NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

【2024年問題】ISDNとは?ISDNのメリットや特徴、代替案をわかりやすく解説

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「電話回線の選び方」記事一覧

【2024年問題】ISDNとは?ISDNのメリットや特徴、代替案をわかりやすく解説

【2024年問題】ISDNとは?ISDNのメリットや特徴、代替案をわかりやすく解説

「ISDN」は、次世代のデジタル通信として世界中に普及した技術でした。
しかし、近年では先進技術の発展に伴い、需要が減少したことが要因となり、2024年1月をもって、段階的にサービスが終了されることが決定しています。

利用者の中には、「ISDNが終了すると電話はそのまま使える?」「料金はどう変わるの?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論からいえば、ISDN回線を用いた受発注システムやPOSレジなどを使用している企業を除けば、ISDN終了の影響を受けることはないでしょう

一方、ISDNの終了は、自社のビジネスフォンでの通信環境やコストを見直すための絶好の機会でもあります。早めに対策を検討して、円滑な移行を図ることが重要です。

この記事では、ISDNの基本的な説明やサービス終了の経緯について触れ、サービス終了後の企業が取るべき対策についても紹介しています。

現在、ISDNを現在ご利用中の方は、光回線に乗り換えた場合の料金比較も参考にしてみてください。

この記事の目次

  1. ISDNとは?基礎からわかりやすく解説

  2. ISDNの3つのメリット

  3. ISDNの2つのデメリット

  4. ISDNは2024年に一部終了!企業への影響と対策

  5. ISDNの代替は「光回線(光電話)」がおすすめ

  6. オフィスの電話に関するご相談はOFFICE110へ
  7. まとめ
登 雄三

監修者

登 雄三
(のぼり ゆうぞう)

保有資格:工事担任者(AI・DD総合種)/電気工事士

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

最適な電話回線プランはOFFICE110にご相談ください|番号最短当日発行・手続き代行

ISDNとは?基礎からわかりやすく解説

まずは、「ISDNとは何か?」について基本的な知識を学んでいきましょう。

また、ISDNと混同されやすい「アナログ回線」「ADSL」「FTTH(光回線)」との違いについても、詳しく解説していきます。

ISDNとは?アナログ回線との違い

ISDN(Integrated Services Digital Network)とは、電話やデータ通信をデジタル信号で伝送する通信方式です。
1986年に日本で初めて導入され、次世代のデジタル通信として世界中に普及しました。

ISDNの特徴は、以下のとおりです。

  • 電話とデータ通信を1本の回線で利用できる
  • 従来のアナログ回線に比べて、高速・高品質な通信が可能

また、ISDNとアナログ回線の違いとして、以下の点が挙げられます。

  • ISDN:電話とデータ通信を1本の回線で利用できる。従来のアナログ回線に比べて、高速・高品質な通信が可能。
  • アナログ回線:音声信号をそのまま電気信号として伝送する。ISDNに比べて、通信速度が遅く、音質が劣る。

ISDNは、これまでのアナログ回線ではできなかった電話回線とFAXを同時に使用できる特徴を活かし、オフィスや一般家庭で広く利用されてきました。

また、インターネットやデータ通信の高速化が求められるビジネスシーンでも、ISDNが活用されてきた経緯があります。

ISDNとADSLの違い

ADSLは、電話回線の一部をデジタル回線として利用し、上りと下りの通信速度を非対称に設定した通信方式です。

ISDNと同じく、ADSLもアナログ回線を使った通信技術ですが、ISDNは電話とデータ通信を1本の回線で利用するのに対し、ADSLは電話とデータ通信を別々の回線で利用します。

そのため、ADSLはISDNよりも高速な通信が可能です。
さらに、ADSLは電話回線で使われない高周波帯域を利用することで、高速通信を実現。

また、通話中にもデータ通信が可能なので、インターネット通話やオンラインゲームなど、双方向通信を頻繁に利用する場合に適しています。

一方で、ISDNはデジタルデータを使用するため、安定性が優れています。そのため、音声や映像などの高品質なデータ通信を利用する場合に適しています。

ISDNとFTTH(光回線)の違い

FTTHは、光ファーバーケーブルを使用した通信技術で、ISDNとは通信に使用する物理的なケーブルが異なります。

従来の銅線と異なり、光ファイバー線を利用することで、電気ではなく光を信号として使用するのが特徴です。
これにより、従来では実現できなかった高速通信(電話線50Mbps→光ファイバー10Gbps)が可能になりました。

また、FTTHは光回線の一種で、光ファイバー線が建物内のどこまで伸びるかによって名称が変わります。

  • FTTH(Fiber To The Home):基地局から各家庭まで
  • FTTB(Fiber To The Building):基地局から建物まで(マンションやオフィスなど)
  • FTTC(Fiber To The Curb):建物そばの道路わきまで
  • FTTN(Fiber To The Node):屋外にある分配ノードまで(ケーブルテレビなど)

ISDNの3つのメリット

この章では、ISDNのメリットを3点ご紹介します。

1本の回線で2チャネル使える

ISDNは、従来のアナログ回線の半分の容量で通信できるため、1本の回線で電話とインターネットを同時に利用できます。

これにより、回線を複数引くか、利用の際に電話線を差し替える必要があったため、ISDNの登場により利便性が大きく向上しました。

ISDNは、利便性や汎用性に優れていたため、従来の通信技術に急速に取って代わっていきました。

通話品質が良く安定性も高い

ISDNは、デジタルデータに変換して送信するため、通話品質に優れています。

従来のアナログ回線は、銅線の距離が長くなるほど電気信号が弱くなり、通話相手の声が聞こえにくくなったり、音が飛んだりするなどの問題がありました。

そこで、ISDNの登場により、銅線の電気抵抗や外部の問題に左右される不安定さが改善。
ISDNは音声の再現性にも優れているため、クリアで聞き取りやすい通話が実現されています。

音声を盗聴されにくく安全

ISDNはアナログ回線と比べて、盗聴されにくくセキュリティ面でも優れています。

アナログ回線の場合、電話機本体や保安器などから発せられる電気信号から比較的簡単に音声信号を盗みt取ることが可能です。

一方で、ISDNはアナログ信号ではなくデジタル信号のため、電気信号を拾っても音声としては聞き取れません。

専門的で高度な技術があれば、ISDN回線からデータを盗聴することも不可能ではありませんが、アナログ回線と比較するとセキュリティのレベルが大きく向上します。

ISDNの2つのデメリット

ISDNには、いくつかのデメリットもあります。
特に光回線と比較をした際にデメリットを感じるユーザーが多いため、両者の違いを踏まえながら解説していきます。

光回線よりも通信速度が遅い

ISDNは、現在インターネット用に普及している光回線よりも通信速度で劣ります。

本来、通話とインターネットを同時に使用できるのがISDNはの強みでしたが、インターネットの通信速度に関しては光回線とは比べ物になりません。

両者を比較すると、以下の通りです。

回線 速度 使用感
ISDN 64kbps テキストのみのメールやLINEが送信できるレベル
光回線 10Gbps(実測値で6~7Gbps ストレスなく動画の視聴やインターネットアプリが利用できるレベル

一般的なWebページを快適に見るには、最低でも3〜5Mbpsが必要とされます。そのため、ISDNはネットサーフィンやショッピングをするにも不都合に感じるレベルです。

毎月のランニングコストが高い

ISDNは、月額料金が光回線よりも高額です。

NTTのフレッツISDNとフレッツ光を比較した場合、料金の違いは以下のとおりです。

フレッツISDN(フレッツISDN+INS64ライト事務用) 6,330円/月
フレッツ光ライト(ファミリータイプ+ひかり電話+複数チャネル) 3,250円/月

どちらも電話とインターネットを使用できるプランですが、ISDNの月額料金は光回線プランの倍近くになってしまいます。

ISDNは、通信速度が遅く、費用も割高であるため、現在では、インターネット通信用としてほとんど使用されていません。

ISDNは2024年に一部終了!企業への影響と対策

ISDNの通信設備は老朽化が進んでおり、2025年頃にはメンテナンスが困難になる見込みです。そのため、NTTは2024年1月から順次、ISDNのサービス終了を予定しています。

現在、ISDNを利用している場合は、早めに代替サービスの検討を進めることが重要です。

ここからは、サービス終了による影響と、企業が取り組むべき課題について解説します。

「INSネットディジタル通信モード」が終了へ

2024年1月にデータ通信のためのサービスである「INSネットディジタル通信モード(NTT東日本・西日本が提供)」が終了します。

ISDNには、パソコンや専用端末で通信する「ディジタル通信モード」と、電話や通信速度の遅いFAXに利用する「通話モード」があります。
電話やG3規格のFAXは、2024年1月以降も当面は継続して利用可能です。

いずれにしても、ISDNサービス全般が終了するため、電話回線としてISDNを利用されている場合は乗り換えを検討する必要があります。

現在、ISDNを使用しているかどうかが分からない場合は、NTTからの請求書に、「INS通信料」という項目があるか否かで確認できます。

ディジタル通信モード終了の理由

ディジタル通信モードが終了する理由は2つあります。

1. 契約者数の減少
高速かつ低価格のインターネット光回線の普及により、固定電話の利用や割高で低速なISDNでのインターネット契約は年々減少しています。

現代のオンラインコンテンツはますます大容量化しているため、インターネットを利用する際には高速通信が必須です。
快適に利用するために必要な通信速度は、ISDNが主に使用されていた約20年前とは比較になりません。

2. 設備の老朽化
ISDNで使用するアナログ電話網の施設の老朽化が進んでおり、早ければ2025年には必要な機能を維持できなくなると見られています。

そのため、ディジタル通信モードの終了が2024年1月に予定され、固定電話回線も2025年1月にはIP網に切り替えを完了する見込みです。

ディジタル通信モード終了による影響

ディジタル通信モード終了で影響を受けるのは、以下のようなサービス・システムが挙げられます。

POSシステム(販売情報管理システム) 企業の本部⇔店舗間のPOS端末通信
CCT/CAT端末(信用照会端末) クレジットカード会社⇔店舗間のCAT端末通信
警備 お客さま宅等から警備会社への監視映像通信
ラジオ放送 屋内外からの番組中継、他のラジオ局への番組素材配信、本社⇔送信所間の音声通信
企業のEB(電子バンキング) 銀行⇔企業間のEB(振込・口座照会)
EDI(電子商取引) メーカー⇔卸⇔小売間での商品受発注データ通信
ビル管理(エレベーター監視) ビル等における入口・エレベーターの監視映像送信・通報
G4FAX 主にコンビニのマルチコピー複合機によるG4FAX
銀行ATM 銀行のセンター拠点⇔店舗ATM間のデータ通信のバックアップ
企業内WAN(事業者の拠点間ネットワーク) 企業内ネットワーク(WAN)でのデータ通信のバックアップ
レセプトオンライン請求 オンラインによる診療報酬等の請求データ(レセプトデータ)通信

引用:NTT東日本「INSネットをご利用の事業者さまへ」

ISDNのディジタル通信モードは、買い物や警備、病院にコンビニと、ビジネスや生活のあらゆる場面で使用されています。

光回線やADSLへの切り替えがほぼ完了しており、一般家庭への影響はほとんどないとされています。

しかし、ビジネスの世界では非常に広範囲に影響が出ることが想定されるため、NTTはかねてより切り替えの準備を促してきました。

ディジタル通信モード終了への対応と代替案

ISDNディジタル通信モードの終了に伴い、特にビジネスで利用されている場合には代替案を考えなければなりません。

例えば、POSシステムやEDIなどで利用されている場合、代替案を取らないと業務に大きな支障が生じてしまうためです。

NTTが2024年1月以降には「INSネット ディジタル通信モード」の保管サービスを提供することを公表してはいます。ただし、全く同じ品質のものではないため、現状使用できているシステムが利用できなくなる可能性があります。

企業がおこなうべきことは以下の2つです。

  • ISDNに変わる回線を確保すること
  • 代替の回線でISDNで使用している設備やサービスが利用できることを確認すること

ISDNは日本で発展した独自のサービスであるため、国際基準のツールやシステムとは連携できない場合も少なくありません。

また、システム変更後は、多くの利用者が工事業者に依頼・問い合わせをすることも予想されるため、少しでも早く具体的な代替案を検討しておきましょう。

ISDNの代替は「光回線(光電話)」がおすすめ

ISDNの代替には光回線(光電話)の導入がおすすめです。
初期費用や月額料金の例も交えながら、光回線を利用するメリットについてご紹介します。

光回線(光電話)がおすすめの理由

ここからは、光回線(光電話)がおすすめである理由について紹介します。

IASDNから光回線切り替えるメリットは、以下の4点です。

ISDN回線やアナログ回線よりも安い

ISDNやアナログ回線よりも通信費を安く抑えられます

インターネット光が安価で提供されているのは、設備費用が安く抑えられることや、複数のプロバイダーが価格競争をしていることが挙げられます。

近年、インターネットの利用者が増えており、今後も増え続けることが予想されるため、当面はインターネット光回線の価格は安いまま維持されるでしょう。

加えて、光回線は現在の通信技術では主流であるため、継続的なサービスが期待できます。

ニーズに合わせて最適なプランが選べる

光回線は、ISDNと比べると料金プランの選択肢が多く、ニーズに合わせて柔軟な内容で契約できます。

具体例をご紹介します。

  • 安さを重視したプラン
  • 契約期間や縛りがなく、状況に応じて解約や移設がしやすいプラン
  • 通信速度やセキュリティなどこだわりのポイントを重視するプラン

インターネット光のプロバイダーやプランの選び方によって、満足度の高い通信環境を構築できます。

便利なオプションサービスが充実

豊富なオプションサービスが提供されており、便利で快適にインターネットを導入できるのも光回線の特徴です。

例えば、法人向けのインターネット光回線としてよく提供されているのは、以下のオプションサービスです。

  • 固定IPを取得できる
  • セキュリティ関連のサービスが充実している
  • 専用回線が設けられている
  • 専用のサポート窓口がある

このほか、個人向けのインターネット光回線の場合は、動画のサブスクリプション割引プランや固定電話が利用できるオプションなどがあります。

オプションサービスをうまく活用することで、満足度が高い通信環境を手に入れられるでしょう。

既存の電話番号がそのまま使える

アナログ回線から光回線に乗り換える場合、NTTの固定電話番号があれば、番号を変更せずにそのまま乗り換えられます。

本来、NTTの固定電話番号があっても、引越しなどで市外局番が変わる場合、その都度電話番号が変更になります。

光電話は、契約しているプロバイダを変更しない限り電話番号は変わりません。
契約変更しない限り、引っ越しなどの影響を受けずに同じ電話番号をずっと使えるのは、手間を減らせる嬉しいメリットです。

光回線(光電話)の初期費用

「NTT東日本・フレッツ光・戸建て向け」を例に、光回線設置の初期費用の内訳をご紹介します。すべて税込金額です。

ひかり電話交換機等工事費 3,300円
加入電話の利用休止工事費 1,100円
フレッツ光契約料 880円
フレッツ光初期工事費 19,800円
合計 25,080円

この金額には、土日・休日工事費を含みません

また、集合住宅向けの光回線は、戸建て向けに比べて工事費が安くなる傾向があります。ただし、すでに他の光回線が契約されている場合もあるため、申し込む前に確認が必要です。

光電話のみを契約する場合、ひかり電話交換機等工事費と加入電話の利用休止工事費の合計4,400円が設置費用となります。

光回線(光電話)の月額料金

月額料金の例をご紹介します。こちらも「NTT東日本・フレッツ光・戸建て向け」の場合です。

フレッツ光ライト(ファミリータイプ+ひかり電話+複数チャネル) 3,250円/月
フレッツ光クロス(10Gbpsのフレッツ光最速の高速通信+ひかり電話基本プラン) 6,600円/月(+プロバイダサービス月額料金)

従来のISDNよりも、10Gbpsという格段に高速な通信が、月額6,050円〜で利用可能です。これにより、快適なネット環境を実現できます。

ひかり電話でコスト大幅削減!激安&最短当日スピード対応のOFFICE110

オフィスの電話に関するご相談はOFFICE110へ

office110

ISDNからの移行にお悩みの方は、OFFICE110にご相談ください。

当社はオフィス事務機器全般を取り扱い、電話機本体から電話回線やセキュリティまでトータルでサポートいたします。

電話のプロが丁寧にヒアリングし、お客様のニーズに合わせた最適な電話回線をご提案します。

さらに、当社では光コラボレーションサービス「OFFICE110光」を提供しております。コスト削減の観点からも、最適なプランをご提案可能です。

ビジネスの電話業務に関わることならどんな些細なことでも構いません。
まずはお気軽にお問い合わせください。

「OFFICE110」お問い合わせフォーム

まとめ

「ISDN」は1本の回線で同時に2つのチャンネルを利用でき、高速かつ高品質な通信方式として、長年にわたり広く利用されてきました。

しかし、ISDNのデータ通信は2024年1月にサービスが終了され、音声回線も将来的に終了する見込みです。

そのため、ISDNからの代替手段を早急に検討する必要があります。

現在、ISDN回線を利用中の場合、スムーズな移行を考えると、おすすめの代替手段として「インターネット光回線」が挙げられます。

光回線は、ISDNよりも低コストで高速・安定した通信が可能であり、多彩なサービスを提供しています。したがって、ISDNからの代替手段として、光回線を選択することは大きなメリットがあります。

ただし、電話回線の入れ替えや構築には専門的な知識が必要です。「OFFICE110」ではスムーズな電話システムの移行をサポートしております。ぜひ、お気軽にご相談ください。

機種代も設置費用も完全無料!0円ビジネスフォン【OFFICE110】
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!