携帯電話の法人契約 導入例を一挙紹介【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯とは」記事一覧

携帯電話の法人契約 導入例を一挙紹介

携帯電話の法人契約 導入例を一挙紹介

▼目次
法人のみなさま!100台1,000台単位で携帯電話を運用し、毎月の通信費を少しでも削減できないかと考えてはいませんか?

そんなみなさまには、携帯電話の法人契約がおすすめ!

いわゆる法人携帯を導入するだけ、月々の通信費が50%〜80%ほどまで削減できるかもしれません。

その上、ビジネス向けのサービスまで付いてきます。

さらに気になるのが、「電話番号」のことだと思います。

OFFICE110の法人携帯サービスなら、電話番号はそのまま引き継ぐことができます!

取引先やお客様に電話番号変更をお知らせしたり、相手に登録しなおしてもらったりする手間と時間を省きます。

ただ、いくらここで「良いですよ!」と主張しても本当か分からないと思います。

そこで今回は、携帯電話の法人契約のメリットや導入例について紹介しましょう。

法人向けの携帯電話とは

法人向けの携帯電話、いわゆる「法人携帯」とは、各キャリア(ソフトバンクやドコモ、auなど)が提供しているサービスです。

法人向けという事で、料金プランやオプションサービスなど、個人契約にはないビジネスに便利な内容となります。

  • ソフトバンク…スマ放題
  • ドコモ…カケホーダイ&パケあえる
  • au…法人割

など。

ソフトバンク

ソフトバンクには、「スマ放題」があります。

スマ放題では、ソフトバンクだけでなく他社携帯に向けての通話が24時間無料!

ネット利用で余りがちなパケットの繰越やシェアが可能です。

基本料金とウェブ使用料を合わせて、月額3,000円(税別)から。

通話が多い企業におすすめのプランです。

ドコモ

ドコモには、「カケホーダイ&パケあえる」があります。

カケホーダイ&パケあえるでは、国内通話はすべてかけ放題です。

また、パケットの余りは端末(スマホ、携帯、タブレット)に関係なく社員同士でシェアする事もできます。

ドコモでは、利用年数や社員数などにより細かく料金を設定。

月額平均2,500円(税別)ほどと、それぞれに合わせて契約できるのが魅力です。

au

auには、「法人割」があります。

法人割では、

  • 基本料金が25%OFF
  • 社員間通話(国内)が30%OFF
  • 社員間メール(SMS)が無料

といったサービスが適応されます。

例えば、携帯のかけ放題プランであれば、月額料金は2,200円ほど。

auの法人携帯は2回線から契約できるので、少ない台数から始めたい方向けと言えます。

上記の他にも、各キャリアには様々な法人携帯用のプランが用意されています。

また相対契約、交渉する事でより良い条件で法人携帯のプランを独自に組む事ができる場合もあるのです。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

3つのメリット

先述した通り、携帯電話を法人で契約する場合、キャリアごとにプランが異なります。

ただ、それでも携帯電話を法人契約する際のメリットは大きく3つに分かれるのです。

    1. 通話無料の幅が広い
    2. 個人契約に比べて通信費が安い
    3. 万が一のセキュリティが強い

1.通話無料の幅が広い

先述した、大手キャリアの法人携帯から分かる通り、通話無料の幅が広いプランが多く見られます。

例えば、他社キャリアに関係なく国内通話は24時間無料などです。

ビジネスが多様化する現在、夜9時以降に電話を掛けるという事は珍しくありません。

そして、それら夜の通話料は一般的に高く設定されているため、通信費が高くなりがちなのです。

通話無料となるだけでも、携帯電話の維持費は大幅に節約に繋がる事でしょう。

2.個人契約に比べて月額料金が安い

個人契約に比べて月額料金が安いというのも、法人携帯の魅力の1つです。

一般的に、個人契約で携帯電話を使用した場合、大手キャリアであれば5,000円以上の月額料金が掛かります。

その点、携帯電話の法人契約では、その多くが月額料金3,000円ほど。

法人携帯では10台100台単位で契約する事は珍しくありません。

数千円の差が1万円10万円、時には100万円以上の節約に、決して無視できない差と言えます。

3.万が一のセキュリティが強い

法人が使用する携帯電話には、自社情報はもちろん取引先(他社)情報が記録されています。

ビジネスをする上で重要な情報ですが、反対に決して漏洩させてはいけないものです。

個人携帯をビジネス用にも使用する場合、セキュリティの問題で情報漏洩に繋がる危険性は常にあります。

その点、法人向けの携帯電話の多くは、セキュリティソフトはもちろん紛失時の追跡機能や初期化機能などのサービスも充実してます。

万が一が気になるセキュリティにも、法人携帯は強いのです。

導入事例

ここまで、携帯電話を法人で契約するメリットについて紹介してきました。

ただ、いくらメリットを並べても本当に効果が出るのかは別の話です。

そこで、いくつか法人携帯の導入事例を紹介しましょう。

事例1/A社(50名)

情報関連サービスを提供するA社。

社員間通話用に法人携帯を導入しました。

結果、月々の通信費は200,600円から54,000円にまで。

およそ70%ものコスト削減に繋がっています。

事例2/B社(23名)

運輸サービスを提供するB社。

運搬中に頻繁に行われる届け先や管制官との通話に法人携帯を導入しました。

結果、月々の通信費は160,000円から82,000円にまで、およそ40%のコスト削減となっています。

事例3/C社(30名)

インフラ事業を展開するC社。

これまでの個人携帯から、社員全員分の法人携帯を導入しました。

結果、月々の通信費は190,000円から112,000円にまで。

およそ30%のコスト削減に成功しています。

法人の状態により、通信費のコスト削減率は様々です。

ただ、一様に30%から70%の削減に繋がっています。

携帯電話を法人契約する理由としては、十分な削減率と言えるでしょう。

まとめ

今回は、携帯電話を法人携帯にした際の事例を紹介させていただきました。

いかがでしたか?

法人携帯を導入するだけで、大幅なコスト削減に繋がる事はご理解いただけたかと思います。

一般的に、法人携帯の月額料金は3,000円(税込)/台ほどです。

個人契約に比べて数千円/台の節約。

10台100台単位で契約する事で、10,000円100,000円の削減も十分に可能なのです。

法人の経費に重くのしかかりがちな通信費。

少しでも節約するためにも、ぜひ携帯電話の法人契約を検討してみてください。

弊社では導入10万社以上の実績を誇る自信のあるサービスを常に提供しております。

上記以外にも多くの導入事例を掲載しておりますので、くわしくは「法人携帯|10万社の導入事例」からご覧下さい。

またお問合せいただければ過去の事例も併せて、法人携帯をお探しのみなさまに一番最適なプランをご提案させていただきます。

どうぞお気軽にご相談くださいませ。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!