NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

電話機の液晶が表示されない原因と対処法【トラブル解消】

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

電話機の液晶が表示されない原因と対処法【トラブル解消】

電話機の液晶が表示されない原因と対処法【トラブル解消】

仕事中に電話機の液晶がきちんと表示されないと、電話の着信や発信、設定の確認など、さまざまな業務に支障をきたしてしまいます

「液晶が映らない原因は?」「映らなくなった時の対処法は?」「修理代はいくらかかるの?」と、お困りの方も多いのではないでしょうか。

電話機の液晶が表示されなくなる主な原因は、以下の4つが考えられます。

  1. 電話機が故障している
  2. 配線・ケーブルに問題がある
  3. 主装置のユニットが故障している
  4. 主装置そのものが故障している

不具合が発生した場合は、まずは状況を整理して、原因の切り分けをすることが大切です。

本記事では、ビジネスフォンの液晶が表示されない原因や、不具合が起きた際の対処法について解説します。
また、万が一、故障した場合の修理費についてもお伝えしていきます。

この記事を読めば、液晶に不具合が出たときにも適切な対処ができ、業務への支障を最小限に抑えられるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

  1. 【図解】ビジネスフォンの仕組みとは?
  2. 電話機の液晶が表示されないときの4大原因

  3. 電話機の液晶が表示されない時に確認すること
  4. 電話機の液晶が表示されない時の対処法【ケース別】

  5. ビジネスフォンが故障した時の交換費用相場

  6. ビジネスフォンの交換や設置工事はOFFICE110にお任せ
  7. まとめ
登 雄三

監修者

登 雄三
(のぼり ゆうぞう)

保有資格:工事担任者(AI・DD総合種)/電気工事士

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

【図解】ビジネスフォンの仕組みとは?

ビジネスフォンには、さまざまな機能が搭載されているため、家庭用電話機とは仕組みが大きく異なります。

なお、ビジネスフォンの仕組みは以下のとおりです。

ビジネスフォンの仕組み

上記の図のように、まず外部から電話回線がオフィス内に引き込まれ、主装置に接続されます。

ビジネスフォンの主装置は、複数の電話機を接続して、外線や内線の受発信を制御する重要な装置です。

主装置を経由することで、家庭用電話機にはない機能を利用することができ、業務効率・顧客満足度の向上につながります。

電話機の液晶が表示されないときの4大原因

液晶表示に不具合が出る場合、主な原因として考えられるのは以下の4点です。

  • 電話機が故障している
  • 配線・ケーブルに問題がある
  • 主装置のユニットが故障している
  • 主装置そのものが故障している

これらの原因について知っておくと、液晶画面が非表示になったときに慌てずにすみます。

では、各原因について詳しく見ていきましょう。

電話機が故障している

液晶非表示の主な原因の1つが、電話機の故障によるものです。
ビジネスフォンは耐久性が高く壊れにくい機器ですが、部品の経年劣化により故障することも少なくありません。

特に、中古で購入したビジネスフォンは新品にくらべると、故障のリスクが高くなります。

電話機の液晶が映らなくなる場合、以下のケースが考えられます。

  • 液晶パネル自体の故障
  • 液晶漏れ
  • バックライトの故障
  • 本体内部の接触不良

電話機が故障すると、「電話が鳴らない」「通話ができない」「音が聞こえない」などの症状が発生します。故障の箇所や状況によって、症状は異なります。

故障の原因が特定できない場合は、電話の専門業者に依頼して修理や交換を依頼するのが一般的です。

配線・ケーブルに問題がある

ビジネスフォンのトラブルの原因として、配線・ケーブルの問題が挙げられます。

配線・ケーブルが正しく配線されていないと、ビジネスフォンは正常に作動しません。
また、ケーブルが抜けかかっていたり、断線していたりするなどのケースもよく見られます。

ケーブルの断線が生じやすいケースとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 古いケーブルを使用している
  • ケーブルがオフィス家具や設備などの下敷きになったり、挟まれたりして負荷がかかっている
  • ケーブルを足で踏んだり、強く引っ張ったりするなど乱雑に扱っている

断線のリスクを抑えるには、ケーブルが引っかからないようにスッキリと配線することが重要です。
また、定期的に配線の確認を行い、抜けや断線がないか確認しましょう。

主装置のユニットが故障している

主装置のユニットが故障していることで、液晶がきちん表示されない場合があります。

「ユニット」とは、ビジネスフォンに組み込まれた特定の機能を担当するためのボードのことです。これは、主装置内部のスロットに取り付けられています。

例えば、以下のようなものがあります。

  • 外線ユニット:社外との発着信を可能にする
  • 転送ユニット:転送機能を搭載する
  • 内線ユニット:内線通話を可能にする

ユニットの不具合が原因で液晶画面が映らない場合、大半は内線ユニットの故障によるものです。

また、ユニットが故障した場合、自分で直すことはできません。
その場合、ビジネスフォンのメーカーや専門業者などに連絡して対策を相談しましょう。

主装置そのものが故障している

電話機ではなく、主装置本体が故障している場合もあります。

ビジネスフォンの主装置が故障すると、さまざまな問題が発生する可能性があります。

主装置は、ビジネスフォンにおける頭脳的存在であり、電話機の受発信や内線通話、転送機能などの制御を行っています

そのため、主装置が故障すると、これらの機能が正常に動作しなくなる可能性があります。

主装置の故障についても、自分で対処することはできません。
ビジネスフォンのメーカーや専門業者などに連絡して、修理または交換を依頼しましょう。

ビジネスフォンの障害対応・故障修理が激安&最短当日スピード対応|OFFICE110

電話機の液晶が表示されない時に確認すること

電話機の液晶が表示されないときは、何台の電話機に問題があるか確認しましょう。

1台だけ使えないのか、もしくは全ての電話機で使えないのか、故障している台数により、考えられる原因や対処法が変わります。

具体的には、以下のように原因箇所を切り分けるのに役立ちます。

  • 1台のみ液晶が表示されないとき
    ビジネスフォン電話機本体・電話機に接続されているケーブルの問題
  • 特定のグループ数台の液晶が表示されないとき
    スイッチングハブ・ケーブルの問題
  • 自社全台のビジネスフォンの液晶が表示されないとき
    主装置や電話設備の問題・停電

液晶のトラブルを発見したら、まず問題の台数を確認したうえで、具体的な対策を検討しましょう。

電話機の液晶が表示されない時の対処法【ケース別】

ここからは、電話機の液晶トラブルが起きたときの具体的な対処法をご紹介します。

電話機1台の場合:別の電話機で使えるか試す

液晶トラブルが電話機1台だけの場合、他の電話機と交換してみましょう。

別の電話機で使える場合と使えない場合で、原因と対処法は異なるため、それぞれのケースに分けて解説していきます。

別の電話機で使える場合

液晶が表示されない電話機のケーブルを、他の電話機に差し替えてみてください。

正常に画面が表示されれば、故障が電話機本体の液晶や基板にある可能性が高いです。

ケーブルを再び抜き差ししても液晶が表示されない場合、新しいビジネスフォンへの交換を検討しましょう。

別の電話機で使えない場合

他の電話機に交換しても使えない場合は、電話機の問題ではなく、ケーブルの問題や主装置ユニットの問題などが考えられます。

まずはケーブルが断線していないか、スイッチングハブや主装置側のコネクタが抜けていないかなどを確認しましょう。

また、ビジネスフォンの配線はコネクタが正しい箇所に接続されているか否かも重要です。もしも直らない場合は、正しい箇所に接続されているかを確認しましょう。

ケーブル類や配線に問題がない場合は、主装置のユニットが故障しているかもしれません。

その場合、自分で直すことは難しいため、専門業者に問い合わせて交換を依頼しましょう。

全ての電話機の場合:主装置を再起動する

全ての電話機で液晶が表示されない場合は、主装置を再起動してみましょう

複数の電話機の液晶が映らない場合は、配線やケーブルの不良が原因である可能性は低いため、主装置の故障が原因であると考えられます

主装置を再起動するときは、製品の取扱説明書を確認し、電源をOFFにします。
5分ほど待って、電源を入れてください。

主装置はビジネスフォンシステムの中でも、特に負担がかかる機器のため、再起動することでシステムが元に戻る可能性があります。

ただし、主装置の電源を切る際にバックアップ電池が切れていると、データが消えてしまう恐れがあります。

バックアップ電池が切れている場合は、業者に依頼してデータのバックアップを取ってから電源を切るようにしましょう。

主装置を再起動しても直らない場合

主装置を再起動しても直らない場合、主装置の故障が疑われます。

ただし、主装置の故障については、専門業者でなければ対処できません。

主装置は、ビジネスフォンの頭脳となる重要な機器です。
故障すると、ビジネスフォンのすべての機能が正常に動作しなくなる可能性があります。

そのため、故障の早期発見と対応が重要のため、早急に業者に交換・設置工事を依頼しましょう

ビジネスフォン買い替えで電話機代0円!業界最安値のOFFICE110

ビジネスフォンが故障した時の交換費用相場

ビジネスフォンが故障し、交換の必要が生じた場合、気になるのは費用です。

ここからはビジネスフォンの交換費用相場をご紹介します。

中古品と新品、それぞれの費用について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

電話機の交換費用相場

まず、電話機本体の交換費用については、以下の通りです。

  • 中古品:約3,000~1万5,000円/1台
  • 新品:約1~4万円/1台

電話機の価格は、製品の機種や機能などによってさまざまです。
より多くの機能を搭載するビジネスフォンは、それに応じて価格が高くなります。

なお、電話機代に加えて、電話機設置工事費やデータ設定費などが必要になる場合があります

主装置の交換費用相場

主装置の交換費用相場は、以下のとおりです。

  • 中古品:約3~5万円/1台
  • 新品:約20万円/1台

主装置はビジネスフォンの主要な装置であるため、価格は電話機よりも高額です。
また、ビジネスフォンは主装置と電話機が同機種でなければ使用できません。そのため、利用中の機種の在庫がない場合は、電話機も含めて総入れ替えをする必要があります。

したがって、コストを考慮した場合、中古の主装置を検討したほうがよい場合もあります。
特に、発売から数年が経過して新品の在庫が市場にない場合、中古なら在庫が見つかるかもしれません。

状態の良い中古品を見つけるには、取り扱い台数の多い販売店に相談するのも一つの方法です。

ビジネスフォンの交換や設置工事はOFFICE110にお任せ


「ビジネスフォンが故障して、別の電話機や主装置が必要になった」
「でも、交換用のビジネスフォンの設置や設定方法がよくわからない」

このような悩みがある場合は、ぜひ「OFFICE110」にお問い合わせください。

弊社「OFFICE110」には、ビジネスフォン販売・設置において、10万件以上の企業様との取引実績があります。

「OFFICE110」の強みは、以下のとおりです。

  • 業界30年の実績と製品大量入荷により「業界最安値」を実現
  • 中古品は傷や色落ちなど劣化がないS級品のみを取り扱い
  • 全メーカーの在庫が豊富
  • 業界最長の保証(5年)

さらに、「0円新品ビジネスフォン」キャンペーンを利用すれば、中古品だけでなく新品の製品も低コストで入手可能です。

良質で、低コストの電話機・主装置をお探しの方は、ぜひ一度「OFFICE110」へご相談ください。

どのようなご質問にも、弊社スタッフが丁寧にお答えいたします。

機種代も設置費用も完全無料!0円ビジネスフォン【OFFICE110】

まとめ

ビジネスフォンの液晶が非表示になる原因には、電話機の故障やケーブル類の問題など、主に以下の4つの原因が考えられます。

  1. 電話機が故障している
  2. 配線・ケーブルに問題がある
  3. 主装置のユニットが故障している
  4. 主装置そのものが故障している

液晶トラブルが起きた場合は、まず故障の原因を切り分けるために、問題がある電話機の台数を確認しましょう。

ビジネスフォンのトラブルが発生した場合、「まずは1台だけのトラブルなのか」または「すべての台数のトラブルなのか」を調べましょう。

その上で、本記事でご紹介した内容を実践してみることをおすすめします。
それでも解決しない場合は、メーカーやビジネスフォンの業者に連絡して、修理または交換を依頼しましょう。

良質で低コストのビジネスフォン機器をお探しの方は、弊社「OFFICE110」にご相談ください。

『OFFICE110』お問い合わせフォーム

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!