などを選べる決済サービスなのです。

法人側としても、ちょっとした買い物などに利用できるというのは、非常に便利・お得と言えるでしょう。

ケータイ払いのメリット

法人携帯でも使えるドコモの「ケータイ払い」。

先ほど紹介した内容でも、十分に便利なもののように感じます。

しかし実は、ケータイ払いには以下のようなさらなるメリットがあるのです。

    1. 簡単に使える
    2. 便利に支払える
    3. お得が貰える

1.簡単に使える

ケータイ払いの使い方は、「4桁のパスワード」を入力するだけ。

クレジットカード番号を入力するという一般的な決済サービスのような手間はありません。

つまり、ほんの少しの空き時間に気軽に商品を購入することも可能と、とても簡単に支払いできるのです。

2.便利に支払える

ケータイ払いでは、基本的に月々の携帯代と一緒に支払いを済ませることができます。

一般的なネットショッピングのように、銀行振込やコンビニ払い、代金引換払いなどの面倒な手間もないと言えます。

また、ウェブ上で明細を簡単にチェックできるので、便利に支払い可能なのです。

3.お得が貰える

ケータイ払いには、ドコモならではの「限定」キャンペーンが定期的に提供されています。

2017年6月現在、例えば「金・土はdポイント5倍」「10倍ポイントバック」「クーポン利用ポイントバック」など。

特に、ネットショッピングということに関して、様々なお得を貰うことができると言えます。

上記のように、ドコモのケータイ払いにはいくつものメリットが。

例えば、法人携帯を利用することで、特定の商品についても購入が簡単に、経費を管理する手間の削減にも効果が期待できます。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

どこで使えるの?

ドコモのケータイ払いを活用するメリットについては、ご理解いただけたと思います。

ただし、いくら便利な決済サービスだとしても、支払いに利用できるサービス自体が少ないのでは困ります。

以下に、支払いに利用できるサービスをカテゴリ別にまとめてみました。

    1. ショッピング
    2. 電子書籍
    3. サービス

1.ショッピング

ドコモのケータイ払いでは、以下のようなショッピングサイトで支払いに利用することができます。

  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • 無印良品
  • omni7(セブンイレブン)
  • スターバックスオンラインストア
  • ドミノ・ピザ

など。

「Amazon」や「Yahoo!ショッピング」が入っている時点で、必要な商品のほとんどを手に入るといっても過言ではありません。

その上、「スターバックス」や「ドミノ・ピザ」など食事関係が充実しているのも嬉しいポイントと言えます。

2.電子書籍

以下のような電子書籍もまた、ドコモのケータイ払いでは支払いに利用可能となります。

  • BOOKWALKER
  • TSUTAYADISCAS
  • 朝日新聞デジタル

など。

ビジネスにおいて情報を集めるということは必須事項です。特に、「朝日新聞デジタル」は旬な情報がいち早く手に入る電子書籍なので、法人側としても利用するメリットは大きいと考えられます。

3.サービス

ドコモのケータイ払いには、その他サービスとして以下のようなものも支払いの対象となります。

  • ABC体験レッスン&1dayレッスン予約サイト
  • モバイルSuica
  • ムビチケ

など。

社員のスキルアップということなら「ABC体験レッスン&1dayレッスン予約サイト」、通勤用には「モバイルSuica」、福利厚生として「ムビチケ」なども。

アイディア次第で法人携帯の利用方法が広がることでしょう。

まとめ

今回は、法人携帯でドコモの「ケータイ払い」が使えるのか?ということでお話を進めてきました。

法人携帯がお財布代わりになるということで、ちょっとした買い物やサービスの支払いについては高い利便性があると言えます。

また、月々1万円以内という制限があるのもポイントの1つです。

経費の増加を防げるだけでなく、小さな買い物であれば社員ごとの判断で処理できるというメリットも。

ぜひ、上手に活用し、法人携帯をより便利なものにしてください。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!