NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

ひかり電話でコスト削減!最適なプラン選びでオトクに運用

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「コスト削減テクニック」記事一覧

ひかり電話でコスト削減!最適なプラン選びでオトクに運用

ひかり電話でコスト削減!最適なプラン選びでオトクに運用

基本料・通話料を抑えてお得に利用できる「ひかり電話」ですが、プランを見直すことで、さらにコスト削減を実現できるかもしれません

本記事では、ひかり電話のコスト削減方法を3つご紹介します。

  1. 4つの契約プランを適切に選択
  2. アダプタを外す
  3. 光コラボに加入してさらにコスト削減

利用目的に合わせて自社に適した方法を実践することで、利用料金を大幅に抑えられる可能性がありますので、ぜひ最後までお読みください。

この記事の目次

  1. ひかり電話のプラン見直しはコスト削減のチャンス!
  2. コスト削減方法①4つの契約プランを適切に選択

  3. コスト削減方法②アダプタを外す
  4. コスト削減方法③光コラボに加入してさらにコスト削減

  5. ひかり電話のコスト削減は「OFFICE110」におまかせ!
  6. まとめ
千々波 一博

監修者

千々波 一博
(ちぢわ かずひろ)

保有資格:Webリテラシー/.com Master Advance/ITパスポート/個人情報保護士/ビジネスマネージャー検定

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

ひかり電話のプラン見直しはコスト削減のチャンス!

NTTの「ひかり電話」は、フレッツ光のインターネット回線を利用した電話サービスで、基本料・通話料が格安であることに加え、オプションサービスが充実しているのが特徴です。

ひかり電話を契約する際は、利用方法に合ったプランやオプションを適切に選ぶことで、コストを削減できます。

ひかり電話の利用料金の内訳は、以下のとおりです。

  • 契約プランの月額基本料金+フレッツ光ネクストの月額料+通話料

(例)

  • 契約プランの月額基本料金(基本プラン):550円
  • フレッツ光ネクストの月額料(ギガファミリー・スマートタイプ):6,270円
  • 通話料:8.8円/分

自社に適していない契約プランを選んだり、不要なオプションサービスを付けたりすることで、毎月余計な費用を支払ってしまっているケースは少なくありません

そこで、プランやオプションサービスを見直すだけでも、毎月のランニングコストを抑えられる可能性があります。

電話のみを利用するプランや光コラボに加入するなど、各プロバイダ事業者が展開するサービスを利用することで、さらにコスト削減の実現も可能です。

次章から、ひかり電話を使ってコスト削減をする3つの方法を詳しく解説していきます。

コスト削減方法①4つの契約プランを適切に選択

ひかり電話のコスト削減方法の一つは、4つの契約プランを適切に選択することです。

  • ひかり電話(基本プラン)
  • ひかり電話A(エース)
  • ひかり電話オフィスタイプ
  • ひかり電話オフィスA(エース)

自社に合ったプランを選択するには、まず現在契約しているプランを確認する必要があります。

ひかり電話とは?契約プランの種類と違いを解説

4つのプランを適切に選択することで、毎月の支払いを安くできる場合があります。
例えば、同じ数のチャネル(通話数)と番号(電話番号)でも、以下のようにプランが変わると月額料金に差が出ます。

(例)4チャネル2番号を希望する場合

    •ひかり電話オフィスA(エース)

  • 月額基本料金(1チャネル1番号):1,210円
  • 3チャネル追加:3,300円
  • 番号数追加:110円

※ナンバーディスプレイとボイスワープは基本料金に含まれる
月額料金合計:4,620円

    •ひかり電話オフィス

  • 月額基本料金(3チャネル1番号):1,430円
  • 1チャネル追加:440円
  • 番号追加:110円
  • ナンバーディスプレイ追加:1,320円
  • ボイスワープ追加:550円

月額料金合計:3,850円

上記のように、ほぼ同じ条件でも「ひかり電話オフィスA(エース)」と「ひかり電話オフィス」では770円の差が出ると分かります。
毎月770円を節約できれば、年間で9,240円のコスト削減につながります。

自社が必要とするサービス内容に合わせてプランを選ぶことは、ひかり電話のコスト削減を図るのに重要なポイントの一つです。

各プランの違いや「ひかり電話オフィスタイプ」の導入方法・メリット・デメリットについては、以下の記事もあわせてご覧ください。

ひかり電話オフィスタイプとは|プラン選びに役立つ全知識【初心者向け】

電話だけ使うなら「ひかり電話ネクスト」がおすすめ

電話だけを使たい場合は、「ひかり電話ネクスト」に乗り換えることでコスト削減が期待できます。

「ひかり電話ネクスト」は、2023年3月31日からスタートした固定電話の新サービスです。
インターネットを使った分だけ料金が発生する「フレッツ光ライト」の新規申込受付・提供終了にともなって、インターネットを利用せずにひかり電話サービスを利用する方を対象として登場しました。

ひかり電話ネクスト(基本プラン)の月額料金は2,750円で、他にも付加サービスや通話料金が月額利用料に含まれるプランがあります。
ひかり電話ネクストは電話専用のプランで、インターネットは使用不可です。

ひかり電話ネクストは、電話だけを使う方や電話回線とインターネット専用回線に分けたい方におすすめで、他にオプションを利用しなければ大幅なコスト削減ができます。

ひかり電話ネクストとは?フレッツ光ライト終了後の新サービスを徹底解明

3.コスト削減方法②アダプタを外す

ひかり電話のコスト削減を狙う2つ目の方法は、アダプタを外すことです。

ひかり電話は、ひかり対応アダプタ(OG)を利用することで、以下の月額料金が発生します。

  • 4チャネル対応アダプタ:月額1,100円
  • 8チャネル対応アダプタ:月額1,650円

ひかり対応アダプタ(OG)を使用しない「光直収」にすることで、アダプタの月額料金を節約できます。
例えば、4チャネル対応のアダプタを外すことで、1年間13,200円5年間使うことを想定すると66,000円のコスト削減が可能です。

ただし、既存機器が光直収に対応していない場合もあるため、事前に確認しておく必要があります。

ビジネスフォンの光直収とは?仕組みやメリット・デメリットを解説

4.コスト削減方法③光コラボに加入してさらにコスト削減

ひかり電話は、光コラボに加入すれば、さらにコスト削減も実現可能です。
ここでは、光コラボの仕組みや、メリットと料金例を解説します。

4-1.光コラボの仕組み

光コラボは「光コラボレーションモデル」の略で、フレッツ光回線とプロバイダを一体にしたサービスのことです。

NTT東日本・西日本が2015年2月に光回線の卸売りを開始したことでスタートした新しい仕組みで、NTT東西とは異なるプロバイダ事業者が独自のサービスもセットで提供します。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」、光コラボ回線から別の光コラボ回線への乗り換えは「事業者変更」と呼ばれ、室内工事など複雑な手続きなしで簡単に行えます。

また、各プロバイダ事業者はさまざまな特典・キャンペーンなどを用意していて、これらを活用することでコスト削減が可能です。

光コラボの主なプロバイダ事業者には、以下のようなものがあります。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • GMOとくとくBB光
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • So-net光プラス
  • OCN光
  • ぷらら光

いずれの事業者もフレッツ光回線を使うため、通信品質は基本的に同じですが、プロバイダの規模・使用するルーターなどによって通信速度に差が出るケースがあります。

また月額基本料金・サービス内容・オプションなども事業者によって異なるため、効果的にコスト削減をするには各社を比較して選ぶことが大切です。

4-2.光コラボのメリットと料金例

光コラボに加入する主な利点は、月額料金がお得になることです。
なお、光コラボの特徴として、月額料金にプロバイダ利用料が含まれている点があります。

一方、フレッツ光の場合、月額料金に加えてプロバイダサービス月額料も発生します。

それでは、フレッツ光と主要な光コラボの月額料金を比較してみましょう。

事業者 月額料金(戸建て)※2年定期契約の場合
フレッツ光 5,500円+プロバイダ料金(550円~)=6,050円~
ドコモ光 5,720円
ソフトバンク光 5,720円
楽天ひかり 5,280円
GMOとくとくBB光 5,390円

上図からわかるように、光コラボ事業者は月額料金にプロバイダ料金を含むため、フレッツ光よりも経済的です。

ただし、オプションを追加すると割高になることもあるため、料金を比較する際には自社の必要なサービスが含まれているか確認が必要です。

さらに、光コラボ各社は特典やキャンペーンを提供しており、実質料金が割引されることがあります
例えば、ソフトバンク光では「おうち割光セット」で家族のスマートフォン料金が最大1,100円割引されます。

また、取扱店経由で申し込むとキャッシュバックが適用されることもあります。ソフトバンク光の「LifeBank」から申し込むと、最初の12ヶ月間は月額料金が実質2,100円割引となり、通常の5,720円が実質3,620円になります。

5.ひかり電話のコスト削減は「OFFICE110」におまかせ!

ひかり電話のコスト削減方法はさまざまで、自社に適した方法で効果的にコスト削減するのは決して簡単ではありません。

また、光コラボへ加入する場合も、料金体系が複雑で理解しづらい場合や、一部の事業者では「ひかり電話オフィスタイプ」「ひかり電話オフィスA(エース)」に対応していないケースもあります。

そこでおすすめなのが、弊社「OFFICE110」が提供する、低コスト・高品質・安心サポートのネット回線サービス「OFFICE110光」です。

「OFFICE110光」のおすすめポイントは以下の3つです。

  • 回線の新設から障害時の対応までトータルサポート!窓口を一本化できて安心
  • 「OFFICE110」の特別価格でご提供!毎月の通信コストを削減
  • 複雑で手間のかかる請求も一本化!経理業務がスムーズになる

「OFFICE110」では、ひかり電話だけでなく、その他の電話サービスの導入からアフターサービスまでトータルサポートいたします。

ひかり電話やオフィスの電話環境に関して、現状のコストやサポートに不安を感じている方は、「OFFICE110」までお気軽にお問い合わせください!

ひかり電話でコスト大幅削減!激安&最短当日スピード対応のOFFICE110

6.まとめ

ひかり電話のコスト削減には、以下の3つの方法があります。

  1. 4つの契約プランを適切に選択
  2. アダプタを外す
  3. 光コラボに加入してさらにコスト削減

自社に合っていない契約プランや不要な付加サービスにより、余計な費用を支払っているケースは珍しくありません。

この場合は契約プランを見直すことで、コスト削減につながる可能性があります。
また、光対応アダプタ(OG)を使用しない光直収にしたり、光コラボに加入したりすることで、毎月のランニングコストを削減できる場合もあります。

「自社に適したコスト削減方法を知りたい」「料金体系が複雑で分かりづらい」「ひかり電話を含む電話環境を一から見直したい」といった方は、「OFFICE110」にお任せください。

「OFFICE110」は低コスト・高品質・安心サポートの「OFFICE110光」を提供するだけでなく、電話環境をはじめとするオフィスの悩み事に適したサービスのご提案もいたします。

弊社は、導入から運用、アフターサービスまでトータルでサポートいたします。全国で120,000社以上の取引実績のある「OFFICE110」まで、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!