100Vから200Vヘ電圧変更!電気工事は意外と簡単だった?【お役立ち情報】 | OFFICE110

「アンペア変更の電気工事」記事一覧

100Vから200Vヘ電圧変更!電気工事は意外と簡単だった?

100Vから200Vヘ電圧変更!電気工事は意外と簡単だった?

日本の電圧は100Vが基準です。反面、ユーロ圏は220〜240Vと、日本の電圧は世界的に見ても低く設定されていることが分かります。当然、日本で販売されている電化製品の多くは100Vに対応しているので問題はありません。

ただ、エアコンや電子レンジ、業務用の大型電化製品などは200Vでしか動かないものも。200Vに対応する電化製品の多くが業務用なだけに、オフィスの電圧が100Vだけというのは不便です。200Vへの電気工事が求められます。

今回は、100Vから200Vへの電気工事の流れについてご紹介したいと思います。また、なぜ日本の電圧が100Vを基準としているのか?200Vに変更すると電気代はどうなるのか?についてもまとめていますので、参考にしてください。

▼目次

なぜ日本は100Vが基準なの?

「日本の電化製品を海外で使うと壊れる」と聞いたことがあると思います。これは、日本の電化製品が100Vにしか対応しておらず、海外の高電圧に耐えられずに壊れるためです。では、なぜ日本は100Vを基準にしているのでしょうか?

ボルト(V)・アンペア(A)・ワット(W)の違い

皆さんはボルト(V)、アンペア(A)、ワット(W)という言葉を耳にしたことがあると思います。以下に、ボルト(V)、アンペア(A)、ワット(W)の意味についてまとめてみました。

  • ボルト(電圧)…電気を押し出す力のこと
  • アンペア(電流)…電気の流れる量のこと
  • ワット(電力)…電気エネルギーの消費量のこと

電気とは電子機器を動かすためのエネルギーです。そして、電圧とは電化製品が求めるエネルギーを十分に供給するための力のこと。200Vに対応している電化製品に対して、100Vの電圧では十分なエネルギーを供給できないのです。

諸外国は電圧が高い!

冒頭で紹介した通り、日本の電圧は100Vが基準です。対して、ユーロ圏やアジアは220〜240V、電力会社の起源とされるアメリカでさえ110~120Vが基準です。日本の電圧が諸外国に比べて低く設定されていることが分かります。

諸外国の電圧が高い1番の理由は、送電線が設置された時代の技術力が大きいとされます。1880年代のアメリカ、ユーロ圏の送電技術というのはまだ未熟で、低い電圧では電化製品を動かすのに十分な電力を供給できなかったのです。

高電圧は危険な面も…

「高いことは良いのでは?」と思いますが、実は不必要な高電圧は危険なだけです。というのも、220V以上を採用しているユーロ圏では他の地域に比べて感電死の件数が多いとされます。社会問題としてメディアに取り上げられるほど。

では、なぜユーロ圏が低い電圧に切り替えないのか?すでに設置された送電設備を全て改修するには莫大な手間とコストがかかるためと言えます。ちなみに、高い電圧に対応した電化製品は製造コストが高いという問題もあります。

日本の送電技術は世界一!

日本が電圧を低く設定したのには安全性の他に、当時(大正時代)に最も人気の高かった電球が100Vに対応していたことが挙げられます。実は、電圧を決める会議では「アメリカと同じ110Vに!」という意見も多かったのだとか。

ただ、100Vの電球を110Vで使用すると寿命が半分に。家庭でも気軽に電気を使えるようにと、当時まだ難しいとされた電気抵抗の少ない送電技術が開発されたのです。現在では日本の送電技術は世界一と言われるほどです。
電気工事大幅値引き20%OFF

200Vにすると電気代はどうなる?

エアコンや冷蔵庫など、200Vでないと使用できない電化製品もあります。ただ、200Vに変更すると気になるのが電気代です。100Vから200Vへと、電気代まで2倍になるのは困ります。では、200Vだと電気代はどうなるのでしょうか?

200Vだからと電気代に差はない

結論から言うと、100Vから200Vへと変更しても電気代に差はほとんどありません。と言うのも、電気代は消費電力と使用時間、電気単価で決まるためです。以下に、500W(消費電力)を100Vと200Vで使用した式を例にしました。

  • 100V×5A=500W
  • 200V×2.5A=500W

上記から、100Vと200Vとではアンペア(電流)が変わるだけなのが分かります。つまり、電圧が変わっても消費電力や使用時間、電気単価にはほとんど影響しない訳です。ちなみに、アンペア数は電気の最低料金に影響します。

200Vに変更する意味は?

使える電化製品の幅が広がる他に、200Vに変更する意味にはアンペアに余裕ができることが挙げられます。例えば、先述した式を例に挙げると、100Vと200Vとでは使用するアンペア数が5Aから2.5Aへと半分の量にまで減っています。

アンペア数は契約ごとに決められた量しか流れていません。つまり、1つの電化製品が多くのアンペア数を消費すると、他に回せる量が減ってしまいます。反面、アンペア数に余裕があればより多くの電化製品を1度に使用できるのです。

オフィスなら200Vは必要になる!

6畳用のエアコンや電子レンジ、冷蔵庫などと家庭向けの電化製品は100Vでも使用できます。特に、単身者向けのアパートであれば100Vもあれば十分です。反対に、オフィスや店舗向けの電化製品の多くは200Vに対応しています。

例えば、12畳用以上のエアコンやオーブンレンジ、大型冷蔵庫など。自宅での小規模事業ならまだしも、オフィスを構えるなら200Vはまず必要です。もし、新しくオフィスを探すなら物件が200Vに対応しているのかもチェックしましょう。

配電盤の写真│200Vに変更する電気工事は意外と簡単!

200Vへの電気工事は意外と簡単!

100Vから200Vに変更しても、消費電力(電気代)はほとんど変わらないとのことでした。では、200Vへの電気工事はどうなのでしょうか?最後に、100Vから200Vへの変更工事の簡単な流れとポイントについて見ていきましょう。

200Vへは「単相3線式」で

日本では200Vの電圧は「単相3線式」と呼ばれる方式が採用されています。単相3線式とは、2本の電圧線と1本の中性線の合計3本の電線を利用した方式のこと。実は、ほぼ全ての物件に単相3線式がすでに使用されています。

ただ、分電盤から各コンセントまで100Vまでしか配線していないので基本的に200Vは使用できません。まずは、物件まで3本の電線が来ているのかを確認しましょう。単相3線式であれば簡単な屋内配線工事で200Vにできます。

200Vへの電気工事の流れ

反対に、単相3線式でないなら屋外から電線を引き込む必要が。以下に、屋外からの電気工事の流れをまとめました。

  1. 電線から200V電源(単相3線式)の引き込み
  2. 電力計を200V対応のものに交換
  3. ブレーカーを200V対応のものに交換
  4. ブレーカーから各コンセントへと配線

電気工事自体はそれほど大掛かりなものではありません。一般家庭であれば数時間、オフィス規模でも1日もあれば200Vへと工事ができます。ただ、時期によっては工事までに時間がかかるので早めに相談するのがおすすめです。

ついでに200V用のコンセントも!

100Vから200Vへと、電気工事自体は意外と簡単なことと言えます。しかし、200Vの電気工事をしてもコンセントが100V用では使えません。電気工事のついでに、配線からコンセントまでを200V用のものに取り換えておきましょう。

「100Vの電化製品が使えなくなるのでは?」という心配もありますが、実は日本で使用されている配線は200V用でも100Vの電化製品が使えます。ただし、コンセントは形状が異なるので100V用と200V用とで分ける必要があります。

まとめ

今回は、電圧を100Vから200Vへと電気工事する流れについてまとめてみました。日本の電圧は安全性と技術力の高さにより、100Vが基準と世界的に見ても低く設定されています。ただ、オフィスでは200Vまで必要なことも。

まずは、物件が「単相3線式」かをチェックし、対応していないなら電気会社に工事を依頼しましょう。また、屋内配線は電気会社の管轄外なので専門の業者に依頼する必要が。ぜひ、電気工事のOFFICE110にご相談ください。

OFFICE110では、電気工事を始めとした全国約120,000件もの工事実績があります。また、電気工事士(一種と二種)や工事担任者など専門資格を持つスタッフも数多く在籍し、安心かつ安全な工事をご提供できます。
電気工事大幅値引き20%OFF

  • Mo, Tu, We, Th, Fr 09:00-19:00 0120-595-110 OFFICE110 福岡県福岡市中央区薬院3-11-3TSビル6F お客様納得の低価格
    ビジネスフォン・コピー機のご購入からお見積もり、設置工事まで何でもお問い合わせください
無料お見積り