通話料金の削減ならマイライン【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「ビジネスフォンの電話回線選び方」記事一覧

通話料金の削減ならマイライン

通話料金の削減ならマイライン

マイラインの制度が導入されて15年の月日が経ち、すでにご存知の方も多いのではないでしょうか。

マイラインとは、利用者が電話会社を選択できるサービスのことです。

すなわち、予め利用する電話会社を登録しておけば、通話のたびに電話会社の識別番号を入力せずに電話を掛けることができます。

ここからは、そんなマイラインについて、歴史も合わせてご紹介させていただきます。

▼目次

マイラインとは

マイラインとは、NTT東日本・NTT西日本の一般固定電話の利用者が、電話番号の前に事業者識別番号を付けなくても利用者が使いたい通信事業者を優先的に使えるようにするサービスのことです。

また、マイラインには、

電話会社選択サービス「マイライン」と、

電話会社固定サービス「マイラインプラス」という

2つのサービスがあります。

その違いを説明しておきましょう。

マイライン

予め利用したい電話会社を登録していただくことにより、

通話の際には電話会社の識別番号をダイヤルせず、その電話会社を利用していただけるサービスです。

基本的に、通話ごとに電話会社の識別番号をダイヤルした場合は、その電話会社の利用となります。

また、ACR(アダプター)などの機能つき電話機を使用した場合も、登録内容にかかわらず、電話機が選択した電話会社の利用となります。

ACR(アダプター)とは、自動的に電話会社を選択する機能のことです。

マイラインプラス

いつでも同じ電話会社を利用したい方には、電話会社固定サービス「マイラインプラス」がお得で便利です。

このサービスでは、通話ごとに電話会社の識別番号をダイヤルしても、登録された電話会社のみ利用できます。

マイラインとマイラインプラスの違いは、

マイラインの場合、

事前に登録していても、通話の際に登録した電話会社以外の電話会社の識別番号を入力すれば、その電話会社を利用できます。

対して、マイラインプラスの場合、

登録していない電話会社の識別番号をダイヤルしても、その電話会社は利用できず、登録している電話会社のみを利用できる点にあります。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

マイラインが始まる前は?

そこで、マイラインが始まる前はどうだったのか気になりますよね。

日本では1980年代に新電電が市外電話分野に参入し、

旧NTTと通話料に対して価格競争が行われていました。

しかし、ACR(アダプター)を付けていない固定電話回線で新電電を利用する場合、

「00XX」などの電話会社の識別番号を電話番号の前に付け加えなければならなかったのです。

ちなみに、NTT東日本は「0036」、NTT西日本は「0039」、NTTコムは「0033」、KDDIは「0077」、日本テレコムは「0088」などが識別番号になります。

マイラインは2001年5月1日スタート!

前項でも見て頂いた通り、KDDIや日本テレコムなどの新電電を利用する場合は、

「0077」や「0088」が自動的にダイヤルされる装置(アダプター)を電話機に付けるか、

その都度、識別番号をダイヤルしなければならなかったため、

「不公平だ」という声があがったためとされます。

1999年7月のNTT再編で識別番号を持たない長距離・国際通信のNTTコミュニケーションズが誕生したこともあり、2001年5月1日から導入されました。

あらかじめ電話会社を指定すれば、NTT東日本・NTT西日本の加入者交換機に登録され、識別番号抜きでその会社の回線に接続されるサービス「マイライン」が開始されたのです。

当時は、受付が2001年1月10日からスタートし、同年10月31日までは無料で登録できるものでした。

ちなみに、現在ではマイライン・マイラインプラスに新規登録や変更時に、800円(税抜)が必要となっています。

マイラインの比較

最後にマイラインを各通信事業者の固定電話からの通話料の比較をしておきましょう。

(円/3分 税抜)

区分

NTT

NTTコム

KDDI

アルテリア

ソフトバンク

市内

8.5

8

8

12

8.5

県内市外

近隣~20km

20

8

8

12

10

~30km

30

8

8

18

15

~60km

30

8

8

18

15

~100km

40

8

8

24

20

100km超

40

8

8

24

20

県外

近隣~20km

20

15

15

12

10

~30km

30

15

15

18

15

~60km

40

15

15

24

20

~100km

60

15

15

36

30

~170km

80

15

15

48

40

170km超

80

15

15

48

40

以上のようになり、NTT以外の通信事業者においては、かなりの通話料の削減が期待できるのではないでしょうか。

まとめ

ここまで、マイラインの歴史や通話利用金の比較など見て頂きましたが、

冒頭でも言った通り、2001年5月から制度が導入され、15年の月日が経とうとしています。

すでに導入している事業所も多いかと思いますが、

ビジネスフォンの買い替えや事務所移転などの際に、新たにマイラインの通信事業者の見直しを一緒に検討してみてはいかがでしょうか。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い

ビジネスフォン納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせからビジネスフォン設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・提案書など各種資料の提出

    見積書・提案書など
    各種資料の提出

  • STEP 3
    電話番号の取得と設置日の確認

    電話番号の取得と
    設置日の確認

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

ビジネスホンのお申し込み~設置・納品の流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • ビジネスホン本体の料金
    ビジネスホン本体の料金

    新品同様まで磨き上げら
    れたS級中古品が0円!

  • ビジネスホン導入工事
    ビジネスホン本体の料金

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

AREAサービス対象エリアについて

サービス対象エリアについて

北海道(札幌)、青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島、茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜、山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡、京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)、鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

47都道府県すべてに対応。プロのスタッフが担当します。

ビジネスフォン お役立ち情報

ビジネスフォン お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
  • ビジネスフォンが業界最安値の大特価
  • 取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い