コピー機(複合機)のドラムカートリッジとは?交換・費用相場解説!【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「複合機の基礎知識」記事一覧

コピー機(複合機)のドラムカートリッジとは?交換・費用相場解説!

コピー機(複合機)のドラムカートリッジとは?交換・費用相場解説!

社内でコピー機(複合機)を使用していたら、操作パネル上に「ドラム交換」というメッセージが表示されました。ドラムとはなんですか?トナーとはまた別の物なんですか?
ドラムは、インクを用紙に押し付けるためのローラーのことです。レーザー方式のコピー機(複合機)にのみ付いています。

さらにこのドラムは、「一体型カートリッジ」と「分離型カートリッジ」の2種類が存在し、各コピー機(複合機)によってタイプが異なります。

ドラムとは何か?そして、ドラムの交換方法についてご紹介します。

この記事の目次
  1. コピー機(複合機)のドラムとは?どこにある?
  2. コピー機(複合機)のトナーとは?ドラムとトナーの違い
  3. コピー機(複合機)のドラムカートリッジの費用相場
  4. コピー機(複合機)のドラムの交換方法
  5. コピー機(複合機)のドラムの清掃方法
  6. コピー機(複合機)のドラムの交換時期や寿命は?
  7. コピー機(複合機)の故障かな?と思ったら「OFFICE110」へ
  8. まとめ

コピー機(複合機)のドラムとは?どこにある?

ドラムとは「ドラムカートリッジ」とも言い、インクを用紙に押し付けて印刷するためのローラー部分のことです。

ドラム

レーザー方式のコピー機(複合機)にのみ付いている部品で、インクジェット方式にはありません。

ドラムはどこに付いているのでしょう?

トナーがセットされる土台部分がドラムなので、コピー機(複合機)本体の真ん中あたりに内蔵されていることがほとんどです。

そして、ドラムには「分離型カートリッジ」と「一体型カートリッジ」の2種類があります。この違いについて解説しますね。

1-1.分離型カートリッジ

ドラムとトナーカートリッジが分離されているタイプです。

トナーが無くなったときは、トナーカートリッジのみ交換し、ドラムにセットして使用します。

そのため、消耗品にかかるコストは比較的安価です。

大手コピー機(複合機)メーカーの「brother」が主に分離型を採用しています。

1-2.一体型カートリッジ

ドラムとトナーカートリッジが一体になったタイプです。

トナー が無くなったときには、ドラムごとカートリッジを取り外して交換します。

そのため、消耗品にかかるコストは割高ですが、非常に長持ちします。

大手コピー機(複合機)メーカーの「Canon」や「リコー」の製品は、ほとんど一体型です。

コピー機(複合機)のトナーとは?ドラムとトナーの違い

ちなみに、先ほどから出てくる「トナー」とは何でしょうか?
トナーとは、いわゆる印刷するためのインクのことです。

モノクロ専用コピー機(複合機)ならブラック(BK)の色のみ使用します。

一方で、カラー印刷ができるコピー機(複合機)ならブラック(BK)・シアン(C)・マゼンタ(M)・イエロー(Y)の4色があります。

これらのトナーを「分離型」ならトナーカートリッジをドラムにセットして使用します。

「一体型」ならトナーが含まれたドラムを取り替えて使用します。

トナー

コピー機(複合機)のドラムカートリッジの費用相場

ドラムっていくらくらいで購入できるんですか?
分離型と一体型それぞれの平均金額は以下の通りです。各型の製品の中でオススメのトナーカートリッジを5つ選び、平均金額を出したものです。

【「分離型」と「一体型」とのトナー平均金額】

ドラムのタイプ 価格 メーカー例
分離型 カラー4色セット:4,668円 brother
一体型 カラー4色セット:29,736円 canon・リコー

ドラムとトナーの「一体型」の方が、かなり割高になっています。

新品中古コピー機

コピー機(複合機)のドラムの交換方法

ドラムとトナーの「一体型」の方が、かなり割高になっています。

ドラムについてよくわかりました。ところで、ドラムはどのようにして交換すればいいのでしょうか?
まずは、使用しているコピー機(複合機)が「一体型」なのか、「分離型」なのかを把握しておきましょう。把握した上で、以下の手順を参考にしてみてください。
【ドラムの交換手順】

ドラムの交換

  1. フロントカバーを開ける
  2. つまみがある場合は、つまみを引きながらドラムユニットを手前へ引っ張り出す
  3. 「一体型」のドラムの場合は、新しいドラムユニットを本体にセットすれば完了
  4. 「分離型」の場合は、ドラムユニットからトナーカートリッジを取り外す
  5. 新しいドラムにトナーカートリッジをしっかり取り付ける
  6. トナーカートリッジが付いた新しいドラムユニットをコピー機(複合機)本体へセットする

4-1.ドラムの交換における注意点

ドラムを交換する際は、以下3つの点に注意しましょう。

【ドラム交換における注意点】
  • 電源スイッチはONにしたまま交換する(きちんとセットされているかを本体が判断するため)
  • メーカーまたは製品によっては業者さんが交換する場合がある
  • メーカーが公式に販売している純正のドラムを使用すること
最近のコピー機(複合機)は、トナーおよびドラムがきちんとセットされたことがわかると、音声で教えてくれます。なので、交換の度に電源を切る必要はありません。

製品によっては、本体内部が複雑な構造をしている、あるいは取り扱いの難しいドラムを使用するといった理由から、業者さんがドラム交換を行う場合もあります。

その場合は、決して業者さん以外の人がドラム交換を行わないでください。

コピー機(複合機)のドラムの清掃方法

ドラムは、清掃することでより長く使用することができます。

業者さんじゃなくてもできるんですね。ぜひ掃除の仕方を知りたいです。

印刷物に奇妙な縦線が入ったり、きれいに印刷できないと感じた時に、以下の方法で清掃しましょう。

【ドラムの清掃方法】
  • アルコールまたは薄い中性洗剤をつけた柔らかい布でドラムを拭く
  • 「ドラムリフレッシュ」など、コピー機(複合機)本体のクリーニング機能を使用する
それでも印刷の出力が改善されない場合は、ドラムを交換しましょう。

コピー機(複合機)のドラムの交換時期や寿命は?

ちなみに、ドラムの交換時期や寿命はどれくらいなのでしょうか?
「一体型」ならばトナーが無くなり次第交換すればいいのですが、「分離型」の場合、トナーを3回交換したらドラムも交換するといいです。

「一体型」の場合、トナー1本につきA4の用紙で約10,000枚〜12,000枚が印刷可能です。

「分離型」の場合は、A4の用紙で約6,500枚の印刷が可能です。

また、トナーをストックしてある場合、純正トナーなら2年以内に使い切ることをメーカーは推奨しています。
それを過ぎると、トナーが固まって正常に印刷できなくなる場合があります。

コピー機(複合機)の故障かな?と思ったら「OFFICE110」へ

自社で使用しているコピー機(複合機)はすでに生産終了しているため、ドラムやトナーなどの消耗品を探すのに苦労しました。さらに、故障の可能性があるとき、すぐに見てもらえる人がいるとありがたいのですが・・・
そんな方にオススメしたいのがオフィス機器取り扱い専門店の「OFFICE110」です。

まずは、お使いのコピー機(複合機)が安価での修理が可能かを確認させていただきます。

万が一修理が不可能だった場合、「OFFICE110」ではお得にコピー機(複合機)が購入できます。

「OFFICE100」のコピー機(複合機)には次のような魅力があります。

【OFFICE110はここがスゴイ!】
  • お客様へのヒアリングから、オススメの機器を選定します
  • 全メーカー取扱いのため、豊富な商品ラインナップ
  • 新品・中古ともに業界最安値で販売
  • 徹底された動作チェックとクリーニングで、中古でも新品同様
  • 丁寧な保守サポート
  • 業界最長の5年保障付き!
業界最安値とはすごいですね!ぜひ相談したいと思います!

まとめ

コピー機(複合機)のドラムとは?について解説しました。

ドラムはレーザー式コピー機(複合機)のトナーを用紙に押し付けるためのローラー部分のことです。

さらにドラムは「分離型」と「一体型」の2種類があるんですね。僕のコピー機(複合機)は「分離型」だったので、ドラム交換の際は一度トナーカートリッジをドラムから離しました。

ドラムの交換時期の目安は、トナーを3回交換すること。と覚えておきましょう。

その他コピー機(複合機)でお困りのことがありましたらお気軽にOFFICE110へご連絡ください。
新品中古コピー機
  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い
メール問い合わせ