ビジネスフォンや主装置が故障した?トラブルが発生したときの対処法

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンや主装置が故障した?トラブルが発生したときの対処法

ビジネスフォンや主装置が故障した?トラブルが発生したときの対処法

ビジネスフォンは家庭用電話機の仕組みとは異なり、「主装置」という機器が必要になります。

仕事をしているとき、通話ができない、または雑音が入るなどのトラブルが発生することもあります。
そんなトラブルが発生したとき考えられるのは、ビジネスホンや主装置の故障。

でも、素人ではどこが故障しているのか判断は難しいものです。
そこで今回は、ビジネスフォンの仕組みと、トラブルが発生したときの故障個所の判別やその対処法をご紹介いたします。

▼目次

まずはビジネスフォンの仕組みを理解しておこう

電話のトラブルが発生したとき、どの部分が故障したのか判別するためには、基本となるビジネスフォンの仕組みは理解しておく必要があります。

NTTなどの電話回線の引き込み口と、最初に接続するのが「主装置」。
主装置とは、外線と内線、または内線間を繋ぐ小型の交換機。
回線を複数の内線電話機で共有し、交換切換えの役割や電話帳の番号データなども記憶する重要な機器になります。

次に、そのままではビジネンホン用のモジュラーケーブルが接続できないので、モジュラーケーブルを接続するために「ローゼット」が必要。
ローゼットとは、主装置からの配線を各内線電話機に分岐するための小型の機器になります。

最後に、「機ヒモ」とよばれるモジュラーケーブルと各内線電話機を接続すれば外線・内線の発着信ができるようになります。

つまり、「電話回線の引込口 → 主装置 → ローゼット → モジュラーケーブル → ビジネスホン」、というのが一般的な仕組みになります。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

ビジネスホン?主措置?故障・トラブル個所の判別と対処法

まず、ビジネスフォンを利用しているときのトラブルとして、

  • 電話の発着信ができない
  • ビジネスホンの液晶モニタが写らなくなった
  • 通話中に雑音が入る

と、大きくこの3つの症状が発生しています。
その際、1台のみなのか、2台以上の複数台なのか、全ての電話機なのかによって故障個所や対処法に違いがあります。

トラブルが1台のみの場合

すべての症状に当てはまりますが、1台のみにトラブルが発生したときは、まず電話機のモジュラーケーブルがしっかり接続されているのか確認してください。その際、ケーブルに欠損や断線の有無を確認して、もし断線していれば交換する必要があります。

また、それでも原因が分からないときは、受話器を置いた状態で「主装置」の電源をOFF。5分程度待って電源を入れ直してください。多くの症状はこの操作で解消されるはずです。

トラブルが複数台の場合

症状が複数台で発生するときは、主装置からローゼットへのケーブルの断線、もとくはローゼット自体が壊れている可能性があります。

このようなケースでは、素人では復旧は難しいので、専門工事業者に依頼する必要があります。

全ての電話機でトラブルが発生する場合

全ての電話機でトラブルが発生するときは、ほぼ主装置もしくは回線側に問題があると考えておきましょう
先程もご紹介した通り、受話器を置いた状態で「主装置」の電源をOFFにして、5分程度待って電源を入れ直してください。

それでも症状が改善されないときは、主装置の故障、もしくは主装置の中に入っているユニットの故障・データ設定の不備が考えられます。
また、電話回線に問題が発生しているケースもあるので、回線業者に連絡して障害がないかを確認してみましょう。

工事が必要なときの復旧時間と費用

すべてのトラブルで、症状が改善されないときは、専門の工事業者に依頼する必要があります。

一般的な工事業者では、主装置などの機器の交換がなく復旧工事だけで済むときは1~2営業日。しかし、部品の交換や主装置(PBX)本体の交換が必要な場合、10営業日以上かかるケースがあります。

費用については、保守契約を結んでいる・結んでいないで大きく変わってきます。
保守契約を結んでいれば、基本的に費用はかかりません。ただし、工事担当者の派遣費用などが必要なこともあるので確認が必要です。

次に、保守契約を結んでいないときは、最低でも派遣費用などで数万円、もし部品交換や主装置(PBX)本体の交換が必要な場合は数十万円の費用がかかるケースがあります。

ビジネスフォンの保守契約は、基準を設けて保守契約を結ぶ業者もあれば、故障したときのみ対応している業者など、対応が異なります。そのため、ビジネスフォンを現金もしくはリースで購入したとき、保守やアフターサービスについてはしっかり確認しておくのが重要です。

まとめ

今回は、ビジネスフォンや主装置の故障などのトラブルについて説明いたしました。

ちなみに、ビジネスフォンや主装置にも耐用年数があるのはご存知ですか?

どちらも基本的に「物」なので、大切に扱っていてもいつかは壊れてしまうものです。ビジネスフォンや主装置は耐用年数6年と定められています。ただし、あくまで耐用年数なので、使い方で短くなったり長くなったりはしますよね。

そこで、電話をしている最中に、何かトラブルが発生したときは、発生している台数に注目。1台のみならモジュラーケーブルの断線、複数台ならローゼットなどの故障、全ての電話機なら主装置・電話回線というように、トラブルが発生するケースで発生個所や対処法に違いがあることは認識しておきましょう。

また、弊社OFFICE110では、まずはヒアリングや訪問日の日程調整をさせていただき、一度現地に工事人を派遣させていただき原因を調べてから復旧工事を行っております。

その他にもビジネスフォンの導入や電話回線などご不明な点がありましたら、お気軽に電話もしくはメールにてお問い合わせください。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い

クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
無料お見積り