法人携帯も買取対象に?メリットと注意点について【お役立ち情報】 | OFFICE110

「法人携帯の活用法」記事一覧

法人携帯も買取対象に?メリットと注意点について

法人携帯も買取対象に?メリットと注意点について

▼目次

法人携帯は10台100台単位で購入されることが多いもの。

当然、買い替えの際には、それだけの台数の法人携帯が不用品になるのです。

そんな法人携帯、買取に出してみてはいかがでしょうか?

実は、法人携帯でも個人携帯と同様に買取対象として引き取って貰えます。

ただ処分するよりも、メリットは多いのです。

そこで、今回は法人携帯を買取に出すメリットと、より高く買い取ってもらう為のポイントについてまとめました。

ぜひ、法人携帯を買取に出す際の参考にしてみてください。

携帯は毎年のように新しくなる!

冒頭で、法人携帯でも買取対象となると紹介しました。

法人携帯は、個人携帯に比べて数は多く種類は少ないもの。

ではどうして、法人携帯は買取対象となるのでしょうか?

携帯は毎年のように新しくなる!

みなさまご存知の通り、携帯というのは毎年のように新機種が登場します。

そして、その度に多くの方々が買い替え、つまり古い携帯は買取として出されるのです。

携帯は中古も人気!

新しいものを求める方は、新機種へ。

しかし、全員がそうではありません。

一定数、中古でもいいから安い携帯を手に入れたいという方は存在しています。

だからこそ、法人携帯でも買取対象となるのです。

ちなみに、買取業者によっては、集めた携帯を海外に転売しているところも存在しています。

販売経路を、日本国内から世界にまで広げることで、それだけ中古を求める方も増えるという訳です。

中古でも十分に価値のある法人携帯、せっかくですから買取に出してみることをおすすめします。

買取に出すメリット

法人携帯がなぜ買取対象なのかについては、ご理解いただけたと思います。

しかし、数の多い法人携帯、わざわざ買取に出すのは手間にも思えます。

では、そんな法人携帯の買取には、どのようなメリットが考えられるのでしょうか?

    1. 買い替えの予算が増える
    2. きちんと初期化してもらえる
    3. 店舗に向かう必要がない

1.買い替えの予算が増える

先述した通り、法人携帯は数が多いもの。

1台ずつの買取価格は低くとも、10台100台単位ともなればある程度まとまった金額になります。

買取をすれば次は買い替えです。

当然、処分した分の法人携帯を用意することになります。

事前に買取に出しておくことで、買い替えの際の予算に当てることができるのです。

2.きちんと初期化してもらえる

法人携帯には、機密情報が多数記録されています。

当然、処分する際には正しく処理し、情報を削除する必要があります。

ただ、一般の法人が情報を削除した場合、どうしても携帯にデータが残ることがあるのです。

その点、買取専門業者は適切な処置を行い、きちんと初期化してくれます。

おすすめは財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)マークのお店。

より適切な対処ができる買取業者の証明証として、安心して法人携帯を預けることができます。

人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!

3.店舗に向かう必要がない

法人のみなさまは、日々の業務で忙しいと思います。

正直、数多くの法人携帯を抱えて店舗まで向かうのは大変でしょう。

そんな時には、宅配サービスまたは訪問サービスを利用することも可能です。

買取業者の中には、電話一本、専門の買取スタッフがオフィスまで来てくれるところも。

また、店舗に法人携帯を郵送するだけのところもあります。

忙しい法人の方には嬉しいサービスです。

上記のように、法人携帯を買取に出すことで、予算と手間、不安の解消に繋がります。

高く買い取ってもらうには?

単純に、ただ買取に出すだけでも十分にメリットはあります。

ただ、せっかく買取に出すのですから少しでも高く買い取ってもらいたいですよね?

そこで、以下に高価買取のポイントをまとめました。

    1. 付属品は捨てずに保管しておく
    2. 申込時には正確な情報を提供する
    3. 買取業者から相見積もりを取る

1.付属品は捨てずに保管しておく

法人携帯はとにかく数が多いもの。

それだけ、箱や付属品の数も膨大に。

ついつい、それらを処分してしまうことあると思います。

ただ、箱や付属品は捨てずに保管しておくのがポイントです。

新品時と同じセットを残しておくことで、買取価格は高くなります。

また、状態がきれいなものほど高価に。

法人携帯を買取に出す際には、できるだけ新品に近い状態にしてから依頼するのがおすすめです。

2.申込時には正確な情報を提供する

買取業者は基本的にネット上または書面により、査定申込書の提出が必要です。

その際、忙しいからとついつい適当に記入してしまうことはあるものです。

ただ、申込時には正確な情報を記入するのがおすすめ。

正確な情報は、買取をスムーズにするだけでなく、業者の手間も省けるのでそれだけ買取価格も上がりやすいと言えます。

3.買取業者から相見積もりを取る

買取業者1者から見積を取り、そのまま買取。

それでも十分な買取金額になると思います。

しかし、できれば複数の買取業者から相見積もりを取るのがおすすめです。

見積もり段階は基本的に無料!

相見積もりを取ることで、各買取業者の提示額を比較、より高いところに出すことが可能です。

少し手間ではありますが、試してみる価値はあるでしょう。

まとめ

今回は、法人携帯の買取についてまとめてみました。

10台100台単位ととにかく数の多いのが法人携帯。

ただ処分するくらいなら、買取に出して少しでも予算を増やしてはみませんか?

法人携帯の買取では、初期化や処分する手間も解消できます。

ただ単に処分するよりも、メリットは多いのです。

ぜひ、今回紹介した高価買取のポイントを元に、法人携帯の買取に挑戦してみてください。
人気機種でかけ放題!機種代金は実質0円!