NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

複合機のリース期間は何年?リース料率の相場や注意点を解説 【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「コピー機のリースとレンタル」記事一覧

複合機のリース期間は何年?リース料率の相場や注意点を解説 

複合機のリース期間は何年?リース料率の相場や注意点を解説 

複合機をリース契約する場合、リース期間を決める必要があります。

リース期間の長さによって、毎月の負担・総支払額・故障時や満了時の対応などが大きく変わります。

一度リース契約をすると基本的に満了するまで見直しできないため、リース契約をする前に詳細を必ず確認しておくことが重要です。

この記事では、リース契約の基本を踏まえて、契約期間ごとのリース料率の違いやリース期間を決めるポイント、契約満了時の対応までご紹介しています。

自社に最適なリース期間を選択できるように、ぜひ本記事を参考にしていただけたら幸いです。

この記事の目次

  1. 複合機のリース期間は何年?

  2. 複合機のリース期間の決め方とは?3つのチェックポイント

  3. 複合機のリース期間満了後の選択肢は4つ

  4. 複合機のリース契約する際の注意点

  5. 複合機のリース契約での導入・入れ替えのご相談なら「OFFICE110」にお任せ!
  6. まとめ
千々波 一博

監修者

千々波 一博
(ちぢわ かずひろ)

保有資格:Webリテラシー/.com Master Advance/ITパスポート/個人情報保護士/ビジネスマネージャー検定

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

複合機のリース期間は何年?

複合機をリースする場合、考えなくてはならないのが契約期間です。

まずは複合機のリース契約期間に関して押さえておくべきポイントを確認しましょう。

複合機のリース期間は一般的に5年

複合機のリース期間は、3年~7年の間で自由に設定できます。

一般的に、多くの企業が契約しているのが5年のリース期間です。

その理由は複合機の「法廷耐用年数」にあります。

法廷耐用年数とは、複合機などの固定資産を使用できる期間のことです。

5年間のリース契約を利用する企業が多いのは、複合機やコピー機の法定耐用年数が5年間とされていることが理由として挙げられます。

またメーカーによっては、5年目以降の契約で保守料金を値上げすることもあるため、値上げまで5年間で契約するというケースもあるでしょう。

保守料金の値上げは必ずしも実施されるものではなく、メーカーによっては、6年、7年目以降も保守料金を据え置きにしていることもあります。

リース契約の期間には上限と下限がある

リース契約の期間には、以下のように上限と下限があります。

  • リース契約の上限:「法定耐用年数×120%」で計算した年数以下
  • リース契約の下限:「法定耐用年数×70%」で計算した年数以上

これを複合機の耐用年数5年で当てはめて計算してみると、

上限が「法廷耐用年数5年×120%=6」となり6年、下限が「法廷耐用年数5年×70%=3.5」となるため3年の契約期間ということになります。

ただし、近年では複合機の耐久性の向上に伴い、最長7年リースも可能なケースも増えてきています。

リース契約とレンタルの違いを比較

リース契約と似た契約にレンタル契約がありますが、両者は明確な違いがあります。

以下に、リース契約とレンタル契約の主な違いを表にまとめましたので、ご参考ください。

リース レンタル
契約期間 3~7年 短期間(1ヶ月~1年)
所有権 リース会社 レンタル会社
初期費用 不要 必要
審査 あり なし

このように、リース契約とレンタル契約では、契約期間や所有権、初期費用や審査の有無が異なります。

複合機のリース期間の決め方とは?3つのチェックポイント

複合機のリース期間を決める際のチェックポイントを解説します。

ポイントを押さえて、自社に最適な期間で契約しましょう。

ポイント①リース期間による料率を考慮する

リース契約は、契約年数によって利率が変わるため利率を考慮することがポイントです。

一般的な利率の目安は次のとおりです。

  • 3年リース契約:3.1~3.2%
  • 4年リース契約:2.5~2.6%
  • 5年リース契約:1.9~2.0%
  • 6年リース契約:1.6~1.7%
  • 7年リース契約:1.3~1.4%

リース期間が短いとリース料率は高くなり、契約期間が長いほどリース料率は低くなります。

ただし同じ年数であっても、メーカーによって利率が違う場合もあります。

上記の利率はあくまでも参考として考えましょう。

【年数別】リース料金の相場目安

複合機の契約年数別に、リース料金の相場の目安を確認しておきましょう。

ここでは、本体価格が100万円の複合機を、5年間(60ヶ月)でリース契約する場合を例にご紹介します。

契約年数(利率) 月額料金 支払総額
3年(3.1~3.2%) 31,000円~32,000円 186万~192万円
4年(2.5~2.6%) 25,000円~26,000円 150万~156万円
5年(1.9~2.0%) 19,000円~20,000円 114万~120万円
6年(1.6~1.7) 16,000円~17,000円 96万~102万円
7年(1.3~1.4) 13,000円~14,000円 78万~84万円

たとえば100万円のコピー機を、5年間(60ヶ月)でリース契約すると想定した場合の計算方法は次のとおりです。

  • 月額料金の計算
  • 1,000,000円(本体価格)×1.9%(リース料率)=月額リース料金 19,000円

  • 支払総額の計算
  • 月額リース料金19,000円×リース期間60ヶ月=支払総額 1,140,000円

▼新品複合機が最大80%OFF!複合機の導入・入れ替えなら業界最安値のOFFICE110へ▼

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

ポイント②月間の印刷枚数を把握しておく

月間の印刷枚数を把握しておくこともポイントの一つです。

機種や使い方によっても異なりますが、印刷対応枚数は複合機の寿命の目安とされており、複合機の印刷対応枚数は約300万枚が目安となっています。

印刷対応枚数の300万枚を超えたからといって、すぐに印刷ができなくなるわけではありません。

しかし故障のリスクが高くなるため、ひと月にどの程度印刷するのかを把握しておくことが重要です。

たとえば5年間でリース契約をした場合を例に計算してみましょう。

「印刷対応枚数300万枚÷60ヶ月=月間の印刷枚数50,000枚」となり、月の営業日を20日と想定した場合、一日あたりの印刷枚数は2,500枚になります。

一日の印刷枚数が2,500枚よりも多くなるのであれば、より短いリース期間を設定したほうがよいでしょう。

ポイント③リース年数ごとのメリット・デメリットを比較する

リース契約の年数ごとのメリットやデメリットを比較しましょう。

リース契約は、契約期間の長さによってメリットがあればデメリットもあります。

短期と長期のリース年数ごとに、メリットとデメリットをご紹介します。

3年~4年(短期)リースのメリット・デメリット

3年~4年の短期的なリース契約をする場合のメリットとデメリットをご紹介します。

    【短期リースのメリット】

  • 最新の複合機を利用できる
  • 故障のリスクが少ない
  • もし事業に失敗しても契約期間が短いので、違約金が少ない

    【短期リースのデメリット】

  • 長期リースに比べてリース料金が高い

短期のリース契約は契約期間が短いため、契約期間が満了した後は新しい機種に変えられます。

「できるだけ最新機種を使いたい」「故障のリスクを抑えたい」という方は、短期のリース契約がおすすめです。

6年~7年(長期)リースのメリット・デメリット

6年~7年の長期的なリース契約をする場合のメリットとデメリットをご紹介します。

    【長期リースのメリット】

  • 月々のリース料金が抑えられる
  • ハイスペックの高い複合機も検討対象に入れられる

    【長期リースのデメリット】

  • 故障やトラブルが発生するリスクが高くなる

長期間、複合機を使用すればそれだけ故障やトラブルが起こるリスクも高くなるデメリットがあります。

しかし、長期リースの場合、リース料率を抑えられるためそのメリットを活かして、短期リースでは手が届かなかったハイスペックモデルを導入することも可能です。

このように、「月々のリース料率を抑えたい」「ハイスペックモデルを導入したい」方は長期リースがおすすめです。

複合機のリース期間満了後の選択肢は4つ

複合機のリース期間が満了した後は、主に4つの選択肢があります。

そこでここからは、それぞれの方法について詳しく解説します。

新しい機種に入れ替える

複合機のリース期間の満了後は、新しい機種に入れ替えるという選択肢があります。
新しい機種に入れ替えるには、今まで使っていた複合機を返却して、新しい機種でリース契約を組み直します。

新しい機種は、機能や性能がよいため業務効率の向上が期待できるでしょう。

また古い機種は電気代が余計にかかることもありますが、新しい機種であれば使用電力の削減の効果も得られます。

劣化による不具合や故障のリスクも低いため、トラブルへの対応やメンテナンスの手間もかかりにくいでしょう。

再リース契約する

契約満了後は、再リース契約するのも一つの方法です。

再リース契約とは、現在使っている複合機で再度リース契約を結び、使い続ける契約です。

リース会社によって異なりますが、今までの1カ月分のリース料金で契約できることが大きなメリットです。

ただし再リース契約は、故障やトラブルのリスクを軽減するために1年ごとの更新となります。

使い慣れた複合機を継続して使いたい方は、再リース契約を検討してもよいでしょう。

使用している複合機を買い取る

リース契約が満了したあとは、複合機を買い取る方法もあります。

今まで使っていた複合機を使い続けたい場合は、再リース契約のほかに買い取りも検討するとよいでしょう。

複合機を買い取ることで、リース契約のような毎月の利用料金がかからなくなります。

ただし保守契約もなくなるため、故障や不具合が起きた際は自分で修理やメンテナンスを依頼し、必要な費用を支払う必要があります。

また買い取りに対応しているリース会社は多くないため、リース契約終了後に買取りを希望している場合は、契約時に買い取りが可能か確認しておきましょう。

複合機を返却する

リース期間満了後、複合機を使う予定がなければ、リース会社に返却できます。

返却時の送料は、毎月の利用料に含まれている場合もありますが、基本的には自分で支払う必要があります。

一般的に、複合機の返却にかかる送料は20,000~30,000円ほどです。

複合機をリース契約する際の注意点

複合機のリース契約をする際の注意点を確認しておきましょう。

主な注意点は以下のとおりです。

途中解約ができない

複合機のリース契約は、原則として途中解約はできません。

リース契約では、リース会社がユーザーの代わりに複合機を一括購入しています。

したがって、リース期間が満了して複合機の代金を全額支払い終えるまでは、基本的にリースの解約はできないものと考えましょう。

しかし、違約金を支払えば途中で解約することも可能です。

違約金とは、基本的には契約満了時までのリース料金のことです。

このように、途中でリース解約を希望する場合は、残りのリース料金を違約金として支払う必要があります。

購入よりも総額コストが高くなる

リース契約の場合、複合機本体を購入するよりも総額のコストが高くなります。

購入すると数十万~数百万円する複合機が、月々数万円で利用できるため、一見するとリース契約のほうがお得に思えるでしょう。

しかしリース契約では、本体価格のほかに金利や手数料などが含まれるため、総額では購入するより高くなります。

契約時はリース代金の内訳を確認して、総額でどれくらいの費用を支払うことになるのかを確認しておきましょう。

リース契約は審査が必要

複合機をリース契約する場合、リース会社の審査を受ける必要があります。

審査の基準はリース会社によって異なるため「A社での審査には落ちたのに、B社の審査には通った」というケースもあります。

ただし会社や代表に滞納歴がある場合は、注意が必要です。
クレジットカードや携帯電話などの未納や滞納歴がある場合は審査の通貨は難しいでしょう。

複合機のリース契約での導入・入れ替えのご相談なら「OFFICE110」にお任せ!

オフィス機器総合販売の「OFFICE110」

最適な複合機のリース期間は、複合機の利用状況や印刷枚数によって異なります。

しかし日々の業務で忙しい中、印刷状況の分析や把握まで行うのは大きな負担になるでしょう。
最適なリース期間を設定するのは、コピー機の機能や性能に関する専門的な判断も必要です。

複合機の導入に関して失敗したくない方や業務負担を少しでも軽減したい方は、プロのスタッフに相談するのがおすすめです。

「OFFICE110」は、複合機をはじめとしたOA機器の導入・納品に関して豊富な実績のある業者です。

経験豊富な専門のスタッフが、経験に基づいてお客様に最適なプランをご提案いたします。

また、複合機を格安価格でリース・販売しているほか、丁寧なサポートにも定評があるため、サポート体制を重視したい方にもおすすめです。

「OFFICE110」なら利用状況に合わせた最適なプランを提供いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

まとめ

複合機のリース契約は、リース期間によってリース料率が変わってくるため導入の際は、いろいろと検討した上でリース期間をどのくらいにするか決めることが重要です。

リース期間を決める際は、以下のポイントを参考にして、自社とって最適なリース期間で契約しましょう。

  • リース期間による料率を考慮する
  • 月間印刷枚数を把握する
  • リース年数ごとのメリット・デメリットを比較する

「OFFICE110」では、専門のスタッフがお客様の希望を丁寧にヒアリングして、リース期間の選定だけではなく、最適な機種や料金プランをご提案いたします。

複合機のリース契約を検討中の方は、「OFFICE110」にお気軽にお問合せください。

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!