NEWS【OFFICE110独立支援】法人営業のフランチャイズオーナーを全国で募集中!
NEWSOFFICE110フランチャイズオーナー募集

【クラウドPBXの導入事例5選】失敗しないための注意点やメリットも解説!【お役立ち情報】 | OFFICE110

「基礎知識」記事一覧

【クラウドPBXの導入事例5選】失敗しないための注意点やメリットも解説!

【クラウドPBXの導入事例5選】失敗しないための注意点やメリットも解説!

「クラウドPBXを導入の際に後悔したくない」
「クラウドPBXが気になるけど実際どうなんだろう?」
「実際に導入した会社はどう変わった?」

クラウドPBX導入で失敗しないために導入前にメリットや導入事例をあらかじめ知っておきたいですよね。

なのでこの記事では、

・実際にクラウドPBXを導入した会社の事例5つ
・導入後に「大失敗!」とならないための4つの注意点
・クラウドPBXを導入するメリット

について解説していきます。

クラウドPBXを導入するか悩んでいる方は参考にしてくださいね。

導入事例をすぐに見たい方はこちらから。

この記事の目次

  1. クラウドPBX導入で失敗しないための4つの注意点!

  2. 【企業の規模別】クラウドPBX導入のメリット

  3. クラウドPBXの導入事例5選
  4. 導入事例から見るクラウドPBXを選ぶポイント
  5. まとめ

クラウドPBX導入で失敗しないための4つの注意点!

クラウドPBX導入の失敗を防ぐには、「機能」「サービス」「サポート体制」の確認が重要です。
まずは「クラウドPBX導入で失敗しないための4つの注意点」をご紹介します。

注意点①契約時に通話品質を確認しておこう

クラウドPBXを導入する上で、通話音質は最も重要なポイントです。

通話品質が悪いと顧客との通話中にノイズが入ったりラグが発生したりする可能性があります。

クラウドPBXはインターネット回線で利用するため、メーカーによっては音質が悪くなる場合があります。

契約前に口コミ・事例をよく調べ、音質の評判が悪いメーカーを選ばないように注意しましょう。

注意点②トラブル時のサポートが厚いメーカーを選ぼう

トラブル時にメーカーが対応してくれず、解決策がわからない・・・なんてことがあると大変です。

こうした場合に重要なのが、メーカーのサポート体制。

メーカーと連絡が取れないなどはもってのほかですが、IT知識がないサポートスタッフにあたると対応スピードが遅い、もしくは期待した解決策が得られないことも考えられます。

クラウドPBXを選ぶときはIT専門のサポートスタッフがいるメーカーがおすすめです。

注意点③端末・回線の増減のサポートはしてくれるか?

よいメーカーを見分けるポイントは端末・回線の増減の際にサポートしてくれるかどうか。

メーカーにより端末・回線のサポートをしてくれないところもあります。
円滑な導入・利用を推進するためにも、サポート体制がしっかりしたメーカーを選ぶようおすすめします。

注意点④クラウドPBX導入前に音質や使い勝手をお試し可能か?

クラウドPBXのメーカーの中には、サービスで無料トライアルを実施しているところがあります。
導入後に後悔しないためにも、積極的にトライアルを利用することをおすすめします。

無料期間中は

「音質」
「サポート体制」
「操作性」
「トラブル発生時の対応」

などを、重点的に確認しましょう。
実際に利用した上で導入を検討すると、失敗する確率が低くなります。

無料トライアルとあわせて失敗事例や口コミなどもチェックすると、より最適なメーカーを見つけやすいです。

【企業の規模別】クラウドPBX導入のメリット

クラウドPBX導入のメリットは、企業により異なります。
「個人事業主」「中小企業」「大企業」別に具体的なメリットをご紹介します。

個人事業主が導入するメリット

導入費用が安く、短期間で利用開始できるクラウドPBXは、個人事業主におすすめです。

クラウドPBXはインターネット回線を利用するため、レンタルオフィスでも簡単に利用できます。
「オフィス移転」や「人員増強」のタイミングでも、面倒な工事や設定なく柔軟に対応可能です。

また専用アプリを入れれば、スマホからでも会社番号の発着信ができます。

中小企業が導入するメリット

中小企業にとってクラウドPBXは、

「導入費用が安い」
「外出先でも顧客の電話に出られる」
「拠点間で内線通話できる」

などのメリットがあります。

クラウドPBXは工事不要で短期間にて電話設備構築ができるため、新規事業を立ち上げる場合に素早く対応可能です。
将来的に事業拡大をする場合でも、クラウドPBXを利用することで、柔軟にシステムを刷新できます。

その他にもコストを大幅に削減できるほか、CTIやIVR・勤怠管理システムなどの便利機能により、業務効率化にも役立ちます。

大企業が導入するメリット

大企業がクラウドPBXを導入すると、

「導入費用が安い」
「外出先でも顧客の電話に出られる」
「拠点間で内線通話できる」
「既存のPBXと併用でき、段階的に導入できる」

などのメリットがあります。

クラウドPBXはビジネスフォンのように機器の購入・管理が必要ないため、近年では大企業でも導入が進んでいます。

本社で集中管理ができる上に、海外を含むほかの拠点とも無料で内線通話ができるため、コスト削減が可能です。

さらに場所を問わず仕事ができることで、テレワークの導入が容易になり、「働き方改革」にもつながります。

クラウドPBXの導入事例5選

クラウドPBXの導入を検討するにあたり、「導入事例を参考にしたい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

事例を参考にすれば、「どのようなメリットがあるのか?」「使ってみた結果はどうだったのか?」「どのような企業が導入しているのか?」などの、疑問を解消できます。

ここでは、「OFFICE110」が提供するクラウドPBX「OFFICE PHONE」を導入いただいた、5つの事例をご紹介します。

事例①クラウドPBX導入で転送電話と家庭用電話機の問題を解決!

「株式会社イノセンス」様は元々家庭用電話機を使用されていましたが、「転送電話の通知音」や「顧客からの営業時間外の電話が多いこと」に頭を悩ませていました。

そうした悩みを解決すべく「OFFICE PHONE」の導入を決定すると、導入後は転送電話の悩みが無事解決。

「ビジネスフォンと違い、かかってきた電話に対しスマホで簡単に折り返せる」と社員の評判も上々。

クラウドPBXの「転送機能」を使うと、外出中でも顧客の電話を受けられるため、業務効率が格段にアップします。

事例の詳細はこちら

事例②3拠点間の電話を内線化するためにクラウドPBXを導入!

「東京電子株式会社」様には3つの拠点がありますが、「拠点間で通話をする機会が多い」「顧客からのお問い合わせへタイムリーに対応できない」などの悩みを抱えていました。

こうした悩みを解決するため、かかってきた電話を直接担当者に転送できる「OFFICE PHONE」の導入を決定。

導入後は顧客からの電話へタイムリーに対応できるようになり、効率的に仕事が進むようになりました。

また現在、録音データが Web 上に残り、「日にち」「時間」「電話番号」「内線番号の何番が受けたか」などのデータを見られる、「通話録音」機能の導入も検討中とのことです。

事例の詳細はこちら

事例③クラウドPBXの導入で業務が円滑に!個人事業主に重宝される存在

「筒井会計事務所」様は、クラウドPBXを導入する際に電波の安定性を気にされていました。
また外出時の「電話応対」「転送代」「通話料」に悩みがあり、最終的に「OFFICE PHONE」の導入に踏み切りました。

懸念していた音の途切れや音質には何の問題もなく、スマホと同じように使用できて助かるとのこと。
さらに転送代が無料になり、外出先でも電話を受けられるため、営業チャンスが増え業務効率もアップしました。

クラウドPBXは「03」の固定電話番号を使えるため、「独立を考えている税理士さんにもおすすめしたい」と評判です。

事例の詳細はこちら

事例④保守含めすべてをパッケージ化!何かあってもすぐに対応可能!

「すみだ不動産」様は起業した際に1人で業務を行っていたため、外出時の電話応対が悩みでした。
その後社員が増えましたが、「保守含めすべての必要サービスを1社に委託するのがシンプル」と考え、「OFFICE PHONE」を導入。

結果として、転送・配線の問題がすべて解決されました。
休日でも顧客の電話に応対できるため、ビジネスチャンスを逃すことがありません。

さらにサービスにより別々の会社に対応を依頼する必要がないため、社員の方全員が使う上でメリットを感じているそうです。

「料金も安く音質もよい」と満足されており、利用している社員の方の満足度も上々です。

クラウドPBXのメリットには、ほかにも「ネットワークの保守も絡めてパッケージ化できること」があります。

事例の詳細はこちら

事例⑤どこでも持ち運べ、お客様からの商品の注文などを逃さない!

「株式会社around」様は、会社の電話システムをコードレスにしたいと考えていました。

そんな中、スマホでビジネスフォンが使える「OFFICE PHONE」の存在を知り導入。
導入した結果、どこにいても顧客と連絡が取れるゆえに、商品の問い合わせや注文を取りこぼさなくなったようです。

コストや音質でも満足いただけたほか、「電話を置くスペースが必要なくなり、オフィスがすっきりスマートになる」というメリットも体感していただけました。

「外出が多くオフィスで電話を取ることが難しい」、クラウドPBXはそんな悩みを解決してくれます。

事例の詳細はこちら

導入事例から見るクラウドPBXを選ぶポイント

5つの導入事例をみてきましたが、クラウドPBXを導入する前に見るべき選ぶポイントは、

・導入費用は想定している予算以内か
・音質は安定しているか
・03番号を使いたいなどクラウドPBXの機能で抱えている悩みが解決できるのか
・トライアル機能があるか
・IT専門のスタッフがいるか

の5つです。

予算を満たしつつ、考えている電話の課題が解決できるかどうかが大切になります。

音質に関しては会社の環境によって変わるので、導入前に音質を試せるトライアルサービスがあるメーカーがおすすめです。

今回ご紹介した弊社の「OFFICE PHONE」特徴は4つです。

・導入累計数20,000社
・ビジネスフォンと同等の音質
・IT専門のスタッフによるサポート体制
・圧倒的低コスト

具体的なコストと機能は以下の通り。

【コスト面のメリット】
・設備投資・携帯支給等のコストが0円
・端末1台あたり月98円~
・固定電話への発信が8円/3分
・携帯電話への発信が15.4円/1分
・半分以上のオプション機能を無料で提供
【OFFICE PHONEのおもな機能】
・スマホから会社の番号(03・050・フリーダイヤル0120・0800)で発信可能
・内線電話が外出先でも無料
・利用中の外線番号をそのまま使える
・スマホとPCの場合はアダプター設置後にアプリを入れて設定するだけ
・配線工事不要
・スマホ以外の機種もOK
【便利機能】
・通話録音機能
・タブレット受付システム
・クラウド勤怠管理システム
・ネットFAX
・IVR(自動音声対応)
・CTI(顧客情報表示)
・名刺管理
・グループウェア機能
「安定した音質」「サポート体制」「充実な機能」「低コスト」の「OFFICE PHONE」がおすすめです! さらに無料トライアルも行っておりますので、導入前に試してみたい方はお気軽にお問い合わせください。
クラウドPBXならOFFICE PHONE スマートフォンがビジネスフォンになる

まとめ

クラウドPBX導入検討中の方にとって、「実際に使ったらどうなんだろう?」「ビジネスフォンと比較して使い心地は?」などの疑問がある方も利用者の導入事例を見れば、導入後の具体的なイメージにつながります。

導入事例のほか、口コミ・評判・評価もメーカーを選ぶ際の判断基準になるでしょう。

さらに無料トライアルを実施すれば、実際の機能や音質もチェックできます。

通常、メーカーの無料トライアル期間は10日ほどですが、「OFFICE PHONE」は3ヵ月間、無料トライアルを試すことが可能です。

クラウドPBXをご検討中の方は、ぜひ一度「OFFICE110」にお問い合わせください。

クラウドPBXをご検討中の方へ

会社電話の常識を、OFFICE PHONEが刷新

当社のクラウド型ビジネスフォンは、品質、機能、価格、全てにおいて国内最高峰のパフォーマンスを誇ります。

  • スマホ外線・内線化
  • 多機能・高品質
  • 業界最安値
  • 全国対応

オフィスフォン お役立ち情報

お役立ち情報カテゴリ

簡単入力30秒お問い合わせは0120-595-110

 

\導入をご検討・お見積り希望の方/すぐにご連絡ください!

0120-595-110

お見積り無料 携帯からもOK 即日対応 通話料無料 全国対応

お問い合わせはこちら

すぐにご連絡ください!