NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

複合機(コピー機)のリース料金相場を解説!レンタルとの違いを比較【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「コピー機のリースとレンタル」記事一覧

複合機(コピー機)のリース料金相場を解説!レンタルとの違いを比較

複合機(コピー機)のリース料金相場を解説!レンタルとの違いを比較

複合機を「リース契約」で導入しようと考えているのですが、料金ってどれくらいですか?
リース契約なら安く使えると聞いたのですが・・・
はい、確かにリース契約なら初期費用や運用コストを安く抑えることが可能です!
ですが注意点もいくつかありますので、導入前にまずはリース契約について理解することが大切ですよ。
なるほど、実はリース契約の仕組みもよく分かっていなくて・・・
色々と教えてもらえますか?
はい、もちろんです!
それでは複合機(コピー機)のリース契約に関して、仕組みから料金相場、メリット・デメリット、契約の注意点までわかりやすくご紹介します。
この記事の目次

  1. 複合機(コピー機)のリース契約の仕組みとは?レンタルとの違いを解説
  2. 複合機(コピー機)のリース契約タイプは2種類!

  3. 複合機(コピー機)のリース料金の平均相場はいくら?
  4. 複合機(コピー機)のリース契約のカウンター料金とは?
  5. 複合機(コピー機)のリース契約のメリット・デメリット

  6. 複合機(コピー機)をリース契約する際の注意点!

  7. 複合機(コピー機)を安くリース契約するなら『OFFICE110』にお任せ!
  8. まとめ
千々波 一博

監修者

千々波 一博
(ちぢわ かずひろ)

保有資格:Webリテラシー/.com Master Advance/ITパスポート/個人情報保護士/ビジネスマネージャー検定

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

複合機(コピー機)のリース契約の仕組みとは?レンタルとの違いを解説

新品複合機(コピー機)を購入する場合、通常何十万円もの高額な費用がかかります。
しかしリース契約なら初期費用を大幅に抑えることができるので、利用するお客様が多いのが現状です。

まずリース契約とは、リース会社の所有する複合機を契約者が月々の料金を支払って使用するサービスのことです。

複合機の所有権はリース会社にあり、あくまでも賃貸という形式で利用する仕組みのことをいいます。

料金は通常、複合機の性能や契約年数、オプション、その他の条件によって変動しますが、長く使うほど割安になる傾向があります。

また所有権がリース会社にあることから、固定資産税や減価償却などの手続きは不要です。

複合機のリースとレンタルは、とてもよく似た契約方法ですが、さまざまな違いがあります。

そこで複合機のリースとレンタルの違いを以下の表にまとめましたのでぜひご参考ください。

【複合機(コピー機)のリースとレンタルの違い】

項目 リース レンタル
所有権 リース会社 レンタル会社
契約期間 5〜6年程度 数日〜3年程度
途中解約 不可
初期費用 かからない かかる
月額料金 割安 割高
商品 選べる(新品) 選べない(中古)
レンタルは、必要なものを必要な期間だけ借りられるというイメージです。
基本的には短期間での契約となるため、リースよりも月の利用料が割高になりやすいところがデメリットですね。
なるほど、レンタルは柔軟性が高いということですね。
複合機を長期間お得に使っていくのか、それとも短期で一時的に使っていくのかどうかが決め手になりますね!

複合機(コピー機)のリース契約タイプは2種類!

複合機(コピー機)のリース契約は、大きく分けて「ファイナンスリース」「オペレーティングリース」の2種類があります。

そこでここからは、それぞれの契約タイプについて詳しく解説します。

リース契約タイプ①ファイナンスリース

ファイナンスリースとは、リース会社が新しく複合機を購入して申し込み者に貸与する一般的な契約形態です。

長期契約で基本的に途中解約は不可、かつ契約満了後には複合機の返却が約束されていることから、通常手数料や金利は他のリース契約よりも比較的安く設定されています

リース契約タイプ②オペレーティングリース

オペレーティングリースとは、リース契約満了後に該当複合機を業者が中古で売却、もしくは再リースすることを条件として見込み価格をリース料金から割り引く形態のことです。

取引できる複合機は限られますが、オペレーティングリースには以下のような特徴があります。

  • リース期間を柔軟に設定でき中途解約も可能
  • リース料金の総額はファイナンスリースに比べて安い

ただし、複合機のリース契約のほとんどは、ファイナンスリース契約となっています。

複合機(コピー機)のリース料金の平均相場はいくら?

メンテナンス・保守

ここからは、目安として複合機をリース契約した時の料金相場をご紹介します。

連続印刷枚数 月額リース料相場 推奨月間印刷枚数
15枚/分 4,000~10,000円 ~1,000枚
20枚/分 10,000~18,000円 1,000~3,000枚
30枚/分 12,000~18,000円 3,000~6,000枚
40枚/分 16,000~23,000円 6,000~10,000枚
50枚/分 18,000~25,000円 10,000~30,000枚

複合機のリース契約期間は、一般的に5~6年程度で、料金の相場は月々約1~2万円となっています。

連続印刷枚数が15枚なら4,000円から、50枚なら18,000円からと複合機が高機能になるほどリース料金が高くなることがわかります。

またリース料金は業者によっても異なるので、複合機を安く導入・運用するには複数の業者で見積もりを取って比較検討することが重要です。

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

複合機(コピー機)のリース契約のカウンター料金とは?

リース契約で複合機を使っていく上で、かかる費用はリース料金だけではありません。

毎月リース料金に加えて、「カウンター料金」という費用がかかります。

このカウンター料金とは、月に印刷した枚数分の使用料を支払うことで受けられる保守契約の料金であり、毎月支払うことでトナーやメンテナンス等の保守を無料で受けられる仕組みのことです。

まとめると、リース料金とカウンター料金はそれぞれ以下のような料金体系となっています。

  • リース料金リース料金は複合機本体に対して支払う料金
  • カウンター料金印刷枚数に応じて支払う保守料金

またカウンター料金の単価はモノクロとカラーで異なり、料金の相場は以下のとおりです。

ここでは、新品複合機(コピー機)のカウンター料金をご紹介します。

フルカラー 2色カラー モノクロ
約8円~12円/枚 約3円~8円/枚 約0.8円~12円/枚

(※カウンター料金には、1枚にかかる単価の他に「最低月額料金」が定められています。月の印刷枚数が下回った場合、設定されている基本料金が適用されます。)

なるほど、1枚の印刷ごとに料金がかかるのですね・・・
ですが複合機を使っていく上でランニングコストがかかるのは当然ですし、保守サービスも受けられるので安心ですね。
そうなんです。
カウンター料金のコストを抑えるには、印刷ミスや余分なコピーはできるだけ避けたりと無駄のない利用を心掛けると良いですよ。

複合機(コピー機)のカウンター料金については、こちらの記事でも詳しく解説していますのでぜひご参考ください。

複合機(コピー機)のリース契約のメリット・デメリット

複合機(コピー機)のリース契約には、多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

そこでここからは、複合機(コピー機)のリース契約のリース契約のメリット・デメリットについて解説します。

複合機(コピー機)のリース契約のメリット

  1. 初期費用を抑えることができる
  2. 減価償却の手続きや固定資産税の支払いが不要
  3. 災害や盗難時に保険が適用されて安心

複合機をリース契約で導入する最大のメリットは、初期費用が抑えられるという点です。

一度に多額の購入資金を用意する必要がなく月々の一定のお支払いだけで済むため、少ない負担で複合機を導入・運用できます。

また煩わしい管理事務処理は全てリース会社が行うため事務業務の手間がかからない、保険の適用で万が一のトラブル時の備えも安心、といったメリットもあります。

複合機(コピー機)のリース契約のデメリット

  1. 一括購入よりも支払い総額が高額になる
  2. 途中解約ができない
  3. 契約満了後も所有権はリース会社にある

リース契約の場合、複合機の本体価格以外に保険料や金利、固定資産税が含まれるため支払い総額は一括購入よりも割高になります。

原則として中途解約は不可、長期にわたって毎月の固定費の支払いが発生するところもあり、会社によっては大きなデメリットになるでしょう。

さらに所有権はリース会社にあり、契約が満了しても所有権を持つことはできないので、複合機を会社資産とお考えなら一括購入をおすすめします。

複合機(コピー機)をリース契約する際の注意点!

複合機のリース契約のメリット・デメリットはよく分かりました!
では、契約前に何か注意するべきことってあるのでしょうか?
では続いて、複合機をリース契約で導入する際の3つの注意点についてご紹介しますね。

リース料金とカウンター料金のバランスに注意

複合機のリース契約では、月々の支払いはトータルでいくらになるのか把握することが重要です。

その中で注意したいのが、内訳となる「リース料金」と「カウンター料金」のバランスです。

例えばリース料金が安い場合、カウンター料金が割高に設定されているケースも少なくはないので、トータルのコストとそれぞれの料金のバランスを把握しましょう。

リース契約は原則中途解約ができない

リース契約では、原則中途解約ができない点に注意しましょう。

というのもリース契約は単純な賃貸借契約ではなく、利用者の購入資金を肩代わりする形でリース会社が支払い貸し出している形なので、途中で解約してもリース会社への支払い義務が残るのです。

廃業などのやむを得ない事情があれば残債を一括で支払うことで解約できるものの、基本的に中途解約はできないことをご理解ください。

また、複合機のリースの中途解約については、以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご参考ください。

コピー機・複合機のリース途中解約はできる?違約金や手順を解説

リース契約には審査がある

そもそも複合機のリース契約は、リース会社の審査に通らないと利用することができません。

リースの審査基準は様々ですが、例えば次のような項目が挙げられます。

  1. 会社の業績、継続年数
  2. 滞納歴(ローンや貸付の有無)
  3. 経営状態と業種
  4. 代表取締役の年齢

このように、企業の経営状態などによっては審査に通らない可能性もあることにご注意ください。

色々と考えるべきことがあるんですね、勉強になりました。
それで、複合機をリース契約するならどこが良いのでしょうか?
弊社「OFFICE110」なら、新品から中古まで豊富に複合機(コピー機)をご用意していますよ。
さらに圧倒的な業界最安値メーカー対応の安心サポートにより、数多くの企業様から選ばれています!
えっ、複合機をお得に導入できるんですか!?
詳しくお話が聞きたいです!
ありがとうございます、それでは「OFFICE110」についてご紹介していきますね。

複合機(コピー機)を安くリース契約するなら『OFFICE110』にお任せ!

OFFICE110

複合機(コピー機)を安く導入・運用したい方は、業界最安値の『OFFICE110』にお任せください!

新品の複合機が80%オフ、中古の複合機が大特価といったお得なキャンペーンが充実しており、どこよりも安い金額で販売。

もちろんリース契約にも対応しており、カウンター保守料金も圧倒的な業界最安値で提供させていただいております。

リース契約でとにかく初期費用を抑えて導入したい方はもちろん、少ない予算で一括で購入したい方にもおすすめです。

    【OFFICE110を利用するメリット】

  1. 複合機が業界最安値!新品も中古も格安
    全メーカー全機種対応!どこよりも安くご提供します
  2. 新品複合機のリース料金が激安価格
    リース料金も業界最安値!導入費用を抑えたい方におすすめです
  3. メーカー保証付きで導入後の運用も安心
    メンテナンスは専門メーカーのスタッフを派遣するので安心です
  4. 弊社の専門スタッフの徹底サポートでトラブルもすぐ解消
    全国どこでも対応!お困りごとやトラブルもお気軽にご相談ください
  5. そのほかのオフィス機器もトータルでお任せ
    取引実績は全国12万社以上!機器の販売から工事までトータルサポートします
少しでも気になる方は、お気軽にOFFICE110へお問い合わせください。お悩みのご相談やお見積もりだけでも、スタッフ一同お待ちしております!

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

まとめ

今回は複合機(コピー機)の「リース契約」について徹底解説しましたが、いかがでしたか?

最後に複合機をリース契約で導入するのが向いている企業をまとめると次のとおりです。

  • とにかく初期費用を安く済ませたい
  • 複合機は新品にこだわりたい
  • 長期間使う目処が立っている
  • 保守やメンテナンスもお任せしたい
重要なのは、メリット・デメリットを知った上で自社に合った支払い方法を選ぶことです。
導入の用途や目的も踏まえて、よく検討してみてくださいね。
はい、ありがとうございます!
リース契約を考えていましたが、この機会に一括購入も検討してみたいと思います。
もしも何か分からないことなどがあれば、ぜひお気軽にOFFICE110へお問い合わせください。
お困りごとや不明点、ご要望など何でもご相談いただければ、お客様に最適な機種や契約タイプをご提案します!

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!