複合機(コピー機)の自動原稿送り装置の特徴と使い方【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「知っておきたい便利機能紹介」記事一覧

複合機(コピー機)の自動原稿送り装置の特徴と使い方

複合機(コピー機)の自動原稿送り装置の特徴と使い方

最近ではコンビニでも気軽にコピーができるようになりましたが、コピーするとき1枚ずつ原稿をセットしなければなりません。
しかし、オフィスでコピーするとき、いちいち1枚ずつ原稿をセットしてられませんよね。

そのため、数枚の原稿をコピーするとき利用するのが「自動原稿送り装置」
複合機(コピー機)の原稿カバーに付けられている装置で、業務用の複合機(コピー機)には必ず搭載されています。

そこで今回は、複合機(コピー機)の自動原稿送り装置の特徴や使い方、さらに紙詰まりしたときの対処法など簡単にご紹介いたします。

▼目次

複合機(コピー機)の原稿送り装置の特徴と使い方

業務用の複合機(コピー機)には必ず搭載されている「自動原稿送り装置」。英語での「Automatic Aocument Feed」と呼ばれ、一般的に略して「ADF」と呼ばれています。
ちなみに、「RADF」という装置もあり、こちらは「自動両面原稿送り装置」になります。

コンビニなどに設置されているコピー機には「プラテンカバー」と呼ばれる原稿カバーが使われ、1枚ずつカバー上げてガラス面に原稿をセットする必要があります。
しかし、仕事で仮に50枚コピーするとき、1枚ずつカバーを上げてガラス面に原稿をセットしていたら非常に効率が悪いですよね。

そのため、業務用の複合機(コピー機)には、自動原稿送り装置(ADF)が搭載されているのです。
50枚のコピーする場合でも、原稿をADFにセットしてコピーボタンを押せば、1枚ずつ自動で読み込んでコピーしてくれます。
また、現在のADFでは操作パネルで印刷設定すれば両面コピーも可能です。

自動原稿送り装置(ADF)の使い方

自動原稿送り装置(ADF)には、原稿が正しくセットされているのか感知するセンサーと、用紙を正しくセットするためのスライドする「原稿ガイド」が付いてきます。

そこで、センサーを手で塞いだりすると、サイズが正しく読み取れないことや原稿詰まりのメッセージが表示されることがあります。
また、原稿カバーの上に物や原稿などを置いたりすると誤動作の原因になるので、置かないようにしましょう。

実際の使い方といっても至ってシンプル。
原稿ガイドを原稿のサイズに合わせて、読み取り面を上にしてADFに真っすぐにセットして、コピーボタンを押すだけです。

その際の注意点として、ADFにセットする用紙は普通紙(64g/m2)に限ります
厚紙や薄い紙をコピーするときは、手差しトレイや直接ガラス面にセットするのが基本です。

また、セットできるコピー枚数は機種によって異なりますが、あまりにも多くの用紙をセットすると、自動読み込みする前に紙詰まりを起こすこともあるので、適切な枚数をセットするようにしましょう。

人気のコピー機が業界最安値の激安価格

自動原稿送り装置(ADF)を使うときの注意点と紙詰まりの対処法

複合機(コピー機)でコピーするとき、1枚2枚ならガラス面にセットしますが、3枚以上あるときADFは必ず使いますよね。

そこで、注意点としてADFにセットするとき、原稿に付箋紙やテープが付けられた用紙や、ホッチキス留めやクリップ留めしてある原稿
はセットしないようにしてください。どれも必ず紙詰まりを起こします。

また、前項でも少し触れましたが、普通紙以外の厚紙や42g/m2より薄い用紙は読み取ってくれないので、手差しトレイや直接ガラス面にセットするようにしましょう。

自動原稿送り装置(ADF)が紙詰まりしたときの対処法

用紙を正しくセットしていれば、紙詰まりすることは殆どありませんが、万一紙詰まりしたときは以下の手順で取り除くようにして下さい。

➀ADFの上部カバーの取っ手を上げてゆっくり開きます
➁原稿が引き込み部に挟まっていないときは、そのまま原稿は取り除けます。
しかし、読み取り部に原稿が巻き込まれている場合は、取り除くためのローラーがあるので、回して原稿を送り出してから取り除きます。
➂詰まった用紙が取り除けたら、上部カバーがカチッと音がするまでしっかり閉じます。

以上、複合機(コピー機)本体の紙詰まりよりも簡単に対処できます。
また、紙詰まりを起こした原稿は、折り目がついたり凸凹になったりしているので、綺麗な状態に戻して再度セットするようにしましょう。

まとめ

複合機(コピー機)の自動原稿送り装置(ADF)は、普段から利用している方は多いので使い方は熟知していますよね。
基本的に業務用で利用される複合機(コピー機)には必ずADFは搭載されています

正しく原稿をセットすればトラブルはほとんど発生しませんが、付箋やテープ、ホッチキス、クリップが付けられた原稿はセットしないようにしましょう
また、利用は普通紙が基本なので、普通紙以外は手差しトレイを利用するようにしてください。

OFFICE110ではご要望やワークスタイル・業種などあらゆる情報から最適な複合機をお選びいたします。
また導入後機能に関するお問合せもお気軽にどうぞ

人気のコピー機が業界最安値の激安価格
  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い
無料お見積り