ホワイトライン導入で固定電話も携帯も通話料削減【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • 新品ビジネスフォンがリース月額3,000円
「コスト削減テクニック」記事一覧

ホワイトライン導入で固定電話も携帯も通話料削減

ホワイトライン導入で固定電話も携帯も通話料削減

ホワイトラインとは、ソフトバンクの直収電話サービス「おとくライン」の中で、会社の固定電話と携帯電話のトータルコストダウンが可能になるサービスとして用意されているお得なプランになります。

「どれだけお得になるの?」

と、疑問もあるでしょう。

では、【ビジネスフォンでしっかりコスト削減】の「ホワイトライン編」をどうぞご覧ください。

▼目次

ホワイトライン導入で固定電話も携帯も通話料削減

冒頭で、ホワイトラインとは「おとくライン」のプランと紹介しましたが、その「おとくライン」について先にご説明いたします。

そもそも「おとくライン」とは、ソフトバンクの通信設備を使い、お客さま同士を直接つなぐ直収型電話サービスです。

NTT東日本・NTT西日本の通信設備を通さないため基本料金がソフトバンク一本化することはもちろん、一般の電話と変わらない質の高いサービスが受けられるものです。

そのサービスのプランの中に「ホワイトライン」が用意されているのです。

ホワイトラインとはどのようなプランなのか見ておきましょう。

ホワイトライン24(おとくライン)

ソフトバンクケータイへの通話がお安くなります。

月額定額料をお支払いいただくことにより、ソフトバンクの設備で提供する携帯電話への通話料金が無料になるオプション割引サービスです。

アナログ回線 → 500円/月

ISDN64回線 → 1,000円/月

ホワイトライン24(モバイル)

おとくラインへの通話がお安くなります。

月額定額料のお支払いでもソフトバンクの携帯電話から「おとくライン」への通話料金が無料となるオプション割引サービスです。

月額定額料 → 934円

このように、基本的にはおとくラインに加入した上で、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンをお使いの場合、このプランに加入すれば通話料が定額でかけ放題になるサービになり、通話料が削減できるという嬉しいサービスになっています。

直収電話「おとくライン」自体がお得なサービスになりますが、更にホワイトプランを利用すれば固定電話と携帯電話の通話料削減につながるということですね。

(※おとくラインについてよりくわしくは見たい方は【ビジネスフォンの電話回線の選び方】「初期費用がお得な『おとくライン』」をご覧下さい。)

まとめ

端末がソフトバンクに限定されてしまいますが、SOHOなど小規模オフィスでは導入するとメリットが大きいものになると感じます。

弊社において、ソフトバンクの「おとくライン」の取り扱いを行っておりますので、ビジネンホン導入に合わせて回線もホワイトラインを検討されてみてはいかがでしょうか。

なにかお分かりにならないことがあればいつでもお気軽にご相談ください。

クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

サービス対象エリアについて

北海道(札幌)、青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島、茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜、山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡、京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)、鳥取、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、愛媛、高知、福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

47都道府県すべてに対応。プロのスタッフが担当します。

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る