NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

電話加入権とは?特徴や費用など基本知識を分かりやすく解説

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「電話回線の選び方」記事一覧

電話加入権とは?特徴や費用など基本知識を分かりやすく解説

電話加入権とは?特徴や費用など基本知識を分かりやすく解説

NTT東西のアナログ回線を契約する場合、「電話加入権」を購入する必要があります。

なお、電話加入権の費用は、税込3万9,600円です。

個人の場合は、固定電話を引かずにスマートフォンで済ませるなどの対策も可能です。ただし会社の場合は、円滑に事業を進めるためにも、対外的な信頼のためにも固定電話を引かないわけにはいかないでしょう。

本記事では、電話加入権とはどのようなものかを説明したうえで、電話導入の節約のポイントや、不要になった電話加入権の扱い方について解説します。

現在、電話加入権を保有している方も、新規で電話加入権を購入するべきか検討している方も、この記事を参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

  1. そもそも電話加入権とは

  2. 電話加入権の特徴

  3. 電話加入権に関する費用と返金について

  4. 電話加入権の確認方法と解約・利用休止・一時中断する方法

  5. 電話加入権の費用を抑える2つの方法

  6. ひかり電話やビジネスフォンのご相談は実績豊富な『OFFICE110』へ
  7. まとめ
千々波 一博

監修者

千々波 一博
(ちぢわ かずひろ)

保有資格:Webリテラシー/.com Master Advance/ITパスポート/個人情報保護士/ビジネスマネージャー検定

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

そもそも電話加入権とは

まずは、「電話加入権」について基本的な知識を解説します。
電話加入権の定義や内容をわかりやすくご紹介しますので、参考にしてください。

前提として、電話加入権は光電話とは関係ありません。
この記事では加入電話(アナログ回線)とISDN回線(デジタル回線)に関する内容を扱います。

したがって、本記事で使用する「固定電話」という表現は、光電話ではなく、加入電話とISDN回線を指すことに注意ください。

電話加入権とは 「固定電話を利用のために必要な権利」

「電話加入権」とは、固定電話を利用するために必要な権利のことです。

通常、電話を利用する際には毎月の基本料金がかかりますが、固定電話ではその他に初期費用も支払う必要があります。

例えば、ゴルフクラブやコストコなどを利用するためには会員権が必要のように、固定電話の導入する場合にも「電話加入権」という「会員権」が必要なのです。
この会員権を取得するには、初期費用を支払う必要があります。

初期費用として支払うものは「施設設置負担金」と呼ばれるものです。この負担金を支払うことで、電話加入権を取得できます。

まとめると以下の流れになります。

施設設置負担金の支払い → 電話加入権の取得 → 固定電話の利用

なお「電話加入権を支払う」といった言い方がされることもありますが、実際に料金が発生するのは「電話加入権」ではなく「施設設置負担金」です。

ただし、両者は一般的に同義的に見られているため、本記事では「電話加入権=施設設置負担金」として解説を続けます。

電話加入権はなくなる?2024年のIP網移行について

結論から言うと、現時点で、電話加入権が消滅する予定はありません。

NTTによると、2024年より電話システムが一部刷新され、従来とは異なる電話サービス(メタルIP)が始まります。

2024年に終了するのは、「PSTN」と呼ばれる公衆交換電話網です。
PSTNは電話サービスを提供するために長年使われてきたインフラですが、人材不足や部品不足などで維持管理が難しくなってきたため、IP網に取って代わることになりました。

これにより一部の関連サービスは終了しますが、加入電話も『INSネット』(NTTのISDN回線の名称)も引き続き存続します。
つまり、電話加入権についても2024年以降続くということです。

実際のところ、大きな変化があるように思われるかもしれませんが、ユーザー側がすべきことはそれほど多くありません。

変化があるのはNTT側で、ユーザーは2024年以降も今まで通りに加入電話やISDN回線の通話機能を利用することができます。

電話加入権の特徴

電話加入権の基本知識を把握できたところで、ここからは特徴をご紹介します。
さまざまな特徴がありますが、おおまかに以下の3点を押さえておきましょう。

  • 月々の基本料金が抑えられる
  • 電話加入権は利用休止・一時中断・解約ができる
  • 申し出ないと権利が消滅する

それぞれ解説します。

月々の基本料金が抑えられる

電話加入権の1つ目の特徴は、月々の基本料金が抑えられることです。

NTTが提供する固定電話が利用できるプランには、以下の2種類が存在します。

  1. 電話加入権が必要なプラン
  2. 電話加入権が不要なプラン(『加入電話・ライトプラン』『INSネット64・ライト』)

先ほど「電話加入権は固定電話を利用するために必要な権利」とご紹介しましたが、じつは②のように、電話加入権を支払わなくても固定電話を利用できるプランは存在します。

ただし電話加入権が必要なプラン①は、不要なプラン②よりも月額利用料金が少々安くなる分お得です。

NTTは電話加入権について以下のように説明しています。

この施設設置負担金は、加入電話等のサービス提供に必要な弊社の市内交換局ビルからお客さまの宅内までの加入者回線の建設費用の一部を、基本料の前払い的な位置付けでご負担していただくものであり、お客さまがお支払いいただいた額を加入者回線設備の建設費用から圧縮することにより、月々の基本料を割安な水準に設定することでお客さまに還元させていただいており、解約時等にも返還いたしておりません。
出典:「施設設置負担金についてのご説明」NTT東日本

このように、電話加入権を取得した場合の費用は設備コストに回されます。

つまり、電話加入権を取得したユーザーは、設備コストに充当されるお金を先に支払っているため、NTTから代わりに利用料金の割安還元を受けられるのです。

一方で、電話加入権を取得していないユーザーは、その費用を支払っていないため割引還元を受けられません。

端的に言えば、「電話加入権を支払うと月額料金が安くなり、支払わないと代わりに月額料金が高くなる」というイメージです。

電話加入権は利用休止・一時中断・解約ができる

電話加入権の2つ目の特徴が、利用休止・一時中断・解約ができることです。

加入電話・ISDN回線をやめて光電話を契約するなど、電話加入権の必要がなくなった場合、ユーザーは契約を解除するか、利用を停止できます。

各手続きの特徴は以下のとおりです。

概要 手続き後の月額利用料 再開の可否 再開後の電話番号
解約 電話加入権を手放すこと なし 不可
利用休止 利用の停止
最大10年間まで
(5年ごとの更新が必須)
なし 可能 新しい電話番号
一時中断 再開申込まで停止 あり 可能 再開前と同じ番号

解約手続きや利用休止手続きをすると、月額利用料金の支払いを停止できます。
もし二度と電話加入権を使わないか、当面使う予定がない場合は、コストを抑えるために解約か利用休止の手続きを行うと良いでしょう。

利用休止手続き後に再開することも可能ですが、再開後は以前の電話番号を使えなくなる点に注意してください。

一方、「一時的に停止したいけれど、同じ電話番号を保持しておきたい」という場合は、一時中断の選択も可能です。
この場合、再開時に同じ番号を利用できます。

ただし、一時中断では月額利用料金がかかることに注意してください。

申し出ないと権利が消滅する

3つ目の特徴として、電話加入権の権利は申し出ないと消滅してしまうことです。

利用休止手続きをする場合、定期的に更新しなければ権利がなくなります。
そのため、休止期間を延長するためには5年ごとに手続きが必要となり、延長手続きを忘れると権利が消滅する可能性があります。

例えば、2024年1月に利用休止手続きをした場合、5年後の2029年1月に2度目の手続きをしなければ、2034年1月までしか休止期間は延長されません。

電話加入権を持続するためには休止後の延長手続きを忘れずに行いましょう。
なお、一時中断手続きには継続期間の上限はありません。

電話加入権に関する費用と返金について

ここからは、電話加入権の取得にかかる費用について解説します。

また、電話加入権を手放した場合に返金処理されるかどうかもあわせてご紹介します。

電話加入権の購入費用はいくら?

電話加入権の購入費用は、税込3万9,600円です。

以前は2倍以上の金額がかかっていたため、現在は大幅に料金が引き下げられています。
それでも、初期費用として4万円近く支払うのは大きな出費に感じるかもしれません。

もし初期費用をできるだけ抑えたいのであれば、電話加入権が不要のプランを選択する手もあります。
こちらのプランの名称は以下のとおりです。

  • 『加入電話・ライトプラン』:加入電話(アナログ回線)用のプラン
  • 『INSネット64・ライト』:ISDN回線用のプラン

これらのプランの場合、電話加入権を購入する必要はありません。
利用できるサービスは、電話加入権が必要なプランと同等です。

ただし先述したとおり、月額利用料金が割高になります。また工事費用が発生する点にもご注意しましょう。

各種費用を表にまとめると、以下のようになります。

加入電話 『加入電話・ライトプラン』 『INSネット64』(ISDN回線) 『INSネット64・ライト』
契約料 880円
施設設置負担金 3万9,600円 3万9,600円
工事費 2,200円 2,200円
月額利用料金
(事務用)
3級取扱所:2,750円
2級取扱所:
2,640円(プッシュ回線)2,585円(ダイヤル回線)
1級取扱所:
2,640円(プッシュ回線)
2,530円(ダイヤル回線)
3級取扱所:3,025円
2級取扱所:
2,915円(プッシュ回線)
2,860円(ダイヤル回線)
1級取扱所:
2,915円(プッシュ回線)
2,805円(ダイヤル回線)
3,883円 4,158円

※料金は税込

電話加入権が必要なプランと不要なプランを比較すると、必要なプランの方が月額利用料金がわずか275円安くなります

しかし、料金差はわずかであり、例えば『INSネット64』と『INSネット64・ライト』の料金を比べると、4,158円から3,883円で差額は275円です。

電話加入権の購入費3万9,600円を支払っても、割引還元される275円では元が取れるまでに12年かかります。(※工事費などは除く)

そのため、月々の割引還元を目当てに電話加入権を購入するのはあまり得策ではありません。
電話加入権が不要なプランでも、利用できるサービスは同じなのであれば、不要プランを選んだほうがよいでしょう。

なお、NTTからではなく外部の業者から電話加入権を購入することも可能です。
楽天市場などで「電話加入権」と検索すれば、休止手続きがされたものが販売されています。

電話加入権は譲渡可能なので、「中古」の権利を売買することもできます。

電話加入権を安価に取得したい場合は、中古の権利を選ぶことも選択肢に入れるといいでしょう。

不要の電話加入権は売却・返金できる?

不要になった電話加入権は、売却や譲渡が可能です。

専門業者や金券ショップなどで、電話加入権の買取を取り扱っている業者がありますので、換金したい場合は問い合わせると良いでしょう。また、ネットオークションでも販売できます。

ただし、売却してもあまり高値にならないケースも多く、買取業者では約1,000円程度オークションサイトでは約6,000円程度が一般的です。

売却する際にはいくつかの条件があり、利用休止手続き後3ヶ月以上が経過していることや、料金滞納がないことなどが挙げられます。

なお電話加入権を手放しても、NTTからの返金は行われないことに注意してください。
以下、公式コメントをご覧ください。

解約時等にも返還いたしておりません。従って、施設設置負担金は、弊社が電話加入権の財産的価値を保証しているものではありませんが、社会実態としては、電話加入権の取引市場が形成されています。
出典:「施設設置負担金についてのご説明」NTT東日本

上記の通り、「返還しない」と明記されています。したがって、あくまで外部で売却することを理解しておきましょう。

電話加入権の確認方法と解約・利用休止・一時中断する方法

自社の電話回線が電話加入権を購入して導入したものかどうかは、簡単に確認できます。

ここからは電話加入権の有無の確認方法、および不要になった場合の解約・利用休止方法を見てみましょう。

電話加入権の保有を確認する方法

電話加入権の保有状況を確認する方法は、以下のとおりです。

    【NTT東日本】

  • 局番なしの「116」へ電話をかける
  • 0120-116-000(携帯電話からの発信)
  • 受付時間:午前9時~午後5時
    年中無休(年末年始12/29~1/3を除く)

    【NTTT西日本】

  • 局番なしの「116」へ電話をかける
  • 0800-2000116(携帯電話からの発信)
  • 受付時間:午前9時~午後5時
    年中無休(年末年始12/29~1/3を除く)

電話加入権の解約・利用休止・一時中断する方法

電話加入権を解約・利用休止・一時中断する方法は、以下のとおりです。

  • NTTの公式サイトから申し込む
  • NTTへ電話して申し込む

公式サイトから申し込む場合は、手続き内容に応じて、それぞれ以下のリンクよりお進みください。

電話から申し込む場合は、以下の電話番号へかけましょう。

    【NTT東日本】

  • 局番なしの「116」
  • 0120-116-000(携帯電話からの発信)
    【NTTT西日本】

  • 局番なしの「116」
  • 0800-2000116(携帯電話からの発信)

手続きには、以下のような情報を揃えておきましょう。

  • 電話番号
  • 契約者の名義
  • 電話番号を利用している住所
  • 支払い情報

手続きにかかる費用(工事費)は以下のとおりです。

停止する費用 再開する費用
解約
利用休止 2,200円 2,200円~
一時中断 2,200円~ 2,200円~

※工事費は、派遣工事が不要なら2,200円で、必要な場合は1万1,000円ほどかかります。

電話加入権の費用を抑える2つの方法

電話加入権を購入せず、お得に電話を利用する方法は次の2つです。

  • 光電話に切り替える
  • 直収電話を契約する

これら2つの方法を利用すると、コストを削減しつつ電話をお得に利用できます。

ひかり電話に切り替える

1つ目の方法は、ひかり電話に切り替えることです。

ひかり電話は、NTTの光回線を利用したIP電話サービスです。
従来の電話回線よりも安い通話料金が適用されるため、コストカットに向いています。

番号ポータビリティの仕組みを利用すれば、現在使用中の電話番号をひかり電話でも利用可能です。
※番号ポータビリティの利用は、NTTの加入電話かISDN回線で取得した電話番号のみ対応。

ひかり電話への切り替えですが、新規に光回線を引く場合はおおむね1~2ヶ月ほどかかります。
すでに光回線があり、ひかり電話への番号ポータビリティであれば2週間前後で完了するでしょう。

ただし期日はNTTのスケジュール次第ですので、詳細はNTTへの確認が必要です。

オフィスの電話をひかり電話に切り替えた場合のメリット

オフィスの電話をひかり電話に切り替えると、以下のようなメリットがあります。

  • 電話加入権を購入する必要がない
  • 電話番号を変えずにそのまま利用できる
  • 基本料金が安い(加入電話事務用3級局は税込2,750円、『ひかり電話A』は税込1,210円)
  • 全国一律の通話料金が適用されるため通話料削減につながる
  • クラウドPBXを利用できる

クラウドPBXは次世代のビジネスフォンで、場所を問わずスマホで電話業務が可能になります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ひかり電話の基本知識については、以下の記事をご覧ください。

ひかり電話とは

直収電話(『ソフトバンクおとくライン』)を契約する

固定電話の番号を変えずに、電話加入権の費用を抑える別の方法は、直収電話に契約すること
です。

「直収電話」とは、NTT東西以外の通信会社が提供する電話サービスです。
「電話=NTT」というイメージがあるかもしれませんが、NTT以外でも固定電話サービスを提供しています。

代表的なサービスとしては、以下のものがあります。

  • ソフトバンクの『おとくライン』
  • NTTコミュニケーションズの『プラチナ・ライン&世界割』
  • J:COMの『J:COM PHONE』

直収電話の契約にかかる日数は、各社の工事スケジュール次第ですが、1〜2週間ほど見ておくとよいでしょう。

直収電話には以下のようなメリットがあります。

  • 電話加入権を購入する必要がない
  • 電話番号を変えずにそのまま利用できる
  • 基本料金が安い(加入電話事務用3級局は税込2,750円、『おとくライン』の事務所用三級地は税込2,585円)
  • 一律の通話料金が適用されるため通話料削減につながる

一律の通話料金は、サービスにより異なります(例:『おとくライン』は全国一律、『J:COM PHONE』は県内・県外一律)

注意点として、直収電話では0120などフリーダイヤルが使えないためご注意ください。

ひかり電話やビジネスフォンのご相談は実績豊富な『OFFICE110』へ

office110

  • 「電話加入権を含め、今の電話システムを見直したい」
  • 「光電話に変えようか迷っている」
  • 「ビジネスフォンの設定をサポートしてほしい」

加入電話やひかり電話などに関してお困りの場合は、ぜひ『OFFICE110』へご相談ください。

『OFFICE110』では、ビジネスフォンをはじめ、各種オフィス機器を取り扱っております。
全国12万社以上のお客様との取引実績があり、これまでさまざまなオフィスソリューションを提案させていただきました。

弊社には以下のような強みがあります。

  • 加入電話やひかり電話だけでなく直収電話(『ソフトバンクおとくライン』)にも対応
  • 豊富な経験を有する担当者がベストオプションをご提案
  • 工事専門の有資格者が多数在籍
  • 全国に拠点があり、導入工事や入れ替えなどへスピーディーに対応
  • クラウドPBX『OFFICE PHONE』の導入が可能

担当者がお客様のニーズを丁寧にヒアリングし、現状の課題や問題を解決するご提案をいたします。

「通話コストを削減したい」「電話業務をもっと効率化したい」など、さまざまなニーズに対応。
さらにオフィス機器の販売だけでなく、各種工事も承っているため、ワンストップで複数のお悩みを解決可能です。

オフィスのお悩みがある方は、『OFFICE110』公式サイトをご覧のうえ、お気軽にお問い合わせください。

最適な電話回線プランはOFFICE110にご相談ください|番号最短当日発行・手続き代行

まとめ

電話加入権は、NTTの固定電話を利用するのに必要な権利です。
施設設置負担金を支払うことで、電話加入権を取得できます。

2024年以降、電話インフラに関するさまざまな変化しますが、電話加入権は今後も継続する予定です。

NTTの加入電話や『INSネット』などを利用したい方は、電話加入権をNTTや外部の取り扱い業者から取得できます。
ただし電話加入権は、NTTの固定電話サービスに必ずしも必要ではありません。

『加入電話・ライトプラン』や『INSネット64・ライト』など、加入権が不要なプランがあり、利用できるサービスは加入権が必要なプランと同等です。
しかも月々275円高くなるだけなので、コスト面を考えると、あえて電話加入権を契約する必要はないともいえるかもしれません。

また、NTTのひかり電話や直収電話サービスなど、ほかにも選択肢があります。
自社のニーズを踏まえたうえで、どのような電話サービスを選ぶのがよいかを検討ください。

『OFFICE110』では、ビジネスフォンを含む電話サービス全般について、みなさまをサポートいたします。
どのようなささいな質問でも、スタッフ一同お待ちしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

電話回線の新設・増設完全代行!工事費業界最安値【OFFICE110】
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!