ビジネスフォンはBluetooth(ブルートゥース)でワイヤレス化が便利な理由

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンはBluetooth(ブルートゥース)でワイヤレス化が便利な理由

ビジネスフォンはBluetooth(ブルートゥース)でワイヤレス化が便利な理由

社員全員のデスクにビジネスフォン(内線電話機)があることが便利なのは確かです。

しかし、デスクの上にはビジネスフォンの他に、パソコンや書類、携帯(スマホ)など様々なものが。特にパソコンやスマホなどのコード類が増えると、デスクの上が乱雑になり使い勝手は悪くなります

そこでおすすめしたいのが、ビジネスフォンとBluetooth(ブルートゥース)の組み合わせです

Bluetooth(ブルートゥース)を組み合わせることでデスクの上はスッキリと。
その上、ビジネスフォンの使い勝手も良くなり、日々の業務がはかどります。

今回は、ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)を組み合わせるべき理由についてご紹介します。Bluetooth(ブルートゥース)のメリット・デメリットについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

▼目次

ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)って使えるの?

そもそも、「Bluetooth(ブルートゥース)ってなに?」という方も多いと思います。
そこで、まずはBluetooth(ブルートゥース)とは何かについて詳しくご説明しましょう。

Bluetooth(ブルートゥース)ってなに?

Bluetooth(ブルートゥース)とは”電波”を使用した通信規格のこと。
各機器間を電波で接続し、遠隔でも操作できるようにするシステムのことです。

最近では日常で使用する様々な機器に、Bluetooth(ブルートゥース)が使用されています。
例えば、スマホ・オーディオ・ヘッドホン・キーボード・マウス・ゲーム機など。

ただし、Bluetooth(ブルートゥース)を使うには”ブルートゥース対応”の機器である必要が。また、ブルートゥース対応でも機器ごとに規格があり、接続できないこともあるので要確認です。

Bluetooth(ブルートゥース)の特徴

以下に、Bluetooth(ブルートゥース)の主な特徴をまとめてみました。

短距離の通信に向いている

Bluetooth(ブルートゥース)は他の通信規格(WiFiなど)と比べて”出力が弱い”という特徴が。

また、性能ごとに”Class”が分かれていて、通信可能範囲にも違いがあります。

  • Class1…100mほど
  • Class2…10mほど
  • Class3…1mほど

一般的なBluetooth(ブルートゥース)はClass2(10mほど)。
長距離の通信はできないものの、身近なものと接続するのは問題ありません。

ただし、離れすぎると接続が悪くなったり、切れたりするので注意が必要です。

消費電力が少なめ

”燃費が良い”というのも、Bluetooth(ブルートゥース)ならではの特徴と言えます。

というのも、通信規格は出力が強いほどに、消費電力も多くなる傾向にあります。
つまり、Bluetooth(ブルートゥース)は出力が弱いので消費電力も少ないということ。

消費電力が少ないことで設備も小型がしやすく、対応する機器の幅も広げやすいのです。

セキュリティ対策がしやすい

Bluetooth(ブルートゥース)には”ハッキング被害に遭いにくい”という特徴もあります。

例えば、通信規格として出力が強いことで、様々な機器に対応している”WiFi”。
ネットワークの構築に便利なWiFiですが、外部から侵入されやすいという危険性も。

その点、Bluetooth(ブルートゥース)は短い距離しか届かないのでセキュリティ対策しやすい訳です。

ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)は使える!

結論から申し上げると、ビジネスフォンにもBluetooth(ブルートゥース)に対応している機器が

最近の機種(内線電話機)は基本的にBluetooth(ブルートゥース)に対応しています。
パソコンとのデータのやり取り、ヘッドセットのハンズフリー化など様々な用途があるためです。

中には対応していない機種もあるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)を活用するメリット・デメリット

Bluetooth(ブルートゥース)の特徴だけを知ると、ビジネスフォンに対して魅力的にしか思えません。
一見するとメリットばかりのBluetooth(ブルートゥース)も、ビジネスフォンにデメリットなこともあります。

ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)を活用するメリット

ビジネスフォンに対してBluetooth(ブルートゥース)のメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

  • 消費電力が少ない
  • セキュリティ対策がしやすい

コールセンターなどで1日に何百人も顧客対応をしていると、各機器を充電している暇はありません。
顧客との会話中に通話が途切れる…、なんて心配をしなくて良いのは十分なメリットです。

また、ビジネスフォンの中には顧客の指名・電話番号・住所など様々な情報が記録されています。
ハッキングされて個人情報が流出…、というリスクが低いというのは大きなメリットでしょう。

ビジネスフォンにBluetooth(ブルートゥース)を活用するデメリット

ビジネスフォンに対してBluetooth(ブルートゥース)のデメリットとしては、以下の2つが挙げられます。

  • 通信可能距離が短い
  • 導入にコストがかかる

ビジネスフォンで顧客対応をしていると、回答するためにデスクから離れて資料を調べる必要も。
通信可能距離の関係から、デスクから離れると通話できなくなるのは意外と不便でデメリットです。

その上、オフィスの規模にもよりますが、ビジネスフォン(内線電話機)は各デスクに設置するものです。
大規模なオフィスほど台数も多くなり、対応する機器を導入するのにコストがかかるのはデメリットと言えます。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

ビジネスホンにはBluetooth(ブルートゥース)のヘッドセットを!

一般的にビジネスホンでは、ヘッドセット(ブルーツゥース対応)を合わせるのが便利でおすすめです。
では、最後にビジネスホンに向いているヘッドセット(ブルーツゥース対応)を選ぶポイントをご紹介しましょう。

通信距離が長いもの

一般的なBluetooth(ブルートゥース)対応のヘッドセットはClass2(10mほど)。

先述した通り、ビジネスホンでの顧客対応ではデスクを離れて資料を探すこともあります。
デスクからちょっと離れる程度ならまだしも、Class2だと資料室までは届かないことが。

ヘッドセットはClass1(100mほど)で通信距離の長いものを選ぶのが良いでしょう。

消費電力が少ないもの

WiFiなど他の通信規格に比べ、Bluetooth(ブルートゥース)は消費電力の少なさが魅力です。

ただし、ビジネスホンとの相性、ヘッドセットの機種によっては消費電力の高いものも。
消費電力が高いと頻繁に充電する必要があり、顧客対応中に電池切れを起こす可能性があります

ヘッドセットを選ぶのなら、少しでも消費電力の少ないものにするのがおすすめです。

音質(音声)が良いもの

「Bluetooth(ブルートゥース)のヘッドセットは音質があまり良くない」というのも耳にします。

しかし、最近ではBluetooth(ブルートゥース)やヘッドセットの技術が向上し、音質の良いものも。
ビジネスホンに対応したヘッドセットの中には、音質に定評のあるメーカーが手がけたものもあります。

顧客との会話をよりクリアにしたいのなら、ヘッドセットは少しでも音質の良いものが安心です。

まとめ

今回は、ビジネスフォンをより便利にしてくれる”Bluetooth(ブルートゥース)”についてまとめてみました。

Bluetooth(ブルートゥース)とは”電波”を使用した通信規格の1種。
ヘッドセット(ブルーツゥース対応)さえあればデスクから離れていても通話でき便利です。その上、他の通信規格よりもセキュリティ対策がしやすいなど、ビジネスフォンに向いた規格と言えます。

ただし、Bluetooth(ブルートゥース)にも通信可能距離の短さ、導入にコストがかかるなどの注意点も。Bluetooth(ブルートゥース)のメリット・デメリットを理解した上で、導入を検討するのがおすすめです。

ちなみに、OffICE110ではビジネスフォンの導入・管理・運用に関するサポートを行っています。
「ヘッドセット(ブルーツゥース対応)を探してるけど…」という方は、ぜひOFFICE110にご相談ください。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い

クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
無料お見積り