工場までのネット工事は光ケーブルLANで決まり!6つのメリット【お役立ち情報】 | OFFICE110

「光回線のLAN工事」記事一覧

工場までのネット工事は光ケーブルLANで決まり!6つのメリット

工場までのネット工事は光ケーブルLANで決まり!6つのメリット

皆さんはIoT(Internet of Things)と呼ばれる考え方をご存知ですか?IoTとは「もののインターネット」という意味で、つまりは全てのものをインターネット(LAN環境)に接続することでより効率的に管理・運用するという考えです。

IoTはすでに携帯端末(スマホやノートパソコン)や家電製品(テレビや冷蔵庫)など幅広い分野で活用されています。最近では、工作機器(電気ドリルなど)や工場機器(ロボットアームなど)と工場内でも取り入れられるほど。

そこで、今回は工場になぜLAN工事が求められるのか?について詳しくご紹介したいと思います。その上で、工場内におすすめする「構内光ケーブルLAN幹線」についてメリットも踏まえてご説明しましょう。工場設備の参考にしてください。

▼目次

工場にLAN工事がなぜ求められるのか?

冒頭で紹介した通り、すでに工場内でもLAN環境の導入は進められています。ただ、LAN設備の必要性まで考えて導入するというのはほとんどありません。では、なぜ工事してまで工場内にLAN設備が必要なのでしょうか?

①工場の抱えるLAN環境の問題点

すでにLAN設備を導入している工場は数多くあります。ただ、各工場をチェックすると「本当にネットワークを理解しているのか?」と疑いたくなることも数多く、十分な効果を発揮していません。例えば、以下のような事例が挙げられます。

  • ラインの連携をより密にしようとLAN工事をしたものの、制御機器が1週間に渡ってダウンした
  • 作業用ロボットが問題なく稼働していたものの、定期的にダウンするという事態が発生していた

上記の大きな原因としては「ネットワークの脆弱性を誰も疑わなかった」ということ。中小規模のオフィス内でさえちょっとした配線ミスでシステム全体が停止することがあります。工場規模にまで広がればより繊細になるのは当然なのです。

②生産性が低下するどころか停止するかも

ほぼ全ての工程を人の手のみ、または機械を人が動かす形であればシステムが停止してもあまり問題はありません。ただ、工場内のLAN工事を進め、システムをネットワークに任せている状態では生産性が低下、停止するリスクがあります。

今後、ほぼ全ての工場でLAN工事が加速するのは明白です。だからこそLAN設備(ネットワーク)の脆弱性を理解し、皆さんが最も避けたい「生産性の低下」を防ぐ必要が。より高速かつ安定したLAN設備を選ぶ必要がある訳です。

③統合基幹ネットワークの導入が進む

従来のLAN工事ではデータセンターを基軸に事務所や工場内(生産ライン)ごとに独立したネットワークを構築していました。例えば、設備系ネットワークや制御系ネットワークなど。その分だけ設備は複雑かつより脆弱だったのです。

最近、設備系や制御系と独立させない、「産業用」として1つに統合された基幹ネットワークの導入が注目されています。これにより物理的なLAN配線は統合されよりシンプルに、問題の原因を素早く発見・解決できるものとなりました。
LAN工事大幅値引き20%OFF

工場におすすめな構内光ケーブルLAN幹線とは

従来のLAN設備の大きな問題点は、工場施設という広大な敷地をLANケーブルだけで対応してきたこと。そこでおすすめなのが「構内光ケーブルLAN幹線」の活用です。では、構内光ケーブルLAN幹線について詳しく見ていきましょう。

①LANケーブルだけでは速度が足りない

ひと昔前までは「ネットワーク=LANケーブル」というのが一般的でした。しかし、LANケーブルはノイズ(電磁波)や災害(雷)に弱く、さらに長距離だと通信速度が落ちやすいという問題点が。オフィス程度であれば問題ありません。

ネットワークを必要とする規模の工場だと四方1km以上ということも珍しくなく、LANケーブルだけでは安定性も速度も不安が残ります。特に、工場内にはノイズを発生させる機器が数多くあり、データが破損する危険も考えられます。

②光ケーブルを活用したLAN配線の構築を

その点、光ファイバーケーブルは物質(光信号や電磁波)を反射する性質が。これにより、光ケーブル内を通る光信号は光の速度(1秒間に地球を7周半)で、外からのノイズは反射してデータを安全かつ素早く運べるという訳です。

ただ、光ケーブルは物理的な衝撃に弱いという弱点もあります。そのため、工場内ではLANケーブルと光ケーブルを組み合わせたLAN配線工事が最適です。例えば、短距離はLANケーブルに長距離は光ケーブルなどと分けるのです。

③構内光ケーブルLAN幹線はこんな施設向け

構内光ケーブルLAN幹線とは工場内部の機器同士はLANケーブルで、施設同士は光ケーブルでと分けてLAN配線工事することです。構内光ケーブルLAN幹線は以下のような施設(工場や事務所)に向いていると言えます。

  • 別棟同士が100m以上離れている
  • 近くにノイズを発生させる施設が多い
  • 都心部のビル街にLAN設備が必要
  • 施設間で大量データをやり取りする
  • 通信が途切れやすく、速度が遅い

構内光ケーブルLAN幹線の6つのメリット

構内光ケーブルLAN幹線はLANケーブルと光ケーブルのハイブリッドと言えます。では、構内光ケーブルLAN幹線をおすすめする6つのメリットを見ていきましょう。速度や安定性だけではない光ケーブルならではのメリットが満載です。

①長距離での通信に強い

先述した通り、光ファイバーケーブルと光信号を利用しているので長距離での通信に強いという特徴が。従来のLANケーブルでは100mを超えると通信速度が落ちていたのに対して、光ケーブルであれば500mほど離れていても十分な速度・安定性で通信できます。

②ノイズ(電磁場)に影響されにくい

光ファイバーケーブルには物質(光信号や電磁波)を反射する性質が。LANケーブルであれば信号が阻害されるような工場によくある機器からのノイズ(電磁波)でも、光ファイバーケーブルであれば光信号が劣化することなく安全にデータ通信が可能なのです。

③落雷にも影響されにくい

折り曲げたりするとポキッと簡単に折れてしまう光ファイバーケーブルですが、物質は反射してくれます。そのため、LANケーブルであれば信号が破壊されてしまう落雷でも、光ファイバーケーブルなら落雷からの強力なノイズも反射しほとんど影響されることなく通信できます。

④高速での通信にも強い

光の速度は1秒間に地球を7周半できるほど。光回線の通信速度は1Gbpsから最大10Gbpsまで提供されています。ちなみに、ひと昔前まで一般的だったADSL回線(電話回線)の通信速度は50Mbps程度と、光回線は高速・大容量にも強い通信方式だと分かります。

⑤耐久性にも優れている

物理的に折り曲げるのには弱い光ファイバーケーブルですが、寒さや暑さ、雨や風といった環境の変化には強い特性が。LANケーブルの芯には「銅線」が使用されているので環境の変化に弱く、定期的な交換工事が必要でした。その点、光ファイバーケーブルであれば長期間の運用に耐えられます。

⑥将来的な拡張性が高い

光回線は高速・大容量が可能な通信方式です。大量のデータ通信ができるということは信号に余裕があるということ。従来のADSL回線だと回線の本数自体を増やさないと困難な状況でも、光回線であれば十分に対応できます。つまり、光回線は拡張性が高いということです。

まとめ

今回は、これからの工場に欠かせないネットワークの重要性と課題についてまとめました。IoT(もののインターネット)に注目が集まっているものの、ネットワークについて正しく理解し適切に導入できている工場はわずかです。

特に、大規模な工場になるほど従来のLAN回線では速度・安定性を確保できず問題になりやすいもの。今後はLANケーブルと光ファイバーケーブルを組み合わせた「構内光ケーブルLAN幹線」が進むことが予想されます。

ただ、実際に導入するとなると「どこに相談すればいいのか?」と迷ってしまうのでは?であれば、ぜひ「office110」にご相談ください。基幹系ネットワークの構築にも精通していますので、最適な工事プランをご提供いたします。
LAN工事大幅値引き20%OFF

無料お見積り