NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

ビジネスフォンを主装置なしで導入!2つの方法でコスト削減&効率アップ

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンを主装置なしで導入!2つの方法でコスト削減&効率アップ

ビジネスフォンを主装置なしで導入!2つの方法でコスト削減&効率アップ

「ビジネスフォンを主装置なしで導入する方法はあるの?」

そんな疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

ビジネスフォンは一般的には主装置が必須ですが、じつは主装置なしで導入する方法が2つあります。
それが今回ご紹介する「主装置内蔵型ビジネスフォン」「クラウドPBX」を利用する方法です。

ただし、それぞれを導入する際にはメリットやデメリットがあるため、導入前に自社のニーズに合うかどうかをしっかりチェックする必要があります。

そこで、本記事ではビジネスフォンの基礎知識を解説した上で、主装置なしでビジネスフォンの機能が利用できる「主装置内蔵型ビジネスフォン」と「クラウドPBX」について詳しく紹介していきます。

ビジネスフォンの導入を検討している方はもちろん、すでに導入されていてお悩みをお持ちの方も、ぜひご一読ください。

この記事の目次

  1. ビジネスフォンを主装置なしで導入!基礎から徹底解説

  2. 主装置なしで使えるビジネスフォン①主装置内蔵型電話機

  3. 主装置なしで使えるビジネスフォン②クラウドPBX

  4. ビジネスフォンを低コストで導入するならOFFICE110へ
  5. まとめ
登 雄三

監修者

登 雄三
(のぼり ゆうぞう)

保有資格:工事担任者(AI・DD総合種)/電気工事士

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

2010年設立「株式会社デジコンnet」の代表取締役。本社を構える神戸を中心に、全国各地でビジネスフォン・複合機・防犯機器などのOA機器の販売や電話工事、電気工事、LAN配線工事、VPN構築を主に手掛ける。2023年には名古屋へ拠点進出。

ビジネスフォンを主装置なしで導入!基礎から徹底解説

「ビジネスフォン」とは、内線機能や外出時の自動応答などビジネス用途に必要な機能を搭載した電話機のことです。
おもにオフィスや店舗などでは一般的に家庭用電話機ではなく、ビジネスフォンが利用されます。

ここからは、ビジネスフォンの仕組みや主装置の役割、家庭用電話機との違いなど、ビジネスフォンの基礎知識について詳しく解説します。

ビジネスフォンの仕組みと主装置の役割

ビジネスフォンの仕組み

ビジネスフォンは「電話機」「主装置」で構成されています。

主装置とは、外部からかかってきた電話を電話機に振り分けたり、電話機同士の内線機能を制御したりする機能を持つ機器のことです。
その主装置はビジネスフォンの機能の大半を管理しており、非常に重要な役割を果たしています。

また、主装置には複数のスロットと呼ばれる差し込み口があり、「ユニット」と呼ばれる基盤のようなものを装着することにより内線番号を付与したり、電話機の機能を追加したりできます。

主なユニットの種類とそれぞれの役割は以下のとおりです。

  • 外線ユニット:外線の発信や着信の機能を制御する
  • 内線ユニット:内線を管理・接続する
  • 電源ユニット:各ユニットや電話機に電源を供給する
  • 拡張ユニット:留守番電話や通話録音などの便利機能を追加で搭載する

ビジネスフォン導入時に、「使用する電話回線」「電話機の導入台数」を業者にヒアリングされる場合があります。理由としては、これらのユニットを明確にし、必要な主装置の種類や価格を適正に提示するためです。

ユニットについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参照してください。

ビジネスフォンのユニットとは?仕組み・種類・注意点【初心者向け】

ビジネスフォンと家庭用電話機の違いとは?

ビジネスフォンと家庭用電話機の1番の違いは主装置の有無です。
家庭用電話機には主装置がなく、基本的に1つの電話機に対して電話回線が1本だけつながれています。

そのため、ほかの電話に出ているときに着信があった場合は話し中になってしまいます。
もし、家庭用電話機をビジネスシーンで使用した場合、顧客は不快な思いをしてしまうかもしれません。その結果、会社としても大事なビジネスチャンスを逃してしまう可能性もあるでしょう。

また、家庭用電話機で留守電やFAX機能を使える場合でも、電話回線が1本しかないため、FAXを受信している最中は電話をかけることができず、機能的にも不便です。

その点、ビジネスフォンは主装置によって複数の着信に同時に対応したり、電話をかけたりできます
さらに、オフィス内の遠い場所から内線での連絡も可能でなので、外部からの電話を担当者に転送できます。

ただし高機能な分、主装置の設置が必要になることで、家庭用電話機よりも費用は高くなってしまいます。
したがって、事業規模や使用したい機能を考慮の上、導入の有無を検討しましょう!

ビジネスフォン(電話機+主装置)の価格相場

ビジネスフォンには主装置が必須となるため、家庭用電話機と比較すると費用が割高になってしまいます。

具体的なビジネスフォンの導入費用の相場は、以下の通りです。

【ビジネスフォン導入費用の相場】

電話機代 中古の場合:1万~3万円
新品の場合:3万~6万円
主装置代 中古の場合:1万~5万円
新品の場合:10万~20万円
工事費 電話機1台あたり1万~2万円

導入費用の合計で考えると、電話機10台規模のビジネスフォンを導入する場合、中古ですべてそろえても約20万~約55万円、新品でそろえると約50万~約100万円の費用がかかってしまいます。

ビジネスフォンを設置する際には、電話機と主装置だけ用意すれば自分で設置できるわけではありません。
設置には「工事担任者」の資格を持った専門の技術者が必要であり、彼らが工事を監督または施工するため、機器代の他に工事費が必要になります。

ビジネスフォンでも主装置なしで使えるタイプがある!

一般的にはビジネスフォンを導入する際には主装置が必要であり、そのために機器代や工事費などの費用がかかってしまいます。

しかし、実は主装置なしで利用できるビジネスフォンが2種類存在します。

  • 主装置内蔵型ビジネスフォン
  • クラウドPBX

「主装置内蔵型ビジネスフォン」とは、文字どおり電話機内に主装置を内蔵した機器のことです。

接続台数や機能は外付けほどではないものの、主装置の機器代金や設置工事が不要なため、コストを抑えて導入できます。
そのため、電話機の導入台数が少なく、コストを抑えたい企業は主装置内蔵型がおすすめです。

一方、「クラウドPBX」とは主装置をクラウド上に構築し、インターネット回線を利用してビジネスフォンの機能を使用可能にしたサービス。

インターネット回線を利用することで、離れた拠点同士で内線通話や、テレワークや外出中でも会社の番号で発着信が可能になります。
したがって、複数拠点を持つ企業や、営業やテレワークで従業員がオフィスにいないことが多い企業におすすめです。

主装置なしで使えるビジネスフォン①主装置内蔵型電話機

「主装置内蔵型電話機」とは、主装置を電話機に内蔵したビジネスフォンのことです。
これにより、主装置なしでも内線や外線を制御することができます。

ここからは、主装置内蔵型電話機を導入するメリット・デメリットについてご紹介していきます。

主装置内蔵型ビジネスフォンのメリット

従来のビジネスフォンは主装置が必須であったため、機器代金や設置のための工事費用が発生していました。
しかし、主装置内蔵型ビジネスフォンであれば、主装置本体の費用が不要のため、導入費用を抑えられます。

さらに、主装置内蔵型ビジネスフォンを導入することで主装置を置くスペースが不要になり、オフィスの空間に余裕が生まれ、快適なオフィス環境を実現できるでしょう。

また、ビジネスフォンは家庭用電話機と異なり、1つの回線で複数の電話機で同時に通話が可能です。
これにより、ビジネスチャンスを逃すことなく対応できるだけでなく、顧客満足度も向上にもつながるでしょう。

このように主装置内蔵型ビジネスフォンは、店舗兼住宅を構えている事業者や社員数が少ないスタートアップ企業におすすめです。

主装置内蔵型ビジネスフォンのデメリット

主装置内蔵型ビジネスフォンは、主装置の外付けタイプに比べて性能がやや劣る部分があります。
とくに、従業員数が多い企業や増員を予定している企業は以下の点を踏まえて、導入をするべきかを慎重に検討しなければなりません。

  • 接続台数が外付けの主装置に比べて少ない。(例:NTTの「αB1」では最大8台までしか接続できない。)
  • 着信がやや遅く、話すまでにタイムラグがあることがある。
  • 主装置内蔵型では、一般的なビジネスフォンの機能が使えない場合がある。

たとえば、従業員数が多い企業では着信の遅延や通話のタイムラグが生じることで、顧客とのコミュニケーションが円滑に行えなくなる可能性があります。

また、将来的な増員を予定している企業は、接続台数が限られている主装置内蔵型ではニーズに対応できないかもしれません。

このように主装置内蔵型ビジネスフォンは、従業員数が多い企業や増員を予定している企業には適さない場合があるので、自社のニーズや必要な機能が搭載されているかを事前に確認が必要です。

電話回線の新設・増設完全代行!工事費業界最安値【OFFICE110】

おすすめの主装置内蔵型ビジネスフォン2選

ここからは、おすすめの主装置内蔵型ビジネスフォンを2つご紹介します。

現在、2機種とも新品は販売終了していますが、中古では販売されています。

弊社「OFFICE110」でも取り扱っておりますので、導入をご検討の際はぜひご相談ください。

おすすめ①αB1(NTT)

中古価格 1万4,080円~
新品価格 26万円~

NTTの「αB1」は、小規模事業所にはオーバースペックになりがちな機能をなくすことで、ビジネスに必要な機能は兼ね備えつつも低コストを実現。

また、電話機の種類は1つではなく、カールコードレス電話機・留守番停電電話機・アナログコードレス電話機・ディジタルシステムコードレス電話機などがあり、オフィスのニーズに合わせた種類を選べます。

ボタンやディスプレイが大きく、操作性が高いのでシニアの方でも視認性が高く、誤操作しにくいと評判を集めています。

現在発売されている主装置内蔵型のビジネスフォンとしては、もっともスペックの高い機種なので、主装置内蔵型ビジネスフォンで迷われるならαB1がおすすめです。

おすすめ②BXⅡ(NTT)

中古価格 6,000円~
新品価格 26万円〜

NTTの「BXⅡ」にはさまざまな特徴がありますが、その中でも豊富な転送機能が1番のメリットです。

社内で受けた電話を携帯電話に転送できる「応答後転送」、1つ目の転送先が応答しなかった場合に次の電話に自動で転送する「順次転送」など、計6種類の転送機能が使用できます。
これにより、電話応対や取次業務を効率的に行えるでしょう。

また、防水加工が施されているため、クリニックや飲食店、工場などでも安心して利用できます
もし手が濡れているときに電話がかかってきても、気にせず電話応対可能です。

また、本体カラーは2色あり、さらに着せ替えできるカバー(シルバー・ダークシルバー・オレンジ)もあるため、電話機をオフィスの雰囲気に合わせられるのもメリットです。

水回りの業務が多い方や、外出が多く転送する機会が多い方におすすめの機種です。

主装置なしで使えるビジネスフォン②クラウドPBX

「クラウドPBX」とは主装置をクラウド上に構築し、インターネット回線を通して主装置にアクセスすることで、ビジネスフォンの機能が利用可能になる最新の電話システムのことです。

物理的な主装置がない点では主装置内蔵型ビジネスフォンと同じですが、クラウドPBXは主装置がクラウド上にあることで、機能が格段に増えています。

ここからは、クラウドPBXを導入するメリット・デメリットについて解説します。

クラウドPBXのメリット

クラウドPBXには、従来型のビジネスフォンにはないメリットが多数あります。

  • 社外にいても会社の電話番号で発着信できる
  • 場所を問わず社員同士は無料で内線通話ができる
  • 主装置の設置が不要なため、導入コストを安く抑えられる
  • 大がかりな設置工事が必要ないため、スピーディに納品できる
  • 増設や移設の際の手間・負担が少ない

上記の特徴やメリットにより、テレワークや在宅勤務制度などとの相性が非常によいこともクラウドPBXの大きな特徴です。

高速インターネット網の利用が一般的になり、従来以上に音質が安定していることから、クラウドPBXは多くの企業から注目されています。

クラウドPBXのデメリット

クラウドPBXには以下のデメリットがあります。

  • インターネット環境によっては通信が安定しない
  • 利用料として毎月定額のコストがかかる
  • サービスによっては電話番号が引き継げない
  • 市外局番の電話番号が取得できないことがある

導入コストが安くなることや、場所を問わず内線が無料になることなどから、コストの増減については使い方やプランの選び方などによってメリット・デメリットのどちらが大きくなるかを判断するとよいでしょう。

また、インターネット環境の確認や音質などについては、どの業者を導入するかによって左右される項目です。

おすすめのクラウドPBXサービス2選

クラウドPBXはサービスによって通話品質や月額料金、電話番号引き継ぎの可否などが大きく異なるため、サービス選びが非常に重要になります。
しかし、多数のサービスが展開されているため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いはずです。

そこで、ここからはおすすめのクラウドPBXサービスを2つご紹介します。

おすすめ① 「OFFICE PHONE」

初期費用 無料(キャンペーン適用時)
月額料金 ・月額基本料金:3,400円~
・ライセンス料金:98円~
オプション料金(月額) ・通話録音機能:1,000円
・クラウド勤怠管理システム:200円
・ネットFAX:無料
・CTI(顧客情報表示):無料

「OFFICE PHONE」は、低価格と高い機能性のバランスが取れた、コストパフォーマンスに優れたクラウドPBXです。

月額料金は1端末98円~、市内通話3分8円と外線通話料が一般的な通信会社よりも安く、ランニングコストが低いのが魅力です。
もちろん導入時の大掛かりな工事も必要ないため、導入コストも抑えられます。

また低価格であるにもかかわらず、従来のビジネスフォンと同等以上の音質を実現。
FAX機能・通話録音機能・クラウド勤怠管理システムなど、多くの便利なオプション機能を備えているのも特徴です。

「OFFICE PHONE」では無料トライアルを実施しているため、使い勝手や通話品質などを導入前にチェックできるのもメリットです。

「OFFICE PHONE」は、低価格・高機能とコストパフォーマンスに優れているため、「コストを抑えたい」「業務効率もしっかり改善したい」とお考えの方に最適なサービスです。

さらに「OFFICE PHONE」では、いまだけ初期費用が0円になるキャンペーンを実施中です!ぜひこの機会にお得にクラウドPBXを導入しましょう。

おすすめ② 「モバビジ」

初期費用 無料~
月額料金 ・月額基本料金:4,950円(初月無料)
・アプリ使用料金:385円/1台
(※「スタンダードSプラン」の場合)

「モバビジ」は、音声品質の向上に力を入れているクラウドPBXです。

従来のサービスとは異なり、独自の回線を利用しているため音声品質が非常に高く、通話中にノイズが入ったり途切れたりすることがほとんどありません。

またWi-Fi環境下でも通話品質が維持されるように、LTE優先制御を採用しているため、高い通話品質を提供しています。
これらのことから、音声通話品質において、総務省判定基準で最高の「クラスA」を獲得しています。

さらに「モバビジ」は初月の月額費用がかからないため、導入の負担が心配な方でも利用しやすいクラウドPBXといえるでしょう。

ビジネスフォンを低コストで導入するなら「OFFICE110へ」

office110

「ビジネスフォンを導入したいけど、コストの面が心配……」
「どのタイプのビジネスフォンを選ぶのがベストなのか決められない……」

こんなお悩みをお持ちの方は、「OFFICE110」へご相談ください。

「OFFICE110」は、複合機やビジネスフォンなどのオフィス機器の販売、設置工事を行っている企業です。
通常のビジネスフォンはもちろん、主装置内蔵型やクラウドPBXも提供しております。

これまでの取引件数実績は12万社以上を誇る弊社では、OA機器プロのスタッフがお客様に分かりやすいように専門用語は使わず、親身になってヒアリングし、最適なご提案をいたします。

自社に必要な機能が備わっているビジネスフォンをできるだけ低コストで導入したい方は、数多くの販売実績と専門知識豊富なスタッフが在籍する「OFFICE110」にお任せください!

まとめ

ビジネスフォンを導入するには「主装置」と「電話機」の2つが必要ですが、主装置なしでも導入する方法はあります。

その方法は、主装置内蔵型ビジネスフォン・クラウドPBXのいずれかを導入することです。

「主装置内蔵型ビジネスフォン」は、接続台数や機能は外付けほどではないものの、主装置の機器代金や設置工事のコストを抑えて導入できます。

そのため、電話機の使用台数が少なく、コストを抑えたい企業は主装置内蔵型がおすすめです。

一方、「クラウドPBX」はクラウド上の主装置を利用することで、離れた拠点同士で内線通話や、テレワークや外出中でも会社の番号で発着信ができます。

したがって、複数の拠点を持ち、従業員がオフィスに滞在しないことが多い企業や営業、テレワークを行う企業に向いています

「自社に合うビジネスフォンが決められない」「コストを抑えて導入したい」とお悩みの方は、多数の販売実績を誇る「OFFICE110」にお任せください。

専門知識豊富なスタッフがお客様の状況などをヒアリングしたうえで最適なご提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

機種代も設置費用も完全無料!0円ビジネスフォン【OFFICE110】
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!