ビジネスフォンの保守契約の種類と費用は?メンテナンスとの違いも解説

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンの保守契約の種類と費用は?メンテナンスとの違いも解説

ビジネスフォンの保守契約の種類と費用は?メンテナンスとの違いも解説

この記事を読むと
  • ビジネスフォンの保守契約の種類
  • 保守契約を結ばないときの修理費用
  • 保守とメンテンナンスの違い

について詳しくわかります。

ビジネスフォンの導入を検討しているのですが、保守契約について詳しく知りたいです。種類もいくつかあり、どれが良いのか悩んでいます。
お問い合わせありがとうございます。保守契約は、故障や回線トラブルなど万が一の保険というようなイメージです。保守契約の種類によっても毎月支払う保守料金が異なります。
なるほど。保守契約はビジネスフォンを安心して使い続けるには必須ということですね。
その通りです。ビジネスフォンを導入する場合には知っておきたい知識なので、よろしければ保守契約の種類や保守料金についてご案内いたします。
よろしくお願いします!
この記事の目次
  1. ビジネスフォンの保守サービスの種類
  2. ビジネスフォンの保守サービスの費用
  3. 保守契約を結んでいないと修理費用は高くなる?
  4. 保守とメンテナンスの違いはなに?
  5. 「OFFICE110」なら導入後のアフターフォローもバッチリ!
  6. まとめ

ビジネスフォンの保守サービスの種類

ビジネスフォンが故障した際に便利な保守契約ですが、3つの種類があります。

  • 定額保守契約
  • スポット保守契約
  • 災害時サポート

それぞれの保守契約の種類について順番に解説していきます。

1-1.定額保守契約

定額保守契約とは、毎月一定の保守料金を支払うことで、故障時に無料で修理を行うことができる保守契約です。

契約内容は、販売店ごとによって様々ですが「最低限の保守を行なうコース」「定期的なメンテナンスを含んだ保守」といった感じにいくつかのコースを用意している場合もあります。

1-2.スポット保守契約

スポット保守契約とはビジネスフォンが「故障したとき」「更新作業が必要な時」といった具合に、何かあった時にその都度連絡を行なえば対応してくれる保守契約です。

しかし、定額保守契約とは違い、故障したときの修理費用は、その都度精算する必要があります。
そのため、毎月の保守料金は比較的安くなっています。

販売店によっては、連絡を行なえば点検も行なってくれる場合もあります。

スポット保守契約で定期的な保守サポートを行なってくれるか否かは、契約前にしっかりと確認しましょう。

1-3.災害時サポート

災害時サポートとは、地震・火災・落雷などの自然災害が原因で、ビジネスフォンが故障した時に対応してくれる保守契約です。

定額保守契約やスポット保守契約より、保守料金が高めに設定されていることが多いですが、自然災害が原因で多い故障に「落雷」があります。

保守契約の内容は、販売店によって全く異なりますが「定額保守契約」や「スポット保守契約」では、自然災害で発生した故障には対応してもらえない場合もあるのです。

料金が、他の保守契約より高くはなりますが、用意されている場合は災害時サポートには加入しておくのがおすすめです。

落雷が原因で故障した場合、どんな症状がありますか?
落雷が原因で、過電流が電話回線を伝わり電気系統をダメにすることがあります。そのため、主装置の故障や、ビジネスフォン本体が故障して使いものにならないこともあります。
ビジネスフォンが使えないと、電話対応ができないので機会損失が計り知れないですね…。
その通りです。また、自社オフィスに落雷して機器が故障することもありますが、落雷による多くの故障原因は、高圧電流が電話回線を伝わって流れてくる誘導雷が原因です。
建物に直撃しなくても、壊れる可能性が十分高いということですね。
そのため、落雷対策機器を導入することも大切ですが、自然災害時の保守契約があるなら、契約を結ぶことをおすすめします。

ビジネスフォンの保守サービスの費用

保守サービスで支払う月額料金は、契約内容や契約会社によってバラバラです。
また「主装置のサイズ」+「導入端末の台数」で保守金額も変わってきます。

例えば、10台程度の電話端末を収容できる「小さめな主装置」の場合だと「2,000円~3,000円+導入している電話台数1台/100円~300円」というような感じで、毎月の保守料金は3,000円~6,000円ほど必要になります。

また、販売店によってはAコース・Bコースという感じで、保守料金に応じてビジネスフォンの保守内容が変わることもあるため、契約前に「金額」「契約内容」をしっかりと確認しておきましょう。

ところで素朴な疑問ですが、ビジネスフォンは普通に使う分には、丈夫で壊れにくいと聞きました。災害サポートには念のため入る意味があると思いますが、その他の保守契約は必要でしょうか?
確かにビジネスフォンは、丈夫で故障も少ない製品です。しかし、機械であるため「ある日突然」ということもあります。万が一の時、保守契約を結んでいない場合の修理費用についてご紹介いたしますね。

保守契約を結んでいないと修理費用は高くなる?

保守契約を結べるのに結ばないのは、修理費用だけではなく機会損失を招く可能性もあるため、トータルでみると高くついてしまいます。

保守契約を結んでいないと修理や何かトラブルが発生した場合、その都度費用を支払う必要があります。

修理費用などは、ビジネスフォンの症状によっても変わりますが、25,000円~35,000円ほどが目安です。

内訳は次のようになります。

  • ビジネスフォンの修理費用に約10,000円~20,000円
  • スタッフの派遣費用として約15,000円

万が一、主装置が故障した場合、ユニットの交換だけで済めば10,000円~20,000円ほどの修理費用で対応できるかもしれませんが、場合によっては数十万円の修理費用が発生する可能性もあります。

しかし、保守契約を結んでいれば、修理費用が無料もしくは割安で修理を行なうことができます。

他にも、保守契約を結んでいるお客様が優先されることもあるため、混み合い状況によっては対応が遅くなるというデメリットもあります。

「修理できるまで電話が使えない」という機会損失のことも考えると、保守契約を結べるのに結ばないというのは、ビジネスチャンスまで逃してしまうことまで踏まえると高くつくかもしれません。

確かに、故障したときすぐに対応してもらえないと困りますね。
電話が繋がらないと、会社の信頼も傷つける可能性もあります。保守契約は万が一の保険として考え、定期保守契約にはできる限り契約することをおすすめします。
導入時は、しっかりと確認して検討するようにします。ところで色々な販売店をみると、保守契約とは別に定期メンテンナンスサービスというのがあります。保守とメンテナンスって名前が違うだけですか?
一応違いがあります。つぎにメンテナンスと保守の違いについてご説明いたしますね。

保守とメンテナンスの違いはなに?

保守とメンテナンスの違いを一言でいうと「作業を行なうタイミング」の違いになります。

  • 保守は不都合が発生した時
  • メンテナンスは不都合が起きる前
保守契約と定期メンテナンスはしっかりと違いがあるのですね。
しかし、保守とメンテナンスを厳密に使い分ける販売店は少ないため、保守契約の内容に定期メンテナンスが含まれていることもあります。
保守とメンテナンスの使い分けは、販売店によって様々ということですか?
その通りです。ここでは、一般的な保守とメンテンナンスの作業内容の違いについて解説しますね。

4-1.保守は「機器の修理」をして正常な状態を保つこと

ビジネスフォンにおいての保守は、不都合が発生した時に修理などの対応を行なうことです。

修理して正常な状態を保つという意味になります。

対応する修理内容は「1、ビジネスフォンの保守サービスの種類」でお伝えしたように、保守契約の種類や、契約内容によって異なります。

契約後に「対応してもらえなかった」となれば、トラブルの原因にもなってしまいます。
保守契約を結ぶ前にしっかりと契約内容を確認して、契約を行なうようにしてください。

4-2.メンテナンスは機器の点検を行なうこと

メンテナンスは、不都合が発生する前に点検を行ない、機器を正常な状態に保つことが目的です。

主な点検する箇所は、次のような部分になります。

  • ビジネスフォンの動作チェック
  • ビジネスフォン・カールコードなどの配線に断線や異常がないかの確認
  • ビジネスフォンや主装置の清掃
  • データのバックアップ作業 など

メンテナンスを行なう内容も保守契約同様に、契約内容によって異なります。

また、定期メンテナンスで修理が必要な個所があった場合は、別途修理費用を請求されることもあるので、契約内容をしっかりと確認する必要があります。

繰り返しになってしまいますが、販売店によっては保守契約に定期メンテナンスが含まれているケースもあります。厳密にメンテナンスと保守を分けているか否かは販売店次第です。
ビジネスフォンを導入後に快適に使い続けるためにも、保守やメンテナンス契約の確認は必須ですね。ところでOFFICE110さんの方では保守やメンテナンスなど、アフターフォローは充実していますか?
もちろんでございます。徹底したアフターフォローでお客様が安心・安全にビジネスフォンを使えるようなサポートが充実しています。また、当社ではビジネスフォン導入時もお得になるキャンペーンもご用意しております。

「OFFICE110」なら導入後のアフターフォローもバッチリ!

当社では、ビジネスフォンの全メーカー部品を豊富に取り揃えています。そのため、緊急時でも当日対応というスピーディーな対応が可能です。
「OFFICE110」なら導入後のアフターフォローもバッチリ!
当日対応は万が一の時でも心強いですね!ん?別の販売店で購入したビジネスフォンもサポート可能なんですか?
もちろんでございます。私どもはビジネスフォンを快適に使い続けてほしいという想いがあります。そのため、万が一故障が発生した場合は、当社で購入した・していないに関わらずサポートさせていただきます。
頼りになりますね。そういえば、僕の知り合いにメーカーへ修理を依頼した時、現行品でないため修理ができない。と断られたそうです。そのようなビジネスフォンも修理可能ですか?
もちろん可能です。先ほどお伝えしましたが、当社ではビジネスフォンの全メーカー部品を豊富に取り揃えています。そのため、現行品ではない古いビジネスフォンでも修理することが可能です。
本当に全てのビジネスフォンを修理できるというわけですね。
はい。全メーカー問わず全てのビジネスフォンの修理対応が可能です。また、ビジネスフォン以外にも、別途料金になりますが、日常業務や自社の利益率向上をフォローする01サポートというサービスもご提供しています。
日常業務や自社の利益率向上をフォローする01サポート
01サポート…。コンサルティングのような感じでしょうか?
はい。IT技術を活用した効率的な業務を提供して、人件費の削減や利益率上昇などのノウハウをご提供しています。また、日常業務で発生するネット関連のトラブルや、業務で使用するソフトの使い方のレクチャーなども行なっています
01サポートを利用することで、開業時の不安も消えそうですね。
「01サポート」を利用して業務効率は130~300%向上。利益率が2倍となり人件費が50~70%削減できたという喜びの声も頂いております。
ビジネスフォン導入時に一緒に検討してみます!ところでOFFICE110さんは導入時もお得なキャンペーンがあるって言っていましたよね?どんなキャンペーンがあるか知りたいです。
はい。当社ではビジネスフォンだけではなく、複合機などオフィスに必要な機器をお得に導入することができます。人気が高いキャンペーンは次のようなものです。
  • ビジネスフォンまるごと0円キャンペーン
  • W超得ゼロ円キャンペーン
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • 買い替え割50%OFF

キャンペーン一覧をもっと詳しくみる

0円というキーワードがありますが、無料でビジネスフォンが導入できるということですか?
その通りです。例えば、ビジネスフォンまるごと0円キャンペーンの場合だと、当社指定の電話回線へご加入いただくことで、ビジネスフォンを何台導入しても無料になります。
ビジネスフォンを無料で導入できるだけではなく、アフターフォローも充実しているとはすごいですね…。
よろしければ、導入時はぜひご検討ください!またキャンペーンについてもっと詳しく知りたいという場合は、いつでもお問い合わせください。
office110お問い合わせ

まとめ

ビジネスフォンの保守について要点をまとめました。
  • 保守には3種類あり、契約内容によって故障時の対応が違う
  • 保守契約を結ばない場合、修理代が高くなる可能性がある
  • 保守は修理して正常な状態を保つこと
  • メンテナンスは故障しないように事前に点検すること
  • 販売店によっては保守とメンテナンスが混同していることもある。契約内容をしっかりと確認する
今回はありがとうございました。ビジネスフォンを導入した後の保守契約の必要性が知れてよかったです。
ありがとうございます。ビジネスフォンは故障が少ない製品ですが、万が一故障した場合の損害は、修理費用だけではありません。保守契約を提供されているのなら契約を結ぶのがおすすめです。
はい!ビジネスフォンを導入時にまたよろしくお願いします!
クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!