ビジネスホンの導入後は販売担当者の連絡先を管理【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「ビジネスフォン導入はココに注意!」記事一覧

ビジネスホンの導入後は販売担当者の連絡先を管理

ビジネスホンの導入後は販売担当者の連絡先を管理

ビジネスフォンを導入後にトラブル発生!でも販売業者に電話しても繋がらない…

なんてことが起こったらどうしますか?

そうなった場合は他の業者を探すほかに方法はありませんが、

やはり元々購入した販売業者のアフターサービスに関することは事前によく確認しておく必要がありますよね。

ここでは、ビジネスホンの導入後は販売担当者の連絡先をしっかり管理しておく必要性についてご説明いたします。

▼目次

万が一のトラブルの際はワンプッシュで!

ビジネスフォンには「電話帳」機能が標準搭載されています。

この電話帳に登録しておけば、ビジネスホンのディスプレイ機能でかかってきた電話がどこからのものかが分かり、

反対にかけるときも電話帳から呼び出して電話をかけることができるのです。

そこで、電話帳にビジネスフォンの販売担当者の連絡先を導入後すぐに登録しておけば、万が一のトラブルが発生した際、

いちいち連絡先を探すことなくワンプッシュで連絡ができるようになります。

登録の仕方は機種によって様々ですが、多くのビジネスホンの共通電話帳の登録は内線10番の電話機からの登録になります。

その一般的な方法は、

  1. メニューボタン → 共通電話帳or端末別電話帳 → 名前登録 → 番号登録
  2. 着信or発信履歴 → 電話帳登録(共通or端末別) → 名前登録

といった方法がほとんどかと思います。

電話機にトラブルが発生したまま販売担当者と連絡が取れないと、業務に支障をきたしてしまうということにもなりかねませんので、導入後すぐに登録しておくことをおススメします。

まとめ 

電話帳への登録は面倒と感じるかもしれませんが、登録方法もさほど難しいものではないので

ビジネスフォンの販売担当者だけでも先に登録しておくと万が一の時に慌てることなく対応できるのではないでしょうか。

信頼できる販売業者であれば、電話が繋がらないようなことはほぼ無いと思います。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い