不要なビジネスフォンの撤去 ベストな方法とは?

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

不要なビジネスフォンの撤去 ベストな方法とは?

不要なビジネスフォンの撤去 ベストな方法とは?

ビジネスフォン(ビジネスホン)が不要になったとき、撤去工事が必要になります。
ビジネスフォンの撤去工事は、配線の複雑さやPBXという専用の機器があることなどから、どのように手を付けてよいかわからない方も多いのではないでしょうか?インターネット回線との区別がつかないという方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事では、できるだけ費用負担を抑えて安全にビジネスフォンを撤去できる方法について案内します。

▼目次

パターン別ビジネスフォン撤去方法

リース契約の満了や事務所の移転、設備の入れ替えなどにより、使用中のビジネスフォンが不要になる際には撤去が必要です。
ビジネスフォンは契約方法によって撤去の仕方が異なります。

購入品のビジネスフォンの場合

購入品のビジネスフォンの場合は、原則としては使用者自身で撤去を行う必要があります。とはいえ、専門家ではない一般の使用者にとっては、小規模なオフィスでさえ非常に複雑でややこしい作業です。誤った作業によって社内のシステムに重大なトラブルが発生しないとも限りません

費用は発生しますが、撤去工事の業者に依頼することが無難です。

また、取り外し後の電話機についてもご自身での廃棄処分が必要です。産廃業者に依頼をした場合、ビジネスフォンの廃棄は処分料が発生します。

リース契約のビジネスフォンの場合

リース契約時の契約書の契約内容について確認してください。
一般的には、使用者自身で回収しリース会社に返却、あるいは廃棄と規定されていることが多いかと思います。この際に、撤去工事にかかる費用や産廃費用は使用者負担となる場合が多いです。

また、廃棄の際には産廃業者から廃棄証明書が発行されます。取り決めの上廃棄を行う際には、リース会社に廃棄証明書を送付する必要があります。

クラウド型PBXの場合

自社にPBXを置かないクラウド型のビジネスフォンサービスを利用中の場合は、電話機をLAN回線から抜くだけの作業で済みますので工事業者の手配は必要ありません

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

自己負担で撤去する際にベストな方法

ビジネスホンを自己負担で撤去する際には、できるだけ手間も費用負担も小さくしたいものですね。
どのような方法が考えられるか、考えてみましょう。

新たにビジネスフォンを購入(リース)契約する場合は、販売業者に

撤去した後に、新たにビジネスフォンのリース契約や購入をする場合は、契約するビジネスフォン販売業者に相談するのがベストな方法です。

元々利用していた電話機の業者で新たにリースを組む場合でも、別の業者にリースを依頼する場合でも、リース契約に伴って古い電話機の回収についてはサービスで実施してもらえるケースが多いです。

また、そのような場合は不要な電話機の回収もそのまま行ってもらえる場合がほとんどなので手間も大きく軽減されます。
ビジネスホン販売業者は普段電話機の設置作業を行っているので、技術的な面でも最も安心してお任せできるのではないでしょうか?

またビジネスフォン販売業者のほとんどは、中古販売を行っているので不要になったビジネスフォンの下取りをしてくれます。PBXの型式や電話機の状態、台数などによって下取り額は変わりますが有償で処分するくらいならば、少しでも値段が付いた方が嬉しいことは言うまでもありませんね。

逆にいえば、購入(リース契約)予定のビジネスフォン販売業者から撤去に関しての対応が不親切な場合は、契約を再考するのも選択肢の一つです。

ビジネスフォン購入(リース)を伴わない場合も販売業者がおすすめ

自身でビジネスホン撤去作業を行えば、撤去費用はかかりません。しかし、作業時間を取られてしまう他、誤った作業をしてインターネット回線を切断してしまうなどのトラブルを発生してしまうケースが生じる可能性もあります。

業者に依頼した場合は、費用が発生してしまいますが、よほど設備に自信がある方や、電話機1、2台のみの小規模なオフィスを除いては工事業者に依頼をする方が無難です。
そして、ビジネスフォンがリース品ではなく買取品だった場合はビジネスフォンの下取りの見積もりも併せて依頼しましょう。

業者の選び方としては、ビジネスフォンの販売、設置を行っている業者がオススメです。特に実績が豊富で、売れていそうなビジネスフォン販売業者がよいでしょう。その理由は、以下の2点です。

1、 実績が豊富で販売台数が多いことから、多くの設置作業を行った実績があり工事作業のレベルが高いことが多い
2、 よく売れる販売店ほど、中古のビジネスホンを高く買い取ってくれる傾向がある

ビジネスフォンの撤去については現地の下見も必要なので複数の業者に見積もりを取ることは負担になりますが、できれば3社くらい見積もりを取って、金額に納得して依頼を行いたいものですね。

リース契約品のビジネスホンは、下取りできないので注意してください

下取りのみを行っている業者も

購入品の場合、中古のビジネスホンの下取り専門業者もあります。それだけビジネスフォンの流通量が多く、需要があるということですね。
インターネットで検索をすれば複数の業者がヒットすると思いますので、下取り業者に見積もり依頼をしてみるのも良いでしょう。

電話機やPBXの型番や写真のみで査定を行ってくれる業者もありますので手軽に見積もりを依頼することができます。
撤去工事の業者にまとめて下取りを行ってもらった方が楽ですが、金額の差が大きい場合は下取りのみを下取り業者に依頼する、という方法も悪くないでしょう。

まとめ

ビジネスフォンの撤去方法について紹介しました。

ビジネスフォンの撤去は、複雑で企業の基幹部分での作業のため専門家以外の方が作業を行うには大きなリスクが伴います
できるだけ費用が安く、安心してお任せできる工事業者を依頼し、手配しましょう。

ビジネスホンは廃棄すると有償になってしまいますが、中古品として業者に買い取ってもらうこともできるので、見積もりを取ってみてください。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い

クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
無料お見積り