NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

複合機のクラウド連携とは?機能・メリット・おすすめサービスを解説【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「知っておきたい便利機能紹介」記事一覧

複合機のクラウド連携とは?機能・メリット・おすすめサービスを解説

複合機のクラウド連携とは?機能・メリット・おすすめサービスを解説

最近の複合機は、「クラウド連携」という便利な機能を搭載しているものが増えています。

クラウド連携とは、複合機で処理した様々なデータをクラウド上で共有・管理することを指します。

これを活用することで、業務の効率化やコスト削減など、多くのメリットが得られます。

そこでこの記事では、複合機のクラウド連携について以下の内容についてわかりやすく解説します。

  • クラウド連携の意味と機能
  • クラウド連携を活用する5つのメリット
  • メーカー別のおすすめクラウドサービス

さらに、最後にクラウド連携に対応したおすすめの複合機もご紹介しますので、クラウド連携に対応した複合機をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

この記事の目次

  1. 複合機のクラウド連携とは?特徴・機能を解説

  2. 複合機のクラウド連携を利用するメリット

  3. 複合機メーカーのおすすめクラウドサービス4選

  4. クラウド連携できるおすすめ複合機を厳選!

  5. クラウド連携の最新複合機を格安で導入するなら『OFFICE110』にお任せ!
  6. まとめ
千々波 一博

監修者

千々波 一博
(ちぢわ かずひろ)

保有資格:Webリテラシー/.com Master Advance/ITパスポート/個人情報保護士/ビジネスマネージャー検定

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

2004年から通信業界で5年間営業として従事。その後、起業して他業種に進出。OFFICE110に営業で入社し、月40~60件ほどビジネスホン・複合機・法人携帯などを案内。現在は既存のお客様のコンサルティングとして従事。

複合機のクラウド連携とは?特徴・機能を解説

複合機をより便利に使う上で、「クラウド連携」は非常に役立ちます。

ここでは、クラウド連携の基本情報と機能について解説します。

クラウド連携とは

クラウド連携とは

クラウド連携とは「複合機で扱う各種データをクラウドサービス上でも共有できること」です。※クラウドサービスとは、インターネットを介して利用できるアプリや機能のこと。

従来の複合機の場合、基本的に、製品にあらかじめ搭載されている機能のみしか使うことができません。

しかし、クラウド連携を使えば外部サービスを利用して機能を拡張することが可能です。

クラウド連携で利用できる主な機能

クラウド連携を利用することで、以下の機能を利用できます。

スキャンした文章をクラウドサービスに保存できる

スキャンデータを複合機内蔵のストレージや外部ストレージに保存せず、インターネット上に保存可能です。これにより物理的なストレージの容量圧迫を防げます。

どこからでも保存された文章やデータを検索・編集・閲覧できる

保存されたデータは、オフィス外にいる時でもスマホやタブレットなどで閲覧可能です。

保存先のクラウドサービスにアクセスすれば、目的のデータを検索したり編集したりできます。
WordやExcelなど汎用的なファイルで管理することも可能です。

保存されたデータを複合機で出力できる

保存されたデータは、クラウドサービスから呼び出して、複合機で印刷できます。
紙媒体で資料を閲覧したり書き込んだりしたりする場合に便利です。

受信したFAXをクラウドに転送できる

FAXを受信した時に、毎回紙に印刷する必要はありません。
クラウド上のストレージに保存して、どこからでも閲覧することが可能です。

複合機のクラウド連携を利用するメリット

複合機のクラウド連携を利用すると、以下のメリットが生まれます。

  • クラウドの活用で業務効率化につながる
  • ペーパーレス化でコスト削減につながる
  • テレワークなど多様な働き方に対応できる
  • 災害など緊急時に備えるBCP対策が実現する
  • 持ち出しによる情報漏洩リスクを低減できる

それぞれのメリットについて解説します。

クラウドの活用で業務効率化につながる

クラウド連携により、以下の点において業務効率化が実現します。

文書をクラウドストレージに保存することで、場所を問わずデータの確認ができる

複合機でスキャンしたデータや受信したFAXデータがクラウド上にあれば、オフィス内だけでなくオフィス外からでも確認が可能です。

資料を確認するために、わざわざ外出先からオフィスに戻る必要はありません。

さらに、海外にいても資料を共有管理できるため、出張や外回りが多い部署でも重宝します。

文書の印刷データを簡単に探し出して紙に出力できる

紙へ印刷する必要が生じた時は、クラウドストレージにアクセスして目的のファイルを簡単に探すことが可能です。

USBメモリなど特定のストレージをわざわざ探さずにすむため、作業効率が上がるでしょう。

情報を整理しやすい

紙の資料だとファイリングの手間や保管場所の確保など、面倒な作業が生まれてしまいます。
ストレージ上なら一括管理が可能なほか、物理的な保管スペースが必要なくなるため、スモールオフィスでも活躍します。

業務効率化を複合機のクラウド連携で達成した事例として、リコーの『RICOH カンタンストレージ活用』を導入した城善建設株式会社の例をご紹介しましょう。

同社はクラウド上にデータを保存するよう徹底した結果、現場や打合せの際に書類を持参したり、持ち合わせのない資料を取りにわざわざオフィスへ戻ったりする必要がなくなりました。

結果、時間を効率的に使えるようになり、精神的にもゆとりが生まれ、さらに、資料の管理も楽になり、社員の負荷軽減を実現しています。

ペーパーレス化でコスト削減につながる

社内資料のペーパーレス化

クラウド連携により紙への出力が減ると、ペーパーレスを促進でき、印刷コストの削減にもつながります。

クラウドストレージにFAXデータやスキャンデータ各種データを保存すれば、紙媒体に出力しなくてもスマホやパソコン上からデータを閲覧・編集可能です。

クラウド連携によってデジタル形式での資料の電子化を進めていけば、印刷コストを今よりも削減できるでしょう。

クラウド連携を導入した企業の多くが、成果としてコスト削減の効果を挙げています。

例えば、建設業の城善建設株式会社も、クラウド連携によりコストカットに成功しました。

建設業の特徴として、以前は紙を使う場面が多かったそうですが、クラウドサービスを活用した結果、年間で8,500枚も印刷用紙の使用量を減らすことに成功しました。

テレワークなど多様な働き方に対応できる

テレワーク導入に活用

クラウド連携は、テレワークなど働き方改革の推進にも貢献しています。

さまざまなデータをクラウド上で管理すれば、オフィス以外の場所でも同じデータにアクセスできます。

これにより、自宅やコワーキングスペースでの作業がしやすくなり、テレワークを導入しやすくもなるでしょう。

テレワークは時間の効率的な活用や交通費の削減、プライベート時間の拡充などさまざまなメリットで注目されていますが、クラウド連携はテレワークの推進に役立つツールとなります。

リコーの『RICOH カンタンストレージ活用』を導入した日進機工株式会社は、クラウド連携を活用してテレワークを推進しています。

同社は以前、紙書類や社内のファイルサーバーにある文書を確認するため出社を余儀なくされていました。

しかしクラウド連携を活用するようになった結果、各書類をスキャンしてクラウド上にデータで保存し、どこからでもアクセスできるようになりました。

災害など緊急時に備えるBCP対策が実現する

クラウド連携は、BCP対策としても注目されるサービスの一つです。

BCP対策

BCP対策とは、企業が天災や人災などの緊急事態に対して被害を最小限にとどめ、速やかに事業の復旧・継続ができるよう対応することをいいます。

台風や地震・テロなどの緊急事態が発生すると、交通網や人の流れがストップして、通常通りに業務を進行ができなくなってしまいます。

しかし、さまざまな資料を電子化してクラウド上で管理すれば、仮に出社が難しくなっても業務をスムーズに再開できるでしょう。

実際、前述の日進機工株式会社は、クラウド連携によってBCP対策を効率よく進めることができました。

同社ではクラウド連携サービスを導入した直後、コロナ禍が世界中で発生し、テレワークの必要性が生じたようです。

しかし、すでにデータ管理をクラウド連携で進めていたおかげで、目立った業務への支障は発生せず、いつもどおり業務を進められました。

持ち出しによる情報漏洩リスクを低減できる

複合機のクラウド連携は、情報漏洩リスクの低減にも役立ちます。

複合機で扱うデータを、USBメモリやSDカードに保存している企業は少なくないでしょう。

これらの機器は持ち運びが容易であるのがメリットですが、その分、持ち出しによる情報漏洩リスクが高いのも事実です。

不正利用を目的として誰かがデータを持ち出すリスクはもちろん、紛失により意図せず情報漏洩が起きてしまうリスクも存在します。

一方、クラウド連携の場合、インターネットを介してデータにアクセスするため、紛失のリスクが限りなく低いです。

ログイン情報を使ってアクセスするので一定のセキュリティも確保されており、企業にとってはリスクとなる情報漏洩を低減するのに役立ちます。

OFFICE110では、クラウド連携に対応した最新複合機を多数取り扱っております。さらに新品複合機が80%OFF、人気の中古複合機がお得になるキャンペーンも実施しておりますので、ぜひこの機会にお問い合わせください。

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

複合機メーカーのおすすめクラウドサービス4選

複合機メーカー別に、おすすめのクラウドサービスとして以下の4つのサービスをご紹介します。

  1. 富士フイルム『Cloud Service Hub』
  2. リコー『RICOH カンタンストレージ活用シリーズ』
  3. Canon『uniFLOW Online』
  4. SHARP『クラウドソリューション』

各サービスの特徴や機能・価格をご紹介します。

富士フイルム『Cloud Service Hub』

Cloud Service Hub(富士フイルム)

引用:富士フイルム『Cloud Service Hub』

まず初めに、富士フイルムが提供する『Cloud Service Hub』をご紹介します。

このサービスは、複数のクラウドサービスを一元管理できるサービスで、有名なクラウドサービスへまとめてアクセス可能です。

Cloud Service Hubの特徴・機能

まずは、Cloud Service Hubの特徴と機能についてご紹介します。

    <特徴>

  • 最大2万ユーザーの登録が可能
  • 英語や中国語やタイ語など6つの外国語に対応
  • SSL証明書/SSL暗号化に対応した強固なセキュリティ

    <機能>

  • スキャンデータをクラウドへ直接保存
  • 複合機からのデータ検索やプリント
  • 外出先からのファイル管理
  • ファイルの横断検索
  • データ印刷時にファイルを印刷用形式へ自動変換

Cloud Service Hubでは、複合機の操作パネルから連携しているクラウドサービスへアクセスできます。

シングルサインオンを利用することで、ストレスを感じることなく、一度に複数のサービスの利用を開始することが可能です。

※シングルサインオンとは、IDやパスワードなどのログイン情報を一度入力するだけで、複数の異なるサービスをまとめて使えるようにする仕組み。

また、Cloud Service Hubは、以下のクラウドサービスと連携しています。

  • Box
  • Dropbox
  • Evernote
  • Google Drive
  • OneDrive/OneDrive for Business
  • SharePoint Online
  • Working Folder/Working Folder Plus

Cloud Service Hubの価格

次にCloud Service Hubは、連携するサービスを個別に契約するプランやパッケージになったプランなど、さまざまなプランが用意されています。

代表的なプランの価格は以下のとおりです。

プラン 月額費用(税別)
個別プラン Cloud Service Hub For Box 2,100円
Cloud Service Hub For Dropbox
Cloud Service Hub Syncs With Evernote
Cloud Service Hub For Google Drive
Cloud Service Hub For OneDrive
Cloud Service Hub For SharePoint Online
Cloud Service Hub For Working Folder
パッケージプラン Cloud Service Hub(7 Pack) 4,200円
Cloud Service Hub(Office365 Pack) 2,800円
なお法人向けの無料トライアルとして、60日間無料でサービスを利用することも可能です。

リコー『RICOH カンタンストレージ活用シリーズ』

RICOH カンタンストレージ活用シリーズ

引用:リコー『RICOH カンタンストレージ活用シリーズ』

リコーの『RICOH カンタンストレージ活用シリーズ』は、リコー製複合機と各種クラウドストレージを連携するサービスです。

登録や設定が簡単なため、スムーズな導入を目指している企業にもおすすめします。

RICOH カンタンストレージ活用シリーズの特徴・機能

RICOH カンタンストレージ活用シリーズには以下の特徴と機能があります。

    <特徴>

  • 画面カスタマイズ機能で特定の保存先ボタンや特定文書の印刷ボタンを自由に設定できる
  • 辞書取込機能によりファイル名の入力負担を省略できる
  • Azure ADとの連携でアカウント情報の流用が可能

    <機能>

  • スキャンデータやOCR処理されたデータのクラウドストレージへの保存
  • 保存データの印刷(他オフィスの複合機でも可能)
  • オフィス外からのデータへのアクセス
  • 保存データのプリントアウト

クラウド連携の登録やアクセスは非常にスムーズです。
パソコンや特定のドライバが不要で、わずか3ステップで登録が完了します。

ログインはICカードをかざすか4桁以上のパスコードを入力するだけ。
ITに慣れていない場合でも、簡単にクラウド上のデータへアクセスできます。

RICOH カンタンストレージ活用シリーズは、以下のクラウドサービスと連携しています。

  • Box
  • DocuWare
  • Dropbox Business
  • Google Drive
  • OneDrive for Business
  • SharePoint Online

RICOH カンタンストレージ活用シリーズの価格

RICOH カンタンストレージ活用シリーズは、月額契約と年額契約とにプランが分かれています。

プラン 月額費用(税別)
年額契約 クラウドアプリケーション スタートパック 5,000円/契約
カンタンストレージ活用 for Box 1万8,000円/デバイス
カンタンストレージ活用 for DocuWare
カンタンストレージ活用 for Dropbox
カンタンストレージ活用 for OneDrive for Business
月額契約 クラウドアプリケーション スタートパック 5,000円/契約
カンタンストレージ活用 for Box 1,500円/デバイス
カンタンストレージ活用 for DocuWare
カンタンストレージ活用 for Dropbox
カンタンストレージ活用 for OneDrive for Business

RICOH クラウドアプリケーション スタートパックを購入することで、基本的なクラウド連携機能が利用可能となります。

さらにリコーは一定期間、無料で本サービスを試せるサービスを随時実施しています。

Canon『uniFLOW Online』

uniFLOW Online(Canon)

引用:Canon『uniFLOW Online』

Canonの『uniFLOW Online』は、オフィス向け複合機『imageRUNNER ADVANCE』と各種クラウドサービスを接続するクラウド連携サービスです。

本製品のスペックや強みを見ていきましょう。

uniFLOW Onlineの特徴・機能

uniFLOW Onlineには以下の特徴と機能があります。

    <特徴>

  • 個人の利用状況を分析して業務の無駄を省ける集計レポート
  • 領収書のスキャンおよび会計ソフトへの自動転記で会計処理が効率化
  • 連携可能なクラウドサービスが豊富
  • 自宅プリンターの一括管理機能

    <機能>

  • スキャンデータのクラウド保存
  • 受信したFAXデータのクラウドストレージへの転送
  • アプリ不要でスマホやタブレットから印刷
  • 定型フォーマットの読み取りと自動ファイリング

uniFLOW Onlineはクラウドストレージだけでなく、会計仕分業務や経費精算業務に関連したクラウドサービスとの連携ができることが特徴です。

データ保存だけでなく、スキャンしたデータを業務効率化に役立てたい場合にも重宝します。

uniFLOW Onlineは、以下のクラウドサービスと連携しています。

  • HOME-BOX2
  • Box
  • Dropbox
  • Evernote
  • Google Drive
  • OneDrive for Business
  • SharePoint Online
  • Concur
  • 楽楽精算
  • 勘定奉行クラウド
  • Teams

uniFLOW Onlineの価格

uniFLOW Onlineの代表的なプランの月額費用は以下のとおりです。

プラン 月額費用(税別)
uniFLOW Online スターティングパック 5,000円/契約
uniFLOW Online Cloud Print & Scan 1-9 2,900円/台
uniFLOW Online Cloud Scan Advance 1-9 3,200円/台
uniFLOW Online Cloud会計処理アシスト 2,500円/台
uniFLOW Online Cloud Print 1,500円/台
uniFLOW Online Cloud Link Print Connection 25 7,000円/25台

uniFLOW Online スターティングパックは初回契約時に必要です。

いくつかのプランが用意されていますが、「Cloud Print&Scan」がベーシックなプランで、主要なクラウドサービスと連携可能です。必要に応じて、その他のプランを契約できます。

SHARP『クラウドソリューション』

SHARPクラウドソリューション

引用:SHARP『クラウドソリューション』

『クラウドソリューション』は、SHARPが提供するクラウド連携サービスです。

SHARPの人気のあるMXシリーズをはじめとした多くの複合機が対象製品になっており、現在SHARPの複合機を利用している方もクラウド連携機能を利用できる可能性が高いです。

クラウドソリューションの特徴・機能

クラウドソリューションには以下の特徴と機能があります。

    <特徴>

  • オンラインメールサービスにも対応
  • 3ステップでプリントができるシンプルな操作性

    <機能>

  • スキャンデータを各種クラウドストレージに保存
  • 複合機から直接クラウド上の保存データを印刷
  • モバイル端末からのデータ閲覧&編集

クラウドソリューションは、以下のクラウドサービスと連携しています。

  • Box
  • Dropbox
  • Google Drive
  • OneDrive for Business
  • SharePoint Online
  • Exchange Online
  • Gmail
  • TeleOffice

クラウドソリューションの価格

クラウドソリューションの価格情報は、直接SHARPに問い合わせが必要です。問い合わせ窓口はこちらです。

クラウド連携できるおすすめ複合機を厳選!

ここからは、クラウド連携を活用できるおすすめ複合機を4つご紹介します。

  1. 富士フイルム『Apeos C2360』
  2. リコー『RICOH IM C2010』
  3. Canon『iR C3222F』
  4. SHARP『MX-2630FN』

これから複合機の新規導入や買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

富士フイルム『Apeos C2360』

Apeos_C2360_4段(富士フイルム)

詳しくはこちら:Apeos C2360(富士フイルム)

富士フイルム『Apeos C2360』は、A3サイズのカラー複合機です。

幅590×奥行659mmとコンパクトに設計されており、小さめのオフィスでも活躍します。

トレイを最大限に増やせば、最大2,510枚もの給紙が可能です。

本製品には、以下の特徴があります。

  • 座ったままでも操作可能なサイズ感
  • QRコードの読み込みでかんたんスマホ設定
  • 1,200×2,400 dpiの精細な画質
  • 視認性とカスタマイズ性が高い7インチタッチパネル
  • トレイやキャスターなど本体設備の組み合わせが多彩
  • 針なしステープルや中とじを含むさまざまな出力が可能

省スペースに高画質の複合機を導入したい方におすすめです。

リコー『RICOH IM C2010』

RICOH IM C2010

詳しくはこちら:RICOH IM C2010(リコー)

リコー『RICOH IM C2010』は、A3印刷に対応するデジタルフルカラー複合機です。

256GBの大容量SSDを搭載しており、クラウド連携と合わせれば多量のデータ管理ができます。

ICカードを利用した個人認証管理や最新の暗号化通信プロトコルTLS1.3に対応したシステムなど、高いセキュリティレベルを誇ります。

他にも以下のような特徴があります。

  • 素早い立ち上がりでファーストコピータイムが高速(モノクロ5.1秒、フルカラー7.4秒)
  • 4,800×1,200dpiでフルカラー印刷の高精細表現が可能
  • 長さ1,260mmまでの長尺印刷が可能でポスター&POP作成が容易
  • 綴じた本や雑誌をばらさずページ順に出力可能
  • 手指しトレイの用紙を自動検知し紙詰まりを防止

大量のデータを扱い、セキュリティレベルの高い複合機をお探しの方に最適な一台です。

Canon『iR C3222F』

Canon(キャノン)『iR_C3222』[1]

詳しくはこちら:iR C3222F(Canon)

Canon『iR C3222F』は、A3サイズ対応のオフィス向け複合機です。

7インチのコンパクトでシンプルな操作パネルを採用しており、わずかな視線移動と手の動きで、作業を迅速に行えるようになっています。

「ボタンだらけの複雑なパネルだと抵抗がある」という社員の方にも使いやすい製品です。

他にも『iR C3222F』には、以下の特徴があります。

  • 防汚コートガラスとスジ補正機能による高品質なスキャンを実現
  • 高速な印刷速度(カラー・モノクロともに22枚/分)
  • オンラインサポートサービスにより複合機のトラブルを遠隔監視&復旧をサポート
  • 自動引き込みアシスト機構を採用した給紙カセットで開閉がスムーズ

シンプルな操作性で高性能な複合機を導入したい方におすすめです。

SHARP『MX-2630FN』

SHARP MX-2630FN

詳しくはこちら:MX-2630FN(SHARP)

SHARP『MX-2630FN』は、最大A3サイズの印刷ができるデジタルフルカラー複合機です。

A4用紙6枚分ほどの設置面積(608×650mm)しか取らないため、置き場所に困りません。

即熱定着システムやウォームアップタイムの短縮・LED光源採用など、多彩な省エネ機能も搭載しています。

それと同時に、スリープモードからの1秒復帰や最速4.7秒のファーストコピータイムを実現するなど、エコとスピードの両立を実現しています。

他にも、以下のような特徴があります。

  • 片面80枚/分の高速スキャンが可能
  • 使用頻度の高い項目のみを操作パネルに表示できるシンプルモード
  • 雑誌から写真部のみの切り出しが可能
  • 複数の領収書を個別にファイリングできるマルチクロップ機能
  • 針なしとマニュアルの2種類のステープルや穴あけ自動化など多彩な追加機能を搭載可能

高性能でお手頃な価格の複合機をお探しの方におすすめの一台です。

クラウド連携の最新複合機を格安で導入するなら『OFFICE110』にお任せ!

OFFICE110

「クラウド連携機能を搭載した複合機を導入したい」
「最新の複合機をできるだけ安く導入したい」

このようなお悩みを抱えている方は、業界最安値の「OFFICE110」にお任せください!

今なら新品複合機が最大80%OFF、さらに人気の中古複合機が大特価になるキャンペーンを実施中です!

リース契約にも対応しており、カウンター保守料金も圧倒的な業界最安値でご提供しております。

さらにOFFICE110には以下の強みがあります。

OFFICE110の強み

  • 複合機が業界最安値!新品も中古も格安でご提供
    他社より1円でも高い場合はさらにお値引きいたします
  • 全メーカーに対応で選択肢が豊富
    主要複合機メーカーの新品・中古を豊富に取りそろえています
  • メーカー保証付きで導入後の運用も安心
    メンテナンスは専門のスタッフを派遣するので安心です
  • 弊社の専門スタッフの徹底サポートでトラブルもすぐに解消
    全国どこでも対応!お困りごとやトラブルもお気軽にご相談ください
  • そのほかのオフィス機器もトータルでお任せ
    取引実績は全国12万社以上!機器の販売から工事までトータルサポートします

OFFICE110では、豊富な導入実績に基づき、専門のスタッフがお客様のニーズに合わせて最適な機種をご提案いたします。

さらに、複合機の導入から搬入設置、設定、アフターサポートまでトータルサポートいたしますので、導入後も安心してご利用いただけます。

複合機をはじめオフィス機器の導入やお悩みをお持ちの方は、ぜひOFFICE110にお任せください!お見積もりも無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

新品複合機が80%オフ!リース料金7,000円~、業界最安値【OFFICE110】

まとめ

クラウド連携とは、複合機で扱う各種データをクラウドサービス上でも共有できるサービスのことです。

各種クラウドサービスと連携することで、以下のようなメリットがあります。

  • クラウドの活用で業務効率化につながる
  • ペーパーレス化でコスト削減につながる
  • テレワークなど多様な働き方に対応できる
  • 災害など緊急時に備えるBCP対策が実現する
  • 持ち出しによる情報漏洩リスクを低減できる

ペーパーレスを推進したい企業やリモートワークをもっと普及させたい企業、資料の取り扱いを効率的に行いたい企業は、クラウド連携に対応した複合機の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

OFFICE110は、複合機に精通したプロのスタッフが多数在籍し、お客様のニーズに合わせて最適な機種をご提案させていただきます。

複合機の導入やクラウド連携対応の複合機をお探しの方はぜひOFFICE110までご相談ください。スタッフ一同、みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!