A0対応の広幅複合機(コピー機)の選び方!おすすめ9選紹介!【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • 中古複合機超特価キャンペーン
  • ビジネスフォンご購入でコピー機が0万円!
  • 起業・オフィス開設支援キャンペーン
「複合機の価格や選ぶポイントを徹底解説」記事一覧

A0対応の広幅複合機(コピー機)の選び方!おすすめ9選紹介!

A0対応の広幅複合機(コピー機)の選び方!おすすめ9選紹介!

A0サイズの用紙に対応する、広幅複合機(コピー機)の購入を検討しています。このような特殊な複合機(コピー機)は、どのような基準で選べばいいのでしょうか?
大切なのは、用途です。「主にCADソフトを用いて図面を印刷する」のか?あるいは「色の鮮やかさに特化した大きなポスターを印刷する」のか?それらの用途によって、導入すべき複合機(コピー機)が大きく異なります。

広幅複合機(コピー機)を選ぶポイント3点と、用途別におすすめの広幅複合機(コピー機)を3種類ずつご紹介します。

この記事の目次
  1. 最適なA0対応の広幅複合機(コピー機)3つの選び方
  2. 用紙サイズA0対応!用途別おすすめ広幅複合機(コピー機)9選
  3. 本体価格が0円!?「OFFICE110」のA0対応広幅複合機
  4. まとめ

最適なA0対応の広幅複合機(コピー機)3つの選び方

A0サイズの用紙は、841×1,189mmの特大サイズです。

その大きさの用紙に対応可能な複合機は、「広幅複合機」または「大判複合機」とも呼ばれます。

これらは少々特殊な複合機(コピー機)なので、初めて選定する人は少し戸惑うでしょう。

自社にとって最適な、広幅複合機の選定ポイントについて3つご紹介します。

1-1.設置スペース

A0サイズの用紙に対応した広幅複合機(コピー機)は、かなり大きな機械です。

そのため、相当なスペースを確保する必要があります。

さらに、一度設置したら移動が大変なので、設置場所とその確保はとても重要です。

A0サイズに対応した広幅複合機(コピー機)なら、サイズがおよそ「幅:190cm 奥行き:70cm 高さ:120cm」ほどあると考えて良いでしょう。 

1-2.A0サイズ以外にも対応

広幅複合機(コピー機)は、A0サイズ専用でなく、できるだけ他のサイズも印刷できる機種が望ましいです。

というのも、広幅複合機(コピー機)自体が高額なため、他のサイズが印刷できるもう一台を購入すると、余計に費用がかかるからです。

他に少しでも印刷する可能性がある用紙サイズがあるなら、そのサイズにも対応する機種を選びましょう。

1-2.A0サイズ対応機の用途

A0サイズ対応の広幅複合機(コピー機)は、専門性の高い機器です。

ということは、使用用途によって、購入すべきメーカーや機種が大きく異なります。

例えば、ポスターやポップ系などデザインに特化した印刷をするなら、エプソンの複合機(コピー機)。

CADや図面・グラフィック系の印刷に特化しているのは、リコーまたは富士ゼロックスの複合機(コピー機)など。

2章で用途別におすすめをご紹介いたしますので、複合機(コピー機)選定のご参考にしてください。

新品中古コピー機

用紙サイズA0対応!用途別おすすめ広幅複合機(コピー機)9選

では、A0サイズの用紙に対応したおすすめの広幅複合機(コピー機)を、用途別にご紹介します。

また、機種によっては、本体を支えるスタンドがオプション扱いになっている物もあるため、ご購入の際には同梱商品に注意してください。

2-1.CADデータや図面

図面には、非常に細かな正確さが求められます。

印刷される線も、太さによって図面の正確さが失われてはいけません。

そのため、インク(トナー)のにじみがなく1本1本の線を正確に印刷できる機種が向いています。

そんな印刷の精密さに特化した複合機(コピー機)を、3点ご紹介します。

精密さに特化した複合機

2-1-1.おすすめ!広幅複合機(コピー機)3選

前述した通り、図面の印刷をするなら、細かい線の太さやミリ単位の長さの再現が必要になります。

さらに、欲を言えば、印刷スピードも欲しいところ。

そんな綿密さと印刷速度に特化した複合機(コピー機)が、以下3つです。

■「リコー:MP CW2201」

本体価格 (税別)189万円
対応用紙サイズ A0判~A4判、B1判~B4判
用紙の最小 幅280mm×長さ210mm(ロール紙)
幅280mm×長さ210mm(手差し)
用紙の最大 幅914mm×長さ15,000mm(ロール紙)
幅914mm×長さ2,000mm(手差し)

オフィス向けの複合機(コピー機)を数多く生み出しているだけあり、広幅複合機(コピー機)も例に漏れず、操作のしやすいタッチパネル。

というのも、初めの画面がユーザーごとに、よく使用する機能でカスタマイズされているためです。

幅広いシェアを誇るCADソフト「AutoCAD」専用のドライバーつきなのもポイント。

■「リコー:MP W6700 SP」

本体価格 (税別)245万円
対応用紙サイズ A0判~A4判
用紙の最小 幅210mm×長さ210mm(ロール紙)
幅210mm×長さ182mm(手差し)
用紙の最大 幅914mm×長さ15,000mm(ロール紙)
幅914mm×長さ2,000mm(手差し)

幅を指定し、三つ折りを自動で行ってくれる「折り機能」が搭載されており、作業の効率化につながります。

また、リコーが独自に進化させた「プロッター機能」により、綿密な図面印刷を3.7枚 / 分(A0)の脅威の速度で印刷してくれます。

■「富士ゼロックス:DocuWide 3037 EP」

本体価格 (税別)214万円
対応用紙サイズ ※ロール紙、手差し給紙、トレイそれぞれ指定された用紙サイズがあるため、上記の公式サイトを参照すること。
用紙の最小 幅:210mm×長さ:210mm(普通紙)
幅:210mm×長さ:210mm(トレーシングペーパー/フィルム)
用紙の最大 幅:914.4 mm×長さ:15,000 mm(普通紙)
幅:914.4 mm×長さ:2,500 mm(トレーシングペーパー/フィルム)

A0サイズの用紙を印刷するだけでなく、スキャンも可能です。(モノクロの場合)

「送信前プレビュー表示」によってスキャンされた画面を確認することで、印刷ミスや送信ミスを防ぎます。

さらに、これらの動作は全て複合機(コピー機)本体で操作が可能です。

2-1-2.使用すべき用紙とインク

きれいな図面印刷には、にじまず線がはっきり写っていることが条件です。

そこでおすすめのインクは、「水性染料インク」または「水性顔料インク」

どちらも、線の描画が油性インクより鮮明です。

ただし、「水性染料インク」は水に弱く、「水性顔料インク」は指で擦るなどの摩擦に弱いので、印刷物を使用する場所によって使い分けましょう。

用紙は、以下の種類がおすすめです。

普通紙 オフィスでもおなじみの紙。安価で手に入るので、コスパがいい。
コート紙 光沢を出し、かつカラー印刷するなら、色を鮮やかにしてくれるコート紙がおすすめ。
マイラーフィルム インクジェット方式用の紙。水性インクにも対応しており、インクのにじみがないのはもちろん、線が正確にはっきりと印刷される。
新品中古コピー機

※基本は、導入予定の広幅複合機(コピー機)の説明書に記載されている対応用紙・対応インクに従うこと。

2-2.ポスターや大型POP

色鮮やかさにこだわるなら、「エプソン」の複合機(コピー機)がおすすめです。

インクの種類や用紙の素材も選べ、もちろん全てエプソンでの購入が可能です。

色鮮やかな印刷

2-2-1.おすすめ!広幅複合機(コピー機)3選

ポスターや大型POPを印刷するには、色味に強い複合期(コピー機)を選ぶことがおすすめです。

そんな色味に特化した複合機(コピー機)は、以下の3点です。

■「エプソン:SC-P9550」

本体価格 (税別)79万8千円
対応用紙サイズ A4〜B0
単標紙 用紙幅:210mm〜1,118mm 用紙厚:0.08mm〜1.5mm
ロール紙 用紙幅:254mm〜1,118mm 用紙厚:0.08mm〜0.5mm

通常の複合機(コピー機)は、4色が基本です。

しかし、この複合機(コピー機)は、脅威の11色インクによる印刷です。

他の複合機(コピー機)での表現が難しい影や物のシワなど、本物同然にリアルに再現できます。

■「エプソン:SC-T5150」

本体価格 (税別)23万8千円
対応用紙サイズ A4~A3、A1、A0
単標紙 用紙幅:210mm~914mm 用紙厚:0.12mm~0.27mm
ロール紙 用紙幅:329mm~914mm 用紙厚:0.05mm~0.21mm

寸法が130cm×70cm×91cmほどのコンパクトサイズなので、スタンドがなくても卓上に置くことができます。

値段も手頃なため、主に社内用資料に使用したい場合などにおすすめです。

■「キヤノン:PlotWave 3000」

本体価格 (税別)164万円
対応用紙サイズ A0〜A1
用紙幅 297 mm(A3タテ) ~ 914 mm
用紙厚 60 ~ 110 g/㎡

スキャンデータのクラウド保存やインターネットプリントなど、オフィスに置かれている通常の複合機(コピー機)同様の機能を兼ね備えています。

さらに、拡大や縮小など、タッチパネルの操作がほぼスマホと同じであるため簡単です。

2-2-2.使用すべき用紙とインク

ポスターやPOPなら、「水性顔料インク」がおすすめです。

というのも、油性インクより色の表現力に優れており、かつ水性染料インクより色褪せしにくく水にも強いからです。

用紙は、光沢を出したいなら「コート紙」。

主に屋外で使用する場合は、「合成紙」。

一般に販売されているカレンダーのように、光沢を出さずにボリュームを出したいなら、「マットコート紙」を選びましょう。

※基本は、導入予定の広幅複合機(コピー機)の説明書に記載されている対応用紙・対応インクに従うこと。

2-3.屋外の看板サイン

色の表現が豊かで、かつ屋外に設置しても色褪せないような強さを持つ複合機(コピー機)と言えば、こちらもやはり「エプソン」に軍配が上がります。

屋外の看板サイン

2-3-1.おすすめ!広幅複合機(コピー機)3選

看板サインに印刷するには、色の鮮やかさはもちろん、多様な厚みの対象物に対応できる機種を選ぶべきです。

また、屋外に看板を設置するなら、屋外でも長時間耐えられるような印刷ができる機種が必要になります。

そんな印刷物の強さに特化した複合機(コピー機)は、以下の3点です。

■「HP:Latex 315」

本体価格 (税別)198万円
対応用紙サイズ (幅)254~1,371 mm

低価格で、看板印刷に特化した機能を実現しました。

ディスプレイ業界へ新規参入する企業向けとして販売しており、操作のしやすさに加え、電飾看板や車両ラッピングなど印刷の対象物にできる物が豊富です。

■「エプソン:SC-R5050」

本体価格 (税別)240万円
対応用紙サイズ (幅)300~1,626mm(長さ)500mm以上

速乾性に非常に優れた「レジンインク」に対応しているため、納期まで短い案件でも安心です。

また、普通紙はもちろん、壁紙やテキスタイルにも印刷可能です。

■「エプソン:SC-V7000」

本体価格 (税別)930万円
対応用紙サイズ 2,500mm × 1,250 mmまでの範囲内

エプソンが独自に開発した「UVインク」で、他のインクよりも光沢表現や色の鮮やかさを表現できます。

さらに「UVインク」のおかげで、薄い紙から厚みのある段ボールなど、厚さ80mmまでの対象物に印刷することが可能です。

2-3-2.使用すべき用紙とインク

屋外でも耐えられ、かつ色の表現に優れたインクを使用するなら、以下3種類がおすすめです。

ラテックスインク インクをかけた後、温風をあてて水分を蒸発させる。その際にインクが印刷対象物にしっかりくっつく仕組み。そのため印刷の対象物にできるものが多い。
UVインク エプソンが独自開発したインク。ホワイトインクでもともと色付きだった印刷対象物の背景を白くすることで、他の色を際立たせることができる。
レジンインク ラテックスインクに比べて、使用できる複合機(コピー機)が限られている上に割高。ただし水性インクにも関わらず、印刷の対象物にできる物が豊富で、環境に配慮された作りになっている。

さらに、用途別におすすめの印刷対象物は以下があります。

塩ビ 車両、屋外用看板、屋内用看板
ターポリン イベント用のぼり、スタンド付き看板
PET 電飾サイン、窓ガラスへの装飾、電柱看板

本体価格が0円!?「OFFICE110」のA0対応広幅複合機

さっそく、広幅複合機(コピー機)を選定したいと思います。おすすめの販売店はありますか?
フクジマ様にはぜひ、オフィス機器取扱専門店「OFFICE110」をおすすめしたいと思います。

複合機(コピー機)をお求めの方に朗報です!

「OFFICE110」では現在、「中古コピー機SUPER0円」キャンペーンが実施されています。

【「中古コピー機SUPER0円」キャンペーン内容】
  • A0サイズ対応!広幅複合機含む、指定の複合機(コピー機)が本体価格0円!
  • 動作確認、クリーニングを施し新品同様の高品質
  • 安心最安値のカウンター保守契約が結べる
  • 実際にかかる費用は設置費用のみ

例えば、A0サイズ対応の広幅複合機なら、キャンペーン対象に以下の機種などがあります。

  • 京セラ:KM-4850w
  • リコー:MP CW1200
  • リコー:MP CW2200
本体価格が0円なのに、安心の保守サービスが受けられるなんてすごいですね!
台数に限りがございますので、気になりましたら、ぜひお早めにお申し込みくださいね。
中古コピー機大特価キャンペーン開催中

まとめ

広幅複合機(コピー機)の中でも、今回はA0サイズ用紙に対応した複合機(コピー機)に特化してご紹介しました。

選定ポイントは、以下の3点です。

  • 広幅複合機(コピー機)を設置するスペース
  • A0のみではなく他のサイズにも対応した機種を!
  • A0対応の広幅複合機(コピー機)の用途
どの複合機(コピー機)メーカーも、非常に優れた広幅複合機(コピー機)を販売しており、それぞれのメーカーごとに特化した用途があります。

そこで今回は、以下3種類の用途別に、おすすめの複合機(コピー機)を全部で9つご紹介しました。

【選定のポイントとなる複合機(コピー機)の用途】
  • CADデータや図面を印刷したい
  • ポスターや大型POPを印刷したい
  • 屋外の看板サインを作りたい
「OFFICE110」の「中古コピー機SUPER0円」キャンペーンも気になります。他にもどんな機種が対象なのか、問い合わせてみたいと思います!
新品中古コピー機
  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください

コピー機納品レポート&ご感想

お客様満足と信頼を積み重ね、大手~SOHOまで全国120,000社の実績

お問い合わせから設置までの流れ

  • STEP 1
    お問い合わせ後、内容のヒアリング

    お問い合わせ後、
    内容のヒアリング

  • STEP 2
    見積書・保守契約の説明各種資料の提出

    見積書・保守契約の説明
    各種資料の提出

  • STEP 3
    納品日の日程調整

    納品日の日程調整

  • STEP 4
    設置工事~完了

    設置工事~完了

お問い合わせから設置までの流れをもっと詳しく

料金と各種お支払い方法について

  • お見積り・ご提案の料金
    お見積り・ご提案の料金

    ご納得頂けるまで何度で
    も対応いたします。

  • 機種料金
    コピー機本体の料金

    中古は新品同様までクリ
    ーニングをしたS級品。

  • 導入工事
    コピー機導入工事

    工事費も業界最安値で
    ご提示します。

  • お支払い方法
    お支払い方法

    各種お支払い方法をご
    用意しました。

  • コピー機・複合機が業界最安値の大特価
  • コピー機・複合機の取り扱い説明書
  • 日本全国対応OK
  • 各種メーカー豊富に取り扱い
メール問い合わせ