SIPサーバー活用でSIPフォン【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「最新機能ピックアップ」記事一覧

SIPサーバー活用でSIPフォン

SIPサーバー活用でSIPフォン

「SIP」という単語を見て、何の略語なのか、どんな意味を持った言葉なのかお分かりになりますか?

「SIP」はSession Initiation Protocol(セッション イニシエーション プロトコル)の略語になり、IT用語辞典では「VoIPを応用したインターネット電話などで用いられる、通話制御プロトコルの一つ」となっています。

「何のことかさっぱり分からない!」と、聞こえてきそうなので、ここからは「SIPフォン」とはどのような電話機能なのかご説明いたします。

▼目次

SIPフォンとは?

そこでまず、キーワードとなる「SIP」と「VoIP」について説明しておきましょう。

SIP(Session Initiation Protocol)とは

アプリケーション層で2つ以上の相手に対して、音声や映像、テキストメッセージの交換などを行うために必要なセッションの生成・変更・切断を行うプロトコルです。

VoIP(Voice Over IP)とは

インターネット上で音声のやりとりを行うための技術です。

最近普及の進んでいるIP電話は、従来の電話に相当するものを、oIPとシグナリングを組み合わせてインターネット上で実現したものです。

「シグナリング」とは、電話で言うならば、電話ボタンの入力や電話を切るといった制御、つまり「呼制御(こせいぎょ)」のことです。

もう少し細かくお伝えするのならば、発信者と着信者間の公衆電話交換網(電話交換機のネットワーク)上で、通信路の確保や切断等の処理を指します。

(※一般社団法人 日本ネットワークインフォメーションセンター参照)

以上の事を理解していただいた上で、SIPフォンについて説明いたします。

SIPフォンとは、VoIP(ボイスオーバーインターネットプロトコル)技術を利用して通話を行う電話です。

SIPが主に使われているVoIPは、音声をIPで伝えるアプリケーションです。

音声をIPで単に相手に伝えることは容易にでき、デジタル化された音声を細切れにしてパケットとして送信するだけです。

また、SIPフォンには2種類あります。

ハードウェアベースのSIPフォン

一般の固定電話に似ていますが、インターネットを利用して通話の送受信を行います。

ソフトウェアベースのSIPフォン

マイク付きヘッドセットなどを使って、パソコンを電話代わりに使うものです。

専門的な用語も出てくるため分かりづらいかと思いますが、簡単にまとめると、SIPフォントとは単純にインターネット上で音声のやりとりを行うための技術を用いた電話ということになります。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

SIPフォンのメリット

SIPフォンを導入した場合のメリットがあるのかご説明いたします。

  1. 従来の電話設備と比べて、電話工事が不要になり導入・運用コストが削減できる
  2. 市外電話の通話料が大幅に削減できます。
    オフィス間や支社間でも電話システムを簡単に接続でき、無料で通話が可能
  3. コンピュータネットワークを構築するだけで電話も使用できるため、新しいオフィスへ移転する際には大幅な費用削減になります
  4. 標準的なコンピュータで多数の電話回線や内線を扱うことが出来るので、拡張する際は電話機をネットワークに追加するだけで良い

主に以上のメリットが期待できます。

SIPフォン対応機種

次に、SIPシステムに対応した電話機は、まだまだ日本では流通量が少なく外国製品が多いのですが、日本では「FUJITSU(富士通)」がSIP電話機を取り扱っていますので、電話機のラインナップと特徴をご紹介いたします。

「FUJOTU(富士通)」 SIP電話機ラインナップ

  • SS-190A
  • SS-190B
  • SS-190C
  • SS-190PB
  • SS-150PA
  • SS-120A5

特徴

  • 付加サービス機能の提供
  • ピックアップ、内線代表、可変不在転送、話中転送、応答遅延転送、内線キャンプオン、コールウェイティング、固定短縮ダイヤル、会議等の付加サービスを実現
  • マルチライン、グループ保留、ダイレクトライン等の多機能電話サービスを実現
  • ハンズフリーやヘッドセットに対応
  • フルSIPシステムにおける停電時の発着信を確保
  • IEEE802.1p / 1Q対応で音切れ、ゆらぎを防止

SIPフォンのデメリット

最後に、SIPフォンのデメリットをご紹介いたします。

  • フリーダイヤル(0120)が使えない
  • 110や119など緊急ダイヤルが使えません
  • 停電やインターネット回線がプロバイダーなどにより停止すると電話機が使えなくなります
  • 通信状態によっては、従来の電話機に比べ若干不安定になることがある

など、インターネット回線を使ったIP-PBXやクラウドPBXに似たようなデメリットになりますが、これからニーズが増えれば改善されていくと思われます。

まとめ

SIPフォンに関しては、まだまだ流通量が少なく触れる機会が無いと感じますが、製品への実装性が容易で将来性が高く、将来は当たり前のように使われているのではと言われています。

ここでは、SIPフォンの存在と、どのような電話システムなのかご理解して頂ければ幸いです。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い