電力自由化による電気契約変更と電力会社選びの3つのポイント【お役立ち情報】 | OFFICE110

「アンペア変更の電気工事」記事一覧

電力自由化による電気契約変更と電力会社選びの3つのポイント

電力自由化による電気契約変更と電力会社選びの3つのポイント

2016年4月に「電力自由化」が開始されたことにより電気は自由に選べる時代となりました。今まで電気代に不満があっても「地域にはここしかないから…」と諦めていた方も多いのでは?今ではより多くの選択肢から電気を選べます。

ただ、東京電力や関西電力などとは異なり、電力自由化により参入した新電力会社の電気に対して不安を抱える方も多いようです。自由に契約変更できるとしても、「安定した電気なの?」と不安があっては安心して選べません。

そこで、今回は電気を自由に選びたい!契約変更をしたい!という方に向けて、電力自由化について詳しくご紹介したいと思います。また、新電力会社との契約変更の流れや移行期間、選ぶポイントについてもまとめました。

▼目次

電力自由化とは?

冒頭で登場した「電力自由化」ですが、皆さんはどこまでご存知ですしょうか? 「名前は知ってるけど、詳しくは知らない…」という方がほとんどではないかと思います。そこで、最近なにかと話題に上がる電力自由化について詳しくご紹介しましょう。

より自由な電気の売買へ!

2016年4月、一般家庭や中小規模の会社向けの「低圧電力」が電力自由化となりました。ちなみに、商業施設や工場向けの「高圧電力」は2000年から2005年にかけて、すでに段階的に電力自由化が進められています。

電力自由化とは、地域や業種に関係なく電気を消費者に売買できること。今までは関東は東京電力、関西は関西電力と地域ごとに電力会社が決まっていました。電力自由化では地域や業種を超えてより自由に選べる訳です。

電気は新電力会社とも契約できる時代に

関東なら東京電力、関西なら関西電力、九州なら九州電力と大手の電力会社があります。ただ、電力自由化では電気関係が本業でなくとも電気を売買できます。例えば、以下のような業種が新電力会社として参入しています。

  • PPS(特定規模電気事業者)…Looopでんき、ナンワエナジー
  • 都市ガス(またはLPガス会社)…東京ガス、大阪ガス
  • 石油・エネルギー関係事業者…ENEOSでんき、昭和シェル石油
  • 通信(またはTV関係会社)…ソフトバンクでんき、auでんき
  • 運輸(または交通関連会社)…HTBエナジー、東急パワーサプライ
  • 自治体(または地域企業)…水戸電力、湘南電力

一見すると電気とは関係のないソフトバンクやauなどの通信事業者、HTBや東急などの運輸(旅行)関係事業者なども参入しています。多くの事業者が参加することで、今まではなかったよりお得で多様なプランが生まれるのです。

新電力会社の電気でも大丈夫?

東京電力や関西電力など、いわゆる「大手電力会社」の電気にはこれまでの実績から「信頼」があります。正直、「電気と関係のない業者で大丈夫なの?」と不安があるのでは? 結論として、新電力会社と契約しても大丈夫です。

というのも、電力会社を変更しても、地域の送電設備を担っている送電会社は同じだからです。そのため、新電力会社へ契約変更したとしても、停電が頻発したり電圧が変わったりなど電気の品質に影響することはないので安心してください。
電気工事大幅値引き20%OFF

契約変更はどうすれば?

電気の品質的には新電力会社に契約変更しても問題ありません。そこで気になるのは「契約変更の手続きはどうなの?」ということ。では、新電力会社への契約変更の流れと工事費用、移行期間についてご紹介しましょう。

新しい電力会社と契約するだけ

新電力会社に契約変更するとして、今までの電力会社に何か書類を提出する必要はありません。新電力会社と契約を結ぶだけ、解約から変更まで一括して進めてくれます。以下に、契約から変更工事までの流れをまとめました。

  1. 新電力会社に契約変更を申し込む
  2. 求められる個人情報などを提出する
  3. ブレーカーなどの変更工事を受ける

ちなみに、電力自由化では基本的にアパートやマンション、賃貸物件や事業者と関係なく電力会社を選べます。ただ、アパートやマンションで一括して電力会社と契約しているなど、自由に変更できないこともあるので注意が必要です。

変更工事も基本的に無料!

新電力会社と契約しても変更工事にかかる費用は基本的に無料です。というのも、屋外配線から分電盤(またはブレーカー)までは電力会社の所有物です。その為、変更工事による分電盤の取り替えなどは電力会社が負担します。

ただし、一部の新電力会社では「事務手数料」として変更費用を設定しています。また、6,600V以上の「高圧電力」の契約ではキュービクル(変電設備)を設置する必要があり、別途で設備の購入や工事に費用がかかります。

契約変更まで1~2週間ほど

新電力会社との契約から変更工事までは1〜2週間ほど。資源エネルギー庁から「1~2週間ほどで変更できるように」と各新電力会社に指導がされているためです。大手電力会社と変わらない期間で契約変更できるでしょう。

しかし、12月や3月など一般家庭や会社の移動が活発になる時期は契約変更の件数も増えてきます。電力会社の繁忙期には工事依頼が集中して予約が取りづらいことも。契約変更は1カ月以上前から、早めの相談が安心です。

電球と電卓│よりお得な電力会社を選ぶ3つのポイントとは?

よりお得な電力会社を選ぶ3つのポイント

電力自由化により電気を選べるに時代になったのは良いのですが、反対に「選択肢が多くてどれを選べば…」と迷ってしまうのも事実です。そこで、最後に電力自由化の中でよりお得な電力会社を選ぶポイントをご紹介しましょう。

電気とセットでよりお得に!

先述した通り、新電力会社は電気にあまり関係のない通信やガス、交通などの事業者です。その為、最近では電気と別のサービスをセットにしたサービスを提供している新電力会社も。電気とセットのプランは基本料金がお得です。

例えば、auではKDDI(スマホやタブレットなど)とauでんきを一緒にした「auでんき法人セット割」が提供されており、毎月の電気代が最大5%も割引きされます。通話と電気の両方を多く使用する方には嬉しいセットプランです。

auでんき
http://www.kddi.com/business/other-services/au-electricity/charge/

シンプルに電気代が安いプランも

電気代で気になるのは「基本料金」です。基本料金は契約アンペア数によって増減するもので、多くのアンペア数が必要な方にはちょっとした悩みのタネです。その点、最近では基本料金が無料!の新電力会社も登場しています。

例えば、PPS(特定規模電気事業者)の「Looopでんき」は基本料金は無料、従量料金(使用量)のみの支払いです。また、太陽光発電システムのある方を対象に「ソーラ割」を提供するなど、シンプルに電気代をお得にできます。

Looopでんき
https://looop-denki.com/low-v/plan/

電気の「見える化」で節約に

電気代で怖いのが電力会社から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ」で初めて料金を知ること。季節によっては思う以上に電気代がかさむことが。実は、新電力会社には使用した電気の「見える化」を進めているところがあります。

例えば、「ナンワエナジー」では毎月の使用量(または請求額)をネット上でいつでも確認できるサービス「mitene」を提供しています。また、事務所のクリーニングやリフォームを割引で請け負う「くらし快適サポート」などもあり便利です。

まとめ

今回は電気を自由に選びたい!契約変更したい!という方のために新電力会社との契約変更の流れや選ぶポイントなどについてまとめました。2016年4月、低圧電力でも「電力自由化」が開始され電気は自由に選べる時代です。

最近では、通信や運輸など、電気に関係のない事業者も多く参入しており多種多様なプランが登場しています。数ある中から1つを選ぶのは大変ですが、セットプランや「見える化」などポイントを抑えればベストなプランが見つかります。

ちなみに、もし電気関係でお悩みならOFFICE110にご相談ください。OFFICE110には全国120,000件もの実績があり、経験豊富なスタッフが揃っています。皆さんの「こうしたい!」という要望に合わせたプランをご提案いたします。
電気工事大幅値引き20%OFF

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください
無料お見積り