激安中古コピー機のメリット・デメリット【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • コピー機買い替えで最大77%OFF
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が6万円!
「複合機の価格や選ぶポイントを徹底解説」記事一覧

激安中古コピー機のメリット・デメリット

激安中古コピー機のメリット・デメリット

「激安・格安中古複合機・コピー機」など、販売業者のサイトを見ると必ずといってよいほど出てくる言葉ですよね。そこで、激安の複合機を買って何のメリットがあるのだろうか、と少々疑問も浮かぶものです。

もちろん、メリットがあればデメリットがあるのは当然のこと。ここからは、そんな激安・格安中古複合機(コピー機)のメリット・デメリットをご説明いたします。

▼目次

激安・格安中古複合機のメリット

激安・格安複合機の最大のメリットといえば、言うまでもなくとにかく「安い」ことです。しかし一方で、激安になる商品の特徴として多いのが、機械の状態はある程度良いのだが、年式が古いものが多く取り扱われている傾向があります。

激安・格安中古複合機のデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあるものです。それは、複合機の部品も家電や車と同じく、生産停止から7年間で部品がメーカーから無くなることです。複合機の新製品が約3~4年に1度リリースされるので、3世代前の商品だと部品が2~3年で無くなるものが増えてきます。

機械である以上故障はつきものであり、激安商品を購入してからそれほど時間が経過していないのに故障してしまい、その時、修理不可という状況であるならば、単なる「安物買いの…」になりかねません。このようなことにならないよう、次のことに注意して製品を選びましょう。

①カウンターでコピー使用枚数を確認

複合機は家庭用と違って業務用で利用されるので、機械によってはかなり過酷に使われている場合があります。酷使されているものだと、内部のローラが擦り減っていたり、定着部のヒーターが寿命だったりと、購入直後に思わぬ高額な出費がかかる可能性があります。

まずは、中古複合機で一番確認しなければならないのが中古車での走行距離に該当するカウンター数値(累計使用枚数)になります。

②トナーや感光ドラムの確認

こちらもコピー使用枚数と同じく、コピー機の状態を示すものです。確認できるのであれば必ず確認してください。

③保守契約の確認

ほとんどの場合は、メーカーとの保守契約が必要になるので、現在の保守可能機種や料金等をメーカーに問い合わせましょう。特に、保守契約は重要なので確認する事をおススメします。

④輸送代の確認

多くのケースでは、大型複合機の場合には輸送費も別途料金になります。仮に、複合機自体は格安でも移動距離が遠いと送料が何万円もかかってしまうケースもあります。

⑤オプションの有無やソフトなど現行で使えるかの確認

欲しかった機能がオプション装備であったり、複合機を実際に動かすソフトが古すぎて使用不可能だったりすると、いくら状態が良い複合機でもほぼ無意味になりますので、必ず購入前に確認してください。

まとめ

激安・格安複合機(コピー機)といえば、当然「安い」ことがメリットですが、購入後すぐに壊れたり、機能が使えないなどトラブルが起こってしまったら、逆に出費が増えてしまうことも起こり得ます。まずは、ご紹介した内容のことには注意していただき、出来るだけ良質の激安・格安複合機を購入しましょう。

OFFICE110では徹底したメンテナンスを施した中古コピー機を販売しています。まずはお気軽にお問い合わせください。
人気のコピー機が業界最安値の激安価格