ビジネスフォン市場シェア

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォン市場シェア

ビジネスフォン市場シェア

現在、ビジネスホンは、会社などで働くうえで、もはやなくてはならない大切な存在となっています。

では、このような状況でビジネスホンの市場は一体どのようになっているのでしょうか?

▼目次

ビジネスホンの市場を見てみましょう

2014年の調査では、ビジネスホンの国内市場は約400億円弱と言われています。

しかし一方で、ビジネスホン市場は完全に成熟してしまい、これ以上の市場の成長はなく、逆に需要の頭打ちに伴う減少傾向に転じるとの指摘もあります。

こうした市場の中で、ビジネスホンを開発・製造している各メーカにも新しい動きが出てきました。

具体的には、日本経済全体がこれまでの資本投下を減らす方向から、多少高額でも付加価値の高いものを購入する傾向になったことに目を付け、コストではなく、性能や付加価値が高い機体の製造・開発に舵を切ったようです。

最近発売されたビジネスホンの宣伝が、性能の高さや機能の充実ぶりを全面に押し出しているのはまさにそういう流れを反映したものであるといえます。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い

クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
無料お見積り