端末一元管理へ!ソフトバンク法人「デバイスマネジメント」【お役立ち情報】 | OFFICE110

「ソフトバンクの法人携帯」記事一覧

端末一元管理へ!ソフトバンク法人「デバイスマネジメント」

端末一元管理へ!ソフトバンク法人「デバイスマネジメント」

▼目次

各キャリアが提供する法人携帯では、管理画面上から各端末を一元管理できるサービスが用意されています。

当然、softbankにも。

それが法人携帯向けサービスの1つ「デバイスマネジメント」です。

このデバイスマネジメントを導入するだけ、法人携帯の悩みの1つでもある「セキュリティ問題」の解消の強い味方に

管理コストの大幅削減にも効果が期待できます。

今回は、そんなsoftbankの法人携帯向けサービス「デバイスマネジメント」のサービス内容について、詳しく紹介したいと思います。

法人のみなさまは、ぜひチェックしてみてください。

デバイスマネジメントとは

まず、「デバイスマネジメント」がどのようなサービスなのかからお話したいと思います。

デバイスマネジメントとは、softbankの提供する端末管理サービスのこと。

法人携帯の中でも、スマートフォン(iPhone、Androidなど)やタブレット端末を遠隔管理できるというものです。

法人携帯というのは、どうしても機密情報が記録される端末です。

その反面、容易に持ち運びができ、メールやアプリなどウイルスの侵入ルートも豊富。

セキュリティ面で不安の残りやすいと言えます。

softbankのデバイスマネジメントは、管理者(契約代表者)と運用代行(softbank)の両方から法人携帯の端末を管理が可能

より安心・安全に法人携帯をビジネスに活用できるのです。

デバイスマネジメントの料金は?

デバイスマネジメントの基本サービスは、月額300円(税別)/IDから

オプションサービスは月額200円(税別)/IDまたは無料、と運用自体にそれほど料金は掛かりません。

低価格で安心が手に入る、デバイスマネジメントは法人携帯のセキュリティ対策におすすめです。

基本サービスの内容

softbankの「デバイスマネジメント」が法人携帯のセキュリティ向上に効果が期待できることは、ご理解いただけたと思います。

では、そんなデバイスマネジメントの基本サービスについていくつか見ていきましょう。

    1. ダッシュボード機能
    2. デバイス遠隔設定
    3. セキュリティポリシー設定
    4. 位置情報取得 & JailBreak検知アプリ
    5. アンチウイルス

など。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

1.ダッシュボード機能

法人携帯は、導入後にどのように運用するかでビジネスの効率UPに繋がります。

法人携帯を導入したものの、十分に活用できなければ管理コストが掛かるだけです。

デバイスマネジメントには「ダッシュボード機能」が標準装備。

多角的に法人携帯の利用状況を表示し、分析を手助け。

法人携帯の効率の良い管理・運用に効果が期待できます。

2.デバイス遠隔設定

法人携帯の運用コストは、どうしても手間も費用も掛かりがち。

まして、忙しい日常業務の合間に数多くの端末を上手に管理するのは難しいものです。

デバイスマネジメントでは「デバイス遠隔設定」も可能。

これは、あらかじめ設定しておいたポリシー(方針)を元に、自動的に各法人携帯に反映してくれるサービスです。

運用コストの削減につながります。

3.セキュリティポリシー設定

法人携帯にとって、セキュリティ対策は最も重要な問題の1つ。

ただ、専門知識を持たない法人側が、携帯端末のセキュリティ対策を十分に行うことは難しいと言えます。

デバイスマネジメントでは「セキュリティポリシー設定」を行うことも。

アプリやソフトウェアなど、セキュリティーポリシー(方針)を設定しておくことで、違反を検知・警告してくれます。

4.位置情報取得 & JailBreak検知アプリ

先述した通り、法人携帯へのセキュリティ対策は重要!

しかし、法人携帯の周りにはウイルス感染や不正アクセスなど、情報流出の危険が至る所に存在しています。

デバイスマネジメントでは「位置情報取得 & JailBreak検知アプリ」も。

位置情報の取得やJailBreak検知が可能なサービスとして、各法人携帯を様々な脅威から守ってくれます。

※JailBreak(脱獄)とは、システムの穴を発見・除去し、誤作動を起こさせること。

5.アンチウイルス

基本的に、ビジネスのみに法人携帯を使用していれば、危険なサイトやアプリを閲覧・インストールすることはまず考えられません。

しかし、法人携帯は社員に私的利用されやすいもの。

法人側の意図しない所で、ウイルス感染するリスクがあります。

デバイスマネジメントでは、「アンチウイルス」を搭載。

これは、サイトやアプリから危険なシステムを感知・除去する機能

社員の私的利用の防止にも効果を発揮します。

上記の他にも、デバイスマネジメントには「アプリ配布」や「アカウント一括登録設定」など、全22もの基本サービスが標準装備

様々な面から、法人携帯を一元管理してくれるのです。

まとめ

今回は、softbankの法人携帯向けサービス「デバイスマネジメント」についてまとめました。

デバイス遠隔設定やアンチウイルスなど、デバイスマネジメントは法人携帯の管理コスト削減・セキュリティ向上に効果が期待できます。

ちなみに、softbankではデバイスマネジメントの「運用代行」も可能。

あらかじめ登録しておくことで、24時間365日、softbankの「ヘルプデスク」が法人携帯のトラブルに対応してくれます。

管理コストやセキュリティ対策に悩む法人のみなさま、ぜひ導入を検討してみてください。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!