LAN・ネットワークとは?オフィスを便利・快適にするお話し【お役立ち情報】 | OFFICE110

「LAN工事とは」記事一覧

LAN・ネットワークとは?オフィスを便利・快適にするお話し

LAN・ネットワークとは?オフィスを便利・快適にするお話し

皆さんは”LAN””ネットワーク”と呼ばれる言葉の意味をご存知ですか?普段、パソコンからサイト閲覧や書類印刷など行っていると必ず耳にするLANやネットワーク、詳しく説明するとなると「なんだっけ?」となるものです。

情報化が進む現代、オフィス内でのLANやネットワークの必要性は高まっています。上手に活用できればビジネスをよりスムーズに、より便利にできるからです。反対に、LANやネットワークについて知らなければ活用できません。

そこで、今回は”LAN”や”ネットワーク”とはどのようなものなのか?LANやネットワークがオフィスに対してどう役立つのか?をご紹介しましょう。また、オフィス内でのLAN工事をどこに依頼すれば良いのかもまとめています。

▼目次

ネットワークって何?

ネットワークとは”網”という意味があります。ここではネットワークとは、LANとは何かをご説明します。

”LAN””ネットワーク”という単語は誰しも1度は耳にしたことがあるでしょう。まずは、LANやネットワークがどのようなものかをご紹介します。今後のオフィス運営にどう役立てられるのかイメージしながらチェックしてください。

①ネットワークとは

ネットワーク(Network)には”網”という意味があり、接続機器間を1つのグループ(ネットワーク)として構成することを指します。パソコンからプリンター(複合機)へ、書類や写真などを出力するのにもネットワークが活用されています。

この記事では、”ネットワーク=パソコンを視点としたグループ”を意味します。パソコンを起点に他のパソコンやプリンター、自社サーバーなどをネットワークで繋げることにより、お互いに情報のやり取りのできる状態をイメージしましょう。

②LANとは

LANとは”Local Area Network”の略称で、室内や建物内など限定された範囲でのネットワークを意味しています。必ずしも「ここまでがLAN!」と定義はないのですが、家庭やオフィスなど同じ敷地内のネットワークはLANです。

LANにはLANケーブルを使用した”有線”のものから、無線LAN機器(電波)を使用した”無線”のものまで。一般的に、オフィス内では通信環境の”速さ”と”安定性”から有線が人気です。無線はより狭い範囲で使用されます。

③LANと”WAN”の違い

LANの他に”WAN”と呼ばれるものも。”Wide Area Network”の略称で、LANでは対応しきれないより広い範囲でのネットワークのことです。遠隔地にある接続機器(パソコンなど)を通信回線などを使用して接続します。

皆さんが普段からパソコンやスマホ、タブレットなどでネット環境に接続できるのもWANのおかげです。ちなみに、ネット環境のように誰でも接続できるものを”オープンネットワーク”、接続できないものを”クローズドネットワーク”と呼びます。

④クラウドコンピューティングの拡大

ひと昔前まで、オフィスの情報は自社サーバーを中心にネットワークを構成することで管理していました。しかし近年、”クラウドコンピューティング”と呼ばれるクラウド上(ネット環境)の”レンタルサーバー”を利用するケースが増えています。

クラウドコンピューティングでは皆さんは月額使用料を支払うのみ。自社サーバーの設置費やネットワーク構築費などは一切かかりません。パソコンやタブレットなど、ネットワークにさえ接続できれば必要な情報のやり取りができるのです。
LAN工事大幅値引き20%OFF

LANでできること

LANでできることはたくさんあります。例えばネット環境の接続やファイルの共有など。どんなことができるか説明していきます。

ネットワークの中に”LAN”が含まれるとのことでした。では、実際にLANにできることをご紹介しましょう。今後、オフィスの開設や増設などを検討中の方は要チェック!です。

①ネット環境への接続

LANでできることは”ネット環境への接続”です。オフィス内のパソコンをLANケーブルや無線LAN機器に、ブロードバンドルーターに繋ぐことでネット環境に接続できます。多くの方が”LAN=インターネット”をイメージするのもこのためです。

LANの1番のメリットは”複数の接続機器をネット環境に同時に接続できること”です。オフィスには社員と同じかそれ以上の台数のパソコンがあります。LANという1つのネットワークに集めることで、スムーズにネット環境を使える訳です。

②プリンターへの出力

”プリンターへの出力”というのもLANの得意分野です。皆さんは有線や無線に関わらず、パソコンとプリンターを直接に接続しているのでは?実は、LANで1つのネットワークを構成すると、直接に繋がっていなくともプリンターを使えます。

例えば、パソコンAとプリンターが、パソコンAとパソコンBがネットワークで繋がっているとします。この時、パソコンBからプリンターまでパソコンAを経由して出力できるのです。最近ではプリンターをネット環境に接続しての出力もできます。

③ファイルの共有

LANではパソコン間の情報に対して”ファイルの共有”もできます。例えば、パソコンAとパソコンBがネットワークで繋がっているとします。この時、パソコンBに記録されている情報(文章・画像・動画など)をパソコンAから扱えるのです。

USBやSDカードに記録して手渡し、オフィスから情報を持ち出すなら良いですがネットワーク内では手間でしかありません。部署ごとやプロジェクトごとにファイルを管理し、ネットワーク上で共有すれば情報交換や作業効率も上がります。

LANは”業者”へ

LAN工事、自分で出来る!と思っている方も多いですが、専門の業者に頼むほうが賢明です。

LANを使用しネットワークを構成することで、オフィス内がより便利になることはご理解いただけたことでしょう。では、最後にLAN工事をどこに依頼するのかについてご紹介します。LAN工事にかかる”費用相場”にも注目です。

①ネットワークの構築は自分でできる?

皆さんの中にも、自宅のパソコンをネット環境やプリンターに接続したことのある方は多いのでは?また、最近では”DIY”も流行っており、”LAN 接続”などと検索すると「自宅のLAN工事をしてみました!」などの投稿も多く見られます。

このように、LANケーブルや無線LAN機器などを使用し、パソコンやプリンターなどを自分でLAN工事することは可能です。個人事務所や小規模オフィスのようにパソコン数台にプリンター1台程度でも知識さえあればできるでしょう。

②LANは”業者”へ依頼!

ただし!オフィスのLAN工事は”業者へ依頼”をおすすめします。理由としては主に3つ挙げられます。

  • LANケーブルの接続ミスが起こりやすい
  • オフィス内のレイアウトが崩れやすい
  • ファイル共有のように専門知識の必要な作業もある

正直、パソコン1〜2台であれば皆さんでも十分に可能です。ただ、オフィス規模でパソコン10台にプリンター3台ともなればLANケーブルの接続だけで一苦労です。場合によっては、接続ミスでネットワークが機能しないこともあります。

また、LANケーブルを床や壁などに適当に配置すると、オフィスの見栄えや使い勝手が悪くなります。知らずにLANケーブルを踏んでしまい”断線”、ネットワーク全体に不具合が生じることも。オフィスのLAN工事は業者に依頼しましょう。

③LAN工事にかかる費用相場

LAN工事を業者に依頼するとして、気になるのが「いくらかかるの?」ということです。いくらオフィス内にネットワークが必要だとしても、LAN工事の費用が高くては困ります。LAN工事にかかる費用相場は”80,000円〜100,000円”です。

上記の費用相場は、派遣費やLAN配線費、ルーター設置費やHUB設置費などを合わせたものです。オフィスの規模や接続機器(パソコンやプリンターなど)の数などによっても変わります。まずは”見積もり”を取って確認しましょう。

まとめ

今回はオフィス運営に欠かせない”LAN”や”ネットワーク”とはなにか?についてまとめてみました。意味の範囲は違うものの、”パソコンを視点にネット回線やプリンターなどを1つのグループとして構成したもの”とイメージしましょう。

LANを使用することで”ネット環境への接続・プリンターへの出力・ファイルの共有”など、オフィス内をより便利にできます。皆さんの中にもオフィスの開設や増設、移転などに伴ってLAN工事を前向きに検討している方も多いのでは?

そこで気になるのが「どこに依頼するのか?」ということです。であれば、LAN工事を含めて全国120,000社以上の実績を持つ”OFFICE110”にご相談ください。蓄積してきた知識・経験をもとに、皆さんに最適なプランを提案します。
LAN工事大幅値引き20%OFF