ビジネスフォンの最新機能6選!未来型PBXの人気も急上昇中!

  • まるごと0円ビジネスフォン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「ビジネスフォンの基礎知識」記事一覧

ビジネスフォンの最新機能6選!未来型PBXの人気も急上昇中!

ビジネスフォンの最新機能6選!未来型PBXの人気も急上昇中!

現在、自社では10年前に購入したビジネスフォンを使用していて、そろそろ最新の機種に買い替えたいと思っているのですが、最新のビジネスフォンはやはり機能も進化しているのでしょうか?
ビジネスフォンの機能は、年々進化し続けていますよ!特に、10年前と比較するとその差は歴然です。
そうなんですね・・・、具体的にどう進化しているのか気になります。
では、この記事で現時点でのビジネスフォンの最新人気機能6選をご紹介いたします!

また、最近になってビジネスフォン以上の機能を有した、未来型のPBX「クラウドPBX」の人気が急上昇しているため、このクラウドPBXについてもわかりやすく解説いたします。ぜひ、導入前にご確認ください!

この記事の目次
  1. ビジネスフォンの最新人気機能6選!
  2. 未来型のPBX「クラウドPBX」が人気急上昇中!
  3. ビジネスフォンの最新機能は『OFFICE110』で導入!
  4. まとめ

ビジネスフォンの最新人気機能6選!

まずは、現時点でのビジネスフォンの最新機能について教えてください!
かしこまりました!では、ビジネスフォンの最新機能6選をご紹介いたします。

【ビジネスフォンの最新機能6選】

  1. スマホがビジネスフォンになる機能!
  2. 将来の事業拡大にも柔軟に対応!
  3. 簡易録音機能!
  4. 受付ビデオ通話機能!
  5. 不在を感知する自動転送機能!
  6. BCP対策機能!

ぜひビジネスフォンの買い替えを検討中の方は、参考にしてください。

1-1.スマホがビジネスフォンになる機能!

1つ目は、専用のアダプターを導入することで、スマホをビジネスフォンとして利用できる機能です!
スマホをビジネスフォンとして利用できる機能

スマホをビジネスフォンとして利用することで、例えばオフィス外や自宅、オフィスの移動中・休憩中などデスクに座ってなくても、いつでも内線・外線・転送を発着信できます。

他にも、テレワークなど多様な働き方の導入につなげることもできます。

この専用アダプターの例としては、NTTの「モバイル内線アダプター MB500」などがあります。

すごい・・・、スマホがビジネスフォンになるんですね!ほとんどの着信を受電でき、業務効率も格段にアップできそうです。

1-2.将来の事業拡大にも柔軟に対応!

2つ目は、将来の事業拡大にも柔軟に対応できる便利な機能が増えたことです!
将来の事業拡大にも柔軟に対応

具体的には、将来的な「増員による回線数・端末数の大幅増減が可能」「事業所の拡大時にアダプターさえ導入すれば主装置がなくても電話環境を構築可能」といった2つからです。

現在では、以前の機能性がパワーアップする形で、導入後に増やせる回線数・端末数が大幅に増えました。

例えば、NTT東西日本の「αA1 Professional 主装置」は、主装置を並列・同時に最大12台動作させることができ、その結果、最大「384外線・1152内線」の接続が可能になりました。

αA1 Professional 主装置

これだけの回線があれば、事業拡大にほとんど困ることはないでしょう。

そして、「事業所を拡大」する場合は主装置を1拠点にだけ置いて、他の拡大した拠点にはアダプターのみで内線の延長を図ることが可能です。

これだけ回線数・端末数を増やせれば自社では十分です!また、事業所を拡大した場合も低コストで導入できるんですね。

1-3.簡易録音機能!

3つ目は、録音機能の機能性が向上したことです!具体的には、8時間分も記録できる「留守番電話」「手動通話録音機能」「メール再生」といった3つの録音機能があります。

また、8時間分と録音容量も大幅に拡張しました。

例えば、留守番電話を8時間分取れることで、長期休暇で社員がオフィスにいなくても全て録音できます。

ほかにも、顧客との通話を録音することや録音した音声をメールで送信してスマホやPCでも確認可能です。

従来の機能も、それぞれパワーアップしているのですね!
新品中古ビジネスフォン

1-4.受付ビデオ通話機能!

4つ目は、ビデオカメラを用いた受付ビデオ通話機能です!

例えば、オフィスのネットワークカメラとオフィス受付用電話機とを連携させることで、来客時にPCで訪問者の顔を確認できます。

そのため、一目で誰がきたのかわかりますね。

また、電話機のみでオフィスの受付ができるため、人員削減や事務員の作業量の削減などにもつながります。

この機能は、「岩通 LEVANCIO(レバンシオ)」などに付いています。

岩通 LEVANCIO(レバンシオ)

ビデオカメラとビジネスフォンを連携させて、来客の顔も確認できるようになるんですね!

1-5.不在を感知する自動転送機能!

5つ目は、「入退室管理システム連携」機能による、自動で不在転送や留守番電話等のオン・オフを切り替えてくれる機能です!

入退室管理システムのセンサーが、社員の入退室を感知してくれることで、留守番電話設定などをすることなく、自動でオンに切り替えてくれます。

そのため、わざわざ出社・退社の際にビジネスフォンの設定をする必要はなく、すぐに退社することや業務を始めることが可能です。

また、急用でオフィスを不在にしなければいけない場面でも、なんの設定もせずにオフィスを出ることができます。

この機能は、NTT東西日本の「αNX(アルファエヌエックス)Ⅱ」というビジネスフォンなどに搭載されているものです。

αNXⅡ Plus(NTT)

自動でしてくれるだけではなく、設定を忘れることもなくなりますね!まれに設定を忘れることがあるため、安心です。

1-6.BCP対策機能!

6つ目は、最近のビジネスフォンは災害やセキュリティのBCP対策なども強化されています!

例えば、NTT東西日本の「Biz Box UPS SMT750J」を導入すれば、いかなる停電時にもPCや電話機に電気を送ることが可能です。

Biz Box UPS SMT750J

というのも、この装置は無停電電源装置だからです。

また、バッテリー寿命も4〜5年と長く、液晶ディスプレイと操作ボタンで操作性も簡単です。

そのほかにもビジネスフォンの「センサー連携機能」では、火災報知や防犯セキュリティのセンサーから信号を受けて、複数の電話機のスピーカーから警告音・警報音を鳴らすことができます。

また、あらかじめ緊急連絡先を登録しておくことで、センサーと連動して自動で緊急連絡を送信してくれます。

なるほど!自社で導入している10年前のビジネスフォンとは比べものになりませんね・・・ビジネスフォンの最新機能には、業務効率の向上だけではなく、もしもの時の対策まで可能なのですね!
ITの発展もあり、最近は急激にビジネスフォンの機能性も向上していますね!またビジネスフォンのほかに、ここ1〜2年で急速に市場シェアを伸ばしている未来型のPBXも非常に優れた機能性を有しています。そこで次に、未来型のPBX「クラウドPBX」について解説していきます!

未来型のPBX「クラウドPBX」が人気急上昇中!

クラウドPBXとは、内線・外線・転送などビジネスフォン機能をスマホで利用可能にするクラウドサービス・ソフトウェアのことです。

スマホやクラウドサービスを利用していることから、まさに「未来型」と呼べます。

また、ビジネスフォン機能に加えてインターネットを利用した、「豊富なオプション機能」も魅力の1つです。

未来型のPBX「クラウドPBX」が人気急上昇中!

【クラウドサービスとは?】

クラウドサービスとは、その名の通り「雲(cloud)」のようなイメージで、データの管理・共有からサービスの利用・提供までインターネットでおこなうことができるサービスです。 有名なものでは、『Google drive』『iCloud』などがあります。

クラウドサービスとは?

未来型PBX「クラウドPBX」は、このクラウドサービスを用いることで、スマホのアプリでビジネスフォン機能を利用可能にしました。

もっとも、クラウドPBXの仕組みはクラウドサービスを利用して、クラウド上(ネット上)にPBX(主装置)・ビジネスフォン機能を構築していることから、インターネットにつなげるスマホやPCでビジネスフォン機能を使用できる仕組みです。

また、導入には「スマホ・PCにアプリをインストール」「クラウドPBX専用アダプターをオフィスに設置」といった簡単な2STEPの作業だけです。

そして、このクラウドサービスを利用したことでたくさんのメリットを得られました。

例えば、内線・外線・転送機能がオフィス外でも利用できるようになったり、導入コスト・運用コストとともに大幅削減できたり、利便性の高いオプション機能で業務効率を向上できたり、とメリットが豊富です。

もっとも、この高機能・低コストという特徴から、ここ1〜2年で急激に市場シェアが伸びています。

さらに未来では、クラウドPBXがビジネスフォンを台頭するようにもなるでしょう。

例えば、「情報通信ネットワーク協会」による「従来型PBXの需要総額」を調査したデータからは、従来型PBX・ビジネスフォンの需要が明らかに減少していることが判明しました。

もっとも、このデータはビジネスフォンの未来についても予測しています。

数字にすると、2017年からは徐々に減少し、2023年には「11.7%」もの従来型PBXの需要減少が明らかです。

「従来型PBXの需要総額」を調査したデータ

引用元: CIAJ 一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会

より詳しく未来型PBX「クラウドPBX」を知りたい方は、ぜひホームページをご覧ください。

詳しくはこちら:『OFFICE PHONE

ビジネスフォンの最新機能だけではなく、未来型の「クラウドPBX」もとても優れた高機能性と低コスト性を兼ね備えているのですね・・・ここまで、ビジネスフォンや未来型PBXの説明を聞いてきて、最新機能を持ったビジネスフォンを導入したいと思っているのですが、ビジネスフォンにもさまざまな種類・メーカーがあるため、どうすればいいのか・・・
そうですね、ビジネスフォンメーカーは数十社ありますね。では、御社にあったビジネスフォンを導入できるよう、ビジネスフォンメーカーの参考例として『OFFICE110』のビジネスフォンをご紹介いたします!

もっとも『OFFICE110』のビジネスフォンは、全ビジネスフォン機種の在庫を豊富に取り揃えており、最新機能を持ったビジネスフォンも多数ご用意しております。

新品・中古品ともに、豊富なラインナップで予算や機能性でも満足いくご提案をお約束いたします!

ビジネスフォンの最新機能は『OFFICE110』で導入!

『OFFICE110』のビジネスフォンは、「満足を超える感動」をお客様に提供するため、「日本一安く提供」「全電話機種高品質S級品」「業界最長5年保証」といったならではの大きな特徴を実現しました!

この3つの特徴によりおかげさまで『OFFICE110』は、「導入企業数全国120,000社以上」を達成できました。

そして、これら3つの特徴は「業界25年以上の実績」がある『OFFICE110』だからこその特徴です。

例えば、業界25年の実績からビジネスフォンの「大量入荷」が可能になることで、6つのキャンペーンを実施しています。

具体的には

  1. ビジネスホンまるごと0円
  2. 中古ビジネスフォン&中古複合機W超得ゼロ円キャンペーン
  3. 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  4. 中古ビジネスフォン5年保証
  5. 0円新品ビジネスフォン
  6. ビジネスフォン買い替えで最大50%OFF

といった6つのキャンペーンです。

また、独自の中古ビジネスフォンの入荷で全て高品質S級品のビジネスフォンをご用意しております。

もっとも、入荷時点で、傷・色落ち等「劣化のない美品」のみを選別し、さらに自社の専門スタッフによる丁寧なクリーニングをおこなうことで、新品と見分けのつかない綺麗・高品質な中古ビジネスフォンを提供できます。

そして、『OFFICE110』の万全なサポート体制が業界最長の5年付きです。

何よりも、全ビジネスフォン機種を取り揃え、中古ビジネスフォンの交換・修理も最短「即日対応」可能といったことから、ほとんどのトラブルに対応できます。

また、『OFFICE110』独自の「01サポート」というサポートも提供しております。

このサポートは、ビジネスフォンだけでなく

  1. 経営の課題
  2. 日常業務の課題
  3. ビジネスマッチング
  4. 外国人の採用
  5. セキュリティ
  6. ホームページ作成
  7. OA機器
  8. 通信コスト
  9. 光熱費
  10. 各種工事
  11. オフィス移転

といった大きく分けて11のサポートをするサービスです。

まるでITコンサルサポートのようなものです。

これらの『OFFICE110』ならではの特徴・実績から、業界トップクラスの高機能・低コストを誇ります。

ぜひビジネスフォンを比較する際は、参考にしてみてください。

日本一の低価格でご提供します。新品ビジネスフォン

まとめ

ビジネスフォンの最新機能は、年々増加・パワーアップしています。

今回紹介した6つの最新機能は、どれも以前とは比べものにならないほどに進化して、業務効率を向上させてくれます。

また、ビジネスフォンを台頭する勢いで人気急上昇中の未来型PBX「クラウドPBX」も、ぜひ導入をご検討ください。

ビジネスフォンを導入する際は、『OFFICE110』を参考に比較してみてくださいね。

新品中古ビジネスフォン
クラウドPBXでスマホがビジネスフォンに
お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

サービス対応エリア

47都道府県すべてに対応
北海道北海道(札幌)
東北青森、秋田、岩手、宮城県(仙台)、山形、新潟、福島
関東茨城、栃木、石川、富山、群馬、埼玉、東京、千葉、神奈川県(横浜)、横浜
中部山梨、長野、福井、岐阜、愛知県(名古屋)、名古屋、静岡
関西京都、滋賀、奈良、三重、和歌山、大阪、兵庫県(神戸)
中国鳥取、岡山、島根、広島、山口
四国香川、徳島、愛媛、高知
九州福岡県(福岡)、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄

ビジネスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

お役立ち情報の一覧を見る
メール問い合わせ