法人携帯のレンタル利用 3つのポイント【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯の活用法」記事一覧

法人携帯のレンタル利用 3つのポイント

法人携帯のレンタル利用 3つのポイント

▼目次

みなさまは、法人携帯の契約方法が1つではないことを知っていますか?

そんな法人携帯の契約方法の1つが、「レンタル」という選択肢です。

法人携帯を購入すると、年単位で月額料金の支払いが発生します。

すべての携帯が常に利用されている訳ではない中、10台100台単位で維持し続けることは大きな負担と言えます。

そこでおすすめなのがレンタルという訳です。

今回はそんな法人携帯のレンタルについてお話ししようと思います。

法人携帯の1つの選択肢として、ぜひ検討してみてください。

契約方法は1つではない!

法人携帯の契約と聞くと、どうしても携帯端末を購入するのが一般的です。

しかし、実は購入の他にも「レンタル」という選択肢があります。

では、法人携帯のレンタルとはどのようなものなのでしょうか?

    1. 資産にならない
    2. レンタル料と月額料金が合算請求される
    3. 幅広い中から端末が選べる

1.資産にならない

法人携帯のレンタルでは、端末自体の権利を所有する訳ではありません。

その為、各端末は法人自体の資産にはならず、経理上の管理コストの削減に繋がります。

確かに、10台100台単位で携帯端末を購入してしまうと、それだけ経理上の処理が大変になるものです。

2.レンタル料と月額料金が合算請求される

一般的に、法人携帯の端末を購入すると、全端末代金を1度に請求されます。

1台2台程度であれば問題ありませんが、100台200台ともなると大きな額となり処理が大変です。

その点、法人携帯のレンタルでは、端末のレンタル料と月額料金が「合算請求」されるので、月々に分散して処理することができます。

3.幅広い中から端末が選べる

レンタル用と聞くと、どうしても選べる種類に限りがあるように感じられます。

しかし、法人携帯のレンタルでは、スマホやガラケーはもちろん、タブレットなど幅広い端末の中から必要なものを選ぶことが可能です。

その都度、購入している訳ではないので、新機種などの端末の買い替えを考える必要もないと言えます。

3つのおすすめポイント

法人携帯のレンタルの特徴について紹介しました。

そこで次に、法人携帯のレンタルをおすすめする3つのポイントを見ていきましょう。

    1. 契約期間の自由度が高い
    2. 通常よりも通話料が安い
    3. 問題発生時の対応が簡単

1.契約期間の自由度が高い

法人携帯のレンタルについて、契約期間の自由度の高さが挙げられます。

端末の購入の場合、通常であれば1年や2年などの契約期間が設けられています。

レンタルはさらに短く、1ヶ月単位や中には1日単位で契約できるものも。

必要な時に必要な台数だけ用意するということも可能と、維持費の節約にも繋がるのでおすすめです。

2.通常よりも通話料が安い

通常よりも通話料が安いというのも、おすすめポイントの1つと言えます。

これは、レンタルでの契約の多くが「プリペイド方式」を採用している為です。いわゆる先払いです。

キャリア側は、法人側からあらかじめ料金を回収できる為、それだけ通話料を安く設定できます。

反対に、法人側は必要な分(通話料)だけ支払えばいいので無駄な出費を減らせるのです。

3.問題発生時の対応が簡単

おすすめポイントとしては、問題発生時の対応が簡単というのも考えられます。

法人携帯のレンタルでは、端末の所有者はあくまでレンタル会社です。

つまり、万が一の際にはレンタル会社が対応することになります。

またレンタル期間が終われば契約も、第三者に法人側の情報が不用意に流出する可能性は低いのです。

上記の中でも、特に契約期間の自由度が高いというのが一番のおすすめポイント。

法人側が携帯をレンタルする理由として最も多いのではないでしょうか。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

こんなところで活躍中!

法人携帯のレンタルをおすすめする理由についてはご理解いただけたと思います。

自由度が高いということでおすすめなレンタル。

では、ビジネスにおいてどのような場面で活躍しているのでしょうか?

    1. イベント
    2. 出張
    3. セカンドビジネス

など。

1.イベント

法人携帯のレンタルは、一時的に端末が必要な場面でおすすめ。

例えば、セミナーやフォーラム、展示会など。

法人が主催するイベント開催時に活躍します。

2.出張

出張に活用してみるのもおすすめ。

普段の業務ではほとん携帯を使用しない方でも、出張中のように長期外出する際には必要になるもの。

1日2日だけレンタルできるのは使い勝手がいいのです。

3.セカンドビジネス

法人という訳ではありませんが、セカンドビジネス用としても活躍するのがレンタル。

セカンドビジネスとして、一時的に必要なものの長期では負担になる場合などにもおすすめといえます。

ちなみに、上記のようなビジネス用の他に、ストーカー対策や修学旅行用などプライベートでも意外と活躍するのがレンタルです。

ぜひ、レンタルならではの活用法を検討してみてください。

まとめ

今回は、法人携帯のレンタルをおすすめする理由についてまとめてみました。

端末の購入による長期契約とは異なり、レンタルには契約期間や使用方法などに高い自由度があります。

数ヶ月はもちろん、1日2日などの突発的な必要性にも対応できるのでおすすめと言えます。

イベントや出張など、ぜひみなさまが必要な時に必要な台数だけ導入してみてはいかがでしょうか?
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!