格安スマホで法人契約できる?おすすめプラン紹介!【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯の活用法」記事一覧

格安スマホで法人契約できる?おすすめプラン紹介!

格安スマホで法人契約できる?おすすめプラン紹介!

▼目次

とにかく安く導入できることで人気の格安スマホ。

一般的に個人向けのイメージですが、法人契約は可能なのでしょうか?

スマホの法人契約、いわゆる法人携帯と言えばソフトバンクやドコモ、auなどの大手キャリアが目立ちます。

そこに、格安スマホが加わればそれだけ選択肢の幅も増えるはずです。

そこで今回は、格安スマホで法人契約が可能なのか?

また、どのようなプランがあるのかについてまとめてみようと思います。

選択肢の1つとして、格安スマホも検討してみてください。

格安スマホとは

法人携帯について知る上で、まずは格安スマホとは何か?について紹介する必要があります。

そもそも格安スマホとは、低価格のスマートフォンと格安SIMカードの組み合わせを指します。

いわゆるセットプランです。

低価格のスマートフォン

低価格のスマートフォンとは、大手キャリア3社の提供するスマホに比べて端末価格がお得なもののこと。

例えば、製造コストの安い海外メーカーもの、機能を絞り価格を抑えたものなどが挙げられます。

一見すると、「質が悪いのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、みなさんご存知の通り、現在のスマホは機能が豊富すぎる!

むしろ、必要な機能だけに絞られた低価格のスマートフォンの方が使い勝手がいい場合もあるのです。

格安SIMカード

格安SIMカードとは、いわゆる「MVNO事業者」が提供する低価格なSIMカードのこと。

例えば、Y!mobileやLINEモバイル、mineoなどが挙げられます。

こちらも、「安い=悪い」という印象を受ける方が多くいます。

実は、格安SIMカードで使用される回線は、大手キャリア3社のうちのどれかのもの。

つまり、大手キャリアとさほど変わらない品質を期待できるのです。

使い勝手のいい低価格のスマートフォンと大手キャリアと質の変わらない格安SIMカード、その組み合わせでもある格安スマホは、まさに良いとこ取りのサービスと言えます。

法人契約は可能なのか?

格安スマホが安くて質も良いということはご理解いただけたと思います。

もし、そんな格安スマホを契約し、法人として活用できたら便利ではないですか?

では、格安スマホは法人契約できるのでしょうか?

結論から申し上げると、格安スマホは法人契約に対応しているものも格安スマホに「弱み」はないの?

ここまでの説明では、法人契約する上で格安スマホは良い面しか見えていません。

実は、そんな格安スマホには法人契約の上で、3つの「弱み」があるのです。

    1. キャリアのアドレスが使えない
    2. 人気機種はあまりない
    3. 店舗がほとんどない

1.キャリアのアドレスが使えない

格安スマホは、基本的にキャリアメールが使えません。

いわゆる、「@docomo.co.jp」や「@softbank.ne.jp」などです。

これまで仕事上で利用してきた方にとっては、少し不便に感じることでしょう。

ただ、格安スマホでもYahoo!メールやGmailは使えます。

おそらく、法人が利用するメールの多くはこちらでしょう。

ビジネス用で考えるのなら、それほどデメリットではないと言えます。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

2.人気機種はあまりない

人気機種があまりないというのも、格安スマホの弱みと言えます。例えばiPhone。

もともと高級志向のアップル社ですから、低価格のスマートフォンが登場することは考えられないでしょう。

ただ、最近では格安スマホでも見た目にこだわって設計された機種は多く登場しています。

また、機能も十分なものなので、法人契約の上ではそれほど気にならないと思います。

3.店舗がほとんどない

格安スマホを取り扱う、MVNO事業者の多くは実店舗をほとんど設置していません。

これは、人件費や店舗管理費などを抑えることで、格安スマホとしての低価格を維持するためです。

大手キャリアのサービスに慣れた方であれば、不安を感じることでしょう。

ただ、ネット上や電話窓口は設置されています。

多少時間は掛かるものの、全くサポートが受けられない訳ではないのです。

法人契約として、十二分のサービスを求めるのであれば、格安スマホは少し物足りなく映るかもしれません。

しかし、低価格と必要最低限のサービスで満足できるのであれば、格安スマホを法人契約するメリットは大きくおすすめです。

どんなプランがあるの?

ここまで、法人携帯の中の格安スマホについて紹介してきました。

すでに、法人携帯として格安スマホの契約を検討されている方もいると思います。

そこで、法人携帯を取り扱っている格安スマホのプランを幾つか紹介しましょう。

    1. Y!mobile…京セラ「S2」
    2. LINEモバイル…ZTE「Blade E01」

1.Y!mobile…京セラ「S2」

Y!mobileの「S2」

この格安スマホは京セラが手がけたもの。

本体価格は32,400円(税込)ほど。

防水・防塵・対衝撃と様々なビジネスシーンに対応した法人携帯向けの端末と言えます。

Y!mobileの基本プラン「スマホプランS」は基本使用料1,980円(税別)ほど。

「S2」の端末代金と合わせても、月々2,130円から。

正直、スマホとは思えないほどの安さです。

2.LINEモバイル…ZTE「Blade E01」

LINEモバイルの「Blade E01」

この格安スマホはZTEが製造しているもの。

本体価格は13,800円(税別)ほど。

1万円代のスマホに関わらず、5インチHDディスプレイに800万画素の高画質カメラが搭載と十分な機能性が特徴的です。

LINEモバイルの基本プラン「LINEフリー」はデータとSMS、音声通話がついて月々1,200円(税別)から。

LINEアプリを使用する場合に限り、データ量をカウントしない「カウントフリー」採用したプランとして話題です。

上記の他にも、BIGLOBEやOCN、mineoなども格安スマホを提供しています。

それぞれ、取り扱っている低価格のスマートフォンも格安SIMカードのプランも異なります。

きっと、みなさまそれぞれに合う、法人携帯が見つかることでしょう。

まとめ

今回は、法人携帯として格安スマホは契約できるのか?についてまとめました。

いかがでしたでしょうか?

安さと機能性を兼ね備えた格安スマホ、法人携帯として十分に魅力的だと思います。

ただ、紹介した通り、格安スマホには幾つかの「弱み」もあります。

法人によっては、大きなデメリットになることも。

法人携帯として格安スマホを導入する際には、良い面と悪い面、総合的に判断した上で検討してみてください。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!