LAN工事は”業者”に任せて安心!LAN工事の内容【お役立ち情報】 | OFFICE110

「LAN工事とは」記事一覧

LAN工事は”業者”に任せて安心!LAN工事の内容

LAN工事は”業者”に任せて安心!LAN工事の内容

”LAN 工事 自分”などと検索すると「LAN工事を自分でやってみた!」といった内容の投稿を数多く見かけます。みなさんの中にも、ネット環境を整えるのにLAN工事をした方も多いのでは?LAN工事は資格がなくとも可能なのです。

ただ、オフィスで求められるLAN工事はネット環境を整えるだけではありません。

  • WAN-LAN構築
  • ネットワークセキュリティ
  • 基幹システム

など専門知識が求められるものも。オフィスのLAN工事は”業者”に依頼するのが安心です。

そこで、今回はLAN工事はなぜ業者に任せた方が良いのか?業者に任せるべきLAN工事の内容についてご紹介しましょう。その上で、”こんな業者に要注意!”と言える危険な業者の例と、信頼できる業者の特徴についてまとめています。

▼目次

LAN工事は”業者”に任せて安心!

アフターフォローの充実なども考え、LAN工事は業者に依頼したほうがいい。

冒頭で紹介した通り、LAN工事には専門の資格はありません。皆さんでもLAN工事は可能な訳です。では、なぜオフィス内のLAN工事は業者に任せた方が良いのでしょうか?

①オフィスのレイアウトに合わせて

皆さんのオフィスでは何台のパソコンと複合機、サーバーを設置する予定ですか?接続機器の数に比例してLAN工事の規模は大きくなり、LANケーブルは長く・多くなります。パソコンとプリンターが1台ずつなら皆さんでもできるでしょう。

ただ、オフィス規模ともなれば”レイアウトを崩さないように”LANケーブルを適切に配線する必要が。LANケーブルが床に放置されたままだと、オフィス内の見栄えが悪くなる上に断線の危険が高まります。業者に任せた方が綺麗なのです。

②適切なネットワークを構築

皆さんのオフィスではネット接続の他に、パソコン間のデータ共有や支店間のネットワーク構築なども検討していますか?パソコンやプリンターのネット接続程度なら皆さんでも可能です。しかし、データ共有などは専門知識が必要なのです。

また、支店間のネットワーク構築には”WAN(広いネットワーク)”に関する知識も求められます。適当に配線すると正常に機能しないばかりか、ネットワーク全体が停止することも。”適切にネットワークを構築”できる業者に任せましょう。

③アフターフォローも充実

LAN工事はただネット回線に接続する工事ではありません。パソコンや複合機など、オフィス内の接続機器を1つのネットワークとして構成する工事です。そのため、どこか1箇所でも不具合が起こると全体に影響することも考えられます。

仮に、皆さんだけでLAN工事を行ったのなら、不具合に関しても皆さんが対処することに。反対に、業者に依頼しておけば適切な”アフタフォロー”を受けられます。LAN周りに関して任せられる業者がいれば、皆さんは業務に集中できます。
LAN工事大幅値引き20%OFF

業者に任せたいLAN工事の内容

業者に頼みたいLAN工事の内容、LAN工事の構成などを紹介します。

オフィス内のLAN工事は基本的に”業者に依頼”とのことでした。ただ、パソコン1台にLANケーブルを接続する程度なら皆さんでも十分にできます。では、業者に任せた方が良い”LAN工事の内容”とは何でしょうか?

①LANの基本構築

LAN(Local Area Network)とは、オフィスや工場など限られた範囲でのネットワークを意味します。”LANの基本構築”とはパソコンや複合機、サーバーなどの接続機器を1つのネットワークとして構成するLAN工事のことです。

例えば、オフィス内にあるパソコンAからパソコンBに記録されているファイルの閲覧・編集もできます。また、直接に繋がっていなくともパソコンAからパソコンBを経由して複合機に出力させることも。オフィス内を非常に便利にできる訳です。

②WAN-LAN間のネットワーク構築

WAN(Wide Area Network)とは、ネット環境のようにより広い範囲でのネットワークを指しています。”WAN-LAN間のネットワーク構築”とは、WANとLANを組み合わせることで離れた拠点間を1つに繋げるLAN工事のことです。

例えば、本社を中心にオフィスAやオフィスBを1つのネットワークで構成したとします。オフィスAやオフィスBから本社のサーバーにアクセスし、本社に問い合わせなくても情報共有ができます。よりスピード感のある事業展開に繋がるのです。

③基幹システムネットワーク構築

基幹システムとは、生産管理や在庫管理のような企業にとって基本と呼べる業務システムのことです。”基幹システムネットワーク構築”とは、オフィス内の業務システムに対してネットワークを構成するためのLAN工事と言えます。

例えば、工場(生産)から店舗(販売)、オフィス(勘定)までを1つに繋げることで管理体制を簡単かつ正確にできます。多店舗展開や海外進出などが進む中、基幹システムの構築は事業を維持する上で欠かせないものです。

④ネットワークセキュリティの充実

ネットワークセキュリティとは、LANやWANなどのネットワークに対してのセキュリティを意味します。”ネットワークセキュリティの充実”とは、構成されたネットワークを不正アクセスやウイルス感染などから守るためのLAN工事のことです。

例えば、データ通信の暗号化やパスワードの管理体制、バックアップの構築にウイルス対策などが挙げられます。グローバル化が進む現在、オフィスは常に”情報漏洩”の危機にあります。LAN工事の時点で万全の体制が必要なのです。

⑤LANケーブルの配線整理

LANケーブルとは、パソコンや複合機、サーバーのような接続機器同士を繋げネットワークを構成する配線のことです。”LANケーブルの配線整理”とは、LANケーブルの現状を把握し最適な状態に配線しなおす工事です。

例えば、オフィス内のレイアウト変更によりLANケーブルがぐちゃぐちゃな状態になったとします。この状態を放置していると、見栄えが悪いばかりか足を引っ掛けて断線する可能性も。”スッキリした配線”の状態に戻す必要があります。

こんな業者に要注意!な3つのお話し

LAN工事を依頼する業者の注意点3つを紹介します。

いざ業者に依頼するとなると「どこに依頼すれば?」という問題もあります。中には”悪質”としか言えない業者も。そこで、ここからは”こんな業者に要注意!”ということで3つの例をご紹介しましょう。

①「今なら…」と考える余地を与えない

「今ならいくらまで値引きできますよ」と極端な値引きで即決を迫る業者に注意しましょう。業者選びは”信頼作り”が第一です。他の業者と比較したり、周りに相談する時間がないのでは正しい判断はできません。失敗の素です。

反対に、「他の業者と見積もりを比較してください」と業者側から提案するのは”自信の現れ”です。他の業者と比べられても問題ないからと言えます。また、質問に対して一つひとつ丁寧に回答してくれる業者も信頼できるでしょう。

②見積もりと契約書の内容が違う

見積もりと契約書で工事内容や費用に大きく差のある業者には要注意です。業者は見積もりの段階で十分にヒアリングし、必要に応じて”実地調査”も行っています。契約書との”内容が異なる=適当に計算している”ということです。

反対に、見積もりの段階から内訳や費用が細かく提示されている業者は作業も丁寧と言えます。仮に、見積もりと契約書の内容に違いがあっても「ここは…」と説明できる業者も信頼できます。契約書に納得した上でサインしましょう。

③施工後のトラブルに一切関与しない

「施工後なので…」と、工事が終わったらトラブルが発生しても知らん顔な業者には注意が必要です。オフィス規模のLAN工事は複雑なだけにトラブルが起こりやすいもの。アフターフォローのない業者では安心して依頼できません。

反対に、契約書に”アフターフォロー”に関して十分な記述があれば安心できます。ちなみに、業者は”店舗が近場”にあるところが対応は速くておすすめです。「今後も取引したい!」と皆さんから思える業者に依頼するのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、LAN工事を業者に任せた方が良い理由についてまとめてみました。オフィスのレイアウト・適切なネットワーク・アフターフォローの充実と、オフィス内のLAN工事は業者に任せた方が”安心”できるのです。

ただ、業者によっては「任せなければよかった…」と後悔するような悪徳なところも。業者選びは1社で決めるのではなく、3社以上から見積もりを取った上で比較するのがおすすめです。ぜひ”信頼できる業者”に依頼しましょう。

しかし、実際に選ぶとなると「どこにすれば?」と難しいと思います。であれば、LAN工事を中心に全国120,000社以上の実績を持つ”OFFICE110”にご相談ください。「ここって…」と皆さんのちょっとした心配も解決に導きます。
LAN工事大幅値引き20%OFF