NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

ビジネスフォンの子機の種類とは?増設方法・費用相場・注意点を解説

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンの子機の種類とは?増設方法・費用相場・注意点を解説

ビジネスフォンの子機の種類とは?増設方法・費用相場・注意点を解説

ビジネスフォン子機の接続方法や費用、使い方などでお困りではありませんか?

ビジネスフォンには様々な種類の子機があり、目的に合わせて最適な製品を選ぶことが重要です。
この記事では、ビジネスフォン子機の種類や特徴、増設方法、費用相場などを詳しく解説します。

コードレス電話機の定義やアナログ・デジタルの違いなど、子機の細かな違いも丁寧に説明しています。

子機選びの参考だけでなく、実際の増設作業の手順や注意点も押さえられるので、導入を検討中の方も安心です。
コストを抑えたい人も、ぜひ子機ごとの費用相場をチェックしてください。

この記事の目次

  1. ビジネスフォンの「子機」とは?

  2. ビジネスフォン子機の電話機の種類

  3. 【種類別】ビジネスフォン子機の増設方法と費用相場

  4. ビジネスフォンの子機を増設する際の注意点

  5. ビジネスフォンの子機の導入や入れ替えは『OFFICE110』へ
  6. まとめ
登 雄三

監修者

登 雄三
(のぼり ゆうぞう)

保有資格:工事担任者(AI・DD総合種)/電気工事士

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

ビジネスフォンコードレスが業界最安!全メーカー・全機種取扱【OFFICE110】

ビジネスフォンの「子機」とは?

ここからは、ビジネスフォンの「子機」について、基本的な知識をわかりやすく解説します。

「ビジネスフォンの構成がよくわからない」と感じている方は、この情報を参考に子機の役割や増設方法について理解を深めてください。

ビジネスフォンの子機の定義

ここでは、ビジネスフォンにおける「子機」と「親機」について詳しく解説します。

■子機とは
「子機」とは、ビジネスフォンで使用する専用電話機全般を指します。通常、受話器や多数のボタンがついており、オフィス内のコミュニケーションを効率的に行うために使用されます。

■親機とは
「親機」とは主装置のことで、子機の受発信をコントロールします。主装置は「PBX」や「構内交換機」とも呼ばれ、専用電話機の受発信を全て管理する重要な役割を担います。

一部の人々は、家庭用電話機のようにメインの電話機を「親機」、コードレスの電話機を「子機」と認識してる場合も多いです。
また、1台の専用電話機をメインとし、他の専用電話機を子機と捉える方もいます。

本記事では、「親機=主装置」「子機=主装置と接続される専用電話機すべて」と用語を統一します。これにより、ビジネスフォンの構成と機能について、より明確に理解していただけるでしょう。

ビジネスフォンの構成機器と接続図

ビジネスフォンを構成するおもな機器は、以下の通りです。

  • 電話回線:NTTなどの通信会社から引き込まれる回線
  • 主装置:専用電話機による受発信をコントロールする心臓部
  • 専用電話機:外線や内線などを受発信する電話機
  • モジュラーケーブル:主装置と専用電話機を接続するケーブル
  • アンテナ:コードレスタイプの電話機で受発信するために必要な機器
  • その他通信機器:複合機やドアフォンなど

続いて接続図を見てみましょう。

ビジネスフォンの構成

上の図は、電話回線が主装置を経由して専用電話機に接続される様子を簡易的に示したものです。

NTTなどの通信会社から電話回線がオフィスに引き込まれ、主装置(親機)と接続されています。
そして主装置から伸びたケーブルは、それぞれの専用電話機に配線されています。

基本的な使い方は以下のとおりです。

  • 外からの着信
  • 主装置を経て、設定されたとおりに該当する子機に着信する

  • 子機が外線をかける
  • 主装置を介してNTTなどの公衆回線へつながる

  • 社内で内線をかける
  • 主装置を経由して該当する専用電話機に着信する

このように、主装置(親機)を中心に子機を使って外線や内線の受発信が行われます。

ビジネスフォンではほかにも、主装置をアンテナに配線してコードレス電話機を使用したり、複合機やドアフォンにつなげて使用したりすることが可能です。

ビジネスフォン子機の電話機の種類

ビジネスフォンで使われる子機には、いくつか種類があります。
大きく以下の2タイプに分けられます。

  1. コード付きタイプ
  2. コードレスタイプ

それぞれのタイプの特徴と、おすすめの利用シーンをご紹介します。

種類①コード付きタイプ

コード付きタイプのビジネスホン

コード付きタイプは、本体とモジュラーケーブルでつながれた受話器部分があり、デスクに固定して使用します。

    【コード付きタイプの特徴】

  • 受話器は旋状のコードで本体と繋がれている
  • 机の上で移動は可能ですが、持ち運びはできない(非携帯型)
  • ディスプレイやボタンが大きめで操作がしやすい
  • コードレスタイプと比べてアンテナが不要なため、初期費用を抑えられる

このように、コード付きタイプはデスクワークが中心の場所、例えばコールセンターなどで活躍します。
移動は制限されますが、操作性が高く、アンテナ設置コストもかからないためコストパフォーマンスに優れています

種類②コードレスタイプ

続いて、コードレスタイプは以下の3種類に細分されます。

  • カールコードレス(卓上型)
  • アナログコードレス
  • デジタルコードレス(PHS型)

それぞれの特徴や通話範囲・おすすめの活用シーンなどを見てみましょう。

カールコードレス(卓上型)

カールコードレス

カールコードレス(卓上型)は、デスク周りで少し移動する必要がある場合に便利な子機タイプです。

    ■カールコードレスの特徴

  • 受話器部分のみがコードレス化されており、操作ボタンも備わる
  • デスク本体とアンテナ通信で、デスク周辺で受話器を持ち運び可能
  • 完全コードレスタイプに比べると可動範囲が狭く、電池持続時間も短め

デスクを離れずに資料確認や立ち話ができる半移動型の子機は、固定電話と同じ感覚で使えるのが特徴です。

フットワークが求められる職場で、手軽に移動したい環境に最適です。

アナログコードレス

PHS型のコードレス電話機

アナログコードレスは名前の通り、アナログ信号を使った完全コードレス型のビジネスフォン子機です。

    【アナログコードレスの特徴】

  • 親機につながったアンテナから電波を受信し、通話が可能
  • 受話器だけでなく、本体全体がコードレスなので移動自由度が高い
  • 一方で、遮蔽物があると通信範囲が狭まる
  • 通話可能距離は概ね80m程度

以下の図のように、「シングルゾーン」方式では、1組のアンテナと子機の間でのみ通話が可能です。

アンテナと子機が一対になっているこの方式の通話範囲は約80メートルです。なお、他のアンテナや子機とは接続できません

アナログコードレス電話は、同じフロア内や近距離での通話が多いオフィスに最適です。そのため、狭いエリアでの移動やコミュニケーションに便利です。

デジタルコードレス(PHS型)

子機型のコードレス電話機

デジタルコードレス(PHS型)は、高機能な完全コードレス子機です。

    【デジタルコードレスの特徴】

  • 親機アンテナからデジタル信号を受信
  • アンテナエリアを切り替えながら、広範囲を自在に移動して通話できる
  • 高機能なため、コストは比較的高め

デジタルコードレスの接続方式は、シングルゾーンのものもありますが、「マルチゾーン」がより便利です。
マルチゾーン方式は、以下のようにアンテナ1台に対し、複数アンテナと子機を接続可能です。

マルチゾーン接続

これにより、離れた場所にアンテナを複数設置し、各アンテナに子機を接続することが可能です。
つまり、1つのアンテナから離れても別のアンテナに接続できるため、シングルゾーンよりも広いエリアで使えます。

高機能のため、導入コストは高めですが、広い範囲を移動しながら快適に通話したい場合に活躍します。

コードレス電話機については、以下の記事でも詳細を説明していますので、あわせてご覧ください。

【簡単解説】コードレス電話機とは|種類・メリット・おすすめ機種

【種類別】ビジネスフォン子機の増設方法と費用相場

ここからは、ビジネスフォンの子機の種類別に、以下2点をご紹介します。

  • 増設方法
  • 費用相場(本体代と工事費)

これから子機の増設をしたい方は、予算面や利便性を考慮しつつ比較検討してください。

卓上型電話機(コード付き・カールコードレス)

最初に、卓上型電話機として、以下2タイプの情報をご紹介します。

  • コード付きタイプ
  • カールコードレスタイプ

両者は、受話器がコードレスかどうかで違いがありますが、本体をデスクに固定して使う点では共通しています。

そのため、本体の増設方法は基本同じです。

増設方法

卓上型電話機の増設方法ですが、デスク上では以下のように増設します。

  1. 主装置からの配線作業をする
  2. 子機本体と主装置をモジュラーケーブルなどで接続する
  3. データの設定作業をする

コード付きタイプもカールコードレスタイプも、基本的に同じ方法で増設します。

ケーブルの接続作業に加え、接続データ設定も必要です。
家庭用電話機のように、「ケーブルや電源コードを付ければすぐに使える」というわけにはいきません。

費用相場

卓上型電話機の費用相場は以下のとおりです。

    【本体】

  • 新品:4万前後
  • 中古:1~2万

    【工事費(主装置と同部屋内)】

  • 派遣費:7,000円
  • データ設定費:7,000円
  • 電話機配線工事:7,000円

アナログコードレス電話機

続いてアナログコードレス電話機の増設方法と費用相場を見ていきましょう。

先述のように、アナログコードレスはアンテナを使用する点が、卓上型電話機とは異なります。

増設方法

増設方法は以下のとおりです。

  1. 主装置からの配線作業をする
  2. 主装置とアンテナを接続する
  3. データの設定作業をする

先ほど解説したとおり、アナログコードレスの接続方式は「シングルゾーン」です。
アンテナと子機が1:1でペアになっており、必ずアンテナへの配線工事が必要です。

アナログコードレスについても、配線だけでなくデータの設定作業が求められます。

基本的にはプロの業者へ作業を依頼することになるでしょう。

費用相場

アナログコードレス電話機の費用相場は以下のとおりです。

    【本体】

  • 新品:6万前後
  • 中古:1~4万

    【工事費(主装置と同部屋内)】

  • 派遣費:7,000円
  • データ設定費:7,000円
  • 電話機配線工事:7,000円
  • アンテナ設置工事:7,000円

アナログコードレスはアンテナの設置がある分、本体や工事費が卓上型電話機よりも全体的に高めです。

デジタルコードレス電話機

最後に、デジタルコードレスの増設方法と費用相場を見ていきましょう。

デジタルコードレスにもアンテナの設置が必要ですが、アナログコードレスとは接続方式が異なる点に注目してください。

増設方法

増設方法は以下のとおりです。

  1. 主装置からの配線作業をする
  2. 主装置とアンテナを接続する
  3. データの設定作業をする

デジタルコードレスの接続方式はマルチゾーンです。

マルチゾーンでは、アンテナ1台に対して複数のコードレスを接続できます。
そのため、接続台数の制限以内であれば、コードレス本体のみの設定で増設可能です。

費用相場

デジタルコードレスの費用相場は以下のとおりです。

    【本体】

  • 新品アンテナ:8万前後
  • 新品コードレス:8万前後/台
  • 中古アンテナ:1~5万
  • 中古コードレス:1~5万/台

    【工事費(主装置と同部屋内)】

  • 派遣費:7,000円
  • データ設定費:7,000円
  • 電話機配線工事:7,000円
  • アンテナ設置工事:7,000円

工事費はアナログコードレスと同様ですが、本体が新品・中古ともに高くなります。

ビジネスフォンコードレスが業界最安!全メーカー・全機種取扱【OFFICE110】

ビジネスフォンの子機を増設する際の5つの注意点

ここからは、ビジネスフォンの子機を増設するときに注意すべきポイントを5つご紹介します。

  1. 基本的に子機の増設は自分ではできない
  2. 主装置の接続可能台数以上は増設できない
  3. 同じメーカーの同機種しか増設できない
  4. 状況によっては配線の見直しが必要になる
  5. カールコードレスは子機の混在や混線に注意

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

基本的に子機の増設は自分ではできない

注意点の一つは、基本的に子機の増設は自分ではできないことです。

「かんたんそうだから自分でやってみよう」と思っても、子機の配線や設定は思うほどシンプルなものではありません。
そのため、専門知識を持ったプロでないと作業は難しいでしょう。

既存の子機を別の子機と入れ替えたり、HUB(ハブ)の空いている挿入口にケーブルを差し込むだけだったりするなら、特別な工事は不要です。

しかし、配線やデータ設定が必要となると複雑なため、基本的に手出しせず、業者に依頼しましょう。

参考として、派遣工事が必要な例を挙げると、以下のようなケースがあります。

  • 配線作業を伴う子機の増設:配線作業が必要
  • 機能が異なる子機の増設:データ変更の必要あり
  • アナログコードレスの工事:TEN番号をマッチさせる必要あり
  • デジタルコードレス:データ変更などの必要あり

主装置の接続可能台数以上は増設できない

2つ目の注意点は、主装置の接続可能台数以上は増設できないことです。

親機である主装置は、機種によりキャパシティが異なります
機種によって子機を接続できる台数の制限が変わるため、場合によっては増設しようがないかもしれません。

主装置にはSSサイズやSサイズ・Mサイズ・Lサイズなどいくつかのサイズがありますが、小さめのサイズだと10台以下しかつなげられない可能性があります。

すでに上限の台数を使用中なら、主装置を変えない限り増設は不可能です。
主装置を変えるとなると、予算や入れ替えにかかる手間・時間など、さまざまな要素を考慮しなくてはなりません。

増設したい場合、子機を購入する前に現在の主装置のキャパシティを確認するようにしましょう。

同じメーカーの同機種しか増設できない

続いては、同じメーカーの同機種しか増設できないことも注意すべきポイントです。

子機は主装置と接続する必要がありますが、両者の間には互換性がなくてはなりません。
メーカーが異なる製品を混在させると、基本的に互換性がないため増設できません。

そのため増設時には、必ず同じメーカーの子機を購入するようにしましょう。

ただし別の注意点として、同メーカーであっても100%互換性があるとは限りません。

万全を期して、メーカーに製品対応状況を問い合わせたり、信頼できる工事業者に相談したりするのがおすすめです。

状況によっては配線の見直しが必要になる

4つ目の注意点は、状況によって配線の見直しが必要になることです。

ビジネスフォンを導入する場合、スター型やバス型など、タイプの異なる配線方式が採用されます。
増設する子機をどのようなレイアウトで配置するのかによって、配線方式に変更が加わったり、新たな配線スタイルを検討したりする必要が出てくるかもしれません。

増設する子機の数や配置を考えるさいは、このようにオフィス全体のレイアウトも頭に入れておく必要があります。

カールコードレスは子機の混在や混線に注意

最後に、カールコードレスは子機の混在や混線に注意が必要です。

複数のカールコードレスを使用する場合、本体と受話器とが、別の機種との間で入れ替わってしまう可能性があります。
たとえばAとBのカールコードレスがある場合、Aの受話器がBの本体にセットされたり、Bの受話器がAの本体に乗せられたりするかもしれません。

混在させないよう、機器に印をつけるなどして対処しましょう。

またカールコードレスは、本体と受話器との間で無線通信をしますが、複数の子機の間で電波が混線する恐れもあります。

数メートルは離して設置するようにし、電波干渉を防ぐようおすすめします。
離して設置することで、複数の子機の間での入れ替わりを防ぐことにもつながるでしょう。

ビジネスフォンの子機の導入や入れ替えは『OFFICE110』へ

office110

ビジネスフォンの子機の増設や入れ替えを検討中の方今使っているビジネスフォンが古くなってきた方は、ぜひ『OFFICE110』にご相談ください。

『OFFICE110』は、ビジネスフォンやオフィス機器の専門家です。これまでに全国で12万社以上の企業様をサポートしてきました。

    ■『OFFICE110』の強み

  • 業界最安値
    大量入荷により、ビジネスフォンを業界最安値でご提供します。
  • 最適な電話機の提案
    お客様の利用状況やご要望をヒアリングし、リーズナブルな価格で最適な子機を提案します。
  • ワンストップで対応
    販売だけでなく、設置や配線工事にも対応。購入から設定まで一貫してお任せいただけます。

当社が、電話に関するお悩みやオフィスに関するご相談もすべて対応いたします。
ぜひ、「OFFICE110」へお気軽にお問い合わせください。

まとめ

ビジネスフォンの子機には、主に以下の2種類があります。

  1. コード付きタイプ
  2. コードレスタイプ(カールコードレス/アナログコードレス/デジタルコードレス)

それぞれの子機には、異なる特徴や最適な利用シーンがあります。また、増設方法や費用もさまざまです。

ビジネスフォン子機の増設を予定している場合、各タイプの違いを理解したうえで、子機の購入や工事を依頼することをおすすめします。

増設作業は専門知識やスキルが必要な場合が多いため、確実に完了させるにはプロの工事業者に依頼することが賢明です。

『OFFICE110』では、ビジネスフォン子機の販売から設置までワンストップでサポートいたします。

「子機の種類や価格について教えてほしい」「オフィス機器全般について相談したい」など、どのような質問でもかまいません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

ビジネスフォンコードレスが業界最安!全メーカー・全機種取扱【OFFICE110】

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

日本全国スピード対応

ビジネスフォンのご提案・サポート可能エリア

当社では、新品・中古ビジネスフォンのご提案・保守サービスを提供しております。地域によって、サービス内容や訪問可能エリアが異なる場合がございます。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

ビジネスフォンのご提案・サポート可能エリア
北海道北海道(札幌)
東北青森・ 岩手・宮城(仙台)・秋田・山形・福島
関東茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・千葉・神奈川(横浜)
中部山梨・長野・岐阜・愛知(名古屋)・静岡
関西京都・滋賀・奈良・三重・和歌山・大阪・兵庫(神戸)
中国鳥取・岡山・島根・広島・山口
四国香川・徳島・愛媛・高知
九州福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

ビジネスフォン人気のお役立ち情報

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!