アナログ回線とは【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「ビジネスフォンの電話回線選び方」記事一覧

アナログ回線とは

アナログ回線とは

電話回線のうち、アナログ信号によって通信を行うものを、アナログ回線といいます。

いわゆる「ごく普通の昔からある電話回線」です。

アナログ回線には、ダイヤル回線とプッシュ回線という2つの種類があり、これらは使用する線そのものは同じですが、電話局の交換機が異なることで違いが生じています。

▼目次

ダイヤル回線とは

電話番号の交換機伝達に、電気信号の断続回数(パルス信号)を用いる方式です。

かつての黒電話はこのダイヤル回線でした。

プッシュ回線とは

電話番号の交換機への伝達に、番号と対応した音の周波数信号(DTMF、「ピッポッパッ」)を用いて、交換機に電話番号を伝える方式。

現在、みなさんのご家庭で使用されているプッシュポン電話のほとんどがこのプッシュ回線を使用したものです。

なお日本ではISDN回線の普及によりアナログ回線の加入者数は減少していましたが、

ISDNよりも高速なADSL(いわゆる「ひかり電話」)アナログ回線でしか使用できないため、ADSL実用化のあとはアナログ回線の加入者数が増加に転じています。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い