NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

ビジネスフォンが「表示圏外」になる理由!対処法を分かりやすく解説

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンが「表示圏外」になる理由!対処法を分かりやすく解説

ビジネスフォンが「表示圏外」になる理由!対処法を分かりやすく解説

ビジネスフォンで「表示圏外」と表示される着信にお悩みではありませんか。

表示圏外とは、通話相手の電話番号が表示されない状態のことで、着信履歴には「表示圏外」と表示されます。
さまざまな理由で発生しますが、ビジネスにとって不便な場合も多いはずです

そこで本記事では、ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される理由や対処法を解説します。
表示圏外の着信への適切な対応方法を知ることで、業務の効率化やトラブル回避につなげられます

この記事を参考に、「表示圏外」への正しい対処法を身につけましょう。

この記事の目次

  1. ビジネスフォンの「表示圏外」とは?表示される理由

  2. 表示圏外の着信は怪しい?迷惑電話の可能性もある?
  3. ビジネスフォンの表示圏外の対策【受電側の場合】

  4. ビジネスフォンの表示圏外の対策【発信側の場合】

  5. 社内の電話やビジネスフォンのご相談は『OFFICE110』へ
  6. まとめ
登 雄三

監修者

登 雄三
(のぼり ゆうぞう)

保有資格:工事担任者(AI・DD総合種)/電気工事士

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

機種代も設置費用も完全無料!0円中古ビジネスフォン【OFFICE110】

ビジネスフォンの「表示圏外」とは?表示される理由

ビジネスフォンを使用する場合、受信時にディスプレイで発信元を確認してから受電するのが一般的です。

その際、稀にディスプレイに「表示圏外」と表示されるケースされる場合があります。
そこで、ここからは「表示圏外」がどんな理由で表示されるのかについて解説していきます。

ビジネスフォンに表示される「表示圏外」とは

ビジネスフォンのディスプレイに表示される「表示圏外」とは、非通知・公衆電話以外の理由で、相手の電話番号が表示できないときに表示されるものです。

ビジネスフォンのディスプレイには、着信情報が表示されるのが一般的です。
着信情報の種類としては、主に以下の4つが考えられます。

  • 発信元の電話番号
    ディスプレイに表示される電話番号から相手の情報を知ることができるため、適切な対応が可能です。
    発信元の電話番号が電話帳に登録されている場合は、登録名が表示されます。
  • 非通知
    相手が非通知で電話をかけてきた場合は、「非通知」と表示されます。
    これは、相手の電話機が電話番号非通知に設定されているか、発信時に電話番号の前に「184」をダイヤルしている場合です。
    相手はあえて番号の表示をしない設定でコールしているため、「非通知」と表示され、発信元の電話番号を知ることはできません。
  • 公衆電話
    相手が公衆電話から電話をかけてきた場合は、「公衆電話」と表示されます。
    公衆電話からでも、相手が「184」を付けてかける場合は「非通知」と表示されます。
  • 表示圏外
    「非通知」「公衆電話」以外のケースで相手の電話番号を表示できない場合は、「表示圏外」と表示されます。

ナンバーディスプレイとは?機能・メリット・料金を初心者向けに解説

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示されるのはなぜ?

ビジネスフォンのディスプレイに「表示圏外」と表示される理由は、以下のケースが該当します。

  1. 理由① 海外からの着信(国際電話)
  2. 理由② 新幹線・船舶・飛行機からの着信
  3. 理由③ 一部のIP電話サービスからの着信
  4. 理由④ ケーブルテレビ会社の電話回線からの着信
  5. 理由⑤ アナログ回線からの着信(INSナンバーディスプレイ未加入時)

ここからは、それぞれの理由について分かりやすく解説します。

理由①海外からの着信(国際電話)

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される1つ目の理由は、海外からの着信(国際電話)です。

以前までは、海外からかかってくる電話は、番号通知ができませんでした。
そのため、外資系企業や海外とのやり取りが多い企業では、表示圏外の電話に出る機会が多かったと考えられます。

なお、最近では、海外からの着信でも国番号から発信元番号まですべて表示されるようになりました。

理由②新幹線・船舶・飛行機からの着信

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される2つ目の理由は、新幹線・船舶・飛行機からの着信です。

これらの方法を利用して電話をかける場合に、受電側のディスプレイに「表示圏外」と表示されていました。
現在、携帯電話やスマートフォンの普及で利用頻度は減っています。なお、船舶内からの公衆電話や衛星航空機電話サービスなど飛行機からの着信も、「表示圏外」として表示されます。

※新幹線の列車公衆電話は2021年にサービス終了

理由③一部のIP電話サービスからの着信

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される3つ目の理由は、一部のIP電話サービスからの着信があります。
IP電話とは、インターネット接続によって通話ができる電話のことです。

国内の大手プロバイダーはほとんどがナンバーディスプレイに対応しているため、通常は発信者番号が表示されます。
そのため、基本的には電話番号が表示されるケースが多いですが、非対応の業者など一部のIP電話サービスからの着信で「表示圏外」と表示される場合があります。

しかし、一部のIP電話業者が非対応の場合や、Skypeなどの無料アプリを利用した通話の際は、発信者番号が特定できないため「表示圏外」と表示されることがあります。

理由④ケーブルテレビ会社の電話回線からの着信

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される4つ目の理由は、ケーブルテレビ会社の電話回線からの着信です。

各ケーブルテレビ会社では、NTT電話回線網を使用しない固定電話サービスを提供していていまず、基本料や通話料を大幅に抑えられます。
しかし、これらの電話回線からの着信は、ディスプレイに「表示圏外」と表示される場合があります。

理由⑤アナログ回線からの着信(INSナンバーディスプレイ未加入時)

ビジネスフォンに「表示圏外」と表示される5つ目の理由は、アナログ回線からの着信でINSナンバーディスプレイに未加入の場合です。

ISDN回線を利用している場合、ISDN回線同士やデジタル方式の携帯電話・PHSからの着信は、ナンバーディスプレイ契約をしていなくても発信元の電話番号が表示されます。

一方、アナログ回線からの着信は、ナンバーディスプレイ契約をしていなければ「表示圏外」と表示されます。

アナログ回線からの着信時に電話番号を表示するには、INSナンバーディスプレイに加入する必要があります。

表示圏外の着信は怪しい?迷惑電話の可能性もある?

営業現場やオフィスで「表示圏外」の着信が入ると、発信元が分からないため不安を感じる社員は多いでしょう。

実際、発信元不明の表示圏外の電話には、うっかり相手を信用して個人情報や金銭を渡してしまうリスクがあります。したがって、不審な電話を安易に信じてはいけません。

一方で、表示圏外には様々な理由があり、必ずしも悪質なものとは限りません
例えば、取引先の社員がスマホ通話アプリを使って発信した場合も表示圏外になることがあります。

そのため企業では、表示圏外への対応方針を全社員に周知しておく必要があります。
発信者の意図を冷静に確認し、個人情報や金銭の要求には決して応じないなど、安全第一のルールを徹底することが重要です。

表示圏外への理解を深め、ビジネスリスクを未然に防ぐ社員一人ひとりの適切な対応が、企業を守る第一歩となるのです。

ビジネスフォンの表示圏外の対策【受電側の場合】

受電側の場合、ビジネスフォンの表示圏外の対策として以下の2つが挙げられます。

  • 対策① 心当たりがあるなら通常どおり対応する
  • 対策② 怪しい・迷惑電話なら着信拒否する

ここでは、それぞれのポイントを分かりやすく解説します。

対策①心当たりがあるなら通常どおり対応する

ビジネスフォンで「表示圏外」と表示された場合、

受電側が行える1つ目の対策は、心当たりがあるなら通常どおり対応することです。

「表示圏外」と表示される理由として、海外からの電話や、ナンバーディスプレイに対応していないプロバイダのIP電話を利用しているケースが考えられます。

顧客や取引先からの電話など心当たりがある場合は、特別な対応をする必要はなく、通常どおり電話業務を行えるでしょう。

対策②怪しい・迷惑電話なら着信拒否する

ビジネスフォンのディスプレイに「表示圏外」と表示される場合に受電側が行える2つ目の対策は、怪しい・迷惑電話なら着信拒否することです。

心当たりのない電話が頻繁にかかってきて怪しかったり、一度出て迷惑電話だったりした場合は、着信拒否をすることも検討できるでしょう。

ビジネスフォンでは、着信拒否機能を設定することで、表示圏外・公衆電話・特定の電話番号の着信を拒否できます。

ただし、この方法で着信拒否設定をすると、発信元が分からない「表示圏外」の電話すべてが着信拒否になるため、注意が必要です。

例えば、海外からかかってきた大切な電話や、既にやり取りのある企業や団体からかかってきた電話も着信拒否されてしまう可能性があるため、慎重に設定しましょう。

ビジネスフォンの表示圏外の対策【発信側の場合】

発信者側は、相手のディスプレイに「表示圏外」と表示されると、相手が電話に出にくくなることを理解しておく必要があります。

そこで、発信側でおこなえる「表示圏外」の対策として、以下の2つが挙げられます。

  • 対策①発信手段・電話サービスを見直す
  • 対策②発信者通知の機能を見直す

ここでは、それぞれのポイントを分かりやすく解説します。

対策①発信手段・電話サービスを見直す

発信者側で「表示圏外」が表示されないようにする1つ目の対策は、発信手段・電話サービスを見直すことです。

IP電話やSkypeなどのソフトフォンを利用している場合、相手側に「表示圏外」と表示される可能性があります。
そうならないよう、会社の電話番号が適切に通知されるサービスに切り替える必要があります。

具体的には、IP電話を使う際はプロバイダがナンバーディスプレイに対応しているかを確認します。
050番号の使用は信用度の面で課題もあるため、通信品質なども加味してサービスを選びましょう。

対策②発信者番号通知の機能を見直す

「表示圏外」の着信を防ぐ発信側の対策の2つ目は、発信者番号通知の機能を適切に設定することです。
発信者番号通知とは、自分の電話番号を相手に通知する機能のことで、この設定が間違っていると、相手側に「表示圏外」と表示されてしまいます。

通知の設定方法は、相手が加入電話かIP電話かで異なります
つまり、発信先の通信環境に合わせて、自社の電話番号が適切に通知されるよう、番号通知機能の設定を確認・調整することが大切になります。

社内の電話やビジネスフォンのご相談は『OFFICE110』へ

office110

社内の電話環境を見直して、電話業務の効率向上やコスト削減を図りたい場合は、ぜひ『OFFICE110』へご相談ください。

当社は、10万社を超える企業へビジネスフォンを提供してきた実績があります。
お客様一社一社の規模や業務内容に合わせて、ピッタリの機種や料金プランをご提案可能です。

年式の新しいビジネスフォンは、通話品質が向上し多機能で使いやすいのが特徴です。上手に活用することで、社内の電話業務が劇的に効率化され、余分なコストの大幅カットが期待できます。

当社では、ビジネスフォン選びからアフターフォローまで、トータルサポートをいたします。
電話環境に関するお悩みは、当社「OFFICE110」へお気軽にお問い合わせください。

「OFFICE110」お問い合わせフォーム

まとめ

ビジネスフォンで「表示圏外」が表示された場合、発信元の情報が分からないため注意が必要です。

表示圏外が表示される理由として、以下のようなケースが考えられます。

  • 国際電話や船舶からの着信
  • アナログ回線やIP電話サービスからの発信
  • ケーブルTV回線の発信

このような理由で表示圏外になる場合は、心当たりがあれば通常通り対応できます。
しかし、迷惑電話の可能性も否定できないため、油断は禁物です。

一方で発信側から見ると、番号が表示されないことで電話に出てもらえないリスクがあります。
そのため、スムーズなビジネスコミュニケーションを実現するには、適切な発信手段や番号通知設定が重要になるでしょう。

「表示圏外」について不明な点があれば、些細なことでも構いません。
「OFFICE110」までお気軽にご相談ください。専門スタッフがわかりやすく丁寧に対応いたします。

機種代も設置費用も完全無料!0円中古ビジネスフォン【OFFICE110】
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

日本全国スピード対応

ビジネスフォンのご提案・サポート可能エリア

当社では、新品・中古ビジネスフォンのご提案・保守サービスを提供しております。地域によって、サービス内容や訪問可能エリアが異なる場合がございます。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

ビジネスフォンのご提案・サポート可能エリア
北海道北海道(札幌)
東北青森・ 岩手・宮城(仙台)・秋田・山形・福島
関東茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・千葉・神奈川(横浜)
中部山梨・長野・岐阜・愛知(名古屋)・静岡
関西京都・滋賀・奈良・三重・和歌山・大阪・兵庫(神戸)
中国鳥取・岡山・島根・広島・山口
四国香川・徳島・愛媛・高知
九州福岡・佐賀・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

ビジネスフォン人気のお役立ち情報

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!